プレイガール (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレイガール』は、東映が制作を担当し、1969年4月7日から1976年3月29日まで、毎週月曜日の21:00-21:56に東京12チャンネル(現:テレビ東京)系で放映されたテレビ映画。全287話。なお、続編の『プレイガールQ』、再放送の『プレイガール傑作シリーズ』も同時間帯で放映された。

概要[編集]

お色気女性アクションドラマで、当時流行っていたミニスカートから繰り出される前上段蹴りや、それによるパンチラシーン、番組の合間に出る「ゲバゲバ90分」風のキスマークなどが特徴。

オープニングのジングルは、黒地に唇、その右下に番組タイトルロゴが流れる。

タイトルロゴは集英社の雑誌「週刊プレイボーイ」のものを流用している。サウンドロゴはケン・サンダースが「プレイガール」と録音したものを遅く再生し、超低音な特徴的サウンドロゴとなる。

なお、本番組は「プレイガールQ」まで関西地区では当時系列局だった毎日放送[1]にネット(1975年3月24日までは同時ネット。同局がTBS系ネットチェンジ後は火曜日の22:00-22:54に遅れネット)されていた。

河出書房新社から発行された河出人物読本『天皇裕仁』によれば、昭和天皇も視聴したことがあるという。

テレビシリーズ終了後の1992年には、テレビ東京が「プレイガール'92」を単発で放送。2003年には、東映ビデオが劇場用映画としてリメイク版を制作したものの、興行成績は振るわなかった。なお、2012年10月20日には、ファミリー劇場で「プレイガール2012」が放送されている。

オリジナル版[編集]

最初のテレビシリーズ。1969年4月7日から1974年9月30日まで(全287話)。次回予告のナレーターは梅宮辰夫が行っていたことがあった。メンバーは全員、国際秘密保険調査員という肩書きを持つ。

肩書き通り保険金に絡む調査を行っており(第1話では「死亡保険金を得るための計画殺人」、第4話では「総額1億円の真珠の保険金と、5千万円の死亡保険金」)、第6話では「(事件に巻き込まれたが)保険金とは無関係な事件なので、警察に任せようか?」とオネエが仲間に相談する一幕もあった。後には「事件に巻き込まれる」という形で保険金に絡まない事件も手がけている。第4話での報酬が1500万円であったことから、保険金の1割が報酬と思われる。

当初は格闘技は必須の技能ではなかった(例:ユッコ)が、第6話以降、格闘のできない者は「足手まとい」と見なされ、ある程度の腕前が要求されるようになっている。の扱いも必要とされる。

メンバーを演じた女性は総勢22人。初期のメンバーは5人(「おっかさん」こと天戸昌子を除く)が定員のようで、第6話ではユーミンが「ランファンとマコが不在なら、自分とルナ子を入れると数が揃う」と主張した(第4話で万智子が押しかけた際は、マコが海外に出張していたため、万智子を入れて実質5名だった)が、後に人数枠は撤廃されている(その代わり、全員で事件に当たるケースがなくなる模様)。

キャスト(役名)[編集]

キャラクター名は、ほとんどが演じた女優の名前に由来している(ユーミン・ダロワ、庭ルナ子は例外)。

メンバーは、当初は「おっかさん」と「オネエ」以外は、ほぼ同格だったが(第6話で、加入希望のルナ子に対し「敬語は使わない」とオネエが諭している)、メンバーの入れ替わりにより、年長者には「姉さん」とつけられるようになった(例:万智子姉さん、純子姉さん、ユッコ姉さん)。また、第199話では、万智子が三枝子に「三枝子さん」と呼びかけている(久しぶりに会ったルナ子に対しては呼び捨て)。

以下、「女優 / キャラクター」で表記する(複数の名前で紹介されているキャラクターがいるため)。初代メンバーについてはオープニング・クレジット順、通称の表記もそれに従う。

沢たまき / 沢村たまき
通称:オネエ
初代メンバーでリーダー(初期オープニングでは「ボス」と表記)。
得意技はキックボクシング(第6話にて)。第4話ではセスナ機を操縦した。
應蘭芳 / 蘭芳
通称:ランファン
初代メンバー。香港生まれで東京育ち。
ドライビングテクニックは「A級ライセンス」と称する(第1話)。
緑魔子 / 一條マコ
通称:マコ
初代メンバー。オープニングでは「男ぎらい」(原文ママ)と紹介されている。
真理明美 / 星明美
通称:アケミ
初代メンバー。第6話では空手を披露。
桑原幸子 / 原幸子
通称:ユッコ
初代メンバー。初期オープニングでは「弱ムシ」(原文ママ)とされていたが、第6話でチェーンによる腕前を披露、格闘もこなすようになる。
戸川昌子 / 天戸昌子
通称:おっかさん(第1話にて、オネエ、ランファン、アケミより)、マダム(第1話にて、マコより)
初登場:第1話
初期オープニングでは「影の女」とクレジットされる。推理作家。
メンバーを束ねる立場(オネエの上役に相当)で、第1話での依頼人への自己紹介は「保険調査エージェントのヘッド」。
「ヒロ」(演:丸山明宏、特別出演)と名乗る友人を持っている(第1話。会話の内容から、ヒロも推理作家と思われる)。
八代万智子 / 五代万智子
通称:万智子
初登場:第4話(ゲスト出演)
初登場時は、別の事務所に所属する探偵だったが、オネエらとは既に面識があった。志願して調査に参加、最後に「報酬目当て」と明かした。
メンバー参加後はサブリーダー格となり、オネエに準じる存在となる。
ハン・ザ・摩耶→范文雀 / ユーミン・ダロワ
通称:ユーミン
初登場:第6話
オネエらとは旧知という設定。南の島にあるカルネシア王国の出身(バンコクから飛行機に搭乗した)。
合気道を習いに再来日、ランファンとマコの不在を知り、ルナ子ともどもメンバーに志願する。
高毬子 / 庭(にわ)ルナ子
通称:ルナ子
初登場:第6話
3年ぶりにパリから帰国。ユーミンと同じ飛行機に乗ったことからメンバーに入る。
得意技は急所潰し。
登場時は非常におっとりとして上品な態度だったが、メンバーに同化して性格があけすけになった。
浜かおる / 古城かおる(浜川かおる)
通称:かおる
初登場:第14話
大信田礼子 / 太田礼子
通称:礼子
初登場:第51話
熊本県出身。武芸百般に通じる(自称「日本一」の腕前)。探偵小説のファン。
師匠の殺人事件に巻き込まれ、犯人扱いされたことが切っ掛けでメンバーに入る。
  • 武芸の詳細は、柔道、空手、合気道、馬術小太刀水泳、キックボクシング、と自己紹介した。このうち、柔道、空手、合気道については初登場のシーンで複数の男を相手に披露。
  • ナイフ投げも披露したが、「まずリンゴを標的に投げ、それを狙ってナイフを投げ、リンゴごと的に命中させる」という腕前だった。
西尾三枝子 / 山尾三枝子
通称:三枝子
初登場:第69話
片山由美子 / 片岡由美子
通称:由美子
初登場:第75話
深田ミミ / 田村ミミ(深井ミミ、深沢ミミ)
通称:ミミ
初登場:第111話
推理小説のファン。中期メンバーでは若手の部類に入る。
太田きよみ / 一条きよみ
通称:きよみ
初登場:第113話
渡辺やよい / 田辺やよい
通称:やよい
初登場:第162話
八丈島出身。元海女
父と、その友人の死に金塊密輸が絡んでおり、その復讐を切っ掛けにメンバーに入る。10年前に島を出た、田辺竜夫(演:梅宮辰夫)というヤクザの兄がいる。
帰ってきた兄は、妹には名乗らず、父の仇を討った。自首する直前に、万智子とユッコに妹を託す(口止めもしている)。
宮園純子 / 宮野純子
通称:純子
初登場:第171話
万智子と同じくオネエに準じる存在。
八並映子 / 三波映子
通称:映子
初登場:第199話
元マジシャン(海中縄抜け、火の輪くぐり等)。パートナーの木原伸夫(演:山口暁)と世界中を巡業していた。
千葉県御宿町のホテルでの興行の際、金塊密輸に強引にスカウトされ、木原を失う。万智子らに助けられ、事件解決後、メンバーに誘われる。
ひし美ゆり子 / 菱田ゆり子
通称:ゆり子
初登場:第217話
看護婦見習いの資格を持っている。東京都江東区出身、体育大学(短大)出の21歳(初登場時点)。
義兄の医師・安西明(演:山本豊三)の冤罪を晴らすために単独で暴力団に潜入、純子らの協力で事件が解決した後、メンバーになる。
  • 義兄は姉の夫であり、一年前に姉が男を作って家出し、さらに先日、息子がひき逃げで殺されていた。ゆり子と同居しており、近所では再婚の噂が立っている。
  • 事件解決後、義兄と共に歩んでいくかどうかの選択を迫られ、純子の提案でコイントスで決めた(しかし、純子の用意したコインは「両方オモテ」というイカサマコインであり、しかも「オモテが出たら」という条件を出したのも純子だった。直後に由美子が気づき、驚いていた)。
東三千 / 東田みち子
通称:みち子
初登場:第241話
大堀早苗 / 小堀早苗
通称:早苗
初登場:第270話
夏樹レナ / 夏井レナ
通称:レナ
初登場:第270話

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

1969年[編集]

1970年[編集]

1971年[編集]

1972年[編集]

1973年[編集]

1974年[編集]

DVD[編集]

  • 東映ビデオでは2003年8月8日に、前掲の「放映リスト」に記された全287話から、16話を4枚組のDVDに収めた「プレイガール・プレミアム・コレクション・ボックス」(EAN 4988101102365)をリリース。2004年4月21日には、このボックスのDVD(1枚で4話分を収録)を、4枚シリーズの「プレイガール Premium Collection」として発売している。

プレイガールQ[編集]

  • 前作終了の翌週からすぐにスタートした続編。本作のプレイガールでは私立探偵グループとして描かれており、タマキ以外のメンバーは副業としている。全71話。
  • 放送時間は本作より月曜21:00 - 21:55(1分縮小)、更に1975年10月からは21:00 - 21:54(更に1分縮小)に変更された(いずれも天気予報枠拡大のため)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

  • ※1975年7月21日~1975年8月11日は、放送300回記念として以下の作品を再放送。
    • 1975年7月21日 - 「女番長対プレイガール」(第203話、1973年2月19日放送)
    • 1975年7月28日 - 「怪談・世にも凄まじい女」(第219話、1973年6月11日放送)
    • 1975年8月4日 - 「真夜中の腕くらべ」(第220話、1973年6月18日放送)
    • 1975年8月18日 - 「怪談・怨霊館の妖女」(第71話、1970年8月10日放送)

プレイガール'92 嵐を呼ぶハイレグ軍団 黒真珠殺人事件[編集]

テレビ東京系列で1992年11月16日に単発特番として旧月曜・女のサスペンス枠(ただし、開始時刻は通常週より1時間繰り上げ)で放送された作品。片平にとっては、同系列で初めて主演した2時間サスペンスドラマでもあった。

本作では、人材派遣会社の裏稼業として事件を解決するという設定になっている。伊勢志摩ロケが行われ、水着シーンは中村・高野・青山が担当していた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画版[編集]

東映ビデオの企画として2003年4月に劇場公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

DVD[編集]

  • プレイガール(2003年9月21日リリース、東映ビデオ)EAN 4988101104765

プレイガール2012 連鎖誘拐殺人を暴け!熱くてエロくてヤバい女豹たち[編集]

東映チャンネルファミリー劇場(いずれもCS放送局)による「ドラマクロスプロジェクト」の下で、東映が『特捜最前線2012』(かつてテレビ朝日で放送された刑事ドラマ『特捜最前線』のリメイク版)とともに制作。2012年10月20日(土曜日)の22:00 - 23:00にファミリー劇場で放送された。テレビドラマとしては、前述の「プレイガール'92」以来20年振りの復活であった。

なお、2012年12月には東映チャンネルで、当作品と『特捜最前線2012』のストーリーをつなぐスペシャルドラマ『特捜最前線×プレイガール2012』が放送。2013年5月21日には、東映ビデオが、当作品を含む「ドラマクロスプロジェクト」全作品のDVDを発売した。

キャスト[編集]

以上はプレイガールのメンバー。役柄上の設定は「パリに本部を構える国際的な保険調査機構に所属するシークレット・エージェント」である。

スタッフ[編集]

DVD[編集]

  • プレイガール2012 ― 連鎖誘拐殺人を暴け! 熱くてエロくてヤバい女豹たち(2013年5月21日リリース、東映ビデオ)EAN 4988101169504

その他[編集]

  • 青森テレビ(当時NET系列)では、3ヶ月遅れで、月曜23:30から放送していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時はテレビ大阪開局前であり、MBSテレビはNET(現・テレビ朝日)と東京12チャンネルのクロスネット体制を採っていた。

外部リンク[編集]

特捜最前線×プレイガール2012Official Site:プレイガール2012

東京12チャンネル 月曜21時台
前番組 番組名 次番組
プレイガール

プレイガールQ

プレイガール傑作シリーズ
東京12チャンネル 月曜21:55 - 21:56枠
名画劇場
(21:00 - 21:56)
プレイガール
【1分縮小して継続】
天気予報
(21:55 - 22:00)
【1分拡大して継続】
東京12チャンネル 月曜21:54 - 21:55枠
プレイガール
(21:00 - 21:56)
プレイガールQ

プレイガール傑作シリーズ
【更に1分縮小して継続】
天気予報
(21:54 - 22:00)
【更に1分拡大して継続】