リーフウォーク稲沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーフウォーク稲沢
LEAF WALK Inazawa
LEAF WALK Inazawa Shopping Center 01.JPG
店舗概要
正式名称 リーフウォーク稲沢
所在地 愛知県稲沢市長野7丁目1-2
(モール棟)
愛知県稲沢市下津穂所1丁目1番1(アピタ棟)
北緯35度15分40.4秒 東経136度49分8.1秒 / 北緯35.261222度 東経136.818917度 / 35.261222; 136.818917座標: 北緯35度15分40.4秒 東経136度49分8.1秒 / 北緯35.261222度 東経136.818917度 / 35.261222; 136.818917
開業日 2009年3月26日(プレオープン)
2009年3月28日(グランドオープン)
施設所有者 ユニー株式会社
施設管理者 ユニー株式会社
設計者 前田建設[1]
施工 前田建設
敷地面積 82,416 m²
商業施設面積 50,008 m²
延床面積 78,827 m²
中核店舗 アピタ稲沢東店
店舗数 アピタと145の専門店
営業時間 アピタ/9:30 - 21:30
モール棟専門店街/10:00 - 21:30
モール棟レストラン街/11:00 - 22:30
駐車台数 2,100台
前身 稲沢操車場
外部リンク 公式サイト
APiTA
アピタ稲沢東店

リーフウォーク稲沢(リーフウォークいなざわ)は、愛知県稲沢市にあるユニー株式会社が管理・運営するモール型ショッピングセンターウォーク)である。

概要[編集]

愛知県稲沢市と都市再生機構が旧稲沢操車場跡地の再開発事業「グリーンスパーク稲沢21」計画の中核施設として、ユニーアピタ稲沢東店を核店舗に145の専門店を配置する本格的なモール型店舗。稲沢駅の東口から北方にある。

建物は全3階層の店舗2階建て。モール棟とアピタ棟の2つの商業施設で構成されている。

リーフウォークのリーフ(LEAF=葉)は、稲沢市が植栽の町であることに由来する。SCののキーワードは「毎日かがやく、緑のまちへ」となっている。

また、環境にやさしいショッピングセンターをコンセプトにしており、建物には壁面緑化、屋上緑化が施されている。また、ガスコージェネレーションシステム、風力発電太陽光発電照明を採用している。雨水を利用した散水設備、ドライミストが設置されている。

災害時の拠点施設としての役割もあり、ベンチは炊き出し用かまどとして使用可能となっている。災害用簡易トイレも用意されている。

地域交流の場として「コミュニティライブラリー」(地域情報コーナー)、「リーフホール」(多目的ホール)、「コミュニティガーデン」(環境に関する情報発信コーナー)が設置されている。また、稲沢操車場跡地に関連し、稲沢操車場や蒸気機関車などの写真の展示コーナーや、車掌車貨車などの実物の鉄道車両の展示もある。

アピタ稲沢東店[編集]

モール棟の南側に位置するアピタ棟に入る。アピタ単体の店舗面積は12,000m²である。

主な専門店[編集]

詳細は公式サイトの「ショップガイド」を参照。

交通アクセス[編集]

鉄道

他のウォークモール[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]