ダンスホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダンスホール (Dance hall) とは、ダンスを楽しむための場所、またはその場所を提供する店舗をいう。ダンス教室やダンス練習場を兼ねたものもある。

日本国内の状況[編集]

歴史[編集]

営業ダンスホールとしては、1918年大正7年)に花月園(現在の横浜市鶴見区)に開設されたダンスホールが最初である。その後、ダンスの流行と共にダンスホールは徐々に増加し1933年昭和8年)には全国で約50箇所まで増えたが、太平洋戦争開戦間際の1940年(昭和15年)にダンス禁止令が出され戦時中はダンスホールも閉鎖状態となった[1]。終戦後まもなく駐留軍兵士向けのダンスホールが開業したものの、一般の日本人は入ることができなかった。1945年(昭和25年)10月に埼玉県大宮市に戦後初のボールルーム「ルーフ・ガーデン」がオープンすると、以降日本人専門のダンスホールが続々と開設されるようになった。しかし、風俗営業の増加とともにダンスホールとキャバレーの区別が曖昧になっていき、ダンスホールも規制の対象になった。東京都条例でも1954年(昭和29年)にはダンスホールとキャバレーの区別がなくなったが、1959年(昭和34年)にはダンスホールとキャバレー・ナイトクラブの区別が復活している[2]。昭和の時代には社交ダンスの流行などとともにダンスホールが全国に数多くあったが、近年では社交ダンス人口が減ったことでダンスホールも減少傾向にあり、東京都内にはダンスバンドが出演するダンスホールが2軒残るのみである。また、映画『Shall we ダンス?』のロケ地となった大阪市梅田のダンスホール「ワールド」も2001年1月末に閉館している。

主なダンスホール[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]