藤田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじた すすむ
藤田 進
藤田 進
虎の尾を踏む男達』(1952年)
生年月日 1912年1月8日
没年月日 1990年3月23日(満78歳没)
出生地 日本の旗 日本 福岡県久留米市
死没地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1930年 - 1990年
主な作品
姿三四郎
加藤隼戦闘隊
『虎の尾を踏む男達』
隠し砦の三悪人

藤田 進(ふじた すすむ、1912年1月8日 - 1990年3月23日)は、日本俳優である。昭和期において、黒澤明監督作品の主演を多数務めるなど、日本映画界の大スターの一人であった。戦時中は戦意高揚映画に、戦後も戦争映画に多く出演した。

来歴[編集]

1912年(明治45年)1月8日、福岡県久留米市京町に生れる。

1929年(昭和4年)に南筑中学校(現・久留米市立南筑高等学校)を卒業後上京し大学を受験するも失敗、帰途京都に立ち寄り、市川右太衛門プロダクション(右太プロ)で古海卓二助監督を務めていた郷里の先輩を訪ねた際、俳優になるよう勧められた。

映画界へ[編集]

1930年(昭和5年)これが縁となって、右太プロに入り、エキストラとして出演する。

1931年(昭和6年)、東亜キネマに入るも芽が出ず。

1932年(昭和7年)に兵役につき、第12師団砲兵隊に入隊し、対馬で勤務。1933年(昭和8年)に横須賀陸軍砲兵学校に入ったのち、二等兵のまま除隊。

1934年(昭和9年)にマキノ正博の京都映音に録音係として入社するが、翌年には解雇される(下述)。

東宝へ[編集]

1939年(昭和14年)、再び俳優として立つ事を決意して東宝ニューフェイス入社。当初は大部屋俳優だった。

『姿三四郎』(1943年)

1940年(昭和15年)、『妻の場合』で入江たか子高田稔と共演し、素朴で真摯な二枚目俳優として注目を受ける。

1941年(昭和16年)、『指導物語』など、その後は立て続けに主役に起用される。

1943年(昭和18年)には黒澤明の監督デビュー作『姿三四郎』に主演。その武骨な動作は映画とマッチし、その名は黒澤と共に広く知れ渡ることとなる。またその男性的な風貌から『加藤隼戦闘隊』の軍神加藤建夫陸軍少将役をはじめ、多くの戦意高揚映画に主演、軍人俳優として確固たる人気を得た。

1945年(昭和20年)、『虎の尾を踏む男達』の撮影中に敗戦を迎える。

1946年(昭和21年)、黒澤明の戦後第1作『わが青春に悔なし』に戦時中に自由主義者としての立場を貫いて獄死する青年を演じ、戦後の代表作となった。

新東宝へ[編集]

1948年(昭和23年)、おりからの東宝争議大河内伝次郎長谷川一夫と共に「十人の旗の会」に加わり、新東宝映画の設立に参加する。このため、東宝に残った黒澤の作品からは離れることとなった。新東宝ではメロドラマからアクション物まで多くの映画に出演した。

フリーとなる[編集]

1957年(昭和32年)からはフリーとなり、再び東宝作品を中心に、主に脇役として存在感を見せた。黒澤映画には『隠し砦の三悪人』(1958年)の脇役で復帰。その後も『用心棒』など3作に出演したが、ごく僅かな出演シーンにとどまっている。テレビの『ウルトラセブン』にも地球防衛軍ヤマオカ長官、『帰ってきたウルトラマン』でも地球防衛庁・岸田長官としてセミレギュラー出演していた。

1990年(平成2年)3月23日肝臓癌のため、死去。78歳没。

人物・エピソード[編集]

1935年(昭和10年)、『嵐寛寿郎プロダクション』の発声映画『活人剣荒木又衛門』(マキノ正博監督)の富士山麓でのロケでのこと。同時録音のマイク係だった藤田は、マイクの性能のあまり良くない時代でもあり、一所懸命考えて道路の土の中にマイクを見えない程度に隠した。それを嵐寛寿郎が「こんなもんで音が録れるか」と云って、足でポーンと蹴った。大事なマイクを足蹴にされた藤田はその晩酔っぱらって、大きな身体で「アラカンの奴、ぶん殴ってやる!」と怒り狂い、京都映音の関係者を驚かせた。

監督のマキノは藤田をおさえ、「そんなに口惜しいなら、お前も役者になり、立派なスターになってアラカンを見返してやれ」と諭した。そして、この時はとりあえず『活人剣』での仕事が済むと「お前、クビや」と解雇を言い渡した。その後、東宝でスターとなるが、東宝入社までの一時期、藤田は京都千本組の笹井末三郎の世話で、競馬の予想屋をやって食いつないでいたという[1]

東京都調布市で藤田自動車販売店の経営や投資会社の社長になるなど、実業家としても活動した。

主な出演作品[編集]

加藤隼戦闘隊(1944年)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)