ユニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユニー株式会社
UNY Co., Ltd.
ユニー本部
ユニー 本部
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ユニー
本社所在地 日本の旗 日本
492-8680
愛知県稲沢市天池五反田町1番地
設立 2012年平成24年)2月16日
(ユニーグループ・ホールディングス)
業種 小売業
事業内容 食料品衣料品・住居関連品の販売
代表者 代表取締役社長 佐古 則男
資本金 100億円(2013年2月21日現在)
(以下、2013年2月20日現在)
売上高 7,689億円(営業収益)
営業利益 148億円
純利益 91億円
純資産 2,132億円
総資産 6,543億円
従業員数 5,472人
アルバイトを除く実人数総計31,285人
決算期 2月28日
主要株主 ユニーグループ・ホールディングス 100%
関係する人物 西川俊男 (二代目社長)
外部リンク http://www.uny.co.jp/
特記事項:1971年昭和46年)2月21日に、共同仕入会社の株式会社ユニー(1969年8月設立)を含む3社を合併し商号変更。2012年平成24年)2月16日設立のユニーグループ・ホールディングス を2013年平成25年)2月21日に現商号に変更。
テンプレートを表示

ユニー株式会社: UNY Co., Ltd.) は、日本国内外に数多くのグループ企業を形成するユニーグループ・ホールディングスの中核となる大手流通企業である。本社は愛知県稲沢市

概要[編集]

総合スーパーの大型店「アピタ」、中型・小型店「ピアゴ」、ホームセンターの「ユーホーム」、書籍等を販売する「夢屋書店」など3種5タイプの店舗のほか、モール型ショッピングセンター「ウォーク(ウォークモール)」、ミニモール型店舗「ラスパ」などのショッピングセンターを運営し、ターゲットとする層ごとに店舗ブランドを使い分けている。店舗数は夢屋書店を除いて、229店舗(2013年(平成25年)4月現在)。

国内の総合小売業グループとしてはイオンセブン&アイ・ホールディングスに次いで全国第3位の売上高を持つ。現在では小売業の主要出店形態となったドミナント(特定地域集中出店)方式をいち早く実行した企業であり、全店舗の約3分の2に当たる店舗が東海4県に集中、また発祥企業の1つ「ほていや」の地盤であった横浜市周辺にも集中している。そのため出店地域の最北は福島県、最西は京都府となっている。逆にドミナント展開よりも全国展開を優先する大手総合スーパーとしてはかつてのダイエー、現在においてはイオンがある。

その成果として財務体質は比較的健全であり、ユニーの社債格付けは今でもセブン&アイ・ホールディングス(イトーヨーカ堂)、平和堂、イズミに次ぐ高さを誇っている。2008年(平成20年)3月25日付で、日経平均225に採用された。

現在、グループ全体のビジョンを『新生活創造小売業の実現』、総合スーパーグループでは『いいこと、プラス。』としている[1]。また、他の大手小売業と比べて商品へのこだわりが強いことで知られる[2]。同社が国内第3位の総合小売業であることを考えれば量で押さえ込んだ低価格戦略も十分に可能ながら、あえて商品にこだわった売場展開を行っているのが特徴であり、同社のプライベート商品の性格にもよく現れている。しかしながら、昨今のデフレ基調には追随せざるを得ず、これまで価値訴求を主眼とした方針を少し改め、頻度品については価格訴求に力を入れ始めた[3]。なお、大手総合スーパーとされる企業の中では最も食料品の比率が高い企業である。

環境への取り組みについては、2008年(平成20年)4月21日に、食品廃棄物の発生抑制と同社が排出した食品廃棄物のリサイクルループの構築に取り組むことなどを環境大臣と約束し、環境省エコファースト制度において業界初の認定企業とされた[6] (PDF) 。併せて、来店する児童を対象に、取引企業と共同で食育にも注力するなどの企業姿勢を見せている。

店舗ではアピタ高蔵寺店アピタ千代田橋店アピタ向山店、アピタ金沢店等の既存のユニー店の敷地を活用して建て替えるなど既存店の強化も行っており、派手さには欠けるものの手堅い経営手法でイオンによる地盤の東海地方への攻勢を凌ぎ、着実に売上拡大を図ることに成功している。

今なお主力はGMS店舗であるが、近年ではアピタを核店舗とした「ウォーク」と呼ばれる大型のモール型ショッピングセンターや、「ラスパ」と呼ばれるミニモールタイプのショッピングセンターの展開にも注力し始めている。

ユニーのロゴマークは、「太陽の暖かさ ・地平線から昇ってくる太陽」に由来している[4]1977年(昭和52年)に制定。本社建物は東海道新幹線の近くにあり北側の車窓から確認できる。

会社の営業地域[5]としては「中京(近畿圏含)(愛知岐阜三重長野滋賀奈良京都)」「山静(静岡山梨)」「関東(東北圏含)(関東6県・新潟福島)」「北陸(富山石川福井)」の4つに区分され、それぞれアピタ・ピアゴ毎に計17営業部単位の商品展開やセール・イベント企画を実施している。

2008年(平成20年)8月21日に、同社のグループ会社で食品、衣料品等のスーパーを運営する「株式会社ユーストア」を吸収合併し、同社の「ユーストア」店舗の運営を引き継いだ。同年、12月4日付のプレスリリースにて、中小型店舗について新たな店舗ブランド「ピアゴ」に統一することが発表され、翌2009年(平成21年)2月21日から1店舗を除き順次「ユニー」「ユーストア」が「ピアゴ」もしくは「アピタ」に変更された[6]

2012年(平成24年)2月21日に孫会社の99イチバを完全子会社化し、小型スーパーマーケット「miniピアゴ」を東京都および神奈川県に展開を始めた[7][8]

2013年(平成25年)2月21日に持株会社体制に移行を完了。それまでに(株)サークルKサンクスを完全子会社化することも併せて発表しており、持株会社化したユニーグループ・ホールディングス(株)の傘下にユニー(株)ともども配置された[9]

中部地区初のショッピングモール
アクアウォーク大垣(アピタ大垣店)
本社について
かつて本社は名古屋市中村区名古屋駅前に所在し、周辺の桑山ビル、日興証券ビル(現:KDX名古屋駅前ビル)を借り事務所としていたが、1993年(平成5年)に配送センターだった現在の建物に本部機能を移し、配送業務を外部委託に切り換えている[10]

沿革[編集]

名古屋を地盤とする衣料系スーパーほていや・西川屋が繊維商社タキヒヨーの仲介による合併を経て成立。そのうち前身のほていやが既に静岡・横浜に進出していたことから、当初から中京・静岡・神奈川の3地区を地盤としていた。ほていやは元来呉服店であり、その事業は現在関連企業のさが美が継承している。一方の西川屋は履物店として創業したのち、呉服店に業態転換するが、戦後は総合衣料品が主力になった。ともに地域一番の総合スーパーを目指して合併[11]。今日のユニーの基礎を築いた。

旧社時代[編集]

  • 1912年(大正元年) - 愛知郡下之一色村(現:名古屋市中川区下之一色)にて西川屋創業[12]
  • 1927年(昭和 2年) - 横浜市中区伊勢佐木町にて古川呉服店創業[7]
  • 1928年(昭和 3年) - 西川屋、履物製造販売業を譲渡し、名古屋市港区築三町に移転。西川呉服店開業
  • 1949年(昭和24年) - 株式会社西川屋設立
  • 1950年(昭和25年) - 古川呉服店を中心とした有志らが、名古屋市中区に株式会社ほていや呉服店を設立
  • 1957年(昭和32年) - ほていや呉服店が洋品部を設置。呉服に加え洋装衣料の販売を開始
  • 1960年(昭和35年) - ほていや呉服店が仕入れ会社、ほてい商事を設立
  • 1961年(昭和36年) - ほていや呉服店が食品部を設置。食品スーパー業界へ進出を図る
  • 1962年(昭和37年) - 株式会社ほていやに社名変更
  • 1963年(昭和38年) - 株式会社西川屋チェン設立、西川屋は不動産管理会社に
  • 1965年(昭和40年) - ほていやが傍系のほてい商事を合併
  • 1966年(昭和41年) - 西川屋チェンが販売会社、西川屋ストアを設立
  • 1967年(昭和42年) - ほていやが地域販売会社、関東ほていやを設立。翌年、中部ほていやを設立
  • 1969年(昭和44年)
    • 将来の合併を予定して株式会社ほていや、株式会社西川屋チェン、タキヒヨー株式会社の3社共同出資で共同仕入れ会社株式会社ユニー設立
    • ほていやが伊勢佐木町の百貨店松喜屋(別名:赤灯台、現在のピアゴ・イセザキ店)の営業権獲得
  • 1970年(昭和45年) - 西川屋チェン、飯田市の量販店マルサンと合併。四日市の銀杏屋と合併。新名浜株式会社設立
  • 1971年(昭和46年) - 株式会社ほていや、株式会社西川屋チェン、株式会社ユニー、新名浜株式会社が合併し、ユニー株式会社となる。同時に系列販売店として「中部ユニー」「東海ユニー」「関東ユニー」を設立[13]
  • 1972年(昭和47年) - 本社の前身となる稲沢配送センター完成
  • 1974年(昭和49年) - 高級呉服の専門店チェーン、株式会社さが美を設立
  • 1975年(昭和50年) - 「ユニー」と「中部ユニー」「東海ユニー」「関東ユニー」が合併し、現在の「ユニー株式会社」となる
  • 1976年(昭和51年) - 名古屋証券取引所市場第二部へ上場
  • 1977年(昭和52年)
  • 1978年(昭和53年) - 東証・名証ともに市場第一部に指定替え
  • 1983年(昭和58年)
    • ニチイ(マイカルを経て、現在はイオンリテール)との合併計画を白紙撤回
    • ユニー豊田店の増床・リニューアルを機に「APiTA」の名称を初めて使用し、「ギャラリエアピタ」と名付ける
  • 1984年(昭和59年) - コンビニエンスストアのサークルケイ・ジャパン株式会社を設立
  • 1985年(昭和60年) - ユニー香港を設立。翌々年初の海外店舗を香港島太古城中心のCITY.PLAZAに出店
  • 1989年(平成元年) - 世界デザイン博覧会にパビリオン「ビッ!くじら館」を出展
  • 1992年(平成4年) - 富山博にパビリオン「ユニーグループ館」を出展
  • 1993年(平成5年) - 本部を愛知県名古屋市中村区から愛知県稲沢市へ移転
  • 1995年(平成7年) - 本社および登記上の本店を稲沢市に移転
  • 2001年(平成13年) - コンビニエンスストアの株式会社サンクスアンドアソシエイツを買収
  • 2002年(平成14年) - カネ美食品株式会社を株式追加取得により関連会社化
  • 2003年(平成15年) - 生活創庫最後の店舗である名古屋駅店を閉店。生活創庫事業から撤退
  • 2004年(平成16年)
  • 2006年(平成18年)3月24日 - 福島県会津若松市にアピタ会津若松店開店。東北地方に初進出
  • 2007年(平成19年)3月10日 - 本格的なモール型SC「ウォークモール」1号店としてけやきウォーク前橋開店
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)8月17日 - 建て替えのため、ユニー吉原店閉店。店舗名におけるユニーブランド消滅[8]
  • 2011年(平成23年)7月 - 創業100周年を迎える
  • 2012年(平成24年)

新社時代[編集]

  • 2013年(平成25年)
    • 2月21日 - 子会社のユニーグループ・ホールディングス(旧)に事業を譲渡し持株会社に移行。同時に商号をユニーグループ・ホールディングス株式会社(新)に変更。事業を譲り受けた子会社のユニーグループ・ホールディングス(旧)は商号をユニー株式会社(新)に変更し、ユニーグループ・ホールディングス株式会社(新)の完全子会社となる
    • 10月11日 - 北欧雑貨「LAGERHAUS(ラガハウス)」の国内正規販売店として日本1号店をアピタ西大和店内にオープン[14]

店舗ブランド[編集]

アピタの店舗(千代田橋店)
ピアゴの店舗(恵那店)

アピタ(APiTA)[編集]

日常生活にこだわりを持つトレンドを追求した広域商圏対応型の大型GMS(総合スーパー)。名称の由来は、イタリア語の「apice」(アピス/先端の)・「tasca」(タスカ/ポケット)の2語を足した造語。旧ユニー店のGMSであった旧サンテラス店からブランド変更した店舗がある。その他、ギャラリエ(GALLERIA/回廊)を冠する店舗もあるが、現在はギャラリエアピタ知立店1店舗のみ。1983年(昭和58年)に1号店をオープン。

ピアゴ(PIAGO)[編集]

地域密着型の品揃えとサービスを提供する中型・小型店が中心のSM(スーパーマーケット)。名称の由来は、イタリア語の「piacevole」(ピアチェヴォーレ/楽しい)・「luogo」(ルオゴ/場所)の2語を足した造語。旧ユニー店・旧ユーストア店から主に構成され、取り扱い自体が食料品主体とする店舗がある。
また、関連企業の99イチバにより、狭商圏小型スーパーとして、生鮮コンビニの「miniピアゴ」を東京都 ・神奈川県に出店している。

ピアゴ ラ フーズコア(PIAGO La FoodsCore)[編集]

主に食品に特化した都市型小型SMS(食品スーパー)。名前の由来は、英語の「foods」(食べ物)・「core」(中心)の2語を足した上で、前に強意の声語「La」を加えた造語。2003年(平成15年)2月20日に1号店神野店をオープン[15]

ユーホーム[編集]

住まいに関する商品を取り扱うホームセンターで、主に中京・北陸地方の一部のアピタやピアゴに併設して展開している。

夢屋書店[編集]

「文化の遊園地」をキャッチフレーズに、雑誌を主体とした書籍CDDVDなどの商品を取扱う。主に東海地方を中心に直営のほか、フランチャイズ店舗も展開している。

かつて使用していた店舗ブランド[編集]

消滅順に記載

  • ユニマート - ほていや、西川屋合併後の一時期存在した食料品主体のほていや系小型店
  • ユーマート - 1972年(昭和47年)から一時期存在し、ローコスト運営を目指した西川屋系中 ・小型店[16]
  • ポアンカ - 1店舗のみ。ユニー福井店を改装、業態変更したもの
  • ハートスタッフ - 1店舗のみ。ユニー豊橋店を改装、業態変更したもの。また、かつて運営していたスポーツクラブの名称にも用いられた
  • ラブラ - 1982年(昭和57年)から展開されたコンパクトさと利便性のコンセプトを両立させた中型店。3店舗のみ
  • 雑貨創庫 - 1店舗のみ。現在のピアゴ大口店
  • 生活創庫 - 百貨店テイストのファッションビル
  • サンテラス - かつての主力大型GMS名。閉店を含めて計20店舗に付与された
  • アピタ食品館 - 食料品主体に改装もしくは新築された店舗。4店舗のみ
  • ジョイマートユニー - ユーストア標準店の規模に建て替え、もしくは改装されたユニーのミニGMS。6店舗のみ
  • ユーストア - 衣 ・食 ・住の生活必需品を提供するミニGMS
  • ユニー(UNY) - 以前のメインブランド。順次アピタ ・ピアゴに転換された。英語の"unique"."united"."universal"."unity"."unify"から命名

ショッピングセンター[編集]

ウォーク[編集]

モール型SC業態。アピタやピアゴを核店舗として、専門店やアミューズメント施設、レストラン街などのモール街を備え、広域型複合ショッピングモールとなっている。地域に関連した単語に「ウォーク」リバーサイド千秋を除く)を合わせた名称にしているのが特徴である。当初、公式広告では「ウォークモール」と書かれていたが現在は「ウォーク」となっている。

当初は大規模モールの名称として使われておりウォーク型の特徴として吹き抜け構造のモールが採用されていたが、その後中規模モールであってもウォークを名乗るようになり、吹き抜け構造の通路の有無など同じウォーク型でも構造に差が出るようになった。

SC名称 住所 核店舗 開業日
けやきウォーク前橋 群馬県前橋市 アピタ前橋店、ユナイテッドシネマ 2007年3月10日
リバーサイド千秋 新潟県長岡市 アピタ長岡店 2007年4月20日
アクアウォーク大垣 岐阜県大垣市 アピタ大垣店 2007年10月27日
エアポートウォーク名古屋 愛知県西春日井郡豊山町 アピタ名古屋空港店、ミッドランドシネマ 2008年10月25日
プレ葉ウォーク浜北 静岡県浜松市浜北区 アピタ浜北店、ケーズデンキ 2008年10月28日
リーフウォーク稲沢 愛知県稲沢市 アピタ稲沢東店 2009年3月28日
ラザウォーク甲斐双葉 山梨県甲斐市 アピタ双葉店 2009年4月25日
ピオニウォーク東松山 埼玉県東松山市 アピタ東松山店、ケーズデンキ 2010年3月19日
ヒルズウォーク徳重ガーデンズ 愛知県名古屋市緑区 ピアゴ ラ フーズコア徳重店 2010年11月6日
テラスウォーク一宮 愛知県一宮市 アピタ一宮店 2013年12月6日
ヴェルサウォーク西尾 愛知県西尾市 アピタ西尾店 2014年3月21日
ポートウォークみなと 愛知県名古屋市港区 アピタ港店 2014年秋オープン予定
ベニバナウォーク桶川 埼玉県桶川市 アピタ桶川店 2014年11月オープン予定
フォレストウォーク守山 愛知県名古屋市守山区 アピタ守山北店 2016年以降オープン予定

ラスパ[編集]

ミニモール業態。アピタ・ピアゴ単体の店舗に比べて専門店フロアが半分以上を占めるショッピングセンター。1号店であるラスパ御嵩は中規模モールであったが、その後新設される中規模モールは大規模モールの名称である「ウォーク」に含まれる形に方針変更されたため、今後のラスパは一回り小さい小商圏型ショッピングセンターの名称として出店が予定されている。

SC名称 住所 核店舗 開業日
ラスパ御嵩 岐阜県可児郡御嵩町 アピタ御嵩店 2008年9月23日
ラスパ太田川 愛知県東海市 ピアゴ太田川店 2015年3月オープン予定
ラスパ白山 石川県白山市 ピアゴ白山倉光店 2015年3月オープン予定

 

その他[編集]

アピタタウン
アピタのショッピングセンター型の店舗。アピタタウン金沢ベイアピタタウンけいはんなアピタタウン稲沢がある。
フェアモール
モール型SCに移行するまでの時期に建てられた北陸地区のショッピングセンター。フェアモール福井フェアモール富山フェアモール松任がある。

グループ会社[編集]

過去存在した主な関連会社・事業部[編集]

※ 少し量が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックされたい。

店舗[編集]

現在の店舗[編集]

過去に存在した店舗[編集]

オープン予定の店舗[編集]

  • アピタ桶川店(埼玉県桶川市、モール型SC「ベニバナウォーク桶川」の核店舗)
    桶川市下日出谷東地区の拠点街区事業「BENIBANA WALK」の中核施設として出店。店舗面積約26,000m2。2014年11月オープン予定[17]
  • アピタ港店(名古屋市港区
    2014年2月16日に閉店した同店の大規模改装店舗。モール型SC「ポートウォークみなと」の核店舗として同年秋再開店予定。
  • ユーホーム嬉野店(三重県松坂市
    ピアゴ嬉野店の駐車場に増築出店。2014年冬オープン予定。
  • ピアゴ尾西店(愛知県一宮市
    2014年1月19日に閉店した同店の建て替え店舗。同年12月再開店予定。
  • ピアゴ江南店(江南市)
    2014年4月19日より改装に伴い長期休業。同年12月中旬再開店予定。
  • アピタ磐田店(静岡県磐田市
    2014年3月31日に閉店したピアゴ磐田店の建て替え店舗。2015年(平成27年)初冬、再開店予定。
  • ピアゴイセザキ店(横浜市中区伊勢佐木町
    2013年8月18日に閉店した同店の建て替え店舗。2015年春から夏にかけて再開店予定。
  • ピアゴ守山店(名古屋市守山区
    2014年3月31日に閉店した同店の大規模改造店舗。2015年春から夏にかけて再開店予定。
  • ピアゴ白山倉光店(石川県白山市倉光、SM型SC「ラスパ白山」の核店舗)
    2012年5月出店申請。平屋建て。2015年春から夏にかけてオープン予定。
  • ピアゴ太田川店(愛知県東海市、SM型SC「ラスパ太田川」の核店舗)
    ユニーが土地所有する旧ユニー大田川店跡(前:どんでん広場)を利用し、2015年夏再出店予定。営業面積約13,000m2[18][19]
  • ピアゴ碧南店(愛知県碧南市
    2014年5月18日に閉店した同店の建て替え店舗。2015年秋、再開店予定。
  • アピタ岩倉店(愛知県岩倉市
    2014年8月31日に閉店したピアゴ岩倉店の建て替え店舗。2015年秋、再開店予定。
  • ユーホーム新城店(愛知県新城市
    2015年度オープン予定。
  • アピタ岡谷店(長野県岡谷市
    2014年8月31日に閉店した同店の建て替え店舗。2016年(平成28年)春、再開店予定[20]
  • アピタ金沢文庫店(横浜市金沢区
    2014年5月18日に閉店した同店の建て替え店舗。現建物にテナントが居残っている影響で、オープン時期は未定。2016年以降となる。
  • アピタ守山北店(仮称、名古屋市守山区中志段味、モール型SC「フォレストウォーク守山」の核店舗)
    中志段味特定土地区画整理事業における商業施設の中核施設として出店。オープン時期は未定で2016年以降となる。
  • ピアゴ西金沢店(仮称、金沢市米泉町)
    西金沢駅に隣接し、2009年3月末に閉鎖された日本たばこ産業金沢工場跡地に建設。オープン時期は未定で2016年以降となる[21]
  • ピアゴ岐阜宇佐店(仮称、岐阜市宇佐南)
    旧岐阜銀行本店跡地、および移転する大日本土木本店の土地を買収。2016年度オープン予定[22]
  • ピアゴ ラ フーズコア納屋橋店(仮称、名古屋市中区一丁目)
    納屋橋東地区の再開発ビルとして、30階建て高層マンションの地下1階から地上3階までの商業施設に入居。2017年(平成29年)6月オープン予定[23]


海外店舗[編集]

香港[編集]

現在、3店舗を運営中。

上海[編集]

  • アピタ上海金虹橋店(仮称、中華人民共和国上海市長寧区天山路)
    海外子会社、優友(上海)商貿有限公司により、上海地下鉄2号線婁山関路駅に通じる商業施設の核テナントとして、地下1階ならびに地下2階を賃借し、2014年秋に中国本土1号店として開店予定。営業面積は21,000m2[24]

地域事務所[編集]

  • 関東事務所(横浜市港北区新横浜二丁目6番3号DSM新横浜ビル6階・7階・8階)
  • 山静事務所(静岡市駿河区森下町4番30号メンテックビル4・5階)
  • 北陸事務所(石川県金沢市広岡3丁目3番77号 JR金沢駅西第一NKビル 6階)
  • 上海代表処(上海市長寧区古北路507号)
  • 青島事務所(山東省青島市香港中路76号)
  • バンコク事務所(バンコク市ワッタナー区北クローントゥーイ)

主な配送センター[編集]

ユニー弥富物流センター
  • 足利配送センター(栃木県足利市真砂町) - 東武デリバリー株式会社委託
  • 境ドライ物流センター(茨城県猿島郡境町) - 関東国分株式会社委託
  • 北関東低温物流センター(群馬県邑楽郡邑楽町) - 株式会社昭和委託
  • 川崎ドライ物流センター(神奈川県川崎市川崎区東扇島) - 伊藤忠食品株式会社委託
  • 厚木配送センター(神奈川県厚木市金田) - 東武デリバリー株式会社委託
  • 静岡物流センター(静岡県藤枝市下当間) - 西濃運輸株式会社敷地内賃借
  • 牧之原ドライ物流センター(静岡県牧之原市坂口) - 伊藤忠食品株式会社委託 
  • 牧之原低温物流センター(静岡県牧之原市白井) - 株式会社昭和委託
  • マザーセンター(愛知県小牧市) - 株式会社トーカン小牧流通センター内賃借
  • 大府ドライ物流センター(愛知県大府市共和町別岨) - 伊藤忠食品株式会社委託
  • 犬山低温物流センター・ドライ物流センター(愛知県犬山市高根洞) - 株式会社昭和委託
  • 瀬戸低温物流センター(愛知県瀬戸市山の田) - 株式会社トーカン委託
  • 弥富物流センター(愛知県弥富市前ケ平) - 株式会社中部日立物流サービス、三井倉庫株式会社ほか委託
  • 飛島ハウスウェア物流センター(愛知県海部郡飛島村) - 名正運輸株式会社委託
  • 海津文玩物流センター(岐阜県海津市南濃町吉田) - 株式会社エスシー委託
  • 北陸物流センター(石川県金沢市松寺町) - 福井貨物自動車株式会社敷地内賃借
  • 金沢ドライ物流センター(石川県金沢市専光寺町) - カナカン株式会社委託

5%OFF感謝デー[編集]

  • 毎月19日及び20日、アピタ、ユーホームの店舗でUCSカードを店頭レジにて提示し、現金またはUCSカードによる精算をした場合には、一部の商品を除いて表示価格から5%引となる割引特典を受けられる。
  • 毎週金曜日、ピアゴの店舗でUCSカードを店頭レジにて提示し、現金またはUCSカードによる精算をした場合には、一部の商品を除いて表示価格から5%引となる割引特典を受けられる。(上記2特典はユニコ支払でも可。)
  • 毎月第2日曜日、アピタ、ユーホーム、ピアゴの店舗でUCSカード各種で支払った場合、Uポイントが2倍になる特典を受けられる。

広告[編集]

ナゴヤドームに掲示してある、ユニーグループの広告

テレビ・ラジオでは提供読みや提供企業の紹介テロップ紹介の場合、2009年2月20日までは「アピタ・ユニー」だったが、同年2月21日からは「アピタ・ピアゴ」となった。

テレビ[編集]

主なCM出演者

  • 今宿麻美(モデル・女優)- ネット上のアピタPRキャラクター。現在はテレビCMにもメインキャラクターとして出演
  • 渡部豪太(俳優)- 今宿と共演
  • 庄司智春品川庄司)- 今宿と共演
  • 武蔵(格闘家)- 消臭ウェア「DEO-ON」(デオオン)のイメージキャラクター
  • 鈴木杏樹 - TV・ラジオCMともに
  • 村田雄浩 - TVのみ。鈴木とともに夫婦役で出演することが多い
  • ドアラ中日ドラゴンズマスコットキャラクター)- 中日ドラゴンズと提携をはじめた2004年頃から実施されているドラゴンズ朝市などのTVCMに出演中
  • その他不定期でタレントを起用することがある(2007年12月中旬頃のますだおかだなど)

ラジオ[編集]

時報CM

2013年(平成25年)1月1日午前5時から2014年(平成26年)3月31日午前4時まで、グループ会社のサークルKサンクスと共同で、全国の民放AMラジオ局で時報CMを放送していた[25][26]。 両社が提供する時報CMには大きく分けて、

  1. ユニー(アピタ・ピアゴ)単独のCM 『毎日の生活に、「イイこと、プラス。」アピタ・ピアゴです』 
  2. スタイルワン」ブランドのCM 『わたしのお気に入り。アピタ・ピアゴ・サークルK・サンクスのスタイルワン
  3. サークルKサンクス単独のCM 『いつでもあなたに、入れたてコーヒー。サークルKサンクス』または『シェリエドルチェの釜だしとろけるプリン。サークルKサンクス

の4種類。また、2014年9月現在、CBCラジオだけが放送されている時報CMには大きく分けて、

  1. ユニー(アピタ・ピアゴ)単独のCM 『♪ユニコ、ユニコ、ニッコニコ。アピタ・ピアゴの電子マネー。ユニコ、ニコ
  2. 「スタイルワン」ブランドのCM 同上
  3. サークルKサンクス単独のCM 『♪サークルKサンクス。一番の満足をあなたに。

の3種類がある。

時報CM放送局および放送CMの種類は以下の通り。各局とも、時間帯や曜日によって放送されない場合があった。

放送局名 放送対象地域 アピタ・ピアゴ単独 「スタイルワン」ブランド サークルKサンクス単独
HBCラジオ 北海道 × ×
東北放送(TBC) 宮城県 × ×
文化放送(QR) 関東広域圏
CBCラジオ 中京広域圏
MBSラジオ 近畿広域圏
RKBラジオ 福岡県 × ×

表中の「○」は放送あり、「×」は放送なしを表す。

北海道・宮城県・福岡県にはサンクスの店舗しか存在しないため、HBC・TBC・RKBでは、サークルKサンクス単独CMのみが放送。スタイルワン商品はサークルKサンクスでも販売されているが、先述の3局ではスタイルワンのCMは放送されていない。MBSでは、放送エリア内の京都府奈良県にアピタ、滋賀県にピアゴの店舗がそれぞれ存在する関係で「アピタ・ピアゴ」および「スタイルワン」のCMも放送されていた。

上記のスポンサー契約はCBCラジオを除き1年3ヶ月で終了。ユニーの時報CMはCBCラジオ1局のみとなり、CBCラジオ以外の放送局では、2014年4月1日午前5時から、ノンスポンサーまたは別のスポンサーで時報を放送している。

その他[編集]

  • 1978年(昭和53年) - 1981年(昭和56年)に東海テレビで、ユニー一社提供の子供向けのど自慢番組「ユニーサンデーショー 歌え!ちびっこ」が放送されていた。
  • 2007年度から中日ドラゴンズ地方遠征試合の豊橋市民球場開催時に、地元豊橋の企業・SALA(サーラ)とともに球場内に広告看板を数ヵ所掲示。
  • ナゴヤドームでは両チームベンチ壁面にユニーのロゴが貼り付けてある。2009年シーズンからはユニーの代わりにピアゴのロゴを貼り付けたほか、隣にはグループ企業のサークルKサンクスとシェリエドルチェのロゴを貼り付けるようになった。
  • 千葉マリンスタジアムにアピタ名義で3塁側ベンチ付近に広告掲示。
  • アルビレックス新潟のオフィシャルクラブスポンサーで、主催試合で広告を掲示。
  • テレビ朝日系列アニメドラえもんでは1990年代には単独スポンサーとなり現在も筆頭スポンサーであるが未出店地域などではCMを流さず、スポンサークレジットも出していない。
  • かつて大型店のブランドであった"サンテラス"は、衣料品のプライベートブランド名にも用いられた。(表記は英文で"SunTerace")
  • かつてユニーでオトク(女の子)、アピタではトクタロウ(男の子)というマスコットを使っていた。
  • 2009年8月よりピアゴ生誕記念に、着ぐるみキャラクター『ピアッキ〜』を作成し、販促に用いている。このほか、アピタ木曽川店の『はぐりん』や、アピタ伊賀上野店の『おしのびちゃん』・『くれないちゃん』、アピタ大府店の『ぶどりん』、アピタ阿久比店の『アグちゃん』など店舗独自のゆるキャラも存在する。

備考[編集]

  • ほていやの社名は、マスコットとして店頭に飾っていた寿老人の立像がなぜか、「ほていさん」と呼ばれ親しまれたことに由来する[27]。お客、同業者には古川呉服さんよりも、ほていさんで名前が通っていたため、店舗の商号を終戦直後の1945年9月に「ほていや」と変えている。当時と同じ店名、ロゴマークのほていや(呉服専門チェーン店)が存在するがユニーとは現在無関係。1962年8月、ほていやが生産部門の子会社として呉服の仕立加工を目的に株式会社ほてい産業(現・株式会社ほていや)を設立。退社したほていやの元取締役が同社の経営に専念し、ユニーの呉服部門が「さが美」に移管されたことを機に、意匠商標(ロゴマーク)を現ユニーから有償で買い取って現在に至る。なお、ほていやはユニーグループのSCには呉服店舗を一切出店していない。
  • 「ほっちぽっち」というタウン情報誌を発行していたことがある。1983年5月創刊。A4・80ページ・250円。コラムが中心だった。HPに誌名変更後、1992年6月号にて通巻106巻で幕を下ろした。「ほっちぽっち」はオランダ語で“ごった煮”の意。なお、同誌の前身は1980年2月に創刊された月刊情報誌「夢屋」。
  • 2004年以降、地元プロ野球球団中日ドラゴンズを企業として応援[28]。しかし、中日が主催する北陸シリーズの試合を行う北陸3県(東海3県に比べると巨人ファンが多いとされている)の店舗では、2007 - 2009年に読売ジャイアンツセ・リーグ優勝した際、優勝セールを開催している上、中日が優勝した2010年は巨人感動ありがとうセールを開催している[29]
  • 2004年、取引における立場の優位性を利用し、納入業者に対し棚卸や陳列等に人員の応援要請、および過度の値引要請をしていたことが表面化。ユニー側の事情を聴いた上で公正取引委員会より独占禁止法に基づく是正勧告を受けた。 公正取引委員会審決 (PDF)
  • 2010年8月、ネットスーパーサイトであるアピタネットスーパーの運営委託をし、ネットスーパー事業のシステム構築を営むネオビート(大阪市、2010年に破産)のサーバーに海外から不正アクセスがあり、クレジットカード情報が流出したことが判明、ただちにサイトを閉鎖した。その後、ネオビート社への委託を解き、新たに東芝テックが開発したシステムに移行したことにより、2011年2月より順次該当店舗からネットスーパー事業が再開されることになった[30]
参考[編集]

^ほていやの創業時期説は2つある。会社HP内の記載が公式であるが、合併直前のほていやが『ほていや還暦祭』セール(昭和46年2月11日-15日実施)の開催を新聞広告に単独掲載しており、「この2月でご愛顧60年、大正元年創業」の記述がある[31]。西川屋の創業年と同一であり、西川屋の創業をもってユニー100周年としているが、新聞広告からの情報では、ほていやも同一100周年である。なお、大正元年でのほていや創業者年齢は8才であり、なにをもって大正元年(1912年)創業としたのかは不明。
中日新聞昭和46年2月10日夕刊閲覧

注釈 - ほていや創業者が独立前に修業・勤務していた「越後屋呉服店」の開店年から通算した可能性が高い。「越後屋呉服店」はかつて伊勢佐木町1丁目に存在した呉服店。商号が三越の前身と類似するが、三越とは無関係。現在の「さが美一丁目店」の場所にあった。

店内ソング・CMソング[編集]

  • 「いつも家族と一緒に」歌:メロディー・チューバック[32] 作詞:大谷渡 作曲:濱田理恵
    2009年のピアゴ・アピタ統一時に誕生した愛唱歌。歌詞がピアゴバージョンとアピタバージョンで若干異なる。
  • 「パパとママとぼく」 作詞:佐々木高子 作曲:小林亜星
    ユニー誕生8周年を記念して1977年に作られた歌。作詞は一般公募で決められ、ユニーの各店舗で1990年代まで使用された。関東地区では、CMソングとして使用されたことがある。

電子マネーへの取り組み[編集]

非接触IC

磁気カード

  • Visaプリペイド - レシートにはクレジットカードと表示される。チャージは不可。ただし名古屋空港店やラスパ御嵩では、ドラッグセガミでチャージ可能である。
  • au WALLET - MasterCard加盟店であるため利用可能である。Visaプリペイドと同様にレシートにはクレジットカードと表示されるが、プリペイド式の電子マネーである。チャージは不可。ただしauショップがテナントとして入っている場合はそちらで可能。アプリ及びオンラインでのクレジットチャージはMasterCardであればUCSカードも利用可能である。
  • uniko(ユニコ)カード

2013年5月11日より順次導入(チャージも可能である。)[33]

  • manaca(愛知県(一部除く)) TOICA(愛知県(海部郡など一部の店舗)・岐阜県・三重県・静岡県・長野県) Suica(福島県・群馬県・栃木県・茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県・新潟県)ICOCA(滋賀県・奈良県・京都府・富山県・石川県・福井県)


なお相互利用により導入後は、加盟カードに関係なくKitacaPASMO・Suica・manaca・TOICA・ICOCA・はやかけんnimocaSUGOCAが利用可能となる。manacaについては名古屋市内は名古屋市交通局、名古屋市外は名古屋鉄道(海部郡など一部の店舗はTOICA)に加盟するが、いずれもミュースターポイントは対象外である。 長野県でSuicaではなくTOICAを導入する例はデイリーヤマザキの一部店舗などにも見られたが、極めて珍しい。同じユニーグループのサークルKサンクスでもSuicaを導入している程度である。Visa Touch及びSmartplusは以前利用可能であったが、サービス終了に先行し2013年3月20日をもってユニーでは取り扱いを終了した。同じユニーグループのサークルKサンクスが関西地区(三重県も含む)で導入しているPiTaPaは、滋賀県・奈良県・京都府・三重県の店舗も含め導入は発表されていない。新しくユニーグループホールディングスの完全子会社となったナガイは、東京都・神奈川県でベンガベンガの店舗展開をしているが、グループ入り前のままPASMO加盟であり楽天Edy・QUICPayは使えない。

類似名企業[編集]

愛知県内には、ユニーファイナンス(サラ金)、ユニーオイル(ガソリンスタンド)があるがユニーとは全く関係がない。

山梨県内には、パチンコ店BiGユニーが4店舗あるが関係はない。ちなみに中央市田富ではアピタ田富店と同じ通りにBiGユニーが存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本社で見られる新生活創造小売業の看板[1]
  2. ^ 船井総合研究所、モデル企業レポ「ユニー、高くても売れる商品の秘密(2005年時点での方針)」[2]
  3. ^ ユニー社長 前村哲路氏インタビュー(ダイヤモンド・オンライン2012年10月25日付)[3]
  4. ^ 2011年(平成23年)度より、全店の外壁や看板に企業名「UNY」(ユニーの英語表記)と赤丸のロゴマークを掲げていく。これは店舗ブランドとしてのユニーが消滅したことを受け、知名度の高いユニーの名前を再び残すことで、「アピタ」「ピアゴ」の一体感を企業として高めていく為である。ユニー、全店に「UNY」、外壁や看板に、共通の掲示で一体感。

    ^それ以前のロゴマークは、上記左のように3つの〇にそれぞれ「U」、「N」、「Y」を配したもので、「ユニー」のフォントは角張ったものだった。また当時、一部の西川屋系大型店の看板にはループ進入路付き立体駐車場を有する店舗であることを意識付けるために、鼻を丸めたゾウをデフォルメしたマスコットキャラクターも併せて掲げており、該当店舗は「ぞうさんユニー」として親しまれた。
    上記中央の「ほていや」のフォントは太い筆で書いたような書体で、「い」が異体字となっている。ロゴマークは〇の中に布袋様の姿を描いている。因みに横浜市電保存館に、表紙にほていやの広告が入った回数券が展示されている。上記右の西川屋のロゴマークは「西」を「川」で模した上部の切れた三重丸で囲っている。

  5. ^ 地域事務所のほか、本社には「開発本部」・「テナント本部」・「衣料本部」・「住関本部」・「食品本部」・「業務本部」・「関連事業本部」・「アピタ営業本部」・「ピアゴ営業本部」などがある。
  6. ^
    ユニーとして最後まで残る吉原店の店舗看板
    店舗ブランドを「ピアゴ」に移行するのは、1店舗を除く「ユニー」と、全ての「ユーストア」「ラフーズコア」「アピタ食品館」が対象。なお、企業名としての「ユニー」と、大型店舗の店舗ブランド「アピタ」については変更しない。2009年(平成21年)6月末時点で唯一店舗ブランドが変わらなかった店舗は、ユニー吉原店であったが、同店は建て替えを予定していたためである。なお同店はアピタ系の商品構成となっていた。
  7. ^ 連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ (PDF)
  8. ^ 「miniピアゴ(仮称)」 出店へ。「株式会社99イチバ」を100%子会社化 (PDF)
  9. ^ サークルKサンクスを完全子会社化、ユニー持株会社に移行 (PDF)
  10. ^ ユニーの2代目社長・西川俊男は、本社の建物について、「店舗はカネを生むが、事務所は稼がない。立派な本社でいい格好をするより、事業の成長を最優先すべきだ。配送センターの改装と本社機能の移転に10億円かかったが、当時年間6億円だった家賃は0になった」と述べている。『中部企業家列伝』日本経済新聞社
  11. ^ 合併設立の趣旨および経営ポリシーは、資本の自由化に対処して強力な国際企業の完成を目的とする。流通近代化と国民生活の向上に貢献する複次元産業として日本経済の成長と安定に寄与する。この目的を達成するために中部圏を基盤として広く同志とともにナショナルチェーン化を図るの3点。当時のビジョンは、「豊かな未来を科学的に創造的する」だった。
  12. ^ ユニー創業100周年 (PDF)
  13. ^ 中部ユニー(旧株式会社中部ほていや)、関東ユニー(旧株式会社関東ほていや)が元ほていやの店舗を統括、東海ユニー(旧株式会社西川屋ストア)は元西川屋の店舗を統括した。
  14. ^ 日本初上陸!北欧雑貨『LAGERHAUS(ラガハウス)』 アピタ西大和店舗内に10 月11 日オープン! (PDF)”. ユニーグループ・ホールディングス株式会社 (2013年9月27日). 2014年1月17日閲覧。
  15. ^ 店舗例(ピアゴ ラ フーズコア滝の水店)[4]
  16. ^ 現在、静岡県内で展開する「ユーマート」とは無関係。
  17. ^ ユニーが埼玉県桶川市に大型商業施設を出店へ (PDF) (ユニー(株)プレスリリース平成24年1月26日)
  18. ^ 東海市中心市街地活性化基本計画-p89 (PDF)
  19. ^ ユニー大田川店跡地に商業施設を出店へ (PDF) (ユニー(株)プレスリリース平成25年7月12日)
  20. ^ アピタ岡谷店一時閉店 建て替えで9月から1年半(長野日報ウェブサイト:2014年3月17日 閲覧)
  21. ^ ユニー進出へ JT金沢工場跡(北國新聞:2013年12月 5日付)
  22. ^ 「ピアゴ」出店へ 旧岐阜銀本店の跡地(中日新聞:2014年3月15日 閲覧)
  23. ^ 納屋橋東地区再開発で、名古屋市が都市計画変更案縦覧開始(日刊建設工業新聞:2013年11月18日8面)
  24. ^ ユニーが中国本土に1号店を出店! (PDF) (ユニー(株)プレスリリース平成24年9月6日)
  25. ^ AMラジオで時報CM ユニーとサークルKサンクス 日本経済新聞電子版 2012年12月27日 23:44
  26. ^ 2012年までは、同じ愛知県に本社のある、めいらくグループ(スジャータ)の時報CMが約35年の長きに渡り放送されていた。
  27. ^ 『日本会社史総覧』(東洋経済新報社 1995年)
  28. ^ 名鉄百貨店松坂屋などが「中日ドラゴンズを応援する会」などの応援企画を行っていたが、2004年以降のユニーのように年中を通して消費者に対して還元する形の応援企画は初。更なる地域密着を図るため。なおこれ以降、様々な応援セール・応援企画・球団マスコットが出演するTVCMの放映等を実施している。
  29. ^ 読売ジャイアンツのニュースリリース(2007年2008年2009年
  30. ^ 「アピタネットスーパー」のサービス再開について (PDF)
  31. ^ ほていや還暦祭の広告[5](注:改元が7月のため、大正元年2月の正確な表現は明治45年2月である)。
  32. ^ 愛唱歌『いつも家族と一緒に』紹介ページ
  33. ^ アピタ・ピアゴ・ユーホームへの交通系電子マネーサービスの導入について (PDF) (ユニー(株)プレスリリース平成25年5月10日)

外部リンク[編集]