福音館書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社福音館書店
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 福音館
本社所在地 日本の旗 日本
113-8686
東京都文京区本駒込6丁目6番3号
設立 1952年(昭和27年)2月1日
業種 情報・通信業
事業内容 児童図書出版
代表者 小倉昇(代表取締役社長)
資本金 5,000万円
売上高 60億7,000万円(2012年度)
従業員数 125名(男子77名 女子48名)
2012年10月1日現在
外部リンク 株式会社福音館書店
テンプレートを表示
福音館書店本社(東京都文京区)

福音館書店(ふくいんかんしょてん)は、東京都文京区に本社を置く児童書を中心とした出版社である。略称「福音館」。

沿革[編集]

本来は金沢市キリスト教系書店で、カナダのメソジスト教団の宣教師が伝道を目的として設立した(社名にある「福音」はこれに由来する)。その後、第二次世界大戦勃発が避けられない事態となりカナダ宣教師団が全員引き上げることになったため、宣教師団が持っていた財産処分に際して名古屋市星野書店の北陸担当番頭だった佐藤喜一賀川豊彦の伝道を手伝っていたクリスチャン)が経営を引き継いだ。

1951年3月、佐藤の娘身紀子の恋人だった(のち夫となる)松居直が、佐藤の招きで編集を担当。このとき実験的に作った「福音館小辞典文庫」シリーズが成功を収めたため、翌1952年2月、正式に福音館書店が発足した。1952年8月、会社の本拠地が金沢から東京都千代田区神田三崎町に移転。

1953年、松居の発案で婦人月刊誌「母の友」を創刊。以後、児童書の分野に進出。書店委託ではなく買い切り制にしたこと、紙面に他社広告を一切入れないことという二大方針を守って読者から信頼を得る。

しかし間もなく大手出版社との競争で苦境に陥ったため、1956年、創作絵本「こどものとも」を発刊。この絵本の第1号から第11号までが産経児童出版文化賞を受けたことで、児童出版社としての地位を確立した。

1972年5月に制定した福音館書店のシンボルマーク(大小の手を組み合わせたデザイン)は、デザイナーの早川良雄が制作に参加している。

  • 1952年 - 有限会社福音館書店を金沢市にて設立。同年中に東京に移転
  • 1953年 - 小辞典文庫の総発行部数450万冊。月刊雑誌「母の友」創刊
  • 1955年 - 幼年童話集『幼児のための童話集(第一集)』刊行
  • 1956年 - 月刊絵本「こどものとも」創刊
  • 1962年 - PR誌「絵本の与えかた」創刊
  • 1963年 - 「エルマーのぼうけん」刊行
  • 1968年 - 月刊絵本「普及版こどものとも」刊行開始(1986年4月より「こどものとも年中(ねんちゅう 幼稚園の「年中組」より)向き」と改名)
  • 1969年 - 月刊絵本「かがくのとも」創刊
  • 1971年 - 「ピーターラビットの絵本」刊行開始
  • 1972年 - 福音館書店シンボルマーク制定
  • 1977年 - 月刊絵本「年少版こどものとも」創刊(1999年4月より「こどものとも年少版」と改名)
  • 1984年 - 文京区本駒込に本社移転(現在地)
  • 1985年 - 月刊絵本「たくさんのふしぎ」創刊
  • 1992年 - 月刊「おおきなポケット」創刊
  • 1995年 - 月刊絵本「こどものとも0.1.2.」創刊
  • 1997年 - 月刊絵本「こどものとも」500号となる
  • 1999年 - 有限会社より株式会社福音館書店へ組織変更
  • 2002年 - 創立50周年記念を迎える。月刊絵本「ちいさなかがくのとも」創刊
  • 2003年 - 「母の友」創刊50周年
  • 2006年 - 「こどものとも」創刊50周年
  • 2011年 - 月刊「おおきなポケット」休刊

発行している月刊誌[編集]

物語絵本
  • こどものとも」シリーズ
    • こどものとも0.1.2.
    • こどものとも年少版
    • こどものとも年中向き
    • こどものとも
科学絵本
科学と物語
その他
  • 母の友

主な作品[編集]

など

関連項目[編集]

現在は理論社が権利を保有しているが、シリーズ初の作品「ぞうのたまごのたまごやき」は、当時「こどものとも」編集長を勤めていた松居が寺村輝夫にアドバイスをした事で誕生、同誌35号に発表されたのが始まりである。

外部リンク[編集]