鈴蘭台西口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴蘭台西口駅
駅舎
駅舎
すずらんだいにしぐち
- SUZURANDAI-NISHIGUCHI -
鈴蘭台 (0.8km)
(0.5km) 西鈴蘭台
神戸市北区鈴蘭台南町三丁目12-15
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 粟生線
キロ程 0.8km(鈴蘭台起点)
湊川から8.3km
新開地から8.7km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
622人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1937年昭和12年)
備考 無人駅
* 改称経歴
- 1942年 鈴蘭ダンスホール前駅→小部西口駅
- 1962年 小部西口駅→鈴蘭台西口駅
駅と隣接する神鉄食彩館西口店

鈴蘭台西口駅(すずらんだいにしぐちえき)は、兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町三丁目にある、神戸電鉄粟生線

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地平駅。ホーム有効長は5両。駅舎はホーム粟生寄りにある。新開地側に50パーミル(‰)のトンネルがすぐ開いている珍しい駅である。駅構内に大きな50パーミル勾配票があることでも有名。

沿線光ネットワークに接続された駅務遠隔システムが導入されており、センター駅から自動券売機自動改札機自動精算機TVカメラインターホンシャッターが遠隔操作される。そのため駅員巡回駅となっている。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

2011年の年間乗車人数は227千人(622人 / 日)である。(神戸市統計書より)

年度 1日平均
乗車人員
2005 707
2006 710
2007 696
2008 686
2009 668
2010 668
2011 622

歴史[編集]

  • 1937年昭和12年) - 三木電気鉄道の鈴蘭ダンスホール前駅として開業。
  • 1942年(昭和17年)12月22日 - 小部西口駅に改称。
  • 1947年(昭和22年)1月9日 - 神戸有馬電気鉄道により合併され、神有三木電気鉄道(のちに神戸電鉄)の駅となる。
  • 1962年(昭和37年)9月1日 - 鈴蘭台西口駅に改称。

その他[編集]

  • 鈴蘭台 - 鈴蘭台西口 - 西鈴蘭台間は単線である。この区間は神戸電鉄でも乗客数が多いため複線化が望まれているが、地価が高いことと地形上難工事が予想されることから、目処は立っていない。
  • 駅構内に50‰箇所が存在するため5両編成では停止位置が50‰勾配にかかっており、1両目車両のみ下った状態で停車していた。

隣の駅[編集]

神戸電鉄
粟生線
快速・急行・準急・普通
鈴蘭台駅 - 鈴蘭台西口駅 - 西鈴蘭台駅
※粟生方の隣駅「西鈴蘭台駅」とは0.5kmしかなく、粟生線で最も駅間が短い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]