Smartplus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Smartplusスマートプラス)は、三菱UFJニコスが展開する決済サービスである。

概要[編集]

日本信販(現在の三菱UFJニコス)が開発し、2004年12月にサービスを開始した。POSレジとの連携を当初から考慮されている点が特徴である(店員は受け取り金額を1度だけ入力すれば済む)。

また、Visaが日本で提供する「Visa Touch」は、Smartplusの技術を採用している[1]

2008年9月末時点でのVisa Touch/Smartplus会員数は69万人、対応端末は4万9000台である。[2]

利用方法[編集]

Smartplusは、Smartplusの機能を搭載した専用のカードである「カード型」又はSmartplusに対応している携帯電話おサイフケータイ)を用いる「モバイル型」のいずれかで利用する事が出来る。

尚、モバイル型は、セキュリティ重視モードに設定している場合、その都度設定しておいたパスコードを入力しなければ利用する事が出来ないなどセキュリティも確保している。

サービス[編集]

クレジットカードと同様にショッピング及びキャッシングを利用する事が出来る。

ショッピング[編集]

店員の指示に従い、レジ横などに設置されているSmartplus対応のICカード読み取り機に翳すだけで利用する事が出来る。クレジットカードと異なり署名(サイン)は必要でないが、利用金額によっては必要となる場合もある。

1回の決済での上限金額は999,000円である。30,000円までオフラインで処理し、それを超えるとオンラインでカード会社に信用照会を行う(電話で行う場合もある)。

キャッシング[編集]

三菱東京UFJ銀行(旧UFJ店)の一部に設置されているFelica対応表記のあるATMLeadus製)で、紐付けされたクレジットカードのキャッシングを利用する事が出来る。

沿革[編集]

  • 2004年
    • 12月 サービス開始。当初はATMでのキャッシング利用に限定されたものであった。
  • 2005年
    • 8月 ショッピングでの利用サービスを開始。
  • 2006年
    • 9月 Smartplusのシステムを用いたVisa touchがサービスを開始。
  • 2007年
    • 12月18日 ユニーアピタの愛知県内19店舗、静岡県(アピタ藤枝店)、神奈川県(ユニー大口店)」、石川県(アピタ金沢店)で利用可能に。
  • 2008年
  • 2009年
  • 2013年
    • 11月30日 サークルKサンクスでの取扱終了。
  • 2014年
  • 時期不明
    • カード型サービス終了(個々のカード有効期限をもって終了予定)[3]

主な加盟店[編集]

コンビニエンスストア[編集]

総合スーパーマーケット、専門スーパー[編集]

ドラッグストア[編集]

自動車・輸送関連[編集]

レストラン・飲食店[編集]

旅行・娯楽[編集]

Smartplusに対応しているクレジットカード[編集]

三菱UFJニコス(グループ会社を含む)の次のクレジットカードが、Smartplusに対応している。

  • MUFGカードMasterCardに限る)
  • UFJカード (MasterCardに限る[4]) - 三菱UFJニコスは、プロパーカード(一部を除く)の新規募集を終了している[5]
  • NICOSカード (MasterCard又は国内専用に限る) - 三菱UFJニコスは、プロパーカード(一部を除く)の新規募集を終了している[5]

モバイル型対応携帯電話機種[編集]

NTTdocomo[編集]

FOMA[編集]

9シリーズ[編集]
7シリーズ[編集]

mova[編集]

2007年4月15日をもって新規のアプリ提供は終了している。

au[編集]

SoftBank[編集]

Disney Mobile[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]