雪印メグミルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雪印メグミルク株式会社
Megmilk Snow Brand Company, Limited
雪印メグミルク本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2270
札証 2270
略称 雪印
本社所在地 日本の旗 日本
160-8575
東京都新宿区本塩町13番地
本店所在地 065-0043
札幌市東区苗穂町6丁目1番1号
(北海道統括支店及び札幌工場併設)
設立 2009年10月1日
業種 食料品
事業内容 牛乳、乳製品及び食品の製造・販売等
代表者 中野吉晴(代表取締役社長)
資本金 200億円(2009年10月1日現在)
発行済株式総数 7075万1855株(2009年10月1日現在)
従業員数 5056人(2010年12月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 全国農業協同組合連合会 13.06%
農林中央金庫 10.71%
外部リンク http://www.meg-snow.com/
テンプレートを表示

雪印メグミルク株式会社(ゆきじるしメグミルク)は、日本における乳業メーカーの一つ。

雪印乳業株式会社(雪印)と日本ミルクコミュニティ株式会社(メグミルク)の経営統合により、2009年10月1日に両社の持株会社として設立。2011年4月1日に2社を吸収合併し事業会社となった。

経緯[編集]

雪印乳業を中心とした雪印グループは、2000年集団食中毒事件2002年牛肉偽装事件により、雪印食品は2002年4月30日限りで廃業、雪印乳業は2003年1月1日に市乳部門を分割し日本ミルクコミュニティを創設するなど、事実上の解体を余儀なくされた。

しかし、昨今の乳価高騰などの影響から、2009年1月27日、雪印乳業と日本ミルクコミュニティは経営統合を発表[1]。同年10月1日に、両者が共同株式移転を行い、共同持株会社として雪印メグミルク株式会社が設立されるに至った。

2012年までに、子会社となっている雪印乳業株式会社と日本ミルクコミュニティ株式会社を吸収合併する予定としていた[2]が、2010年10月14日、2011年4月をめどに雪印乳業と日本ミルクコミュニティを吸収合併することを決めたと正式に発表[3][4]、2011年4月1日に2社を吸収合併し、事業会社としての雪印メグミルクが発足した。

2012年11月13日には、協同乳業と資本・業務提携することで合意した[5]

グループメッセージ[編集]

未来は、ミルクの中にある。

コーポレートシンボル[編集]

同社のコーポレートシンボルは「スノーミルククラウン」と呼ばれ、旧雪印乳業のマーク(結晶の中心に、北海道をイメージした北極星をあしらったもの)を、白色のミルククラウン(旧日本ミルクコミュニティをイメージしたもの)で囲ったものとなっている。

なお、2011年7月に通信販売限定で発売した「うるおいの恵み」より、製品パッケージにも「スノーミルククラウン」のコーポレートシンボルと社名フォントの導入を開始し、以降に発売される新製品・リニューアル品にも順次導入される(雪印ブランドの製品はこれまで旧雪印乳業から使用されてきたマークから置き換える形で導入され、コーポレートシンボルと社名フォントはパッケージ正面の右上か左上に配置される、農協ブランドやDoleはコーポレートシンボルは入らない)。製品の大半はコーポレートシンボルの下に小さく社名フォントが記されているが、製品によってはコーポレートシンボルの右隣に大きめの社名フォントが記されている場合や、コーポレートシンボルの上半分を囲うように社名フォントが記されている場合がある。

沿革[編集]

本稿では雪印メグミルクの設立から現在までの沿革を述べる。雪印乳業・日本ミルクコミュニティの沿革は各詳細記事を参照のこと。

  • 2009年10月1日 - 雪印乳業株式会社、日本ミルクコミュニティ株式会社の共同株式移転により、持株会社として雪印メグミルク株式会社を設立。
  • 2011年4月1日 - 雪印メグミルク株式会社が雪印乳業株式会社、日本ミルクコミュニティ株式会社を吸収合併し、事業会社化。
  • 2011年7月15日 - 通信販売限定製品「うるおいの恵み」発売[6]。本製品より製品パッケージへのコーポレートシンボル並びに社名フォントの導入を開始。
  • 2012年3月31日 - 期間満了に伴うザ・ハーシー・カンパニー社とのライセンス契約解消により、当社で製造・販売していた日本における「HERSHY'S」ブランドの飲料・プリンホイップクリームの製造・販売を終了[7]
  • 2013年3月19日 - 乳飲料「MEGMILKおなかにやさしく」を「MEGMILKアカディ」にリニューアル発売し、約4年ぶりに「アカディ」ブランドを復活する[8]
  • 2013年6月11日 - 「とことんパインとヨーグルト」を発売[9]。本製品以降に発売された新製品・リニューアル品より、合併後も引き続き使用していた「MEGMILK」ブランドが順次使用されなくなる(現在も一部「MEGMILK」ブランドが残る製品がある)。
  • 2014年3月11日 - 当社が販売する牛乳類のうち、「雪印メグミルク牛乳(「メグミルク牛乳」から改名)」、「毎日骨太(「1日分のカルシウム」、「1日分のカルシウム コーヒー風味」を含む)」、「アカディ(「MEGMILKアカディ」から改名)」、「特濃(「MEGMILK特濃4.5」から改名、北海道は未発売)」をリニューアル発売してパッケージデザインを統一し、新たに、「ビフィズス菌入りミルク」を関東~九州地区限定で発売[10]

取扱商品[編集]

以下カテゴリー別に列挙する。()内は主なであるが、「毎日骨太」と「牧場の朝」は経営統合時から旧会社それぞれで発売されていたブランドであり、カテゴリー範囲が広い。なお、スキムミルクや粉ミルクなどの一部製品はグループ会社のビーンスターク・スノーが製造を行っている。

なお、飲料類に関しては自社で製造販売する商品に加え、2010年11月に旧・日本ミルクコミュニティがサントリー食品(現・サントリー食品インターナショナル)との基本契約を締結したことに伴い、2011年春からは『伊右衛門』や『なっちゃん』などのサントリーブランドの紙パック飲料(ロングライフ紙パック飲料)の一括仕入れ販売を開始している[11]
  • ヨーグルト(ナチュレ恵megumiなど)
  • デザート(栗原さんちのおすそ分け、クリームスイーツ、重ねドルチェなど)
  • 生クリーム
  • バター雪印北海道バターなど)
  • マーガリン類(ネオソフト、ショートニングなど)
  • プロセスチーズ(スライスチーズ、とろけるスライス、ベビーチーズ、6Pチーズなど)
  • ナチュラルチーズ(雪印北海道100さけるチーズ・カマンベールチーズ・クリームチーズなど)
  • 練乳スキムミルク
  • 粉ミルク(雪印ぴゅあ、雪印たっち)
  • その他食品(マッシュポテト、毎日骨ケアMBPなど)

工場[編集]

◇印は旧・雪印乳業工場、◆印は旧・日本ミルクコミュニティの工場。なお、旧・日本ミルクコミュニティの工場の住所後に記載の英数字は製造工場番号(一部製品のパッケージにも一覧表が記載されており、どこの工場で生産されたのかが一目でわかるようになっている)

子会社[編集]

製造・販売子会社[編集]

  • ビーンスターク・スノー株式会社 - 育児用粉乳・離乳食等の開発・製造・販売
  • 八ヶ岳乳業株式会社 -(旧八ヶ岳雪印牛乳株式会社) 長野県の牛乳・乳製品等製造・販売
  • 株式会社クレスコ
  • チェスコ株式会社 - チーズ製品の輸入及び製造・販売
  • 株式会社雪印パ-ラ- - 軽食喫茶店・乳製品販売
  • いばらく乳業株式会社(旧茨城雪印牛乳株式会社) - 雪印系の茨城県内の牛乳・乳製品製造
  • みちのくミルク株式会社

その他子会社[編集]

日本国外子会社[編集]

  • 雪印オーストラリア有限会社
  • 台湾雪印株式会社
  • 雪印タイ株式会社

提供番組[編集]

現在は毎年1月に行われるスキージャンプ競技の「雪印メグミルク杯」テレビ中継で独占提供している。

CM出演者[編集]

現在
過去
  • 本上まなみ(恵megumi、旧日本ミルクコミュニティ時代から継続)
  • 鈴木福(こんがり焼けるとろけるスライス、等)

雪印メグミルクスキー部[編集]

1946年創部。スキージャンプの強豪チームとして知られる。雪印メグミルクへの再編に伴い現在の名称に改称された。

現在の所属選手、スタッフ[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 乳糖をうまく分解できない「乳糖不耐」の方に向け、製造段階で乳糖を分解したおなかにやさしい乳飲料。雪印乳業時代から発売されていた製品で、2009年3月に「MEGMILKおなかにやさしく」に商品名を変更していたが、2013年3月のパッケージリニューアルで約4年ぶりに「アカディ」の商品名を復活させた。なお、「MEGMILKおなかにやさしく」改称時に赤基調に変更していたパッケージも、2014年3月のパッケージリニューアルで5年ぶりに改称前の緑基調に戻った。
  2. ^ 当社の前身の一つである全国農協直販株式会社が発足した1972年に首都圏限定で販売されていた牛乳で、成分無調整・大型紙パック入り・スーパーでの販売という、当時としては画期的で、現在の紙パック牛乳のパイオニアでもあった。2度の社名変更を経た今でも販売されており、表示等の細かな変更はあるものの、パッケージデザインは発売当時からほとんど変えられていない(参照)。

出典[編集]

  1. ^ “雪印と日本ミルク、10月統合 売上高5900億円めざす”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2009年1月27日) 
  2. ^ 雪印メグミルクグループ(平成21年度~平成25年度)中期経営計画の策定について (PDF)
  3. ^ “雪印乳業、名門の歴史に幕 雪印メグミルクが吸収合併し一体化”. 産経新聞 (産経新聞社). (2010年10月14日) 
  4. ^ 連結子会社(日本ミルクコミュニティ株式会社および雪印乳業株式会社)との合併につきまして (PDF) 雪印メグミルク 2010年10月14日閲覧
  5. ^ 雪印メグミルクグループと協同乳業グループとの資本・業務提携について (PDF) 雪印メグミルク 2012年11月13日
  6. ^ 『うるおいの恵み』通信販売にて限定発売 (PDF) - 雪印メグミルク株式会社 ニュースリリース 2011年7月7日(2014年2月28日閲覧)
  7. ^ ハーシーブランド製品 製造・販売終了のお知らせ (PDF) - 雪印メグミルク株式会社 ニュースリリース 2012年2月23日(2014年2月28日閲覧)
  8. ^ 「MEGMILK アカディ」リニューアル発売 (PDF) - 雪印メグミルク株式会社 ニュースリリース 2013年2月28日(2014年2月28日閲覧)
  9. ^ 『とことんパインとヨーグルト』期間限定発売 (PDF) - 雪印メグミルク株式会社 ニュースリリース 2013年5月23日(2014年2月28日閲覧)
  10. ^ 『雪印メグミルク牛乳』他 牛乳類16品 新発売 (PDF) - 雪印メグミルク株式会社 ニュースリリース 2014年2月20日(2014年3月11日閲覧)
  11. ^ サントリー食品株式会社との「ロングライフ紙パック飲料」の販売に関する基本契約締結につきまして (PDF) - 2010年11月12日(2011年4月10日閲覧)
  12. ^ 雪印メグ、茨城に新工場建設 神奈川と兵庫の3工場閉鎖 - Wayback Machine による SankeiBiz 2010.11.5 12:45版のキャッシュ
  13. ^ 横浜チーズ工場地を売却へ - タウンニュース緑区版2013年5月9日。
  14. ^ 雪印メグミルク 伊丹工場の閉鎖時期延期を発表 - 47ニュース 2011年10月14日 08:20版

外部リンク[編集]