王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王 貞治
WBC2006 Sadaharu Oh.jpg
2006年WBC日本代表での王貞治
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 日本の旗 日本
東京府東京市本所区(現:東京都墨田区
生年月日 1940年5月20日(74歳)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月11日
最終出場 1980年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1994年
選出方法 競技者表彰

王 貞治(おう さだはる、中国語拼音:Wáng Zhēnzhì、1940年5月20日 - )は、日本生まれ、中華民国籍の元プロ野球選手監督。現役時代は巨人でV9に貢献。通算本塁打868を記録し「世界のサダハル・オウ」と評された。愛称は「ワンちゃん」。1977年、初めて国民栄誉賞を受賞した人物であり、2010年には文化功労者として顕彰された。

概要[編集]

一本足打法と呼ばれる独特の打法で通算本塁打数、当時のシーズン本塁打数の日本記録を打ち立てるなど、ON砲として並び称された長嶋茂雄とともに、巨人の「V9」黄金時代の顔として国民的人気を誇った。王の記録したシーズン公式戦通算本塁打868本は日本プロ野球記録であり、ハンク・アーロンが保持していたメジャーリーグ通算本塁打記録の755本塁打を抜いた事で知られるほか[1]、数々の日本プロ野球記録を保持する (記録の詳細については参照) 。

現役引退後は巨人、ダイエー・ソフトバンクで監督を歴任した。2008年シーズン終了と同時にソフトバンクの監督を退任し、同球団取締役最高顧問に就任。2009年1月1日より取締役会長に昇進。第1回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の優勝監督であり、第2回大会では監督相談役を務めた。

現在は福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長、日本プロ野球組織 (NPB) コミッショナー特別顧問、読売巨人軍OB会会長、日本プロ野球名球会会長、(ハンク・アーロンともに提唱された世界少年野球大会を主催する)世界少年野球推進財団理事長、外務省より委嘱の野球特別大使、「ふるさと清掃運動会」実行委員長を務める。

中華民国二等景星勲章授与[2][3]東京都名誉都民[4]墨田区名誉区民[5]目黒区名誉区民、福岡市名誉市民[6]宮崎市名誉市民[7]

経歴[編集]

少年時代[編集]

東京府東京市本所区(現・東京都墨田区)で中華民国籍(浙江省青田県出身。1922年来日)の父・王仕福、日本人(富山県氷見市出身)の母・登美(旧姓: 當住)の二男として生まれる。

5月10日二卵性双生児の弟として出生したが、戸籍上の出生日は5月20日である。実際の出生日と戸籍上の出生日が異なる理由は諸説あり、取り上げられても泣かない程の未熟児であったため両親が出生届の提出を躊躇したという説と、家業の中華料理ラーメン店「五十番」が多忙のため出生届の提出が遅れたなどの説がある。命名についても、僧侶が名付けたという説や、母・登美の愛読書の作中人物の名を採用したという説がある。なお、双子の姉・廣子 (ひろこ) は1歳3か月で死亡した。一方の貞治は「3つの歳まで立つことすらおぼつかなかった」と本人が述べている。

太平洋戦争中の一時期、王一家は母親の旧姓「當住」を名乗っていたこともあったという。

後に師匠となる荒川博との出逢いは、区立本所中学時代、当時毎日オリオンズの現役選手だった荒川が、犬の散歩をしている際通りがかった隅田公園今戸グラウンドで王が出ていた野球の試合を眺めていたというものである。試合を観ていた荒川は、当時右打ちだった王に対して「なぜ君は左で投げるのに右で打つんだ?」と質問すると、王は「それは、オヤジから箸と鉛筆と算盤は右でやれと言われているので、バットも右で持たないと親父に文句言われると思って…」と答えた。荒川は「今の野球は左利きの選手に希少価値があるのに、君はわざわざ右で打つなんてもったいない話だ…」と言った (荒川自身も左打者だった) 。それを聞いた王はすぐに左打ちを実践したところ、二塁打を打ち、以後は左で打つようになった。荒川はその時の王の印象を「なんて素直な少年なんだと思った。普通は試合中に右打ちから左打ちに変えるなんて人に言われたってしない。それをスパッとやってしまうのはすごい」と語っている。

また、この出逢いの時から王は身長176cmと当時の若者としては長身だった。王の素質を認めた荒川は「君は今何年生だ?」と聞き、王が「2年生です」と答えたのを受けて、荒川は高校生と勘違いし、「そうか、じゃあ早稲田大学 (荒川の出身校) はどうかな?」と勧めた。すると王が「はい、そうなるといいのですが、その前に高校に行かないと」と答えたため、荒川は「2年生というのは中学生なのか」と驚いたという。

小学生の頃、当時の横綱吉葉山から「相撲取りになりなさい」と勧められるほど相撲が強かった。そして本所中学校では陸上部と卓球部に在籍したことがある。野球部にも在籍していたが、グラウンドが使えなかったために休部同然の状態であった。

父・仕福は自分の出身地が医師と電気が全くなかったことから長男・鐵城を医師に、二男・貞治を電気技師にして、兄弟ともに母国に戻り働いてもらいたいと考えていた。だが第一志望だった都立墨田川高校に落ち、荒川の母校である早稲田実業学校高等部商業科に進学することになった。当時、墨田川高校には硬式野球部がなく、後に王はこの受験失敗を「人生の大きな分岐点の1つ」と振り返っている[8]。 また、荒川との出会いがなければ、都立墨田川高校受験失敗後、野球をやろうと思って早稲田実業高校に行くことも無く、巨人への入団も無かったと述べている。[9]

早実高等部時代[編集]

早実高等部時代は、1年生の時に外野手兼控え投手としてチームの夏の甲子園出場。2回戦では1年生ながら先発登板を果たしたが、強豪・県立岐阜商業高校相手に1-8と敗れている。

1年生の秋よりエースとなる。久保田高行総監督・宮井勝成監督の指導のもと、ノーワインドアップ投法を身に着け、投球に安定感が増した。春の甲子園で準決勝まで3試合連続完封。高知商業高校と対戦した決勝戦では、8回に3点を奪われて4試合連続完封を逃したものの、5対3で完投勝利し、優勝を果たす。関東に初めて選抜優勝旗をもたらし、人気を集めた。2年夏の甲子園では2回戦の寝屋川高校戦で延長11回を完投し、ノーヒットノーランを達成。延長戦でのノーヒットノーラン達成は、甲子園では春夏を通じて唯一の記録である。後年、王は「高校2年の頃が投手としてピークだったと思う。この後バッティングは良くなっていったけど、ピッチングはどことはいえないが、どこかおかしくなっていった」と語っている。

2年生の年、早実は国体の硬式野球高校部門に選出されたが、王は当時の国籍規定 (王は中華民国 (台湾) 国籍) のため出場できなかった (なお、現在はこの国籍規定は撤廃されている) 。王は自著「回想」では「生涯最も悔しかったこと」と語っているが、後年のインタビューでは「高校球児は甲子園こそ目標で、国体にはそこまでのモチベーションはなかった。今振り返ってもそういうこともあったな、程度。甲子園大会でそういう規定があったら悔やんでも悔やみきれなかっただろうけど」と語っている[8]

3年生時の選抜大会では打者としても活躍し、30年ぶりとなる2試合連続本塁打を放った (なお、当時の甲子園球場はラッキーゾーンはあったが、高校野球も木製バットを使用していた。金属バットの使用が認められるのは1974年からである) 。3年生の夏は、東京都大会の決勝戦で明治高校と対戦、1対1で迎えた延長12回表に4点を奪いながらその裏に5点を奪われて逆転サヨナラ負けを喫し、5季連続の甲子園出場は果たせなかった。この時、早実の野球部長の音頭により、甲子園本大会に向けて大阪に出発する明治高校ナインを早実野球部員全員で東京駅にて見送った。もともと王は父の意向もあって大学進学を考えており、高校2年生の夏にはすでに読売ジャイアンツより誘いがあったが、大学進学を考えていたため断っている[8]。王は「もし5季連続出場を果たしていたら野球にけじめをつけて大学にいっていたと思う。最後に出られなかったことで気持ちが宙ぶらりんになった」と語っている[8]

プロ野球の各チームが熱心に誘ったが、特に熱心だったのが王に縁の深い甲子園を本拠地とする大阪タイガース (阪神) であった。新聞は「王、阪神へ」と大きく報道。親も高卒選手の多い阪神を薦めていたため、当初は前述の事情もあってスカウトに参戦していなかった巨人が急きょ「大学に行くと聞いていたので獲得に乗り出さなかったが、プロに行くならぜひうちへ」と獲得参戦してきた。もともと東京で生まれ育った王は「プロに行くなら巨人」と考えており、気持ちは非常に揺れ動いたという。しかし、最後は自分の気持ちを貫き、巨人入団を決めた。兄・鉄城が同意してくれたことも心強かったという[8]

現役時代[編集]

低迷期[編集]

1959年に契約金1,800万円[10]年俸144万円、背番号「1」という高卒新人としては破格の条件で巨人に入団。背番号1については、中国語で「王」を「ワン」と発音することから、英語のoneにかけてつけられたという説もあるが、背番号そのものは、南村侑広の引退によってたまたま1が空いていたため、それを付けることになったというのが実情である。プロ入りの同期には村山実板東英二河村保彦江藤愼一田中俊幸張本勲足立光宏らがいる。

当初は投手として入団したが、監督の水原茂に「王、お前はピッチャーとして大成しない」と言われ、すぐに一塁手に転向した。

当時エースの藤田元司は王の印象として、「甲子園で活躍するなど高校時代に頑張りすぎたのか、僕が見る限り投手としての王君はくたびれていましたね」と述べている。また、前年に引退して同年からコーチになった川上哲治は、「何というか、球筋がやさしいんですね。"おおっ"っていうのがない。しかしバッティングはすごかった」と語っている。川上によれば、王のバッティングは構えからスイングまで全く顔が動かず、18歳の若さで既に基本が完成していたという。当時二軍監督だった千葉茂は練習後に王と入浴した際、「王の体格には驚いた、非常にいい筋肉をしておる。ただし、いかり肩で大成した投手はいないだけに、投手としては厳しいだろう」と感じ、水原に「ピッチャーとしてはあきまへん。でもバッターなら川上の半分は打ちます」と野手起用を進言した。

王自身は「 (自分が投手として通用しないことは) 薄々感づいてはいた。だけど、やはり野球をやる者なら誰でも投手に憧れるもので、『おまえ、明日からは野手だ』と言われた時は正直に言えば寂しかった」と語っているが、川上の引退直後であり、その後継一塁手としての期待は大きかった。ライバルはこれも既に峠を過ぎていた与那嶺要くらいで、その与那嶺もキャンプでの王の打撃練習を見て「ボク、 (一塁のポジション争いではかなわないので) 外野手に戻るよ」と言ったという。

オープン戦で5本塁打を放つなど順調にシーズンを迎え、4月11日に国鉄スワローズとの開幕戦では高卒新人ながら7番打者・一塁で先発出場を果たした[11]。しかし、この試合で金田正一と対戦し、3打席で2三振1四球に終わった。同結果は長嶋茂雄の初試合4打席連続三振とよく比較される。これをきっかけにオープン戦と一転して当たりが止まってしまい、26打席無安打が続き、バットを956グラムから938グラムに軽くしていた。

4月26日後楽園球場での宇野光雄率いる国鉄との6回戦 (ダブルヘッダー第2試合) スコア0対0で迎えた7回表二死、敵失で出塁した坂崎一彦を一塁に置いて王に第3打席が巡ってきた。水原は代打策も考えたが、当時チームは開幕戦こそ金田の前に敗れたもののその後8連勝するなど開幕ダッシュに成功、国鉄戦もこの日の第1試合を含め4連勝中と余裕があり、また、走者がスコアリングポジションではなく一塁で、この日の王の打順は8番で次打者が投手だったため代打を温存したかった事情もあり、王をそのまま打席に送った。王は国鉄の村田元一が2ストライク1ボールからの4球目に投じた内角低めのカーブをすくい上げ、打球はライトスタンド最前列に落ちた。ディフェンスでは伊藤芳明が4安打完封して、試合は巨人が2対0で勝利した。公式戦初安打が決勝2ランホームラン (出場11試合目) 。これが王の記念すべき1号本塁打となった。

同年6月25日の天覧試合では、7回に2対4と2点ビハインドの場面で小山正明から4号同点2ランを放った。これが長嶋茂雄とのONコンビ・アベック本塁打の第1号である。

しかしそれ以外はほとんど目立った活躍もなく、1年目は打率.161・7本塁打と当初の期待からすれば物足りない結果に終わった。特に目立ったのが72を数えた三振の多さで (2.7打数に1三振に相当) 、「王は王でも三振王」などと野次られる始末だった。ただし、主力選手でも遠慮していた水原監督の隣の座をいつも占め、「監督、今の一塁手のプレーにはどういう意味があるのでしょうか?」と堂々と質問したり、記者から「 (不振の) 重圧はありませんか?」と尋ねられても、「別に。使っているのは監督さんですから」と答え、新人としては異例の姿勢だった。また、期待はずれの成績にもかかわらず、2年目の年俸は推定140万円から160万円にアップした。これは練習の球拾い時に自腹で専用の糸を購入し丁寧にボールの破れを修繕していたことを球団代表が評価したため。なお、この球団の評価に感銘した王は、以後現役引退するまで1度も契約更改でもめることはなかった。1974年の更改は2年連続三冠王にもかかわらず現状維持であったが、それでも文句ひとつ言わずサインしている。

プロの水に慣れた2年目は打率.270・17本塁打 (このシーズンのチーム最多) と主軸として恥ずかしくない成績を残し、オールスターゲームにもファン投票選出された。これは、東京六大学野球の大型一塁手・木次文夫の入団で危機感を抱いたことも好影響を及ぼしたといわれる。しかし三振も101個と依然として多かった。

3年目の1961年、川上が水原の後を継いで監督に就任。川上は王に長嶋に次ぐ中心打者としての活躍を期待したが、打率.253・13本塁打と2年目より成績を落とし、期待に応えることはできなかった。この年中日に入団し、ルーキーながらエースとして活躍した権藤博は王について「速球はある程度対応してくるけど、カーブを投げておけば簡単に空振りして尻餅をついていた。かわいいもんだと思った」と語っている。高卒3年目としてはそれなりの成績は出していたが、契約金の額や首脳陣の期待からすれば物足りない数字だった。

大きな期待がかかりながら伸び悩む王には、阪急ブレーブスのエース・米田哲也との交換トレードの話も持ち上がっていた (結果的に阪急が断ったため、このトレードは行われなかった) 。

転機・一本足打法[編集]

1961年シーズンオフ、荒川博が巨人の打撃コーチに就任する。荒川就任は、読売新聞の関係者が広岡達朗を介して、川上に荒川を推薦したもの[12] であり、川上は榎本喜八を育てた荒川の打撃コーチとしての手腕に王を託した。川上は、王について「3割、25本塁打は十分打てる素質がある」と見込んでおり、その見込みに対して成績が思うように伸びない理由は、練習をちゃんとしないために結果が出ず、そのために自信を持てず、更に練習に身が入らない、という悪循環のためだと考えた。川上が荒川に最も強く期待したのは、王に練習に身を入れるように意識改革をさせることだった。61年の秋季キャンプで久々に王を見た荒川は「なんだ、こんなスイングではドッジボールにも当たらんぞ。遊びは上手くなったかもしれんが、野球は下手になったな」と言い放った。王は内心カッとなったが、言い返せなかった。しかし、荒川は同時に「これだけ(打ちにいく際に、手足の動きがバラバラで不安定・一定でないため、簡単にスイングを崩される)悪い打ち方 でも、.270打ったこともあるのだから、やはり素質は素晴らしい」と感じたという。

荒川は、王はプロの速球に対応しようとするあまり、ボールを前に迎えに行ってしまうためにグリップポジションが安定しないことが欠点であると判断し、それを修正するためにさまざまなフォームを試した。そのうちのひとつが「一本足打法」だったが、この時はいくつか試した打法のひとつに過ぎず、ほんの2・3日練習しただけだった。

1962年シーズンが開幕。川上は王への期待を込め、開幕戦 (4月7日、対阪神) で公式戦では初めて王を4番で起用した (公式戦以外では、前年の日本シリーズ第1戦、第2戦にて王を4番で起用していた) 。しかし、3か月経ってもわずか9本塁打と成績は伸びず、特に6月後半は極度の不振に陥っていた。自信を持てない王は荒川との練習にも身が入らなかったという。チームもなかなか波に乗れず、2位と3位を往復するばかりの状態だった。シーズン半ばの7月1日、試合前の監督コーチ会議にて、別所毅彦ヘッドコーチが八つ当たりぎみに「王が打てないから勝てないんだ」と荒川に言い、荒川も頭に血が上り、思わず「私は王に三冠王を取らせようと思って指導しているんだ、ホームランだけならいつでも打たせてやる」と返してしまった (荒川は後年『三冠王を取らせる』というのは咄嗟にホラを吹いてしまったものだったと語っている) 。しかし別所は揚げ足を取るように「そのホームランだけでもいいから打たせろ」と怒鳴った。困り果てて頭に血が上った荒川は、血相を変えて部屋を飛び出し、王をつかまえて「今日から一本足で打て。三振を怖がるな」と凄まじい形相で命じた[13][14]

なお、王本人によれば「一本足を始めた経緯は記憶が定かでない。 (中略) 僕自身は普通の打ち方で打ってるつもりだった。でも、4年目のシーズン中にどうしても食い込まれることが多くて、それならいっそのこと右足を上げて打ってみろと。その打席で大爆発した」とインタビューで答えている[15]

1962年7月1日の対三原脩率いる大洋ホエールズダブルヘッダー (15・16回戦、川崎球場) は、前日夜半から当日昼までの降雨の影響等により試合開始が30分遅れた。前夜の試合 (14回戦) では22歳1ヶ月の王を3番打者に起用したが2打数2三振1四球に終わり、チームも中2日の左腕鈴木隆に抑えられて安打は須藤豊のテキサスヒット1本のみ、四球は2つで2塁を踏むことなく完封され、6安打完投の藤田元司を援護できず、9回裏の先頭打者森徹の本塁打により0対1でサヨナラ負けを喫していた。そのため、同日の巨人は試合前の打撃練習を10分間延長。更に第1試合で王を1番打者に起用し、王は一本足打法を敢行した。

王は先発のルーキー右腕稲川誠から第1打席2ストライク0ボールからの3球目外角カーブを右前単打、3回表の第2打席初球内角低めのストレートを右翼席へ先制の10号ソロ本塁打 (通算第47号、16試合68打席ぶり) 、3番手の左腕権藤正利から6回表の第4打席二死満塁2ストライク3ボールでカーブを中堅左に単打して走者一掃の活躍を見せ、結果は5打数3安打4打点だった。試合は王 (3回表ソロ) ・森祇晶 (4回表ソロ) ・塩原明 (5回表ソロ) ・藤本伸 (8回表3ラン) の計4本塁打を含む13安打の猛攻と中村稔投手の2塁を踏ませぬ3安打完封とで、巨人が10対0で勝利した。

第2試合でも王は1番打者に起用されて結果は4打数無安打であったが、2回に遊撃手・8番打者の藤本が1死満塁の場面で島田源太郎から右前へ先制2点適時打を放ち、7回に宮本敏雄秋山登から左翼へソロ本塁打を放った。投手陣は宮田征典 (3イニング) から堀内庄 (6イニング) の継投で、フランシス・アグウィリーの3安打のみ・7回右翼へのソロ本塁打での失点のみに抑えて守りきり、チームは3対1で連勝した。

後に荒川は「あの日ヒットが出なかったら一本足打法は止めさせていた」と語っており、たった1日で王の運命が左右されたことになる。ただし、この頃の王はフォームを変えることが珍しくなく、7月1日の試合におけるフォームの変化については、翌日の新聞は巨人の親会社である読売新聞をはじめほとんど報じていない。7月に入り王が立て続けに2本、3本と本塁打ペースが上がってきたところで「そういえば変な打ち方しているぞ」と騒ぎ始めたという[8]。開幕の4月から6月まで9本塁打だった王は、7月の1ヶ月だけで10本塁打を放ち、一気に本塁打の量産ペースを上げた、その後ホームラン王を取るような打者になった。

王自身も結果が出てきたことで、一本足打法に本気で取り組む気持ちになり、猛練習に打ち込むようになった。その壮絶な努力はつとに有名である。この時の練習の過酷さ、練習量を表すエピソードとして「練習に使った部屋のが擦れて減り、ささくれ立った」「練習の翌朝、顔を洗おうと、腕を動かそうとしたが動かなかった」という話がある。また、剣道家・羽賀準一のもとに弟子入りして居合を習うと共に、日本刀による素振りの指導を受けた[16]

特に有名なエピソードとして、「天井から吊り下げた糸の先に付けた紙を、日本刀で切る」という練習があった。これは一本足打法の弱点を克服させるためであった。一本足打法は、投球のタイミングをずらされると通用しなくなるという弱点があった。7月1日に一本足打法を披露したものの、その後に国鉄の金田正一に同弱点を見破られ、早くも壁にぶつかることになった。例えば、金田は速球を投げる素振りをして、スローボールを投げる等で打つタイミングをずらす投法に出たのである。荒川も弱点は把握しており、弱点が見破られるのは想定内と考えていた。そこで一本足で立って、巧妙な投球であっても対応できる訓練を王に課した。これは、技術として日本刀で紙を切るほど打撃を研ぎ澄ませる、という以上に、打席内での集中力を高めることで余計なことを考えないでいいように、という精神鍛錬の目的もあった。

このような王の練習がどれ程のものだったかは、当時チームメイトであった広岡達朗、藤田元司がこれを見学していたことを思い出しながら「あまりに緊迫感のある練習だったので、それまでは後輩の練習がどれほどのものか、と胡坐をかいてのんびり見学してやろう、と思っていたのに、いつの間にか見学していた人間全員が正座して観ていたよ。まさにすさまじい練習だった。あんな命がけの練習をする選手は今いない(広岡) 」、「部屋の中は王くんの素振りの音と荒川コーチの声が聞こえるだけでしたね。王くんが少しでも悪い素振りをしたら『気を抜くな! そんなことなら、さっさと帰れ!』と荒川コーチに叱られ、王くんも『すみません、もう一回お願いします』と言って練習が再開される。あんな場に居合わせたら、みている自分たちまで叱られているような気がしてきて、胡坐をかいたり、寝そべって見られませんよ (藤田) 」と語っている。

南海時代の野村克也も自身の著書『巨人軍論』の中で、王の練習の凄まじさを振り返っている。ある日、王と野村がそれぞれ友人を連れ銀座の飲食店で呑んでいた際、夜10時になったところで王が「ノムさん (野村の愛称) 、悪いけど荒川さんとの練習があるので、僕はここで失礼します」と言い、野村が引き止めても、王は練習に向かった。その時、野村は「ああ…、俺はいつかこいつに抜かれるなあ…」 (この逸話の段階では、野村のほうが王より通算本塁打数が上だった) と感じたという。その後、野村が荒川コーチに頼んで王の練習を見学させてもらったところ、ただ「すごい」と感じるのみで、とても王に話しかけることのできる雰囲気ではなく、「王の素振りに比べれば私のそれなんて、遊びみたいなものだった」「あれだけの練習した王だから、世界記録を作ってもなんら不思議ではない」と記している。更に「実績ある選手は周囲が意見できないことをいい事に、何かと言い訳をして手を抜きたがるものだが、王は一切妥協せず自分に厳しかった。中心選手はチームの鑑でなければならず、王はまさにそうだった」と評価している。

この年38本塁打・85打点で初めて本塁打王打点王を獲得。以後、王は引退まで一本足打法を貫いて、この打法で822本塁打を記録した。1977年梶原一騎との対談[17] では「二本足でなら打率4割は狙える」と言う梶原に対し、「一本足がダメになったら引退だ」という趣旨の発言をしている。

前述のとおりルーキーシーズンは王をカモにしていた権藤博も、一本足打法になった王の変化に驚いた一人である。「全く隙のないバッターになった。こちらの思うところに完璧に投げられなければ抑えられない。球1個分外れればボールになるし、球1個分中に入ればホームランという感じだった」と語っている。

後にこの打法で本塁打記録が達成され、アメリカのメディアからは「フラミンゴ打法」とも言われるようになった。メジャーリーガーには「フラミンゴ・サダハル・オー」と呼ぶ者がおり、これに由来するものである。1981年から1987年までは後楽園球場、1998年から現在は東京ドームの1番ゲートは「王ゲート」と称されており、そのモニュメントで再現されている。また2002年には王の現役時代のバッティングを再現した「王貞治スーパーリアルフィギュア」 (868体限定) が販売され、一本足打法が再現されている。

1963年、初めて打率3割・40本塁打を記録し、2年連続で本塁打王を獲得。長嶋とのコンビを「ON砲」と呼ぶ呼称も定着し、巨人の二枚看板を背負うようになった。

シーズン55本塁打[編集]

1964年3月20日の林義一率いる国鉄との開幕戦 (後楽園球場) では、プロ15年目で10度目の開幕投手を務める金田正一投手と小雨の中対決した。23歳、6年目の王は開幕戦では15打席ヒットがなかったが、16打席目の3回裏二死で1塁に柴田勲を置いて1ストライク3ボールからの5球目真ん中やや低めの直球をライト場外へ2ラン本塁打 (通算116号) を放つ。打球はライトスタンド場外に設置されていたローラースケート場の隣のコーヒーショップの屋根まで飛び、推定飛距離151mとされている。金田からすると本塁打を打たれた球は「見逃せばボール球で、王から三振を奪える絶対的な球」と語っている。ディフェンスでは初めて開幕投手を任された高橋明が6安打完投して、試合は3対1で巨人が勝利した。

この本塁打は金田を驚嘆させたが、金田は一本足打法転向後も王をカモにしていたこともあり、打たれた球種・コースを根気よく投げ続けたが、同年の王にはことごとく打たれたという。これにより金田は「長嶋は対戦する前から事前に研究をしたが、王は打たれてから研究した」と語っている (別のTV番組では、「ワシはバッターの研究なんてしたことがない。研究したのは王貞治が初めてだったね」と語っている) 。この年、王は金田から同一投手に対するシーズン本塁打数のタイ記録である7本塁打を奪った。

5月3日の対藤本定義率いる阪神タイガース戦 (7回戦、後楽園球場) では史上初の1試合4打席連続本塁打を記録した。1回1塁に国松彰を置いて先発の左腕太田紘一からフルカウントで6球目の真ん中高めのカーブを右翼場外の富坂署球場派出所を越えてアイスパレスとローラースケート場の中間に届く約150mの14号2ラン、4回再び太田の初球の真ん中高めの直球を15号ソロ、6回3番手の若生智男から1ストライク2ボールで4球目の真ん中高めのカーブを16号ソロ、さらに7回2塁に柴田を置いて4番手の本間勝から1ストライク2ボールで4球目の外角低めの直球を17号2ラン、すべて130m超級の本塁打で4打数4安打6打点、ディフェンスでは高橋明投手が7安打完封して9対0で巨人が勝利した。この時点で打点39、打率.405の三冠。手のつけられない打棒対策として、2日後の5月5日広島とのダブルヘッダー第2試合 (8回戦、後楽園球場) で白石勝巳監督が7回裏一死の場面で「王シフト (白石シフト) 」と呼ばれる守備体系を開始したことで話題になった。「最後の4割打者」テッド・ウィリアムズに対して考案したブードローシフトと同様で、王の打球がフィールドの右半分に集中することを考慮に入れて野手の内6人をライト側に守らせたが、王は王シフトにも動じることはなく、その打席でプルヒッティングも流し打ちもせず鵜狩道夫投手が投じたカウント1ストライク2ボールからの4球目内角高めの球をバックスクリーンのわずか右へ18号本塁打 (通算133号) を叩き込んだ。7月19日後楽園球場での対国鉄21回戦では、7回無死1塁に遊撃右への内野安打で出塁した塩原明を置いて (塩原はこの日2本目の安打) 、半沢士郎がカウント1ストライクで投じた2球目やや外角寄りの低めの速球をすくい上げると、高さ9mのバックスクリーンを越え、スコアボードとの間のスタンドに届く150m級の37号2ランとなった (通算152号) 。後楽園球場のバックスクリーン越えの本塁打は史上初。

9月6日129試合目の三原監督率いる大洋とのダブルヘッダー第1試合 (24回戦、川崎球場) で1回の第一打席に鈴木隆投手の1ストライク1ボールからの3球目内角低め膝元に落ちるカーブを52号ソロ、6回の第三打席は交代したばかりの峰国安投手の初球の真ん中高めの直球を逆風の中53号の本塁打を放ち、前年に野村克也が作ったシーズン本塁打記録52本を一気に抜き去った。15日後、9試合後の9月21日には広島での28回戦で七森由康がキャリア最後の勝利をキャリア唯一の完封 (被安打は3回にカーブを打った田中尊と三遊間を破った大和田明による2本のみ、走者は3人を許すのみで、広島に3塁踏ませず) で飾ったが、この試合では四回に安仁屋宗八の1ボールでの2球目真ん中高めの直球を坂崎一彦がバックスクリーンへ先制5号ソロ本塁打を放った後、六回一死一塁に中前打の長嶋茂雄を置いて、安仁屋のカウント1-1での内角膝元のスライダーを王が叩くと、打球は逆風をついて右翼フェンスをぎりぎり越えて、53号から37打席ぶりの54号2ランとなった。この日の広島は、王の安打を約15本防いで、王の首位打者 (三冠王) 獲得を阻止したと評価されている王シフトを解除しており (理由は非公表) 、54号の飛球を追った広島の右翼手は小坂佳隆であった。9月23日最終戦の対大洋ダブルヘッダー第2試合 (28回戦、後楽園球場) で雨中の5回裏に佐々木吉郎投手からシーズン55号 (通算170号) 本塁打を24歳で記録した。これは2013年にヤクルトのウラディミール・バレンティンに破られるまで長年プロ野球記録であった。55本塁打のうち24本は飛距離400フィート (約122m) 以上という大リーグの球場でも十分にスタンド中段に届く大型ホームランであり、決して球場の狭さに助けられた記録ではない、と宇佐美徹也は評価している。参考に、この年のセ・リーグにおいて第2位の本塁打数はM・クレス(当時は大洋所属)の36本で、両リーグ合わせて第2位の本塁打数は野村克也(当時は南海所属)の41本であり、両者を10本以上も突き放しての数字である。

この年、巨人は優勝しなかった (優勝は阪神) にもかかわらず、王はシーズンMVPに選ばれた。

それまで、王と荒川コーチは一本足打法に必ずしも強い執着を持っていたわけではなく、実際このシーズンのキャンプでは二本足に戻すことを検討していたほどだった。しかし「シーズン55本塁打」という偉業達成を機に、王は一本足打法こそ自身のバッティングスタイルであると確信した。 この年のオフからオープン戦の途中まで2本足に戻した3ヶ月の間に、自分には一本足打法が一番あってることを再確認でき、それがその年の55本本塁打につながったと述べている。[18]

また、王は「自分は打率を気にするバッターではない」と語っているが、相手バッテリーが警戒して四球・敬遠が増えた関連で打率が残り始め、1964年は江藤愼一と最後まで首位打者を争い続けた。この年は2度目の打点王も獲得したが、首位打者争いは3厘差で江藤に及ばず、三冠王は逃した。

1965年はシーズン中の怪我の影響で本塁打は42本に減少したが、4年連続の本塁打王、109打点で2年連続3度目の打点王。打率は再び江藤に及ばず2位だったが、2年連続のMVPに選ばれた。

1966年1967年はともに97試合で40号に到達するハイペースの本塁打量産を見せたが (1985年ランディ・バースがタイ記録を作ったが、現在も40号到達最速記録) 、いずれもシーズン終盤にペースが落ち、記録更新には届かなかった。しかし両年とも本塁打王、打点王を獲得、1967年には3度目のMVPとなった。

後に、1992年プロ野球ドラフト会議における目玉選手の一人となった松井秀喜が読売ジャイアンツに入団することとなった。巨人監督に復帰したばかりの長嶋茂雄はその際、松井の背番号を55とするがそのきっかけとなった記録でもある[19]

ライバル対決[編集]

1968年9月17日の対阪神戦 (阪神甲子園球場) にて、プロ2年目の江夏豊稲尾和久と並ぶシーズン353奪三振目を喫する。江夏はそこからわざと8人から三振を奪わず、再び王から新記録となる354個目の三振を奪って見せた。王はわざと三振を取らずに一巡させたことについては「俺はこれ (眉に唾をつける動作をしながら) だと思う」と懐疑的だが、江夏との対戦については「三振を恐れるようなスイングだけは絶対にしたくなかった。それに中途半端なスイングじゃ江夏の球は打てないしね」と常に全力で対決に臨んだことを証言している。王が最も三振を奪われた投手は最大のライバル江夏からであるが、その江夏が最も本塁打を打たれた打者は王である。そして約250回の対戦で死球は只の1回だけであり、関係者から指摘されるまで、お互いに死球はゼロだと思っていた。王は江夏について「『こいつは絶対に抑えてやる』『こいつから絶対に打ってやる』とお互いに強い意識を持った相手という意味で最高のライバルだったんじゃないかな」と語っている。

翌9月18日の対阪神戦では、ジーン・バッキーから危険球を投げつけられ、バットを持ってバッキーの元に詰め寄った。この時、王は第1打席でバッキーから死球を受けていた。第2打席は三振に倒れていたが、4回バッキーが巨人打線に捕まり、失策や3連打などを浴びており、長嶋も「バッキー、やばいぞ」とささやいてたところで迎えた第3打席、初球が頭付近への危ない投球となり、捕手の辻佳紀に「今度 (危険球が) 来たらもう我慢できんぞ」と言っていたところに2球目も腰の付近に来たというものであった (ただし王自身はバッキーとは仲は良く、「おいおい」とたしなめる程度のつもりであったという) 。その後、荒川コーチがバッキーと乱闘して2人が退場となった。更に交代した権藤正利の投球が王の頭を直撃。その後、同僚の長嶋が権藤からレフトスタンドに3ランを叩き込み、事実上の報復を果たした。王も頭部陥没骨折の重傷を負っていたが、接骨医の懸命の治療で大事には至らず、2試合欠場しただけで復帰し、復帰した試合では2本の本塁打を放っている。また、同事件で荒川と乱闘を演じたバッキーは指を骨折し、投手生命を絶たれる原因となった。

なお、王は1965年4月12日の対中日戦 (後楽園球場) で中日の柿本実の長嶋への危険球を発端とする乱闘 (この乱闘で金田正一が柿本に足蹴りを見舞い、退場となっている) でも、乱闘には参加せずベンチで独り手を洗い水を飲んでいたという逸話があるほど争いを好まず、乱闘の口火を切ったのはこのバッキーとの諍いが唯一である。

スランプ、そして三冠王[編集]

ますます一本足打法に磨きがかかり、打撃の確実性が増した王は1968年に初の首位打者を獲得。以後、1970年まで3年連続首位打者を獲得した。いずれも本塁打王との二冠だったが、打点王は3年連続で長嶋に阻まれ、三冠王には届かなかった。しかし1969年、1970年は再び2年連続でMVPに選ばれた。この時点でMVP獲得5回となり、4回の長嶋を上回った。

しかし1971年シーズン後半、深刻なスランプに見舞われた。打席に立つのが「怖かった」と振り返る程の不振で、3年連続首位打者だった打率は.276まで降下、本塁打も39本に終わり、8年続けていた40本にはわずか1本届かなかった。タイトルは10年連続の本塁打王を守り、打点王も奪還したが、6度目の首位打者となった長嶋にMVPは譲った。

しかし、同年9月15日の対阪神24回戦 (甲子園) にて江夏に3連続三振を喫した後、0対2とリードされて迎えた9回表二死二三塁での第4打席に放った逆転3ランは王にとって756号に匹敵する忘れられない本塁打のひとつだという。江夏が投じたこの打席7球目、試合開始から153球目の内角ベルト付近の速球であった。極度の不振に陥っていた中で打った本塁打だったこともあり、ダイヤモンドを一周する間号泣していた。王が「現役時代に唯一涙を流した本塁打」となった。同対決及び本塁打のことは江夏もよく覚えており、2人とも「このような対決こそが野球の醍醐味」と語っている。この本塁打は王の通算485号であった。また、同年の日本シリーズ第3戦 (10月15日、後楽園) 9回裏二死一三塁では、当時パ・リーグを代表する投手だった山田久志のカウント1-1からの3球目内角低めの球を捉え、シリーズの流れを決める逆転サヨナラ3ラン (シリーズ通算21号) を放ち、チームの日本一に貢献。この本塁打についても、「宙に浮くようなフワフワした気持でベースを一周したのは後にも先にもあれだけ」と語っており、通算本塁打にこそ含まれないものの、よく覚えているという。

一方、スランプは翌1972年まで尾を引き、あまりの深刻な不振に川上哲治監督も二本足に戻すことを勧めた程であった。しかし32歳の王は頑なに一本足打法を貫いてスランプを脱出し、9月20日には923グラム88センチの圧縮バットでついに公式戦7試合連続本塁打の記録を達成した。9月11日宮本洋二郎から雨中の34号ソロ (後楽園、通算520号) でストリークを開始して、13日先発上田次朗のスライダーを打って35号ソロおよび江夏豊の直球を打って36号ソロ (後楽園) 、14日谷村智啓から雨中の37号2ラン (後楽園) 、17日のダブルヘッダーでは第1試合に渋谷幸春から38号ソロ、第2試合に稲葉光雄から39号ソロと土屋紘から40号2ランで、この2試合は6打数4安打4四球 (後楽園) 、19日はルーキー山本和行のフルカウントでの6球目 (試合開始から19球目) のシュートを41号2ラン (甲子園) 、20日は村山実の4球目 (試合開始から15球目) の真ん中高めのフォークを42号ソロ (甲子園) 。これは1986年にランディ・バースに並ばれたが、未だに日本プロ野球記録である。この年、前半のスランプの影響で打率こそ2年連続で3割を切ったものの、48本塁打と再び大台を突破し、当時の自己最多となる120打点を記録、復活を遂げた。

1973年、打率.355・51本塁打・114打点で史上3人目の三冠王を獲得。ここまで9年連続を含む10度二冠の王にとって悲願の三冠王獲得だった。同年、通算本塁打数でも野村克也を抜き、プロ野球歴代1位に踊り出た (1973年シーズン終了時・王585本、野村579本) 。

1974年も打率.332・49本塁打・107打点で史上初の2年連続三冠王に輝いた。同年8月4日の対阪神戦では、古沢憲司から史上8人目となる通算2000本安打を達成。この頃になると、長嶋が既に現役最晩年で往年の打棒が望めず、他球団の警戒は王に集中していた。これは1973年の124四球 (38敬遠) 、1974年の158四球 (45敬遠) という記録にも表れている。特に1974年は四球と敬遠に加え、出塁数294、長打率.761も日本プロ野球のシーズン最高記録を更新し、非公式の記録では出塁率.532、OPS1.293、本塁打率7.86、RC2714.9825などもシーズン最高記録であった。これらの記録の内、長打率、本塁打率(現在の記録保持者は共にウラディミール・バレンティン)以外の記録は未だに更新されていない。

しかし、当時の巨人は僅差の試合に非常に弱く、いかに王が怪物的な打棒を振るおうとも、チームの優勝争いでは苦戦を強いられていた。結果として、1973年には辛うじてシーズン最終戦でセ・リーグ優勝を決め、日本シリーズでも優勝したものの、1974年には中日にセ・リーグ10連覇を阻まれた。それでも王は2年連続でMVPに選ばれた。

本塁打記録への挑戦[編集]

王の通算本塁打が600本を越えた頃から、王の記録がメジャーリーグの記録に迫るものであることが認知され始めた。折りしも1974年、ハンク・アーロンベーブ・ルースを抜く715号を記録したことで日米ともに本塁打記録への興味が高まっていた頃であり、巨人の看板選手であった長嶋が引退したことも相まって、野球ファンの注目は王の記録に集まり始めた。そのような中での1975年、キャンプ中に足を故障したことの影響で大きく出遅れ、さらには長嶋の引退でさらに王に他球団のマークが集中したことで、打率.285、33本塁打、96打点に終わり、打点王こそ守ったもののこの1冠のみに終わり、13年守り続けた本塁打王の座を田淵幸一に明け渡すこととなった。この時点で王は35歳であり、限界説もささやかれた。引退した長嶋の後継として期待されたデーブ・ジョンソンが大不振で、他の主力選手もそろって不振に陥り、巨人は球団創設以来初の最下位という屈辱を味わうこととなった。

しかし、記録への挑戦をモチベーションとして、さらに張本勲の加入による「OH砲」の形成とジョンソンの復調でオフェンスの負担が軽減され、翌1976年は再び打棒が爆発。64試合で30号に到達、オールスターゲームまでに32本塁打というハイペースで本塁打を量産した。「64試合で30号」は、2001年にアレックス・カブレラがタイ記録を作ったものの、現在も最速記録である。シーズン65試合目の7月3日ナゴヤ球場での対中日15回戦で、2打席連続本塁打を放ち、シーズン32号で通算699号に到達。この試合の6回に一塁にストレートの四球の張本を置いて初先発のルーキー青山久人のフルカウントでの6球目外角高めの直球を'76年初めて左翼へ打って同点698号2ラン、8回には二番手鈴木孝政の1ボールでの2球目のフォークボールを打って逆転の699号2ラン。この試合から日数で20日後、試合数にして7試合目 (札幌、後楽園、鹿児島、熊本を経由) 、オールスター戦が明けて間もなくの土用の7月23日対大洋16回戦 (川崎球場) 、8回表の第5打席に鵜沢達雄の初球真ん中高めのフォークを33号2ラン本塁打して、通算2270試合目にして通算700号を達成した。700号を打った川崎球場では、ホームチームでない選手の記録にもかかわらず、スタンドインした付近のフェンスに記念プレートが設置された。

後楽園球場での広島戦で3打席連続本塁打を放って712号まで到達し (9月30日三輪悟からソロ本塁打2本、10月1日池谷公二郎から2ラン) 、その6試合後10月10日の対阪神22回戦 (後楽園球場) で古沢憲司から2本塁打 (1回の第1打席では1塁に張本勲を置いてカウント1ボールでの2球目外角寄りのシュートを打って「神風が運んだ」46号2ラン、7回の第3打席では午後3時2分に初球真ん中高めのスローカーブを打って右翼の外野指定席442番に運ぶ47号ソロ本塁打) して、現役18年目、通算2317試合目にしてベーブ・ルースの714号に並んだ (ルースは2503試合目、アーロンは2965試合目に記録) 。翌10月11日は最初の4打席は4四死球でこの日の記録更新は危ぶまれたが、714号の25時間10分後、8回裏第5打席にフルカウントで山本和行が投じた高めのボール球のシュートをこの日の3スイング目で捉え、右翼ポールの金網を直撃する「最短距離で経済的」かつファウルにならずに「儲けた」715号2ラン本塁打 (シーズン48号) を放ち (球審: 丸山博) 、一気にルースを抜いた。 (「」内は王自身のコメント)

10月16日広島での最終戦では、6回表に王はそれまで4安打1失点に抑えていた高橋里志の投じた2ストライク1ボールでの5球目真ん中高めの直球を打って716号2ランで同点にして (午後2時18分) 、ジョンソンが高橋のど真ん中のイージーボールを叩いて左翼最上段に決勝26号ソロで勝ち越し (午後2時21分) 、さらに河埜和正加藤初、柴田勲の3連打で1点加点する逆転劇、ディフェンスでは加藤初 (5イニングを6安打3失点) - 小林繁 (4イニングを1安打無失点) のリレーでスコア5-3で逃げ切り、長嶋巨人は前年最下位から優勝を果たし、王は14回目の本塁打王を獲得した。

同年、アーロンが引退。王の目標はアーロンの記録である755本に定まった。

756号本塁打[編集]

新記録の756号まであと40本で迎えた1977年、マスコミやファンの興味が王の「世界新記録」に集まる中、4月2日開幕戦 (対中日、後楽園球場、通算2323試合目) の3回裏二死での第2打席に松本幸行の2球目真ん中低めのカーブを打って通算14本目の満塁本塁打を放ち好調なスタートを切ったかに見えたが、その後はなかなか打球が上がらず、4月は打率こそ.350台をキープしていたものの月間わずか4本塁打に終わる。続く5月は極度の不振に陥り、打率ベストテンからも名前が消えるほどになった。本塁打争いも好調なスタートを切った田代富雄ハル・ブリーデン山本浩二らに大きく差をつけられ、本人の口からも「アーロンの姿が見えたかと思ったら霞んでいく」と弱気な発言が出るほどだった。

しかし、37歳になった5月の終盤から徐々に調子を上げ、7月終了までに26本塁打を記録。そして例年最も本塁打を量産していた8月に猛スパート。8月11日には16年連続となる30号 (通算746号) を記録し、本塁打王争いでも首位を走っていた山本浩を遂にとらえる。8月最も本塁打が出なかった期間は、節目かつ新記録へのカウントダウンが現実味を持ちだす750号達成時の9日間で、あとはほとんどコンスタントに本塁打を量産した。8月31日の後楽園球場での対大洋22回戦1回裏1死、午後6時37分40秒、ヒットで出塁した土井正三を1塁に置いて三浦道男のカウント1ストライク3ボールからの5球目真ん中低めのカーブを打って滞空時間5秒の2ラン本塁打して23秒6、歩数64でダイヤモンドを一周し、現役19年目、通算2425試合目、10145打席目にしてアーロンに並ぶ755号 (シーズン39号) を記録 (アーロンは23年目、3275試合目に記録) 。8月だけで13本塁打の猛チャージをかけた。

その3試合後、14打席目 (通算7878打数目) の9月3日対ヤクルトスワローズ23回戦3回裏一死無走者の第2打席で、午後7時10分6秒、フルカウントでの6球目 (試合開始から50球目) 鈴木康二朗のど真ん中のシュートを滞空時間4秒でライトスタンドへ打ち返し、メジャーリーグ記録を抜く756号を達成した。

756号本塁打の表彰のために15万円分のカーネーションで飾られた表彰盾が贈られるはずとなっていたが、2日間本塁打が出なかったため、製作していた花屋は30万円分のカーネーションを無駄にすることになった (ボランティア製作だったようである[要出典]) 。また一・三塁側スタンドには記録達成が近づくとそれぞれ3つずつ (計6個) のくす玉が吊るされ、記録達成とともに一斉に割られ (くす玉は800号達成時にも用意され割られた) 、「祝・王選手756号」の垂れ幕で祝福した。

この試合で、王は両親を後楽園球場に招待した。記録達成の瞬間同球場一塁側1階席で観戦していた両親の元に、記録達成を祝うファンから握手を求められた他、先述のカーネーションのプレートを王から直々に両親に手渡す瞬間もあり、球場からは「親孝行も日本一」の声が飛んだ[20]。この試合途中で、長嶋は特にホームランをよく飛ばしたライトスタンドの応援団へのお礼を込めたファンサービスとして、ライトの守備位置に立たせるという計らいを見せた[21]

一方、756号を打たれた鈴木は当時、報道陣から取材攻めに遭っていた。これを慮った王は鈴木に声を掛け「俺のせいでえらいことになってしまったな。色々言われるだろうが、絶対に負けるなよ」と励ました。鈴木は「自分がこのまま潰れたら、王さんの記録にも泥を塗る事になってしまう」と奮起し、翌1978年には13勝を挙げてヤクルト球団史上初のリーグ優勝と日本一に導き、近鉄バファローズ移籍後には救援投手として活躍。プロ引退後も軟式野球に転向して永らく現役を続けた (現在は野球ではなく、アマチュアゴルフで活躍している) 。鈴木は日本プロ野球機構から新記録を打たれた記念としてサイパン旅行を打診されたが、プロの意地としてこれを断っている[22]

日本テレビは当時巨人主催試合を独占中継していたが、この756号の本塁打は生放送できなかった。当時の中継は19時30分からの放映で、記録を決めた19時10分の段階ではそっくりショー (讀賣テレビ放送発) を放映していた。その為、視聴者からかなりクレームが付いたとされている。なお、記録達成の映像は中継開始と同時にVTR再生されたほか、当日のスポーツニュースおよび深夜の特番「おめでとう王選手 世界新記録だ756号!!」で繰り返し流された。

この偉業が称えられ、当時の福田赳夫首相から初の国民栄誉賞を授与された。また、756号を達成した後楽園球場では外野の落下地点に記念のモニュメントが設置された (現在は東京ドーム内の野球体育博物館に飾られている) 。

王が756号を打った当時、日本では「世界一」と評されたが、ギネスブックは、球技においてはリーグのレベル等条件が必ずしも平等でないという観点から、競技全体の世界記録という概念を認めておらず、確認できる最高記録と一定のレベルのリーグ戦における記録を併記していることが多い (これは野球に限らず、どの球技についても同様である) 。王の記録は、アーロン、バリー・ボンズジョシュ・ギブソンの記録と並んで本塁打記録のひとつとして記載されている。また、本塁打においては球場の広さも重要な因子となるが、王の現役時代に巨人が本拠地としていた後楽園球場は、当時のメジャーリーグの球場と比較しても著しく狭い球場であった[23]

米メディアの多くは、日本の球場の狭さや投手レベルを引き合いに出して王の偉業を「無価値なもの」とし、メジャーリーグでも非公認扱いとされている。しかし王を大いに評価する声も多く、ハンク・アーロン自身は王の記録達成に心から敬意を表して紳士的に祝福し、フラミンゴの剥製を王に贈っている。また、王を尊敬するメジャーリーガーも少なくない。後述の#アメリカでの評価も参照。

756号を打った9月3日は深夜までTV出演やインタビュー、祝福の電話の対応などでほとんど眠れなかったにもかかわらず、翌9月4日の対ヤクルト戦にも普段通り出場し、10回無死一二塁に安田猛から通算757号となるサヨナラ3ラン (シーズン41号、サヨナラ本塁打8号) を放ち、優勝マジック13とした。これを含め、このシーズンは更に10本塁打を上積みし、自身3度目となる50本塁打を達成した。

記録への挑戦が続いた1976年・1977年の2年はそれぞれ49本・50本で再び2年連続の本塁打王に返り咲き、123打点、124打点 (王の個人ベスト) で2年連続打点王と二冠、4年目の2年連続シーズンMVPに選ばれた。4度の2年連続MVP、9度のMVP選出は現在もプロ野球記録である。

現役末期、現役引退[編集]

1978年の日米野球にて。王貞治(左)とスパーキー・アンダーソン(右)

1978年には前人未到の通算800号を達成するが、本塁打は39本に終わり、本塁打王のタイトルは44本塁打の山本浩二に明け渡すことになる。同年は9月に日本プロ野球史上初の2000打点を記録し、8年連続となる打点王を確保するが、これが現役時代最後に獲得した主要打撃タイトルとなった。

1979年は、打率.285・33本塁打・81打点に終わり、一本足打法に切り替えた1962年以来、初めて打撃三冠タイトルを1つも取れずに終わった (ベストナインには選出) 。16年間連続で続いていたOPS10割、100四球の記録もこの年は.980・89四球と衰えは誰の目にも明らかであった。なお、この年の9月21日の対阪神戦で自身唯一の代打本塁打を放っている (ちなみに長嶋茂雄は13度の代打出場があるが、代打本塁打は1本も記録していない) 。

1980年、シーズン1号本塁打で、オープン戦、日本シリーズ等も含めた通算した総本塁打数1000に達したが、打率.236 (その年の規定打席到達者の中で最低の打率) ・30本塁打・84打点に終わり、ついにベストナインの選出からも漏れる。OPSに至っては.803と一本足打法に切り替えた1962年以来では自己最低の数字であった。

30本塁打は一般的にはスラッガーとして恥ずかしくない数字だが、ファンが王に求める数字としては物足りないものであり、王自身もそれを自覚していた。それでも王は、30号本塁打を放った時のインタビューで「来年の目標? 笑われても言うよ、40本って」「来年は大台 (通算900号) という目標があるからね。もうひと踏ん張りだね」と語ったり、圧縮バットが禁止される翌シーズンに向けて練習では白木のバットを使い始めるなど、現役続行に意欲を見せていた。後年、王自身が43歳まで現役を続けたかったと語っており[24]大豊泰昭小久保裕紀松中信彦タフィ・ローズなどの強打者に対し、「43歳まで頑張ってプレーしなさい」と伝えている。

ところが10月、長嶋茂雄監督辞任、藤田元司監督の就任が発表され、藤田から助監督就任を要請された。藤田は要請にあたり現役兼任を考えていたと語っているが、現役続行か引退か迷っていた王はこの要請を受け、遂に決断を下した。

同年10月12日の126試合目、対ヤクルト26回戦 (後楽園) で6回裏二死三塁の第3打席に神部年男の3球目のカーブを打った2ラン本塁打が、公式戦最後の本塁打 (通算868号) となった。

11月4日、現役引退を表明。「王貞治としてのバッティングができなくなった」が引退発表時の言葉だった。王が後日、引退を決意した瞬間について、「その年 (1980年) の後楽園球場での中日との試合で、先発した戸田 (善紀) 君の球がものすごく速く見えた。前の自分なら打てるはずの球が打てなくなったので、『ああ、俺ももう御仕舞いかなあ…』と思ったんだよ」と語っている。また、近藤唯之ほか複数の記者が王が試合中に当時流行していたルービック・キューブを回す姿を目撃しており、近藤はこの王の姿を見て「王はもう燃え尽きたんだ」と思ったという。また、王は「本当は1000本打つまで現役やりたかった。756号を境に周囲の目、環境、生活が一変してしまった。アーロンが755本で終わらずに900本も打ってくれていればなぁ」とも語っている[25]

通算868号の本塁打を打ったバットは徳光和夫が所有しており、徳光が『開運!なんでも鑑定団』 (テレビ東京) に出演した際に鑑定のため持ち込んだことがある。王は後述する八代亜紀のエピソードにもあるように、本塁打を打ったバットを知人にプレゼントすることが多かったため、当初徳光は自分の持つバットが本当に868号を打ったバットとは思わず、自宅で青竹踏み代わりに使っていたという。

引退表明から4日後の11月8日にナゴヤ球場で行われたセ・リーグ東西対抗戦では、1本塁打を含む4安打と活躍し、MVPに選ばれ、引退を惜しませた。同試合後、この年限りで引退する中日の高木守道と肩を組んでファンに手を振った。

11月16日、藤崎台県営野球場 (熊本) で行われた対阪神・秋季オープン戦の最終打席にて、ライトスタンドへ本塁打を放った。三塁を回ったところで阪神の選手たちがベンチを飛び出し、王は一人ずつと握手を交わした後にホームイン。これが最後の打席・最後の本塁打となった。

引退セレモニーは11月23日のファン感謝デー・イベントの最後に行われた。ピッチャーマウンド上のマイクで挨拶があり、挨拶終了後に自ら左打席にバットを置き、そのまま歩いて一塁ベース上にはファーストミットを置きに行って、同時に引退となる高田繁を呼び、挨拶を行うように呼びかけた。この引退時のパフォーマンスは山口百恵のそれを取り入れた、といわれている。

この時、堀内恒夫を投手として招き、正真正銘の最終打席を行った。結果は、堀内の渾身のストレートにより、空振り三振に仕留められた。また入団時のポジションである投手に戻って堀内と勝負したが、こちらも堀内にレフトに本塁打を浴びた。王の最後の打席への堀内の投球は、1球目にドロップ (縦のカーブ) 、2球目もドロップ、3球目にストレートであった。

現役引退の翌1981年以降、選手時代の活躍を讃え、後楽園球場が閉場となる1987年まで1番ゲートは「王ゲート」と称された。また閉場の際、選手時代に巨人軍の一塁手として活躍したことから、同球場の一塁ベースも寄贈されている。東京ドームとなって同ゲートの名前は一旦無くなったが、1998年に開場10周年を記念して同球場で1番ゲートは「王ゲート」として復活し、現在に至る。

監督時代[編集]

巨人助監督・監督時代[編集]

1976年から1980年まで選手兼任コーチ、1981年から3年間巨人助監督を務め、監督・藤田元司、ヘッドコーチ・牧野茂とのトロイカ体制で1981年の日本一、1983年のリーグ優勝に導く。1984年、藤田元司からバトンを受け継ぎ、第11代監督就任。しかし、前年リーグ優勝したチームを受け継ぎながら3年間優勝から遠ざかり、監督としての資質に疑問を呈する声がファンや評論家からあがる。また、1985年には自身の本塁打記録に後1本に迫ったランディ・バースに対する敬遠攻めを止めなかったことに対する非難を受けたりもした。王自身はあまり感じていなかったが若手との意識の断絶も激しく、同年には中畑清のワン公 (王の中国語読み・背番号1と、犬を掛けた) 発言を誘発している。

監督就任4年目、主砲・原辰徳を前年の故障で欠き、落合博満中日ドラゴンズが獲得するなど、チームはかつてない危機を迎えていた。しかし、中日との開幕戦での西本聖の完封勝利で1987年のシーズンが幕を開ける。またウォーレン・クロマティを4番に据え、抑えに回った鹿取義隆と、2年目19歳のエース桑田真澄、復活した江川卓を軸に若手投手陣は躍動する。攻撃面も打撃ベスト10に篠塚利夫吉村禎章、中畑清、復帰した原とクロマティの5人が3割を記録した強力打線であったため、終わってみれば独走でのリーグ優勝であった。しかし、日本シリーズ西武ライオンズに2勝4敗で敗れ日本一にはなれず、「巨人の監督」としての手腕はあまり高くは評価されなかった。

また1987年の優勝は、巨人の試合がなかった日に決定 (2位の広島が敗れた) したため、宿舎で胴上げが行われた。12年後に王は再び宙に舞うこととなったが、王は最初に胴上げされた当時の印象が薄いという。

1988年 (ちなみに東京ドームがオープンした年) はクロマティ・吉村・前年MVPの山倉などのケガによるリタイア、江川卓の引退からくる投手陣の衰えから優勝した中日に12ゲーム差をつけられ2位に終わる。監督業5年間で、リーグ優勝1回を含むAクラスを保持したもののフロントから責任を問われる形で辞任 (事実上の解任) し、藤田元司がバトンを受け継いだ。巨人の監督を辞任したことにより、前述のように30年間使用された背番号1が野球界から姿を消すこととなった。監督退任後はNHK野球解説者を務めた。

ダイエー・ソフトバンク監督時代[編集]

1994年10月12日、福岡ダイエーホークスの監督に就任。この年チームは4位ながら貯金9と躍進しており、1995年は大物助っ人のケビン・ミッチェルや、西武ライオンズから工藤公康石毛宏典が加入するなど期待は大きかったが、故障者続出などにより借金18の5位に終わる。

1996年5月9日、日生球場で行われた対近鉄バファローズ戦では、この頃最下位を走るダイエーファンから、王や球団代表・瀬戸山隆三を強烈に批判する内容の横断幕が掲げられた。試合は初回、秋山幸二の本塁打で先制したものの、先発の吉田豊彦が逆転を許し、9回表に吉永幸一郎の本塁打で1点差まで迫るが、2-3で近鉄に敗れた。

その後球場から出てきたナインの乗ったバスに、「お前らプロか?」と言う罵声を皮切りに次々と生卵がぶつけられる事件が勃発した (いわゆる「生卵事件」) 。この事に対し、王は「俺はこんな仕打ちをされるために、博多に来たんじゃない!」と激怒した。この時、王は「我々が卵を投げ返すのは簡単だが、これをファンの意見と取るならば、勝つ事しかないんだよ」とコメントした (この試合は、日生球場で行われた最後のプロ野球公式戦である。それから10年後の2006年5月9日、日生球場の跡地で「生卵事件を偲ぶ会」を当時の近鉄ファンとダイエーファンが行っている) 。

巨人監督を辞任する際にV逸の責任を「球団フロントから」問われたのとは違い、「チームのファンから」心無い仕打ちを受けるという、スター街道を進んできた王にとっては今まで味わった事のないほどの耐え難き屈辱を受ける時期が続いた。王はそれらに対し、ひたすら「俺は辞めない」「我々は勝つしかない。勝てばファンも拍手で迎えてくれる」と発言しながら耐え忍び続けた。

1998年は、かつてのチームメート・黒江透修助監督に迎え、シーズン残り5試合まで優勝の可能性を残す奮闘を見せる。その5試合には全敗したものの、オリックス・ブルーウェーブと同率で21年ぶりのAクラスとなる3位に入った。

1998年オフに尾花高夫投手コーチの招聘で投手陣の整備が進み、1999年の開幕前に根本陸夫球団社長の「お前達、何を構えてるんだ。この人は、今では『世界の王』と言われているが、昔はラーメン屋の倅だったんだ。お前達と何も変わりゃしない。そう思ってやりなさい」という言葉で王とコーチ・選手の溝が埋まった、といわれる[26]。王も「選手というのは想像以上に俺の顔色をうかがっている。だから俺もあまり難しい顔をせず、選手が失敗を恐れず、のびのびできるようにしないと」と選手に歩み寄る発言をした。このあたりから、ホークスの台頭が始まったという。

監督経験を重ねた力が実を結び、1999年に球団創設11年目にして初のリーグ優勝、さらに中日との日本シリーズも制し監督として初の日本一になった。両リーグ優勝監督は三原脩水原茂広岡達朗野村克也に次いで5人目。翌2000年はリーグ優勝してV2を成し遂げるも日本シリーズで敗退するが、2003年に再び日本一に輝く (日本一になった年の対戦チームの監督はいずれも星野仙一であった) 。1999年の日本一時は同日に偶然ZONEでダイエーホークスを取り上げておりエンディングでは日本一と胴上げのシーンが挿入された。

2000年の日本シリーズは長嶋茂雄が監督を務める巨人との「ON監督対決」として注目された。なお、この年の福岡ドームでの日本シリーズが変則日程で行われたが、3年前に福岡ドームを先約していた日本脳神経外科学会の日程を優先させたためである。上述のように、1997年までのホークスはBクラスの常連で、その当時はホークスの躍進が予想できず、学会の予約を承諾してしまったためだと言われている。

2001年にはタフィ・ローズが本塁打記録に並び、王は試合前の練習の際に直接ローズに対して本塁打新記録達成を望む声を掛けた。ローズは記録更新に挑んだが、ホークスはコーチの主導によりローズを敬遠して阻止しており、これを止めなかったとして再び非難された。

2002年のドラフトで、スキャンダルが発覚して横浜ベイスターズに指名回避された多田野数人を事実を知った上で獲得しようとし、球団社長・高塚猛もGOサインを出したがオーナー・中内正の強い反対にあって実現はしなかった。

2003年は前年の秋山引退や若田部健一の移籍があり、開幕直前に精神的支柱であり主砲小久保裕紀が大怪我でシーズン絶望と判明するも、前年のドラフト自由獲得枠和田毅新垣渚の両投手が大車輪の活躍をし、斉藤和巳20勝や村松有人川崎宗則の打棒開花などでかえって戦力の底上げが実現した。

2004年6月7日の対日本ハム戦で監督通算1000勝を達成。監督就任11年目となる2005年1月28日、ホークスのソフトバンクへの正式譲渡と同時に取締役副社長兼ゼネラルマネージャーに就任 (監督もそのまま兼任) し、就任間もない時期からは考えられないほどの長期政権となった。

なお、指揮を取るホークスは2003年から3年連続レギュラーシーズン1位となったが、パ・リーグにおけるプレーオフ制度導入となった2004年、2005年と2年連続でプレーオフ第2ステージで最終戦まで行きながらも2004年は西武ライオンズに、2005年は千葉ロッテマリーンズにリーグ優勝を譲っている。

2006年3月開催の「第1回 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表チーム監督に就任。3月21日の決勝戦でキューバを10-6で破り、日本を初代チャンピオン (世界一) へと導いた。

この偉業が讃えられ、2006年12月12日、毎日スポーツ人賞の感動賞をWBC日本代表チームと共に受賞した。12月20日、日本プロスポーツ協会からWBC日本代表として日本プロスポーツ大賞を受賞した。また、個人として日本プロスポーツ特別賞も同時に受賞している。なお、WBC期間中のオープン戦の監督代行は、チーフ兼内野守備走塁コーチである森脇浩司が務めた。

2006年7月5日の対西武戦 (福岡Yahoo!JAPANドーム) 後に記者会見を開き、胃に腫瘍ができていることを発表。翌日より胃の上部に生じたの治療のためチームを離れ休養に入った。監督代行はWBC開催時同様、森脇が務めた。

術前診断は粘膜下層までの浸潤、1群リンパ節転移。7月18日、慶應義塾大学病院腹腔鏡下に胃全摘・Roux en Y法再建と2群までのリンパ節郭清が行われた。8月2日に退院・記者会見。ファンを大切にする王らしく「みなさんの激励に支えられて生還できた」と喜びを語った。なお、術後の病理診断結果は公表されていない。

2006年9月29日、福岡ドームで行われたホークス2006年最終戦セレモニーに出席し、85日ぶりに公式の姿を現した。

2007年春の宮崎キャンプから監督業に復帰した。2007年シーズンは3位で、クライマックスシリーズでも第1ステージで敗退。試合終了後、選手達へ「来季はラストシーズンのつもりでいる」と、成績次第で2008年シーズン限りの退任を示唆した。

2008年・7月1日~3日開催のセ・リーグ公式戦「巨人-ヤクルト」は永久欠番シリーズで「王貞治シリーズ」となっている。永久欠番シリーズとして開催されたものの「当事者は他球団のユニフォームを着て指揮」している唯一の監督となった。この日程はトレードマークである一本足打法が誕生した日 (7月1日) にちなんでいる。

2008年6月6日の交流戦で現役時代に日本シリーズで5度戦った「南海ホークス」の復刻ユニフォームを着用して指揮を執った。「南海ホークス」のユニフォームを着た初の外様指揮官 (現役時代は所属経験無し) となった。復刻した濃緑のユニフォームに袖を通した際、「最近は派手なユニフォームが多いけど、こういう色はいいねえ」と感想を述べた。

同年7月8日の西武ドームでの対埼玉西武ライオンズ戦で、西武捕手の細川亨のブロックが走塁妨害だとして、5分近くにわたる審判団への抗議を行い、もし遅延行為と認められた場合は現役・監督時代通じて初の退場処分になると心配されたが、杞憂に終わった。王は「あんなラフプレーはいかん。世界中にあの映像を流してもいいくらいだ」と激怒したが、これは前年にも対西武戦で多村仁が同じく本塁上のブロックを掻い潜る際に負傷していただけに、警戒感が高まっていたからだといわれる。

7月26日に史上8人目となる監督通算1300勝を達成。 しかしこの年はオリンピックに強行出場をした川崎宗則が疲労骨折するなど選手の故障が相次ぎ、シーズン終盤の9・10月には27戦で21敗という大失速をし、12年ぶりの最下位という不本意な結果となった。この終盤での低迷が王自身に監督退任を決断させる一因となった。

9月23日、試合終了後に記者会見を開き、体力的な問題を主な理由にシーズン終了で監督職を退くことを表明した。「50年、いい野球人生でした。50年間ひとつの道にこれだけどっぷりつかって、心をときめかせて68歳までやれたことは、とても幸せでした」と述べた[27]。10月7日、シーズン最終戦となるKスタ宮城での対楽天戦が最後の試合となった。この日の天気予報は雨。対戦相手の楽天・野村克也監督 (当時) は「今日は涙雨やな」、王自身は「俺に涙雨ってのは似合わないよ」とコメントした。試合終了後には「勝負師としては最後を飾れず残念」、「野球好きな僕にふさわしく、12回もやれた。その点では良かった」と語った。試合後には敵地にもかかわらず王の引退セレモニーが行われ、現役時代からライバルであった楽天・野村監督から花束の贈呈を受けた。

監督としての通算記録は、2507試合で1315勝 (プロ歴代8位) 1118敗74分となった。

監督退任後[編集]

監督退任後、引き続きソフトバンク球団会長となった。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表では日本代表監督相談役を務めた。松田宣浩が開幕戦で右手中指を骨折し全治2カ月と診断され、チーム編成を再考することを余儀なくされた。そこで球団会長の王が「開幕ロースター漏れの選手よりも、日本球界が分かっている外国人選手のほうがいい」と提言しメキシコリーグでプレーしていたホセ・オーティズの獲得が決まった[28]。オーティズはシーズン途中の加入ながら打率.282・20本塁打・74打点と結果を残した。

2008年12月7日には長嶋茂雄の後任として読売巨人軍OB会の会長に選出、2009年12月13日には金田正一の後任として名球会の会長に選出された。

2009年9月21日、東京都内の病院で腸閉塞胆嚢摘出手術を受けた。

2010年1月5日、ソフトバンク球団に新設された「編成委員会」の副委員長に就任 (委員長は笠井オーナー代行) 。編成の陣頭指揮を執ることとなる。

2010年7月3日、ヤフードーム内に王の功績を称える記念館「王貞治ベースボールミュージアム」開館。

2010年10月26日、多年に亘る野球界への貢献などにより平成22年度文化功労者に選出された[29]

選手・監督としての特徴[編集]

選手として[編集]

左打者ながら左投手を苦にしなかった。通算868本塁打のうち192本を左投手から放っている。また、対左投手通算打率は.295であり、通算打率.301と比べほとんど遜色ない。特に最初の三冠王に輝いた1973年から756号を打った1977年までの、打者として最も円熟していた5シーズンでは、対右投手.320に対して対左投手.341と、むしろ左投手をよく打ち込んだ。しかし、プロ入り当初は、並の左打者と同じく左投手を苦手にしていた。デビュー戦で左投手の金田正一の前に無安打、2三振に終わったのは来歴の項のとおり。プロ入り2シーズンに打った24本塁打のうち、左投手から奪ったのはわずか2本だった。特に学生時代から練習試合で対戦し、弱点を知り尽くされていた大洋の鈴木隆を苦手にし、第1打席から代打を送られたこともあった。1962年7月1日の大洋戦で一本足打法に踏み切ったのも、前日の試合で鈴木に抑え込まれたためであった。しかし一本足打法により打撃開眼したこの年、鈴木からも初めて本塁打を奪い、1964年には当時の日本タイ記録となる52号本塁打を奪うなど、苦手を克服した。デビュー戦できりきり舞いさせられた金田からも、1964年の1年だけで7本塁打を奪っている (同一投手からのシーズン本塁打数タイ記録) 。

本塁打を打っても大はしゃぎするようなことが無かったのは兄の鉄城の影響である。高校時代、本塁打を打ってホームベース上で喜ぶ王を見た鉄城は「打たれた相手のことを考えろ」と王を叱りつけた。それ以来、王は本塁打を打っても喜ぶそぶりをしなくなったという。このことについては後に鉄城は「高校生なんだからもっと素直に感情を出させてもよかった。申し訳ないことをした」と語っている[30]。なお、1971年の日本シリーズ第3戦の逆転サヨナラ本塁打で手を叩き飛び跳ねたなどの例外はある。また、715号や756号の際に「バンザイ」を見せたが、これはコーチの国松彰に「いつもホームランを打っても淡々と回るだけなんだから、こんな記録の時くらい何かパフォーマンス見せたらどうだ」と言われ、パフォーマンスに慣れていない王が苦肉の末やっとの思いで考えたものだったという。

足腰は非常に強く、一本足で立った状態で子供にぶら下がられてもびくともしなかった。しかし、意外にも腕力は弱く、腕相撲は巨人の野手の中では一番弱かったばかりか (この話は漫画「巨人の星」にも出てくる) 、「東洋の魔女」と当時呼ばれていた女子バレー日本代表の選手たちにも負けてしまい、「王さん、手加減しないでくださいよ」と言われてしまったことがある。そのとき王は、「いや、これで精一杯なんですよ」と弁解した (巨人で一番腕相撲が弱かったのは投手の高橋一三。宿舎などで同僚にコロコロ負けてしまう王はその後必ずといっていいほど高橋を捕まえて腕相撲に勝って機嫌を直していたと言う) 。

野球に対しては相当な頑固者だった。打撃が不調のとき他人から助言されても、「俺より打ってる人の言うことなら聞くけどね」と、たとえ相手が年長者でも聞き流していた。絶対的な存在である川上哲治監督の「そんな不安定な打ち型 (一本足打法) は止めて、基本の二本足に戻したらどうか。君の力量なら充分4割も狙える」との提案に対し、一本足打法に絶対の自信を持つ王は断ったという。また、晩年の長嶋が周囲に打撃について聞き回っている姿を見て、「何であんなに才能のある人が簡単に人の言うことを聞くんだろう? 打つのは自分なんだから、ほいほい人の話を聞き入れていたら、かえって選手生命を縮めるのでは」と不思議がっていたという。一方、川上は、自分の助言をすんなり吸収する長嶋のほうが頑固な王より打撃の極意に近いものを得ただろうとの評価をしている[31]

一本足打法に変えてからは、シーズン単位の不成績は引退間際を除きほとんどなかった王であるが、シーズン中のスランプは比較的長く、10試合、15試合ホームランが出ないことがしばしばあった。このスランプの長さがホームランの量産に歯止めをかけたことは否めず、そのためシーズン最高は55本にとどまった。

ON砲

長嶋茂雄とはチームの主力・顔として16年間の長きにわたり活躍。ON砲 (あるいはON、ONコンビ) と呼ばれ、2人で数多くのアベックホームランを放った。初のONアベックホームランは1959年6月25日、天覧試合となった後楽園での対阪神戦。最後は1974年10月14日の長嶋引退試合まで通算106本 (連発は29本) のONアベックアーチを放った。ON砲の詳細は同項参照。長嶋引退後も選手・監督として、王の引退後は監督同士、時には親友として、長く交友を続けている。また「尊敬する野球選手は?」という質問をされた際には、ハンク・アーロン、川上哲治とともに、必ず長嶋の名前を入れる。ただし長嶋の監督1年目に長嶋が不甲斐ない試合内容に叱咤激励した際に王が反発し、激しいやり取りになり試合後の空気が騒然とした事があったという。

監督として[編集]

監督就任時も周囲の助言を聞かないワンマン的采配を批判された事もあった。しかしホークス監督時代からは周囲の意見を積極的に取り入れるようになり、その結果ホークス黄金時代を築き上げ、非常に巧みな采配や選手育成の才能を発揮するようになった。監督勇退後の会長の身分になった今日でも、裏方からながら適材適所に選手を獲得、育成に力を発揮し、強いホークスを維持する活躍をみせている。これらの事から性格は決して融通のきかない「頑固者」ではなく、むしろ人を使う才能は非常に長けており、名将として多くの選手、コーチをまとめあげている。

また指導者としての初期は、駒田徳広や稲垣秀次などに、自身の一本足打法の習得を薦め、師匠の荒川博に指導を託したことがあった。特に体も大きく、21歳のシーズンに12本塁打を記録した駒田には大いに期待をかけたが、駒田には明らかに一本足打法が合わず成績を下げ、また王の求める高いレベルの要求がプレッシャーとなり、半ば逃げ出すように一本足打法の習得をあきらめてしまった。また、稲垣も一度も一軍に上がれず、結果を残せなかった。それ以後、王は自身の打法を選手に押し付けることをやめ、選手にあった指導をするようになった。

王は投手の使い方が下手という意見が巨人監督時代から言われることがよくあった。特に中継ぎ投手の酷使、継投の采配に批判を浴びる事が多かったが、実は投手の役割分担、特にリリーフという仕事の重要性、地位を確立したのも王自身であったと言える。巨人時代にリリーフで活躍した鹿取、角といった往年の名クローザーをはじめ、ホークス監督時代は各投手の才能を見極め、適材適所に配置することで、ホークスは球界屈指の投手王国になっている。王は元々投手から野手に転向した選手で、投手というポジションを非常によく知っている「野手出身の監督」であった。その為野手の育成だけでなく、投手の育成にも非常に目をくばっており、素質のある者は根気よく与えたポジションで使い続けるスタンスをとり、王の下で何人ものエース級、セットアッパー、クローザーが大成している。

川上監督から、勝利への執念を学んだと言っている。自らの監督時代に、「一番勝ちたいのは俺なんだ」という川上哲治の言葉をよく使ったという。[32]

電話好きとして有名で、1981年オフのドラフトで優勝校のPL学園の選手だった吉村禎章に対して意欲的に電話をかけ「テレフォンラブコール」による入団交渉をして、吉村はドラフト3位で巨人に入団した。またダイエー監督時代も、尾花高夫を一軍投手コーチとして招聘する際には自ら尾花の自宅に直接電話をして口説き落としている[33]

人物[編集]

人柄・性格[編集]

真摯で誠実な人柄で知られ、夫人の葬儀に参列した全ての人物に直接電話し感謝の言葉を述べたという。葬儀に参列した金村義明は、まさか自分のところに王本人から電話がかかってくるとは思わずにいたが、金村本人の不在中に王からかかってきた電話に出た彼の三男 (当時3歳) が「ママ、“ダイエーのおう”から電話!!」と受話器を塞がず大声で取り次いだため、妻が電話口で平謝りしたというエピソードを披露している。

道具を丁寧に扱うことで現役時代から知られており、同じミットを10年以上も使い「新しいものだとゴワゴワしてて慣れるまでに時間がかかる」と自ら裁縫してまで使い続けた (ライバルの長嶋はエラーしたり不調が続くとゲン直しにすぐにグラブを替えたため、現役時代は何十ものグラブが使用された) 。

若い頃、名古屋の寿司屋で当時中日の人気選手であった板東英二 (王とは同学年であり、仲が良かった) と偶然会った際、自分の知人 (父親の同胞) が営んでいる小さな中華料理店に連れて行き、「板東もたまには食べに来てやってくれないかな」とお願いした。このことを板東は自分の著書で「王の生い立ちと、優しい人柄が理解できた」と語っている。また、板東が『金妻』シリーズに出演していた当時、巨人監督だった王は「俺も1度出てみたいよ」とうらやましがったという。

律儀な性格で、ファンレターや年賀状の返事は必ず書いていた。キャンプ地に持ち込んだ葉書や便箋の量は、数万通とも言われている。1960年、初めてオールスターに出場した年に札幌山の手養護学校の生徒からファンレターが送られたが、当時すでにスター選手だった王は大量に来るファンレターの1通として読み流してしまい、後からその学校のことを知り、後悔したという。これ以後、王はファンレターを必ず丁寧に読むようになった。なお、王は翌1961年以降、監督を退任する1988年まで毎年札幌遠征の際、必ず山の手養護学校を訪問した。

ただし、若い頃は門限破りの常連で銀座や赤坂のクラブ通いをした時期もあった。王自身も後に、「高校出立ての体力でお金があって、綺麗なシャンデリア、美しい女性、おかしくならないわけ無いじゃないですか」と述懐している。ただし、荒川コーチに「お前、本当に上手くなりたいのなら、今日から3年間、酒・タバコ・女全部やめて俺のところで練習しろ。その代わりその3年の後は10年遊んでも、プロとして飯が食えるようになるからな」と言われ酒・タバコを禁止されてからは、完全に改心している。長年巨人の寮長として活躍した武宮敏明によると、歴代の3ワルは王、柴田勲堀内恒夫とのこと。3人とも名球会入りしている。

また、若い頃は自動車の運転が乱暴で、スピード狂といってもいいくらいだった。ある記者が初めて王の運転する車に乗る際、夫人から「気をつけて下さいね」と声をかけられ、その時は王に対しての言葉だと思っていたが、高速道路で鼻歌を歌いながら猛スピードで車を抜かし続ける王の運転から、王の助手席に乗る自分への気遣いの言葉だったと後に気付いたという。ただし、756号本塁打を打ち国民栄誉賞を受賞してからは、交通ルールを遵守しているという。ホークス監督就任後、テリー伊藤 (早稲田実業での王の後輩にあたる) に「巨人にいた頃は、いくら車が走っていなくても、横断歩道のない所で道路を渡るなんてできなかった」と語っている。また、愛車及び送迎車は共にレクサス・LSである。

澤宮優の著書『打撃投手』によると王は打撃投手にも非常に親切で、長年王専属の打撃投手を務めていた峰国安が辞めることとなり、1974年に来日したハンク・アーロンとのホームラン競争での王への投球が引退の場となった。ホームラン競争の後、峰が引退の記念に王のサインを頼んだところ王は「いいよ峰、それなら一緒にアーロンのサインももらったらどうだ」と言い、アーロンの控え室に行き彼も快く応じて、王とアーロンのサインを寄せ書きで3枚もらったという。この他にも、王は「俺は禁酒するから、車に入っているウィスキー、君が飲んでくれないか」と酒の入ったケースを渡したり、「これは正月の餅代といったらあれだけど僕の気持ちだ、今まで僕のために投げてくれてありがとう」と札束の入った封筒を渡したり、礼を尽くしたという。

王がプロ3年目に知り合った心臓病の野球少年に「僕もホームランをかっ飛ばす選手になるから、君も早く元気に野球をやれるように頑張れ」と励まし続けた。しかし、その少年は薬石効なく13歳の若さでこの世を去ってしまう。この少年の両親が東京都品川区海徳寺に、息子を悼んでバットを持った地蔵を建立し、王も現役時代、シーズンが終わると毎年のようにこの地蔵にお参りしていた。そうしたことからこの地蔵をいつしか「ホームラン地蔵」と呼ぶようになったという[34]

大食漢としてたいへん有名である。選手時代はおやつ代わりにラーメンやカツ丼を平らげたかと思うと、夜食に餃子を何人前分も食べたりしていたという。昼食が済むとすぐに夕食のことが気になるほどであった。監督時代は若手選手たちの小食化を嘆いていた。同じく大食漢として知られる川上哲治が唯一敵わなかった相手が王で「これはかなわん」と降参したという。酒も非常に強く、数多く王が挑んだ飲み比べで負けた相手は大鵬ただ一人だった。

胃がんの手術をした際に体重が減った上に一度に物を多く食べられなくなり、もともとの大食漢ぶりや福岡に来てからの食道楽を意識してか退院会見の際、「痩せたね」と体重が減って喜んでいるような発言をした。

趣味[編集]

現役時代、独学でピアノを習い、試合前に自宅で精神集中のためによくピアノを演奏していた。

東京在住時には料理を全くしなかった王だが (しかし、スパゲティだけはかなりの凝りようで、クロマティにも作り方の指導していたエピソードがある) 、単身赴任となった現在では魚を3枚に下ろせるほどの腕前らしい。生家が中華料理屋であったので元々ある程度の料理は習得していたという説もある。

正月には箱根駅伝を沿道で観戦し、応援していることがある。[1]

家族[編集]

王の父親・仕福は大陸から一人で日本に渡って来た天涯孤独に近い境遇で、また戦時中は敵国人でもあったため、日本人である母方の親族から正式な結婚を許してもらえなかった。そのため終戦後に正式に結婚するまでは、王とその兄弟は (表向きは王姓を名乗りつつも) 法的には母親の私生児として日本国籍を保有していた。

父は1985年のシーズン中に逝去。父の訃報は広島市民球場での試合終了後に伝えられた。シーズン中かつ遠征中であり、当時巨人の監督だった責任感から王は通夜も告別式も出席しないつもりだったが、周囲の強い勧めで東京に戻り告別式に出席した。その後すぐに広島に戻って試合を欠場することはなかった。

10歳年上の実兄・鐵城は貞治が2006年に胃癌の手術を受けた際、自身の出身であった慶應義塾大学病院に入院させ、後輩の医師だった北島政樹に貞治の手術執刀を依頼するなど、弟の闘病を蔭で支えていたが、2008年秋に体調を崩し、12月20日、呼吸不全にて78歳で逝去した。貞治は「私の父親代わりだった」と兄: 鐵城の死を悼んだ。

1966年に結婚した恭子との間に三女あり。夫人は王の新人時代、よく練習を見に来ていた女子学生2人組の一人で、一人は快活に話す子だったが、もう一人の「大人しい子だな」と王が感じた女子学生が後の夫人である。妻へのプロポーズの言葉は「ドドンパはお好きですか?」だったという。三女が産まれた時に、王は男の子が欲しかったが、また女の子だったので舌打ちをしてしまい夫人に怒られた (当時は「男の子=ストライク、女の子=ボール」と考える野球選手が多く、稲尾和久張本勲もこのような話をしている) 。家ではかなりの亭主関白であり、本当に家の仕事は全く何もしなかったという。屋根の修理さえも妻の仕事。ただ、しつけだけは王の担当であり、礼儀作法に厳しく、娘たちが自分の言った事に対して口答えをすると容赦なく鉄拳を振るい、鼻血が出るまで殴っていたこともあるという。

3人の娘にはすべて「理」と付く名前をつけた。これは、いずれ嫁に行き、姓が変わってしまう娘(日本国籍を持つ男性と結婚した場合。中国では夫婦別姓である)だが、王の娘としていてほしい、里は王家だ、という意味をこめて「里」に「王」の偏をつけた「理」とした。ちなみにプロレスラー冬木弘道も、同様の理由で娘に「理」と付く名前をつけたが、これは「理不尽大王」(悪役レスラーである冬木のニックネーム)の「理」である。

夫人は2001年10月に逝去。その後、夫人の遺骨が墓地から盗み出されて300万円を要求される事件が起きたことがある[35]。母親の登美は2010年8月16日、肺炎のため108歳で逝去した[36]

国籍について[編集]

中華民国国籍。かつて大陸・中国の与党は中国国民党であり、国号を中華民国としていた。その頃、王を含めた中国内外に住む中国人はみな中華民国国籍であった。その中国国民党は第二次世界大戦後、中国共産党との覇権争いに敗れて中国大陸を脱出し、逃亡先の台湾台北に事実上、首都を遷すが、1971年には国連を脱退し、国際社会の主な国々との正式な国交を断絶してしまう。しかし、王は自らの知名度を政治的に利用されることを嫌い、その後においても世界中より正式な国家として承認された中華人民共和国や、自身が生まれ育った日本国の国籍に、利便性のために帰化することをよしとしなかった。このため、王は現在でも日本や中華人民共和国ではなく中華民国 (台湾) 国籍である。これは中華民国籍の在日中国人として生涯を全うした父親の遺志を尊重していることや、世界のホームラン王として国際的に有名になった現在、「日本国籍を取得」、「中華人民共和国籍を取得」、「生涯中華民国籍であることを宣言」のいずれの行動も政治的意味を帯びてしまうことなどを情熱大陸のインタビューにて理由として挙げている。ちなみに、王の娘では次女の理恵が父にならって未だに中華民国籍のままであることを明らかにしている。王が「台湾人」と表現されることがあるが、これは国籍上中華民国籍であることが理由であり、実際台湾島とのゆかりは薄い。(王家の祖籍は浙江省)

なお、王の同学年の友人で、よき理解者でもある張本勲 (王も張本も、互いに「親友」ではなく「心友」と書いての「しんゆう」と呼ぶそうである) も、「母は日本語を使わず韓国語を生涯通した」「父と姉は広島の原爆が原因で亡くなった」ことから日本国籍取得をしておらず、周囲から帰化を奨められたことが多かったがこれまで応じていない。

ただし、ワールド・ベースボール・クラシック (WBC) で、海外メディアから「あなたは日本人ですか?」と質問された際、王は「父は中国人だが、母は日本人です。私は生まれたときより日本で育ち、日本の教育を受け、日本のプロ野球人として人生を送ってきました。疑うことなく日本人です」と答えている[37][38][39]

国民栄誉賞の初代受賞者である。(外国人勲章と区別される勲章と違い、国民栄誉賞の受賞に国籍制限は設けられず、王のホームラン記録を祝うために作られた賞であるとも揶揄される)

交友関係[編集]

野球界以外にも広い人脈を持つ。昭和を代表する歌手の美空ひばりとは、「義姉弟」 (王貞治本人談) という程、肝胆相照らす仲であった。ひばりが亡くなった日 (1989年6月24日) 、王は台湾に出掛けており、その日の夕方に新東京国際空港帰日 した際、報道陣から「 (美空) ひばりさんが亡くなられましたよ」と告げられて「それは本当か」と言って絶句した。7月に行われたひばりの本葬では、王が弔辞を読んでいる。

プロゴルファー鷹巣南雄とは40年以上にわたり親交があり旧知の仲。鷹巣の紹介で青木功とも親交を持つ様になる。プロゴルファーとして鳴かず飛ばずで何年かを過ごしていた青木は「王さんをスポーツ選手のにする」と王貞治を手本として日々を過ごすと、1971年に関東プロで初勝利、その後は王さんと同じように、「“世界”の青木」というニックネームを頂くまでになったと青木は語る[40]

政治家二階俊博とも旧知の仲である。

WBCの際、イチローが王に対し「監督は現役時代に、バッティングが簡単だ、と思ったことはありますか?」と質問し、王は「バッティングの極意を掴んだ、と思ったら逃げていく、その繰り返しで結局、そんなことは一度もなかった」と答えた。イチローはこれを聞き「王監督だってそうだったんだ」と感じ、バッティングで悩むのは当然だ、と再認識でき、安心したという。

アメリカでの評価[編集]

王の存在は、アメリカでも早くから評価されていた。1970年に行われた日米野球 (サンフランシスコ・ジャイアンツ戦) では1試合2本塁打など活躍、親善試合でありながらMLBの投手が敬遠するという光景も見られた。1976年には、アメリカの代表的スポーツ雑誌である「スポーツ・イラストレイテッド」に、日本プロ野球選手として初めての表紙を飾った。

その一方で日本では「世界の (本塁打) 王」と呼ばれたが、日本以外の世界ではあくまで「日本の本塁打王」として知られており、英語圏のニュースでは Japanese homerun king Sadaharu Oh として紹介される。日本でも落合信彦が『そしてわが祖国』 (1995年集英社文庫) で、アメリカ人が王を本塁打の世界一と認めていないことを指摘していた。

2006年11月のアメリカ誌「タイム」アジア版において、アジア版60周年を記念して特集された、政治、ビジネスなど5分野で活躍した66人が英雄に選ばれる「60年のアジアの英雄」の一人に選ばれた。

エピソード[編集]

  • 原辰徳が読売ジャイアンツの監督に再任した年の秋季キャンプ時、生放送のテレビ番組のインタビューで巨人原監督の話題の時、エールとして「ジャイアンツの監督なんてなりたくてなってる人間なんかいないんだから、のびのびやればいい」と送っている。
  • 1990年、王が野球解説者を務めていたNHKがW杯イタリア大会決勝戦を中継した際にはゲストとして出演した[41]。1993年5月15日のJリーグ開幕戦ヴェルディ川崎-横浜マリノス戦)には試合会場の国立競技場に来賓として招かれ、その発足を肯定的に評価するコメントを残した[42]
  • ダイエーの監督として連覇を果たした2000年のシーズンオフに、巨人のOB戦 (テレビ放映) があり、新調された背番号1のユニフォームを着て参加している。

成績[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 巨人 94 222 193 18 31 7 1 7 61 25 3 1 1 1 24 1 3 72 2 .161 .262 .316 .569
1960 130 502 426 49 115 19 3 17 191 71 5 4 3 1 67 5 5 101 7 .270 .375 .448 .823
1961 127 471 396 50 100 25 6 13 176 53 10 5 4 4 64 3 3 72 7 .253 .358 .444 .802
1962 134 586 497 79 135 28 2 38 281 85 6 4 3 2 72 9 12 99 6 .272 .376 .565 .941
1963 140 609 478 111 146 30 5 40 306 106 9 5 0 2 123 12 6 64 7 .305 .452 .640 1.092
1964 140 599 472 110 151 24 0 55 340 119 6 4 0 5 119 20 3 81 8 .320 .456 .720 1.176
1965 135 575 428 104 138 19 1 42 285 104 2 4 0 3 138 29 6 58 7 .322 .490 .666 1.156
1966 129 549 396 111 123 14 1 48 283 116 9 4 0 4 142 41 7 51 5 .311 .495 .715 1.210
1967 133 566 426 94 139 22 3 47 308 108 3 5 0 3 130 30 7 65 7 .326 .488 .723 1.211
1968 131 580 442 107 144 28 0 49 319 119 5 1 1 6 121 18 10 72 5 .326 .475 .722 1.197
1969 130 576 452 112 156 24 0 44 312 103 5 2 0 8 111 12 5 61 7 .345 .472 .690 1.162
1970 129 553 425 97 138 24 0 47 303 93 1 4 0 3 119 24 6 48 8 .325 .476 .713 1.189
1971 130 565 434 92 120 18 2 39 259 101 8 2 0 5 121 17 5 65 8 .276 .435 .597 1.032
1972 130 572 456 104 135 19 0 48 298 120 2 0 0 2 108 18 6 43 8 .296 .435 .654 1.089
1973 130 560 428 111 152 18 0 51 323 114 2 1 0 4 124 38 4 41 7 .355 .500 .755 1.255
1974 130 553 385 105 128 18 0 49 293 107 1 5 0 2 158 45 8 44 4 .332 .532 .761 1.293
1975 128 523 393 77 112 14 0 33 225 96 1 0 0 6 123 27 1 62 9 .285 .451 .573 1.024
1976 122 536 400 99 130 11 1 49 290 123 3 1 0 9 125 27 2 45 8 .325 .479 .725 1.204
1977 130 570 432 114 140 15 0 50 305 124 1 3 0 6 126 16 6 37 14 .324 .477 .706 1.183
1978 130 566 440 91 132 20 0 39 269 118 1 2 0 11 114 17 1 43 7 .300 .436 .611 1.048
1979 120 506 407 73 116 15 0 33 230 81 1 1 0 5 89 10 5 48 9 .285 .415 .565 .980
1980 129 527 444 59 105 10 0 30 205 84 0 1 0 8 72 8 3 47 9 .236 .342 .462 .803
通算:22年 2831 11866 9250 1967 2786 422 25 868 5862 2170 84 59 12 100 2390 427 114 1319 159 .301 .446 .634 1.080
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高

ただし、NPB公式の出塁率のシーズン記録は1986年落合博満の.487である(両リーグで最高出塁率を表彰開始した1985年以降が対象であるため)[43]

年度別監督成績[編集]

レギュラーシーズン
年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1984年 巨人 3位 130 67 54 9 .554 8.5 186 .268 3.66 44歳
1985年 3位 130 61 60 9 .504 12.0 157 .279 3.96 45歳
1986年 2位 130 75 48 7 .610 0.0 155 .270 3.12 46歳
1987年 1位 130 76 43 11 .639 - 159 .281 3.06 47歳
1988年 2位 130 68 59 3 .535 12.0 134 .268 3.09 48歳
1995年 ダイエー
ソフトバンク
5位 130 54 72 4 .429 26.5 94 .259 4.16 55歳
1996年 6位 130 54 74 2 .422 22.0 97 .263 4.04 56歳
1997年 4位 135 63 71 1 .470 14.0 132 .264 4.26 57歳
1998年 3位 135 67 67 1 .500 4.5 100 .264 4.02 58歳
1999年 1位
(※1)
135 78 54 3 .591 - 140 .257 3.65 59歳
2000年 1位 135 73 60 2 .549 - 129 .268 4.03 60歳
2001年 2位 140 76 63 1 .547 2.5 203 .273 4.49 61歳
2002年 2位 140 73 65 2 .529 16.5 160 .267 3.86 62歳
2003年 1位
(※1)
140 82 55 3 .599 - 154 .297 3.94 63歳
2004年 2位
(※3)
133
(※2)
77 52 4 .597 -4.5 183 .292 4.57 64歳
2005年 2位
(※4)
136 89 45 2 .664 -4.5 172 .281 3.46 65歳
2006年 3位 136
(※5)
75 56 5 .573 4.5 82 .259 3.13 66歳
2007年 3位 144 73 66 5 .525 6.0 106 .267 3.18 67歳
2008年 6位 144
(※6)
64 77 3 .454 12.5 99 .265 4.05 68歳
通算:19年 2507 1315 1118 74 .540 Aクラス15回、Bクラス4回
  • ダイエー (福岡ダイエーホークス) は、2005年にソフトバンク (福岡ソフトバンクホークス) に球団名を変更
※1 順位の太字は日本一
※2 2004年は選手会ストライキのため2試合が開催されず
※3 2004年・2005年レギュラーシーズン勝率1位ながら04年西武・05年ロッテとのプレーオフに敗退し「リーグ優勝=日本シリーズ出場」を逃した。
※4 2006年、癌の治療のため7月8日以降55試合欠場(30勝22敗3分)。監督代行は森脇浩司
※5 2008年、体調不良で休養のため1試合欠場 (敗戦) 。監督代行は秋山幸二
※6 1984年から1996年までは130試合制
※7 1997年から2000年、2004年は135試合制
※8 2001年から2003年までは140試合制
※9 2005年、2006年は136試合制
※10 2007年から144試合制
※11 通算成績は、欠場した計56試合 (30勝23敗3分) を含めない
ポストシリーズ
年度 球団 大会名 対戦相手 勝敗
1987 巨人 日本シリーズ 西武ライオンズ 2勝4敗
1999 ダイエー
ソフトバンク
日本シリーズ 中日ドラゴンズ 4勝1敗
2000 日本シリーズ 読売ジャイアンツ 2勝4敗
2003 日本シリーズ 阪神タイガース 4勝3敗
2004 プレーオフ2ndステージ 西武ライオンズ 2勝3敗
2005 プレーオフ2ndステージ 千葉ロッテマリーンズ 2勝3敗
2007 パ・リーグ クライマックスシリーズ
1stステージ
千葉ロッテマリーンズ 1勝2敗
※ 2006年は森脇監督代行が指揮を執ったため除外。
WBC 国・地域別対抗野球大会

2006年に行われたWBC (ワールド・ベースボール・クラシック) 第1回大会では、監督として日本チームを世界一の座に導く。

年度 大会名 チーム名 勝敗
2006年 第1回WBC (ワールド・ベースボール・クラシック) 日本代表 優勝

タイトル[編集]

  • 三冠王:2回 (1973年 - 1974年)※2年連続は連続記録として最多タイ
  • 首位打者:5回 (1968年 - 1970年、1973年 - 1974年)※5回は歴代4位タイ、セ・リーグ歴代2位。3年連続はセ・リーグタイ記録。
  • 本塁打王:15回 (1962年 - 1974年、1976年 - 1977年)※15回、13年連続はいずれも歴代最多。
  • 打点王:13回 (1962年、1964年 - 1967年、1971年 - 1978年)※13回、8年連続はいずれも歴代最多
  • 最多出塁数:12回 (1967年 - 1978年)※1967年から表彰。12回、12年連続はいずれも歴代最多。
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):3回 (1969年、1970年、1973年)※1994年より表彰
  • 最多得点:15回

表彰[編集]

記録[編集]

初記録[編集]

  • 初出場・初先発出場:1959年4月11日、対国鉄スワローズ1回戦(後楽園球場)、7番・一塁手で先発出場
  • 初打点:1959年4月13日、対国鉄スワローズ3回戦(後楽園球場)、8回裏に宮地惟友から右犠飛
  • 初安打・初本塁打:1959年4月26日、対国鉄スワローズ6回戦(後楽園球場)、7回表に村田元一から右越先制決勝2ラン

節目の記録[編集]

本塁打に関する記録は「節目の本塁打記録」を参照。

  • 1000本安打:1967年7月10日、対大洋ホエールズ15回戦(川崎球場)、2回表に森中千香良から右越ソロ ※史上65人目
  • 1000試合出場:1966年8月24日、対広島カープ21回戦(後楽園球場)、3番・一塁手で先発出場 ※史上116人目
  • 1000四球:1968年10月11日、対中日ドラゴンズ27回戦(後楽園球場)、9回裏に小川健太郎から ※史上初
  • 1000打点:1969年10月6日、対大洋ホエールズ25回戦(川崎球場)、8回表に平松政次から右前適時打 ※史上7人目
  • 3000塁打:1970年6月26日、対中日ドラゴンズ8回戦(後楽園球場)、8回裏に水谷寿伸から2ラン ※史上7人目
  • 1000得点:1970年7月28日、対中日ドラゴンズ11回戦(中日スタヂアム)、1回表に末次民夫の適時打で生還 ※史上6人目
  • 1500試合出場:1970年8月11日、対ヤクルトアトムズ16回戦(後楽園球場)、3番・一塁手で先発出場 ※史上32人目
  • 1500本安打:1970年10月6日、対広島東洋カープ21回戦(広島市民球場)、4回表に外木場義郎から右越ソロ ※史上27人目
  • 3500塁打:1972年6月6日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、1回表に安仁屋宗八から右越先制2ラン ※史上6人目
  • 300二塁打:1972年10月7日、対阪神タイガース25回戦(阪神甲子園球場)、3回表に村山実から左翼線二塁打 ※史上11人目
  • 4000塁打:1973年9月19日、対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)、1回表に上田二朗から右越先制3ラン ※史上4人目
  • 1000三振:1974年4月23日、対ヤクルトスワローズ4回戦(明治神宮野球場)、8回表に浅野啓司から ※史上3人目
  • 2000試合出場:1974年6月29日、対ヤクルトスワローズ13回戦(後楽園球場)、4番・一塁手で先発出場 ※史上8人目
  • 1500打点:1974年7月30日、対ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、5回表に松岡弘から右越2ラン ※史上2人目
  • 2000本安打:1974年8月4日、対阪神タイガース17回戦(阪神甲子園球場)、6回表に古沢憲司から右前安打 ※史上8人目
  • 4500塁打:1975年8月16日、対大洋ホエールズ18回戦(後楽園球場)、7回裏に間柴茂有から中前適時打 ※史上2人目
  • 350二塁打:1975年9月24日、対中日ドラゴンズ22回戦(中日スタヂアム)、7回表に松本幸行から左中間二塁打 ※史上8人目
  • 5000塁打:1977年7月13日、対中日ドラゴンズ11回戦(ナゴヤ球場)、1回表に星野仙一から右中間へ先制3ラン ※史上2人目
  • 2500試合出場:1978年6月3日、対広島東洋カープ10回戦(後楽園球場)、3番・一塁手で先発出場 ※史上2人目
  • 2500本安打:1978年6月27日、対中日ドラゴンズ12回戦(後楽園球場)、6回裏に戸田善紀から右前安打 ※史上3人目
  • 2000打点:1978年9月22日、対中日ドラゴンズ24回戦(ナゴヤ球場)、8回表にフレッド・クハウルアから右越ソロ ※史上初
  • 400二塁打:1979年5月31日、対中日ドラゴンズ7回戦(後楽園球場)、8回裏に小松辰雄から左翼へ決勝適時二塁打 ※史上6人目
  • 5500塁打:1979年6月12日、対ヤクルトスワローズ7回戦(後楽園球場)、1回裏に神部年男から右翼線安打 ※史上初
  • 100犠飛:1980年10月10日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤ球場)、6回表に佐藤政夫から ※史上2人目
節目の本塁打記録
号数 達成日 対戦カード 球場 投手 結果 備考
    1 1959年4月26日 国鉄スワローズ6回戦 後楽園球場 7回表 村田元一 右越先制決勝2ラン 初安打
    4 1959年6月25日 大阪タイガース11回戦 後楽園球場 7回裏 小山正明 右越同点2ラン ONアベック第1号・天覧試合#プロ野球
  47 1962年7月1日 大洋ホエールズ15回戦 川崎球場 3回表 稲川誠 右越先制ソロ 一本足第1号
  50 1962年7月11日 中日ドラゴンズ12回戦 中日スタヂアム 8回表 権藤博 右越ソロ
100 1963年7月28日 広島カープ17回戦 広島市民球場 1回表 大石清 右中間へ先制2ラン 32人目
150 1964年7月16日 広島カープ22回戦 後楽園球場 7回裏 池田英俊 左越2ラン 17人目
200 1965年9月19日 大洋ホエールズ20回戦 後楽園球場 9回表 峰国安 右越2ラン 12人目
250 1966年8月18日 大洋ホエールズ22回戦 川崎球場 4回表 新治伸治 右越ソロ 4人目
300 1967年8月31日 サンケイアトムズ22回戦 後楽園球場 3回裏 村田元一 右越3ラン 3人目
350 1968年9月21日 中日ドラゴンズ21回戦 中日スタヂアム 6回表 小川健太郎 右越2ラン 3人目
400 1969年10月18日 中日ドラゴンズ25回戦 中日スタヂアム 1回表 外山博 右越先制3ラン 2人目
450 1971年4月18日 広島東洋カープ4回戦 広島市民球場 3回表 安仁屋宗八 右中間へソロ 2人目
500 1972年6月6日 広島東洋カープ5回戦 広島市民球場 3回表 西川克弘 右越2ラン 2人目
550 1973年6月21日 中日ドラゴンズ11回戦 中日スタヂアム 4回表 伊藤久敏 右越ソロ 2人目
600 1974年5月30日 阪神タイガース11回戦 阪神甲子園球場 3回表 谷村智啓 右越3ラン NPB初
650 1975年7月11日 阪神タイガース9回戦 後楽園球場 8回裏 山本重政 右越2ラン NPB初
700 1976年7月23日 大洋ホエールズ16回戦 川崎球場 8回表 鵜沢達雄 右中間へ2ラン NPB初
714 1976年10月10日 阪神タイガース22回戦 後楽園球場 7回裏 古沢憲司 右越ソロ 世界2位タイ
715 1976年10月11日 阪神タイガース23回戦 後楽園球場 8回裏 山本和行 右越2ラン 世界2位単独
750 1977年8月23日 広島東洋カープ19回戦 広島市民球場 3回表 池谷公二郎 右越ソロ NPB初
755 1977年8月31日 大洋ホエールズ22回戦 後楽園球場 1回裏 三浦道男 右越先制2ラン 世界タイ
756 1977年9月3日 ヤクルトスワローズ23回戦 後楽園球場 3回裏 鈴木康二朗 右越ソロ 世界新
800 1978年8月30日 横浜大洋ホエールズ23回戦 後楽園球場 6回裏 大川浩 右越ソロ NPB初
850 1980年6月12日 広島東洋カープ9回戦 後楽園球場 1回裏 金田留広 右越ソロ NPB初
868 1980年10月12日 ヤクルトスワローズ26回戦 後楽園球場 6回裏 神部年男 右越ソロ 現役最終

レギュラーシーズン[編集]

  • 通算出場試合: 2831 (歴代3位、セ・リーグ歴代2位、同一球団での通算出場試合数としては歴代1位) ※2013年谷繁元信に更新されるまで長らくセ・リーグ記録だった
  • 通算打席: 11866 (歴代2位、セ・リーグ記録)
  • サイクルヒット: 1963年4月25日、対阪神タイガース6回戦(後楽園球場) ※史上22人目
  • 5504試合連続退場なし (1959年 - 1988年、1995年 - 2008年) ※日本記録

本塁打[編集]

  • 通算本塁打: 868 (世界記録)
  • 通算満塁本塁打: 15 (日本記録)
  • 通算サヨナラ本塁打: 8 (セ・リーグタイ記録)
  • 通算400本塁打到達スピード1位: 1422試合
  • 通算450本塁打到達スピード1位: 1559試合
  • 通算500本塁打到達スピード1位: 1723試合
  • 通算550本塁打到達スピード1位: 1864試合
  • 通算600本塁打到達スピード1位: 1983試合
  • 通算650本塁打到達スピード1位: 2134試合
  • シーズン50本塁打以上: 3回 (1964年、1973年、1977年、日本記録)
  • シーズン40本塁打以上: 8年連続含む13回 (1963年 - 1970年、1972年 - 1974年、1976年 - 1977年、日本記録)
  • シーズン30本塁打以上: 19年連続19回 (1962年 - 1980年、日本記録、20本塁打以上でも日本記録)
  • シーズン10本塁打以上: 21年連続21回 (1960年 - 1980年、日本タイ記録)
  • シーズン30本塁打到達スピード1位タイ: 64試合 (1976年)
  • シーズン40本塁打到達スピード1位タイ: 97試合 (1966年、1967年)
  • 7試合連続本塁打 (1972年9月11日 - 9月20日、日本タイ記録)
  • 4打席連続本塁打 (1964年5月3日、日本タイ記録)
  • 1試合4本塁打 (1964年5月3日、日本タイ記録)
  • 1試合3本塁打以上: 5回 (セ・リーグ記録)
  • 1試合2本塁打以上: 95回 (日本記録)

公式戦では通算868本の本塁打を記録しているが、そのほか、日本シリーズ戦で29本、オールスター戦で13本、東西対抗戦で1本、日米野球戦で23本、オープン戦で98本と、生涯通算では1000本を超える本塁打 (1032本) を放っている。

なお、雨天で試合途中にノーゲームで無効となった本塁打等、いわゆる「幻の本塁打」は1本もない。1964年9月23日の対大洋戦 (後楽園球場) で放った最後の55号本塁打は強い雨の中で打ったものだったが、東京オリンピックのために日程消化を急いでいた事情も手伝ってなんとか5回まで強行し試合成立させた結果、55号は幻になることを免れた。なお、1966年の日米野球・対ドジャース戦では走者を追い越し、本塁打が取り消しとなっている。

本拠地であった後楽園球場で413本の本塁打を放っている。この本数は球場別通算本塁打数の中で歴代1位であり、未だに破られていない。

打率[編集]

  • 通算安打: 2786 (セ・リーグ記録)
  • シーズン最多出塁数: 294個 (1974年)
  • シーズン最高出塁率: .534 (1974年)
  • シーズン打率3割以上: 8年連続含む13回 (1963年 - 1970年、1973年 - 1974年、1976年 - 1978年、セ・リーグ記録)
  • シーズン100安打以上: 21年連続21回 (1960年 - 1980年、日本記録)
  • 打率ベストテン入り: 16年連続含む17回 (1960年、1962年 - 1977年、日本記録)
  • 全イニング出場首位打者 (1969年、史上初、他にイチロー (1995年) 、松井秀喜 (2001年) 、西岡剛 (2010年) 、長谷川勇也 (2013年)が達成)

プロ通算打率は.301。実働20年を越えて3割を記録したのは他に張本しかいない大記録であるが、本人はこの維持を気にかけていたらしく、引退会見では「王貞治のバッティングができなくなった」としか述べなかったが、後に「頭になかったといえば嘘になる」とそれが引退の一因であることを明かしている。

長打力・得点能力[編集]

  • 通算得点: 1967 (日本記録)
  • 通算打点: 2170 (日本記録)
  • 通算塁打: 5862 (日本記録)
  • 通算犠飛: 100 (セ・リーグ記録)
  • 通算長打率: .634 (4000打数以上で歴代1位)
  • シーズン最高OPS: 1.293 (1974年)
  • シーズン最高RC27:14.9825(1974年)
  • シーズン最高XRWIN:9.70(1973年)
  • シーズン100打点以上: 7年連続含む14回 (1963年 - 1969年、1971年 - 1974年、1976年 - 1978年)

メジャーリーグで広く普及している総合打撃指標であるOPS (出塁率+長打率) では1.080 (.446+.634) という数字を残している。OPSが10割を超える選手は数少ない。日本プロ野球界で2000打数以上の選手でOPSが10割を超える打者は王、ランディ・バース (1.078) 、ロベルト・ペタジーニ (1.051) の3人のみである。4000打数以上の選手の中では王のみである (2位は松井秀喜の0.996) 。またシーズン記録でも日本プロ野球史上で10度しか達成されていないOPS12割も一人で5度記録している。

OPS、XR、RCなどさまざまな得点算出能力で1位である。打撃各部門でのシーズンのリーグ1位獲得回数も突出している (合計213個、年度別打撃成績参照。213という数字には、下表にはない最多長打数と最多出塁数が含まれている) 。

四死球[編集]

  • 通算四球: 2390 (日本記録)
  • 通算故意四球: 427 (日本記録)
  • 通算死球: 114 (歴代11位、左打者では稲葉篤紀に抜かれるまで歴代1位だった。現在は稲葉、松中信彦についで歴代3位)
  • シーズン最多四球: 158個 (1974年、日本記録)
  • シーズン最多四死球: 166個 (1974年、日本記録)
  • 連続試合四球: 18 (1970年、日本記録)

通算四球は2390個は2位の落合博満の1475個に1000個近くの差をつけてダントツの1位。王の引退当時は本塁打数とともに四球数もメジャーリーグの記録 (ベーブ・ルース、2062) を上回っていた (現在はバリー・ボンズが更新) 。

シーズン四球数は歴代1位から4位まで独占、歴代5位の金本知憲 (2001年、128個) を挟んで再び6位から11位タイ (121個、2度、2007年のタイロン・ウッズとタイ) まで王の名前が並ぶ。これらを含め、シーズン四球数歴代20傑のうち延べ14を王が独占している。また、連続7打席四球を2度 (1971年、1973年) 記録している (連続打席四球歴代5位) 。

さらに、通算敬遠427個も2位の張本 (228個) に200個近い差をつけての歴代1位。この中にはランナー無しでの敬遠が13回含まれる。イニング別では1回が一番多い。なお、満塁で敬遠されたことはない。

四死球が非常に多かったため、通算打席数11866はセ・リーグ記録だが、通算打数(9260)は衣笠祥雄に次いでセ・リーグ2位となっている。

守備[編集]

  • シーズン守備機会: 1607 (1963年、一塁手としてのセ・リーグ記録)
  • シーズン刺殺: 1521 (1963年、一塁手としてのセ・リーグ記録)
  • シーズン守備機会連続無失策: 991 (1980年4月25日 - 10月10日、一塁手としてのセ・リーグ記録)

王本人は「バッティングに比べたら守備は気を抜いていた」と語っているが、実際にはプロ入り2年目でアメリカ製のファーストミットを取り入れるなど守備にも力を入れており、打撃とともにその守備力も高く評価されていた。特にショートバウンドの処理、バント処理が抜群で、1972年から制定されたダイヤモンドグラブ賞に、1980年に現役引退するまで毎年選出されている。

長年王とともに内野を守った長嶋茂雄は、「一塁手ではワンちゃんが抜群に上手かったですよ。我々内野手はどんな送球でも安心して放れましたから」と振り返っている。また、現役時代バントの名人であり、監督としても王のいる巨人と対戦した吉田義男 (阪神) も、「ワンちゃんにあれだけ迫られたらバントが成功する気が全然しない」と語っている。一塁手として、1963年にシーズン守備機会数とシーズン刺殺数のセ・リーグ記録をそれぞれ更新しており (1607守備機会、1521刺殺) 、現役最後の1980年にも守備機会連続無失策のセ・リーグ記録を更新 (991守備機会連続無失策) している。ただし現役生活が長く守備機会が多かったこともあり、一塁手としての通算失策数165も歴代1位である。一塁手として通算2799試合・27743守備機会・25893刺殺・1685補殺・2317併殺を残しており、通算守備記録においても他の一塁手を圧倒している (すべて一塁手プロ野球歴代1位) 。

ハンク・アーロンの本塁打記録に並んだ1977年8月31日の対大洋ホエールズ戦と、アーロンの記録を塗り替えた9月3日の対ヤクルト戦では、「外野のファンにお礼がしたいから」と言って、途中から右翼手として出場している。公式戦で王が外野手として出場したのはこの2試合だけである。

日本シリーズ[編集]

  • 通算出場回数: 14 (シリーズタイ記録)
  • 通算出場試合: 77 (シリーズ記録)
  • 通算得点: 58 (シリーズ記録)
  • 通算本塁打: 29 (シリーズ記録)
  • 通算犠飛: 5 (シリーズ記録)
  • 通算四球: 83 (シリーズ記録)
  • シリーズ本塁打: 4 (1963年、シリーズタイ記録)
  • シリーズ四球: 9 (1967年、1976年の2度、シリーズ記録)

オールスターゲーム[編集]

  • 出場: 20回 (1960年 - 1964年、1966年 - 1980年)
  • 出場試合: 58 (歴代1位)
  • 通算打数: 188 (歴代1位)
  • 通算犠飛: 3 (歴代1位)
  • 連続打数無安打: 33 (歴代1位)

2年目の1960年から現役最終シーズンの1980年まで21年連続でオールスターゲームにファン投票選出された (1965年のみ怪我のため出場辞退) 。ファン投票選出回数 (21回) 、連続選出回数 (21回) ともに野村克也と並ぶタイ記録である (選手としての最多選出回数は野村の22回) 。

オールスターゲームでは通算打率.213、本塁打率14.46と本来の力を発揮できなかった。上記のとおり、連続33打数無安打 (途中5四球あり) という不名誉なオールスター記録も持っている。

背番号[編集]

  • 1 (1959年 - 1988年) - ジャイアンツの永久欠番 (1989年3月16日認定) になっている。入団から監督を退くまで30年間使用されたが、同一人物による途切れ無しでの30年間使用は、1984年シーズンから中日で背番号34を着用している山本昌と並び最長記録である[45]
  • 89 (1995年 - 2008年) - 「野球」「破竹の勢い」にかけた。ダイエー・ソフトバンクでの監督時代の背番号である当番号は、ホークスの永久欠番にするかどうかが検討されている。

関連情報[編集]

著書[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • ナボナ (亀屋万年堂・出演終了。1970年代)
    • 当時の社長の娘と結婚したチームメイトの国松彰との縁で出演。「ナボナはお菓子のホームラン王です」のフレーズが有名。その後、「森の詩」をはじめ、亀屋万年堂の他製品にも範囲を広げた。現在TVCMはなくなったが、関東方面のJR線や東急線での車内広告は今も続いており、その際に顔が見られる。
  • リポビタンD (大正製薬・出演終了。1960年代)
    • 1963年からエンディ宮本(元巨人軍選手)の後を引き継いで1972年まで出演。2005年に1962年初売された復刻版限定ボトルのCMに登場。このCMでは初売された当時の映像と「ファイトで行こう!! リポビタンD」のフレーズが再現されている。1964年5月3日の対阪神戦・4打席4打数連続本塁打を達成した時の日テレのテレビ中継の協賛社が大正製薬1社のみで、中継で再三「リポビタンD」の看板が映し出された。
    • 王がこのCMを降板したのは厚生省 (現: 厚生労働省) が薬物乱用防止を理由に医薬品のCMにスポーツ選手・アクション系の俳優を起用することを厳禁したためだが、大正製薬は命令を無視して起用し続けたためついに警告を受け、降板せざるを得なくなった。
  • ペプシコーラ日本ペプシコーラ (現: サントリーフーズ)・出演終了。1970年代)
    • 「50円で1.5倍、ペプシ300」のキャッチコピー、ファンブック「王の本」プレゼントや756号ホームランキャンペーンなどが好評を博しペプシの知名度・売り上げアップに貢献。
  • キドカラー (日立製作所・出演終了。1970年代)
  • カメラのドイ (ドイ・出演終了。1970年代)
  • 缶みかん広報センター (1978年)
  • 日産自動車 (出演終了。1983年)
    • 1983年に日産自動車が創業50周年を記念して数々の特別仕様車などが発売され、王がCMキャラクターとして出演していた。
  • 障害者キャンペーン・目隠し編 (公共広告機構 (現: ACジャパン) ・出演終了。1981年)
  • ヴィクトリアスポーツ (ヴィクトリア・出演終了) 中にエレクトーンを弾きながら鼻歌を口ずさむというお宝的なCMもある。なおCMと同時に打たれた新聞広告でも登場したが、東海地方では「中日ファンの皆様も、巨人ファンの皆様も」というコピーが使われたこともあった(CMは東海地方向けが特に存在したわけではない)。
  • カロリーメイト (大塚製薬・出演終了)
  • ボンカレーゴールド (大塚食品・出演終了)
  • 資生堂 (アウスレーゼ・名球会協賛CMとして金田正一、長嶋茂雄とともに出演。1984年)
  • 昭和西川 (ムアツふとん。1985年)
  • 西川産業 (東京西川・現在出演中)
  • J.O. (アサヒ飲料・出演終了。1989?1990年) ハンク・アーロンとの日米ホームラン王による共演。
  • WBC日本代表応援CM (アサヒビール・出演終了。2006年)
  • ノームラテックス (1970年代・出演終了)
  • 九州電力
  • 総務省デジタル放送推進協会“地デジ化応援隊”隊員 (2010年6月から2011年7月24日まで)

また、直接の出演ではないが、日清食品カップヌードルのCMに、自身の756号本塁打の映像が使われたことがあり、CM中では乱入した永瀬正敏と「共演」している。

音楽[編集]

  • 白いボール」 (1965年5月発売。本間千代子とデュエット)
    • オリジナル盤のB面は第三日野小学校児童による「ぼくらのホームラン王」。1977年に「ホームラン世界新記録達成記念盤」として再発されている。このときのB面は藤川純一による読売巨人軍球団歌「闘魂こめて」。また、オムニバスCD『珍品堂 いっ!あの人がこんな歌を』にも収録。
  • 六つの星」(1976年5月1日発売。メインボーカルは細川たかし)

関連作品[編集]

TVドラマ[編集]

音楽[編集]

  • サウスポー (1978年3月25日発売、ピンク・レディー)
    • 歌詞の冒頭に出てくる対戦相手は王をイメージしており、全編としてその対戦を (投手側から) 歌った内容になっている。
  • ピンポンパン体操 (1971年12月発売、金森勢&杉並児童合唱団)
    • 「でんぐり返って王選手」というフレーズがある。

以上の2曲はともに作詞は阿久悠である。阿久によると、「サウスポー」については後に王本人から「僕の歌ありがとう」と言われたとのこと。

漫画[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

  • 感恩歲月(原題) - 台湾映画。王貞治役:馬景濤

脚注[編集]

  1. ^ 現在のメジャーリーグの記録はバリー・ボンズの762本
  2. ^ “プロ野球の王貞治氏、台湾総統から勲章授与される”. AFP BBNews. (2009年2月6日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2568605/3757511 2010年4月5日閲覧。 
  3. ^ 台湾週報:一覧:トップページへ > 台灣週報 > 台湾週報 > 馬英九総統が王貞治氏に「二等景星勲章」を授与” (2009年2月6日). 2010年4月5日閲覧。
  4. ^ “名誉都民の王貞治氏ら顕彰 理恵さんが手紙代読「精いっぱい生きていく」”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2009年9月24日). http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090924/lcl0909241241001-n1.htm 2010年4月5日閲覧。 
  5. ^ ““世界の王”の原点 墨田区総合体育館に顕彰コーナー完成”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年3月29日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100329/tky1003291902019-n1.htm 2010年4月5日閲覧。 
  6. ^ 福岡市ホームページ:HOME > 市政情報 > 市政の概要・市のプロフィール > 王 貞治 氏 (平成16年12月17日選定)” (2008年2月7日). 2010年4月5日閲覧。
  7. ^ “王さん 宮崎名誉市民に、長嶋さんに次いで2人目”. YOMIURI ONLINE. (2009年8月9日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/sports/baseball/hawks/20090809-OYS1T00346.htm 2010年4月5日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f 「高校野球 熱闘の世紀」ザ・ベスト
  9. ^ WiLL2013年2月号P285
  10. ^ 巨人軍最強伝説~長嶋茂雄vs王貞治~1983年1月放送本人談
  11. ^ 開幕戦先発出場のセ・リーグ高卒新人は王以外に1957年に日大三高から阪神入りした並木輝男外野手、小学4年で王に憧れ野球を始め1988年にPL学園から中日入りした立浪和義遊撃手の2人。
  12. ^ 野球小僧白夜書房、2009年4月号、p203
  13. ^ 上前淳一郎『巨人軍影のベストナイン』角川文庫。なお、近藤唯之も同様の内容を記している。
  14. ^ 荒川博 その2【全4回】 欠点を克服するための努力が生んだ一本足打法 (1)
  15. ^ 『スポーツ20世紀』ベースボール・マガジン社、2000年7月、p25
  16. ^ 堂本昭彦 『羽賀準一 剣道遺稿集―附伝記・日記』、島津書房、1999年
  17. ^ '77 THE BASEBALL MOOK プロ野球党 (日本スポーツ社)
  18. ^ WiLL2013年2月号王貞治新春対談
  19. ^ それまで、巨人では背番号50台は高卒ルーキーのための背番号と位置付けられており、入団して一軍で活躍すれば若い背番号に替わることとなっていた(例:槙原(5417,吉村(557,駒田(5010,村田真(569等)。しかし松井は巨人の10年間そしてMLBの9年間、背番号55を付け続けた。
  20. ^ 『日録20世紀 1977年』講談社、1997年刊
  21. ^ 日テレG+「ジャイアンツタイムマシーン・4番打者」より
  22. ^ ベースボール・マガジン社「東京ヤクルトスワローズ40年史 1969-2009 ツバメの記憶」43ページ
  23. ^ 王が引退した1980年において、メジャーリーグ26球団の本拠地球場の多くは両翼が100mを超えており、両翼が100m以下の球場も左右中間は115m以上あるなど充分な外野の広さを持っていた。これに対し後楽園球場は両翼が実測87.5m、左右中間110mと狭く、他のセ・リーグの球場もほぼ同様の広さであった。
  24. ^ 21世紀への伝説史 王貞治 『気力編』&愛蔵本 発売: (株) メディアファクトリー・販売: (株) トップアスリート
  25. ^ 近藤唯之『引退 そのドラマ』新潮文庫
  26. ^ TBS「ZONE」1999年10月28日放送
  27. ^ 日刊スポーツ
  28. ^ 再来日の覚悟が見えたオーティズの箸使い。
  29. ^ 野球普及に強い意欲=文化功労者の王貞治さん 時事通信 2010年10月26日閲覧
  30. ^ 王の自著「野球にときめいて 王貞治、半生を語る」中央公論新社、ISBN:9784120042171 2011年03月
  31. ^ 近藤唯之「こうすれば人は動く~プロ野球名監督の用兵術」東急エージェンシー ISBN:9784924664111 1985年12月
  32. ^ WiLL2013年2月号 王貞治新春対談
  33. ^ その際、自分のもとに王から直接電話が来るはずないと思っていた尾花から「王さんですか?失礼ですがそのような方に心当たりないのですが、どちらにお掛けですか」と訊き返し、それに対して王が「福岡ダイエーホークスの監督を務める王貞治と申します」と丁寧に返答したため、尾花が一転して直立不動になってしまったという逸話がある(詳細は尾花の項を参照)。
  34. ^ 12位:ホームラン地蔵 出没!アド街ック天国 テレビ東京 2006年11月25日放送
  35. ^ http://www.nikkan-kyusyu.com/view/da_1072187059.htm
  36. ^ “王貞治さんの母・登美さん死去…108歳” (日本語). 読売新聞. (2010年8月17日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100817-OYT1T00555.htm 2010年8月17日閲覧。 
  37. ^ 編集委員 清水満 (2008年12月26日). “【王家の教え】 (上) 王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」 (1/3ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n1.htm 2010年2月21日閲覧。 
  38. ^ 編集委員 清水満 (2008年12月26日). “【王家の教え】 (上) 王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」 (2/3ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n2.htm 2010年2月21日閲覧。 
  39. ^ 編集委員 清水満 (2008年12月26日). “【王家の教え】 (上) 王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」 (3/3ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n3.htm 2010年2月21日閲覧。 
  40. ^ 青木功 - 世界の王さんあっての私 - 東洋経済 2009年8月4日
  41. ^ 玉木正之ネットワーク」内コラム 「「日本サッカー青春時代」最後の闘い」。解説は釜本邦茂が務めた。
  42. ^ 出典:「朝日新聞」1993年5月16日朝刊19面。
  43. ^ http://bis.npb.or.jp/history/ssb_obp.html
  44. ^ 2011年度9月卒業式 王貞治氏にスポーツ功労者表彰 早稲田大学オフィシャルサイト(2011年9月17日)
  45. ^ 選手時代のみで言えば山本昌が最長。
  46. ^ 新春大吉 テレビドラマデータベース

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]