パリ証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧パリ証券取引所(パレ・ブロンニャール)

パリ証券取引所(パリしょうけんとりひきしょ)は、かつてフランスパリ2区に存在した証券取引所。または取引所に用いられてきた建物、または建物を利用した資料館、または隣接するパリメトロ3号線の駅名(ブルス駅)を和訳した名称[1]

歴史[編集]

18世紀、パリに証券取引所が成立。当初は、一銀行が運営していたが、事業の運営母体が変遷を受けながら規模を拡大しつつ、現在の資料館の存在する場所へ移転した。ランドマークとなっているコリント式列柱の外観を持つ建物は、1826年に完成したものであり、20世紀初頭に拡張工事が行われて現在の形となった。証券取引所の機能は、2000年9月に欧州各国の証券市場との統合体であるユーロネクストに移行した。建物は、移行後もしばらくは、ユーロネクスト・パリのオフィスとして機能していたが、2013年現在は証券市場に関する歴史的資料を展示した資料館となっている。

所在地[編集]

出典[編集]

  1. ^ リューアベイユドットコム-パリ証券取引所

関連項目[編集]

座標: 北緯48度52分09秒 東経2度20分29秒 / 北緯48.86917度 東経2.34139度 / 48.86917; 2.34139