黄金町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄金町駅
黄金町駅入口
黄金町駅入口
こがねちょう - Koganechō
KK39 日ノ出町 (0.8km)
(0.9km) 南太田 KK41
所在地 神奈川県横浜市南区白金町一丁目
駅番号 KK40
所属事業者 京浜急行電鉄
所属路線 本線
キロ程 25.6km(品川起点)
駅構造 高架駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
22,198人/日
-2013年-
開業年月日 1930年昭和5年)4月1日
黄金町駅ホーム全景(2007年7月26日撮影)

黄金町駅(こがねちょうえき)は、神奈川県横浜市南区白金町一丁目にある、京浜急行電鉄本線である。駅番号KK40

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅。かつて急行停車駅だったこともあり、ホーム有効長は8両編成分である。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 本線  上大岡横須賀中央浦賀三浦海岸方面
2 横浜品川新橋方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は22,198人である[1]。近年の1日平均乗車人員と乗降人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員[2]
1日平均
乗降人員 [3]
1995年 11,196
1997年 11,026
1998年 11,134
1999年 10,928
2000年 10,791 21,982
2001年 10,824 21,988
2002年 10,809 21,857
2003年 11,167 [4] 22,696
2004年 11,297 [5] 22,887
2005年 11,107 [6] 22,687
2006年 11,216 22,902
2007年 11,449 23,201
2008年 11,554 23,009
2009年 11,606 23,106
2010年 11,527 22,955
2011年 11,346 22,616
2012年 11,366 22,551
2013年 11,195 22,197

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

横浜市営バス相鉄バス江ノ電バス横浜により以下の路線が運行されている。

  • 黄金町(徒歩すぐ)
    • 北方向乗り場
      • <68> 藤棚経由横浜駅西口行(市営)
      • <102> 藤棚経由横浜駅前行(市営)
      • <32> 保土ヶ谷駅東口経由保土ヶ谷車庫前行(市営)
      • <浜4> 元久保町経由横浜駅西口行(相鉄)
      • <旭4> 保土ヶ谷駅東口経由美立橋行(相鉄)
    • 南方向乗り場
    • 東方向乗り場 (出発後南に向かう)

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

その他[編集]

  • 湘南電気鉄道は当初、東京横浜電鉄(現・東急東横線)との相互乗り入れも予定され、黄金町から桜木町まで線路を敷くための用地も確保されていた。用地跡は、当駅から日の出町駅に進入する左カーブ手前付近に始まり、横浜日之出町局を経由し、JR桜木町駅手前で国道16号線に突き当たるまでの帯状の地形に面影を残す。なお、この用地はもともと省線(現在のJR京浜電車線大船駅への延伸計画があり、一部確保されていたのを転用したもの。
  • 駅付近一帯は1945年横浜大空襲で壊滅している。
  • 戦後の一時期は、特殊飲食店(いわゆるちょんの間)街と麻薬売買の土地であった。詳細は黄金町を参照。

ハイキング特急の待避[編集]

かつて、下りハイキング特急の待避が行われていた。これは下りの普通電車が当駅に到着すると、旅客扱いを行った後、スイッチバックして上り線に転線し、ハイキング特急「第二房総号」の通過を待って、再び下り線に転線するというものだった。 その後、ハイキング特急が廃止されると、当駅での待避は行われなくなった。

隣の駅[編集]

京浜急行電鉄
本線
京急ウィング号快特・快特(金沢文庫駅以南は特急)・特急・エアポート急行
通過
普通
日ノ出町駅 (KK39) - 黄金町駅 (KK40) - 南太田駅 (KK41)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]