宮本武蔵 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮本武蔵』(みやもとむさし)は、吉川英治の新聞小説。朝日新聞に連載されたこの作品は、1935年の8月23日から、4年後の1939年7月11日まで続いた。

二天一流の開祖でもある剣豪宮本武蔵の剣士として自己を確立するに至るまでの成長を描く。同時に、彼を取り巻く武芸者たちの人生も描かれている。

一如を目指す求道者・宮本武蔵を描いたこの作品は、太平洋戦争下の人心に呼応し、新聞小説史上かつてないほどの人気を得た、大衆小説の代表作である[1]

連載後も永く、多くの人々が影響を受けた旨述べている[2][3]

小説誕生の経緯[編集]

菊池寛直木三十五との間に生じた宮本武蔵の強弱を論じた論争に端を発する。

1932年に直木が「武蔵=非名人説」を発表し、それに対して菊池が「武蔵=名人説」を唱えて反論した。論争の最中、直木が吉川英治に対してどちらの説を採るかを尋ねたところ、吉川は菊池説を支持すると表明した。直木は「吉川が武蔵を名人とする理由を発表せよ」と迫ったが、この要求に対して吉川は沈黙を守った。

1935年になり吉川は本作を発表。徳川夢声によるラジオ朗読や映画化されるほどの人気を博し、「武蔵=名人説」が多くの支持を集める結果となった[4]

出版[編集]

単行本[編集]

  • 『宮本武蔵』全6巻(1936年5月 - 1939年9月、大日本雄辯會講談社)
箱入り特装本。
  • 『宮本武蔵』全8巻(1939年10月、大日本雄辯會講談社)
箱入り特装本を軽装、安価にした普及版。
  • 『宮本武蔵』全6巻(1949年3月 - 1950年4月、六興出版
GHQ占領下での出版であったため、GHQの検閲を通過するべく吉川自身による改訂(武蔵が愛国心を語る場面の削除など)が随所に行われている[5]

文庫[編集]

吉川の死後50年が経過した2012年末に著作権の保護期間が終了したために、2013年以降は新潮社宝島社などからも出版されている。

関連書籍[編集]

  • 『随筆 宮本武蔵』(1939年7月、朝日新聞社)
吉川が武蔵について記した随筆をまとめて、新聞連載終了と同時期に発表した随筆集。
史実を追わずに吉川が創作した箇所の解説や、武蔵についての考察(佩刀、画業の評価、実戦で二刀を使ったか?など)を記している。また、執筆のきっかけとなった直木三十五とのトラブルや、直木に呶鳴られるまで「観念的にしか武蔵について知識がなかった」ことを明かしている。
  • 『随筆 宮本武蔵』(1977年1月、吉川英治文庫(講談社))
  • 『随筆 宮本武蔵/随筆 私本太平記』(1990年10月、吉川英治文庫(講談社))

関連作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 連載は、最初は200回「くらいの約束で」連載を始めたが「作者の意気込み、読者、新聞社の熱望で」5年がかり、1000余回の大作に発展していった(講談社文庫第8巻 裏表紙)。
  2. ^ 吉川自身は、古橋広之進升田幸三も本書のどこかを自身の精進に生かし得たということを「人づてに聞かされもした」「(よろこびとか張り合い以上に)苦痛にも似た自責をおぼえないではいられない」と述べている(講談社文庫第1巻 p.5 ISBN 9784061965140)。
  3. ^ 王貞治は、通算本塁打の「世界記録」を達成してからの境地について、「(武蔵にも)"たけぞう"という名の時代があった。長じて"武蔵"になったように、道を極めたい一心でした」と述べている(巨人軍5000勝の記憶p.58)。
  4. ^ 海音寺潮五郎『史談と史論』講談社文庫
  5. ^ 「占領軍の検閲の校正刷りによれば、絶対に占領軍がDELETIONを命じそうなところは殆ど「改訂補筆」されている」 松浦総三『松浦総三の仕事(第3巻)』大月書店

外部リンク[編集]

  1. 『宮本武蔵 01 序、はしがき』:新字新仮名 - 青空文庫
  2. 『宮本武蔵 02 地の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  3. 『宮本武蔵 03 水の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  4. 『宮本武蔵 04 火の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  5. 『宮本武蔵 05 風の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  6. 『宮本武蔵 06 空の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  7. 『宮本武蔵 07 二天の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  8. 『宮本武蔵 08 円明の巻』:新字新仮名 - 青空文庫