伊勢佐木町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 (横浜市) > 伊勢佐木町
イセザキモール入口(馬車道側)
イセザキモール
イセザキモール

伊勢佐木町(いせざきちょう)は、神奈川県横浜市中区にある地名および商店街である。

地名としては伊勢佐木町字1丁目〜7丁目からなり、伊勢佐木町通りに沿って北東-南西方向に約1.5km続く。北東端から地上は、吉田橋を抜けると馬車道につながり、地下は、マリナード地下街があり、馬車道関内駅につながっている。南西端は南区に接する。現在1丁目と2丁目は「イセザキモール」(全面歩行者天国)、3丁目〜7丁目は「伊勢佐木町商店街」と呼ばれる。

沿革[編集]

現在の読みは「いせきちょう」であるが、当初は「いせさぎちょう」と呼ばれた。 命名は諸説あり、当地の道路建設費用を寄付した三名(伊勢屋中川次郎兵衛、川儀右衛門、佐々新五郎)にちなむとも、伊勢佐木町起立前に興行場を開場した伊勢文蔵・次年の両名にちなむともいわれている。

元々は入江を埋めた吉田新田の北一つ目沼地。沼地は寛文11年(1671年)までには埋め立てられ、耕地となっていた。 明治2年(1869年)には当地付近に港崎遊郭が移転し、吉原町が起立、明治5年(1872年)にはその遊郭高島町に再移転し、区画を整理して明治7年(1874年)5月20日伊勢佐木町が起立した。 大区小区制では第1大区4小区に属し、明治11年(1878年)横浜区に編入され、明治22年(1889年)横浜市制施行で同市の1町となる。 昭和3年(1928年)松ヶ枝町、賑町、長島町の全域と長者町、久方町、末吉町の各一部を編入して南吉田橋際まで町域が拡大した。

繁華街の変遷[編集]

明治時代から商店などが集中したため、現在でも明治創業の店舗が残っている。

明治6年(1873年)に興行場が開かれ、大相撲も催される興行街となる。 明治15年(1882年)に遊郭が高島町から真金町へ再々移転すると、関内から遊郭への通り道となり、伊勢佐木町通りを中心に繁華街へ発展。 明治44年(1911年)にはドイツ人貿易商・ヴェルダーマンが日本最初の洋画封切館であるオデヲン座を開館、大正初期までには東京・浅草や大阪・千日前と並ぶ大繁華街となり、「ザキブラ」「イセブラ」なる言葉も生まれた。 関東大震災で大被害を受けたが復興は早く、昭和に入ってなおも大いに栄えるが、太平洋戦争で被災、更に戦後は占領軍によって接収される。 昭和26年(1951年)返還が順次開始され、復興が本格化したのは昭和30年代に入ってからである。

昭和53年(1978年)からは恒久的なかたちでの歩行者天国が実施されている。また近年では、ミュージシャンのゆずがアマチュア時代にストリートライブをよく行っていた場所として知られている。

課題[編集]

昭和35年(1960年)頃から、砂利置き場であった横浜駅西口の本格的な大規模開発がはじまり、昭和45年(1970年)前後には、横浜駅エリアが横浜最大の繁華街としての地位を確立しはじめた。それにともない、伊勢佐木町の繁華街としての機能は徐々に低下し、現在では横浜駅エリアに大きく水をあけられている。

著名な店舗・寄席・劇場・映画館[編集]

現存する店舗[編集]

  • 有隣堂書店本店
  • 不二家(元町で創業しここに2番店を出した)
  • 文明堂(横濱文明堂本店と文明堂東京伊勢佐木店の二店がある。)
  • CROSS STREETゆずが命名したイベントスペース)

過去に存在した店舗[編集]

1921年野澤屋呉服店として創業。1934年には野澤屋1973年に松坂屋の傘下に入ってノザワ松坂屋となり、1977年に横浜松坂屋となる。2004年本館・西館ともに横浜市歴史的建造物に認定された。2008年閉店。本館は2010年解体。跡地は、複合商業施設カトレヤプラザ伊勢佐木に生まれ変わった。
吉田橋南詰の鶴屋と1丁目の壽百貨店。1丁目の建物は元々越前屋百貨店だったのを鶴屋が買収したもの。区画整理のため吉田橋店を廃止し、1丁目の店舗を松屋横浜店として統合したが、昭和53年撤退。横浜松坂屋が買収して西館として運営していたが、現在はJRA場外馬券売場エクセル伊勢佐木(有料制)になっている。
  • 松喜屋
1919年(大正8年)呉服店として創業。戦後、百貨店に業態転換。屋上にあった灯台を模した構築物から、通称・赤灯台と呼ばれた。1969年、ユニーの前身であるほていや(創業地は伊勢佐木町)に店舗の営業を譲渡し、1976年にユニーに吸収合併された。2009年にピアゴイセザキ店に改称されたが、建て替えのため2013年8月に閉鎖された。
  • 森永 : キャンデーストア。
  • ヨコチク : 横浜最古のレコード店。
  • 横濱カレーミュージアム2001年丸井イセザキ館跡に出店し人気を呼んでいたが、2007年3月に閉館。
  • 猫と泥棒 : 紅茶専門喫茶店。
  • メトロナイトパレス : 昭和初期に名を馳せたカフェー
  • サクラサロン : 昭和初期に名を馳せたカフェー。
  • ピーナッツ : 無名時代の矢沢永吉らのバンド・ヤマトなどが出演していたディスコ。2丁目で営業していた。
  • モカンボ : 1954年の「モカンボ・セッション」で有名なナイトクラブ。2丁目で営業していた。
  • 根岸家 : 横浜の戦後を語る上で欠かせない存在。24時間営業の酒場

過去に存在した寄席・劇場・映画館[編集]

  • 横浜オデヲン座(日本最初の洋画封切映画館
  • 朝日ニュース(戦前の映画館)
  • 電氣館(戦前の映画館)
  • 常設館(戦前の映画館。松竹系。)
  • 朝日館(新興映画劇場。戦前の映画館)
  • 世界館(戦前の映画館)
  • 帝国館(戦前の映画館)
  • 横浜日活館(戦後裏手に横浜日活シネマを開設。後に両館敷地をもって横浜日活会館に改築。末期は洋画上映館・横浜オスカーになっていた。横浜日活会館自体は現存。)
  • 大都館
  • 敷島座(戦前の芝居小屋)
  • 横浜花月劇場(戦前、吉本興業が所有していた劇場。寄席の「新富亭」を買収・改称した。吉本撤退後、横浜東映会館が建設された)
  • 朝日座(戦前、吉本興業が所有していた寄席)
  • 寿館(戦前、吉本興業が所有していた寄席)
  • 横浜東映会館(伊勢佐木町東映
  • 横浜ピカデリー(松竹直営。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく長者町に所在。)
  • 横浜大映劇場(横浜劇場。のち横浜松竹・横浜セントラル。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく長者町に所在。)
  • 横浜東亜映画劇場(二代目横浜オデヲン座。最晩年は大蔵映画直営。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく曙町に所在。)
  • 関内アカデミー劇場

交通[編集]

伊勢佐木町にちなむ作品・人物など[編集]

伊勢佐木町ブルースの歌碑

脚注・参考資料[編集]

[ヘルプ]
  • 『横浜伊勢佐木町周辺の劇場と映画館の変遷』柴田 勝・著 1972年
  • 『都市ヨコハマをつくる』田村明・著 中央公論社 1983年
  • 『都市ヨコハマ物語』田村明・著 時事通信社 1986年
  • 『横浜イセぶら百科』神奈川新聞社編集局・編 神奈川新聞社 1986年
  • 『そして、風が走りぬけて行った 天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯』植田紗加栄・著 講談社 1997年
  • モロッコの辰 横浜愚連隊物語』山平重樹・著 大和書房 1996年
  • 『聞き書き横濱物語』松葉好市・著 ホーム社 2003年
  • 『昭和二十年の青空』赤塚行雄・著 有隣堂 2004年
  • 『昭和30年代の神奈川写真帖・上巻』西潟正人・著 アーカイブス出版 2007年
  • 『Old but new イセザキの未来につなぐ散歩道 』伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合・編 神奈川新聞社 2009年
  • 『ヨコハマ伊勢佐木町 復活への道』山田泰造・著 日本経済新聞出版社 2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度26分37秒 東経139度37分53秒 / 北緯35.44361度 東経139.63139度 / 35.44361; 139.63139