藤原釜足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじわら かまたり
藤原 釜足
藤原 釜足
音楽喜劇 ほろよひ人生』(1933年)左は千葉早智子
本名 安惠 重男
別名 藤原 鶏太
生年月日 1905年1月15日
没年月日 1985年12月21日(満80歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市深川区
(現:東京都江東区
ジャンル 俳優
活動期間 1933年 - 1985年
活動内容 映画テレビドラマ
配偶者 沢村貞子
1936年 - 1946年
主な作品
七人の侍』、『隠し砦の三悪人
悪い奴ほどよく眠る

藤原 釜足(ふじわら かまたり、本名:安惠 重男1905年1月15日 - 1985年12月21日)は、日本の俳優東京市深川区(現東京都江東区)出身。

実生活に根ざした芸風で知られた、黒澤明作品常連の名脇役である[1]。女優の沢村貞子は元妻。他に安恵一夫、藤原秀臣という芸名も用いた。

来歴・人物[編集]

家業の印刷屋不振のため、10歳で麹町の菓子屋に奉公に出る。小学校卒業後14歳で静岡の材木会社に就職、1年後に帰京して薬剤師を目指すが、浅草オペラ全盛時代とあって、オペラ俳優に憧れ滝野川俳優養成所に入る。卒業後、浅草金龍館に出ていた黒木憲三に弟子入り。コーラスボーイとして舞台に立つかたわら、小柄で押し出しもきかぬことを自覚し、楽器を扱える役者を目指そうと東洋音楽学校に通い、ヴァイオリンを習う。

関東大震災等でオペラが衰退する中、川崎の映画館に楽士として入る。結婚し1男をもうけるが、妻を病で失う。その後旧知の榎本健一に誘われ、カジノ・フォーリーに参加する。この時、安惠一夫から藤原秀臣と名乗る。その後、プペ・ダンサントに参加。サトウ・ハチローよりアドバイス(でた家鎌足だ)を受けて、藤原釜足と改名。エノケン脱退後には主役級として活躍するも、1933年退座。映画俳優へ道を進む。

初の映画出演は東宝の前身P.C.L.の第1回作品『音楽喜劇 ほろ酔ひ人生』。以後50年間東宝を中心に映画出演する。1936年、沢村貞子と結婚するが、10年後離婚。

戦後、『生きる』(1952年)・『七人の侍』(1954年)などの黒澤明作品の常連として活躍したほか、成瀬巳喜男作品、映画『サザエさん』シリーズの磯野波平役、薬師丸ひろ子との共演が話題を呼んだ『セーラー服と機関銃』(1981年)など、数多くの作品に出演した。

1981年、勲四等瑞宝章。1985年死去。老衰。晩年は老衰と戦いながらの俳優生活だった。遺作はNHKドラマ『冬構え』(1985年)。

特に、藤原の演技で伝説的に語られているのが『七人の侍』における百姓の万造役である。当時から「黒澤天皇」と呼ばれ、役者やスタッフ陣から恐れられていた黒澤の演技指導を受けた藤原は、その指導とは正反対の飄々としたコミカルな老人を演じたため、当然の如く黒澤は怒り再び演技指導を行う。藤原も「わかりました」と答えるが、いざカメラが回るとまた同じようなコミカルな役柄を演じ続けた。黒澤はその都度、怒りまくしたてたが、藤原は頑なにその演技を止めず(周囲は藤原はボケたのか? と心配したらしい)、とうとう天下の黒澤が折れてその演技にOKを出した。 後日、ラッシュを見た黒澤およびスタッフは「藤原さんの演技が正しかった。話のメリハリが深まった。」と感動し、藤原に詫びた。(黒澤明、野上照代著「七人の侍」創作ノートより)

主な出演[編集]

映画[編集]

秀子の車掌さん』(1941年)左は高峰秀子

太字はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品(戦後のみ)
★印は黒澤明監督作品。

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 芸能人物事典 明治/大正/昭和(日外アソシエーツ ISBN 4-8169-1513-3)511ページ

外部リンク[編集]