出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(くに、こく)は、現代日本では主に国家(独立国)を意味するが、さまざまな大きさと独立性を備えた地域を表す多義的な言葉である。

「国」の多義性[編集]

(くに、こく)は、以下のような多義性を有することばである。

  1. 国家、中央政府
    政治的な国家(state/état)が支配する一定の領域や住民・共同体制度文化などの総体。特に、国家の統治機構である中央政府を指すこともある。
  2. 令制国
    古代の日本での、律令制下の行政単位。律令制が崩壊した後も、受領の支配区分や守護の軍事警察管区として、また地域区分の単位として明治時代初期まで用いられた。現在でも「旧国名」として、都道府県の別名や、都道府県内の地域名として用いられることがある。
  3. 故郷地方
    生まれ故郷や出身地。また、国家に対して、地方を指すこともある。英語の「country」も、国家を指す場合と、地方を指す場合の2つの意味を持つ。
  4. 大地
    例:国つ罪国津神というように用いられるが、「地」の字が充てられることが多い。

日本の「国」[編集]

近代以前[編集]

日本史においては、古くは中国史書『漢書』にあらわれる奴国(なこく)などがある。「くに」は元来自然の国土をさすことばであったが、弥生時代に入って生産経済に突入し、日本列島各地に政治的支配がはじまると、その政権が支配する領域を「くに」と呼称した[1]。これら小国家は、地域としてはのちの「」相当の広さしかない狭小な地域にすぎなかったが、政体としての独立性を保ち、原初的とはいえ国家と称される政権であった。民俗学者折口信夫によれば、「くに」のことばの原義は、ヤマト宮廷に対して半属半独立の関係にある地方を意味しており[2]、また、「くに」には「くにたま」(国魂)があって、これを所有する者がその地方を統治する権限を有するものと観念されていた[3]。それゆえ、ある地方が宮廷の支配に服することは、当該地方の「くにたま」が宮廷に奉られることを意味していた[3][注釈 1]

ヤマト王権によって日本列島の統一が進行していった古墳時代にあっては、そのような「くに」に「国造(くにつのみやつこ)」が置かれた。これは元来一定の地域を統治した地方首長層であった。多くの地方的国家はヤマトの勢力のもとに収められていった。その際、戦争をともなう場合もなかったわけではないが、より平和的な手段で目的が達成される場合も多かった。そのため、多くの地方的国家は後世まで大幅な自治を許され、朝廷に対しても半属半独立の関係を保った[4]。地方的国家が宮廷(朝廷)の神々の信仰を受容し、これを最高のとして崇敬する限りにおいて、地方的な信仰と祭祀は多くの場合、残されたのである[4]。このような「くに」をもとに飛鳥時代には律令制のもとで令制国が成立した。

すなわち、日本においては、上述の奴国などの小国家、『魏志倭人伝』収載の邪馬台国などの小国家連合、統一されたヤマト国家、そしてそのなかの国造の支配領域に至るまで、「くに」には大小・広狭さまざまあり、機構や概念においてもそれぞれ差異が認められるにもかかわらず、こうした政治的領域すべてに漢字の「國(国)」の字を当てはめたのである[1]

令制国は、その広狭や人口、生産力などを基準にして大国上国中国下国の4等級に分類され、「守」以下四等官国司の定員や官人位階などに差が設けられた。大宝律令制定時の8世紀初頭には58国3島であったが、その後の分割や統合などを経て、9世紀初頭の段階では66国2島となり、それ以後、固定化された[1]

また、「倭国」「三国一」のような、視点を日本列島外に置くような表現にあっては、日本全体が一つの「国」として扱われた。

これらとは別に、「大地」「土地」「出身地」に近い意味合いもあった。天津神に対する国津神(くにつかみ)の「国」は、天に対する地を意味し、実際、地の漢字が当てられることもあった。また、「国衆(くにしゅう)」「国替(くにがえ)」などの語では、土地を意味した。

近代[編集]

近代以降になると、国はほとんどの場合「国家」の意味で使われるようになり、その意味が他に卓越するようになった。「国家の政府」(つまり日本国政府)を単に「国」と呼称する新たな用法も生まれた。また、独立国ではない政体や日本国が承認していない政権に対し、報道統計発表などにおいて明示的に「国」の使用を避けることがあり、マスメディアを中心に「国と地域」のような表現もみられる。しかし、「国(くに)」が本来は独立国を必ずしも意味してこなかったという伝統を踏まえれば、過剰反応ともいえる。

令制国は文書などによって法的に廃止されたわけではないが、廃藩置県等の明治時代以降の諸施策によって有名無実化した。これを「国」と呼ぶのは紛らわしくなったため、「旧国」と呼称されることが多くなった。現在でも「くに」は、文脈によっては、「出身地」の意味で普通に使われる。ただし、その場合でも都道府県が定着した今日では、旧国単位ではなく都道府県単位で考えることが多くなっている。

ヨーロッパの「国」[編集]

国と訳される英語には、state、nation、countryがある。

  • countryは、ラテン語のcontrata terra(向こう側の土地)が語源で、地理的な国土を意味する。政体の性質を問題にしないため、日本での「国と地域」に相当する使われ方もする。
  • nationは、ラテン語のnatalis(出生)が語源で、土地の住民の総体を意味する。国家の場合は国民のことだが、国家に結びつかない、少数民族・分断民族・流浪民族などにもnationはある。
  • stateは、ラテン語のstatus(土地とその住民への支配権)が語源で、土地とその住民に対する統治権・統治機構を意味する。

いずれも、明確に国家の意味はなく、文脈によっては国家未満、超国家の意味でも使われる。また、具体的な行政区画の名称としてこれらの語を使うこともある。

これらの場合は、country、nation、stateの本来の意味の区別は問題にならない。

empire・kingdom・duchy 等は帝国王国公国等と訳されるが、これらは単に皇帝領地という意味にすぎず、国家の意味はない。西欧社会では、中世封建社会から絶対王政の時代に至るまで、ある国の君主が別の君主の兼任あるいは臣下であることは珍しくなかった。たとえば、インド皇帝イングランド王の兼任であり、インド帝国はイギリスの一部だった。最近の例では、アンドラ大公位はフランス大統領ウルヘル司教が(共同で)就いており、それにより1993年までアンドラ公国は独立国ではなく、フランススペインの共同統治的な地域だった。

republicは共和国と訳されるが、これは民衆による政体という意味で、これも国家の意味はない。たとえば、ロシア連邦(およびソ連)は国内に共和国を持つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「くにたま」は多くの場合、稲穂によって象徴された。したがって、大嘗祭においては地方各国の稲穂が天子のもとに送られ、新嘗の神事がおこなわれたのである。西村(1996)p.74

参照[編集]

  1. ^ a b c 黛(2004)
  2. ^ 西村(1966)p.73。原出典は『折口信夫全集第1巻』p.377
  3. ^ a b 西村(1966)p.73
  4. ^ a b 西村(1966)p.72

参考文献[編集]

関連項目[編集]