小さなスーパーマン ガンバロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小さなスーパーマン ガンバロン
放送時間 日曜日18:30 - 19:00(1 - 25話)
土曜日07:00 - 07:30(26話 - )(30分)
放送期間 1977年4月3日 - 12月24日(32回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 安藤一人
テンプレートを表示

小さなスーパーマン ガンバロン』(ちいさなスーパーマン ガンバロン)は、1977年(昭和52年)4月3日から同年12月24日まで全32話が日本テレビ系列で毎週日曜日18:30 - 19:00(25話まで)、毎週土曜日7:00 - 7:30(26話から)に放送された、創英舎製作の特撮テレビ番組

解説[編集]

スーパーロボット レッドバロン』『スーパーロボット マッハバロン』に続くバロンシリーズの第三作とされるが[1][2]、日本テレビ側の意向により前二作とは大きく方向転換された。

視聴者と同世代の子供が主人公となり、変身ヒーローものの要素が加わった[3]。後半からの変身ヒーローが巨大ロボットに乗るという構図は本作品がエポックメイキングであったとされる[1]。ストーリーはコメディ色が強く打ち出された一方で、レギュラーとして特撮ファンにも馴染みの深い黒部進天本英世らが起用された[4]

日本テレビ音楽との連携により、シリーズ初期には人気アイドルのゲスト出演が行われた。第1話にはフォーリーブス、第2話には当初ピンク・レディーがキャスティングされたが、スケジュールの都合でザ・リリーズが代わって出演している。しかしこの路線はスケジュール調整や予算面での困難さを伴い、短期間で放棄された。

制作会社は『レッドバロン』『マッハバロン』の日本現代企画に替わり、その分派である創英社が担当している[3]。前二作同様若駒のアクションチームがアクションを担当し、主役のガンバロンやドワルキンのスーツアクターも担当していたが、終盤の千葉県御宿ロケ編ではアクション担当が仮面ライダーシリーズで知られる大野剣友会に交代されている。

番組の開始当初は、視聴率的にも好調で比較的予算にも恵まれ、シリーズ中盤では大々的にグアム島ロケが敢行されている[3]。しかしスポンサーだったブルマァクが倒産、資金繰りが困難になり後半は大幅に制作規模を縮小せざるを得なくなってしまい、千葉県御宿温泉ロケに舞台を限定して登場人物も主人公のガンバロンこと天道輝をはじめとする少年タイムズメンバーと悪役のドワルキンのみ(それもワルワル博士は全く登場しない)に限定した展開となってしまい(しかも、この千葉県御宿ロケ以降はOPも変更されているという徹底振りである)、結果的には32話で打ち切りとなった。従って厳密な意味での“最終回”は存在しない。

2007年、誕生30周年を迎え、32話ラストで『また来週も見てね』と視聴者に約束したにもかかわらず、不本意な終わり方をせざるを得なかった本作を未だ愛するファンたちの熱意が実り、主人公を演じた安藤一人たちによって同年5月26日に『ガンバロン30周年記念イベント』が開催された[1]このイベントでは大将役であり御宿篇の解説であった石川進自ら『また来週』の真相が聞けただけでなく、30年の月日を飛び越えるドラマもあった。

現在はDVD-BOX(全5巻)にまとめられたビデオパッケージや、2007年より開始されたインターネット動画配信サービス・バンダイチャンネルなどで全話視聴が可能。

主な登場人物[編集]

少年タイムス[編集]

天道輝
主人公。4月3日生まれで小学5年生。白鳥台第四小学校に通い、子供新聞の豆記者グループ「少年タイムス」に所属する10歳(ガンバロン誕生と同時に11歳になる)の少年。その名の通り太陽のように明るく天真爛漫な性格の持ち主。笑窪が出る笑顔がチャームポイント。両親は仕事でアメリカに滞在中なので、家では執事のムッシュと2人暮らし。世界一の科学者だった祖父の遺言を受け、「ガンバローン!」の掛け声と共に小さなスーパーマン・ガンバロンとなる。
掲載誌『テレビマガジン[要文献特定詳細情報]にアンドロイドという設定が記述されたことがある。
デスク
「少年タイムス」のリーダーを務める11歳の少年。本名は「大場真一」。東大を目指す小学6年生。
アリス
大工の父を持つ「少年タイムス」の女性記者で、輝の同級生。後に塾通いで多忙になり、13話を最後に「少年タイムス」から脱退する。
チーコ
アリスの妹。小学2年生の頑張り屋で、独楽回しが得意。輝を「輝にいちゃん」と呼んで慕っている。
ケンダマ
輝の同級生。渾名(あだな)の通りケン玉の名人。小学1年生のジロウという弟がいる。後に父親の転勤で九州へ行くことになり、13話を最後に「少年タイムス」から脱退する。
ロング
14話でアリスに代わって「少年タイムス」に参加した、10歳の豆記者。デスクに好意を寄せている。9話や13話では、街頭インタビューに彼女そっくりの女の子が参加していた。
カッパ
14話でケンダマに代わって「少年タイムス」に参加した、10歳のおかっぱ頭の少年。運動神経抜群で泳ぎの名人。
西郷大造
「少年タイムス」のオーナーで、渾名は「大将」。「少年タイムス」の編集社となるポンコツバスを提供した。ガソリンスタンドを経営する江戸っ子の頑固親父で、いざとなると巨大なスパナを武器にする。5年前の自分の誕生日に妻を亡くしている。
西郷百合
大造の一人娘で、「日報社」に勤める美人記者。「少年タイムス」の良きアドバイザーである。第14話ではグラマラスなビキニ姿を披露している。

怪人ドワルキンとその手下[編集]

ワルワル博士
優秀な頭脳を持つ町の発明家だが、平和が大嫌いという意地悪な59歳(第12話で60歳となる)の老人。身長197センチ、体重89キロという老人とは到底思えない堂々たる体躯の持ち主。その科学を、人を困らせることばかりに使う。可愛い子供と梅干しが好きで、犬は苦手。シルクハットは30年間愛用しているらしい。「魔法のマント」を着て怪人ドワルキンになる。
本編で語られていない設定として、「ワルワル博士は実は輝の祖父の親友であり、子供好きでありながら子供がいなかったため、輝の祖父は「孫が生まれたら養子にあげる」と約束していたが、赤ん坊が可愛かったが故に約束は守られず、それがきっかけでワルワル博士は意地悪になり、さらに輝を目の敵にするようになった」というものがある。[要出典]
怪人ドワルキン
ワルワル博士が「魔法のマント」を着て変身する怪人。身長199センチ、体重89キロ。この姿になると本当の悪人となり、平和や友情を憎み、人々を不幸のどん底に叩き込もうとその科学力で悪事を行う。武器のトマホークは、柄のドクロマークから催眠光線を出す機能や、警察犬の10倍の嗅覚で相手を探す「逃亡者探知レーダー」を内蔵している。小型ジェット機・イジワルーンに乗る。頭の角と泳げないことが弱点。
番頭ワルベエ
ワルワル博士に仕える助手で、ドワルキンの正体を知る唯一の人物。身長160センチ、体重63キロと小柄だが、悪知恵に長けている。喋るとき、語尾に「〜でゴワル」とつける。

その他[編集]

磯間頑輔
町の治安を守る警察署長で、渾名は「ヘソマガリ署長」。大将以上に頑固な性格。「少年タイムス」が事件に首を突っ込むことを、あまり良く思っていない。みどりという姪がいる。
ムッシュ
白いタキシードに身を包んだ天道家の執事。輝の秘密を知る唯一の人物で、天道邸の「コンピューター司令室」からガンバロンの行動をサポートする。無口で笑わない男たが、底知れぬ実力を秘めている。愛車は赤いランボルギーニ・カウンタックLP400
ゴエモン
ムッシュが大旦那(輝の祖父)の遺言だった壁のジグソーパズルを3年がかりで完成させた結果、その後ろから現れた大電子頭脳。輝の祖父の遺志を受け継いでおり、輝を厳しく育てる一方で、輝が直面する様々な問題を分析し、アドバイスする。髭に相当する部分はディスプレイでデータなどの画像を映し出す。第1話で輝を口から吸い込みガンバロンへの変身能力を引き出した。

ガンバロンの能力[編集]

 ガンバロン

身長143センチ、体重40キロ。少年タイムスの記者・天道輝(てんどうてる)が、世界一流の科学者だった祖父が作成した5つの「バロンパーツ」を身につけることで身体がパーツと同化し強化され、ガンバロンに変身する。

9話と24話で使用したバロンビーム(24話ではガンバロンビームと呼称)、9話で使用したバロンスピン等の技を持つ。

ガンバロンになれるのは、4月3日6時47分6秒47に生まれた輝だけである(ちなみにこの時刻は、ガンバロンが初めてテレビに現れる誕生シーンがちょうど流れる時刻であった)。

  • ガンバロンの変身シーンは輝が「ガンバローン!」と叫ぶとややシュールなスキャニメイトでのシーンに切り替わり、カラフルな映像の空間で影絵風の輝が奥に吸い込まれる様に回転し(途中の回からグニャリと曲がった輝の映像になり回転する)、途中で身体が変化する様な感じで赤と黄色の影絵風のガンバロンの映像になり、回転しながら奥から上がってくる感じで大きくなり、正面に対しまっすぐに立ったところで回転が止まり変身が完了する(途中の回からグニャリと曲がったガンバロンの映像になり、曲がった映像から次第にまっすぐに立つ映像になって変身が完了する)。

バロンパーツ[編集]

バロンメット
10トンの岩石も防ぐ、フード付きヘルメット。頭突きでビルの壁も壊せる。防毒面、潜水ヘルメット、宇宙ヘルメットにもなる。無線装置付きで基地の大電子頭脳「ゴエモン」と連動する。右のダイヤルで聴力を100倍に、左のダイヤルで視力を100倍にでき、後者は500メートル先のアリも見える他、切り替えで暗視は元より透視さえも可能。31話ではバロンテレパシーでロングを励ました。
バロンベスト
耐熱、耐寒機能に優れ、ピストルの弾も跳ね返す特殊チョッキ。
バロンアーム
ジャンボジェット機を軽々と持ち上げ、コンクリートの壁もぶち破る特殊長手袋。
バロンウィング
背中に取り付ける、天使の羽の形をした飛行装置。平均時速800kmで飛行できる。瞬間的には弾丸より早く飛ぶ事が可能。これを外して空に投げ、「コチャコーイ、○○(マシン名)」と叫ぶ事で、マシンを呼ぶことも可能(呼びかけを受けてムッシュが「緊急発進、○○」とコントロールコンソールのレバーを操作する)。ブーメランとしても使える。
バロンブーツ
ジェット推進装置を備え、10メートルの跳躍力と新幹線以上の走行速度を持つ特殊ブーツ。特殊磁力により、垂直壁面も登れる。

ガンバロンのマシン[編集]

小型高速戦闘飛行機トブーン
全長3メートル、重量1トン、最高速度マッハ6のガンバロンの愛用機。ガンバロンの声に反応して動き、どんな小さな広場でも垂直に降下出来る。ダイバロンの操縦席になる。
支援飛行機ヒライダー
全長15メートル、重量160トン、最高速度マッハ12の万能爆撃機。火を消し、建物や列車を軽々と運ぶ。パワー全開で宇宙まで飛び出す。ミサイル、岩石吸い取り機を装備。ダイバロンの上半身に変形する。
攻撃戦車バクシーン
全長20メートル、重量350トンの超大型戦車。飛行、潜地も可能。ミサイルを装備。ダイバロンの下半身に変形する。ドリルを装備しており5話で地中に潜る為に使用。
ダイバロン
14話で初登場。万能爆撃機ヒライダー、小型戦闘機トブーン、攻撃戦車バクシーンの3機のマシンが「合身ダイバロン」の言葉で合体して誕生する正義の巨大ロボット。全高35メートル、重量520トン、最高飛行速度マッハ10。両胸から放つ光線ダイバロンフラッシュ、ロケットパンチのダイバロンパンチ(バロンパンチと呼ばれる事もある)、両肩のノコギリを飛ばす必殺武器ダイバロンクラッシュ(バロンクラッシュと呼ばれる事もある)、24話で巨大狼男を倒した銀の弾丸を放つシルバースイッチ等、全身に30以上の武器を内蔵。操縦席のあるへその部分が弱点。操縦者にはかなり鍛えられた体が要求され、初めて操縦したガンバロンには操縦レバーを動かす事さえ出来なかった。そのために輝はランニング、6キロのスイミング、絶対低温-273度の耐寒訓練といった過酷な訓練をこなした。

スタッフ[編集]

ビクターレコード
2007年5月25日に、ガンバロン30周年記念として、『小さなスーパーマン ガンバロン オリジナルサウンドトラック』のタイトルでCD復刻された。 翌5月26日には、川崎市渡田東町町内会館内特設ステージにおいて、安藤一人、石川進、西島久美の三人が登場し「CD復刻記念サイン会&握手会」がファンクラブの手によって行われた。

キャスト[編集]

放映リスト[編集]

参照宇宙船SPECIAL 1998, p. 228

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 4月3日 出たぞ! オソロシゴリラ 長坂秀佳 東条昭平
2 4月10日 オソロシゴリラの逆襲
3 4月17日 危うし! SL・新幹線 古澤憲吾
4 4月24日 負けるな! ナマズ大地震
5 5月1日 怪人ドワルキン! 怒りの挑戦状 上原正三 深沢清澄
6 5月8日 大ピンチ! あばけ悪魔の正体
7 5月15日 恐怖! ガリバー大作戦 田口成光 東条昭平
8 5月22日 大爆発! 涙のサッカーボール
9 5月29日 見たぞ! ダイヤを吐く西洋人形 長坂秀佳 古澤憲吾
10 6月5日 驚き! 歩くドラム缶バクダン
11 6月12日 あ! 化けタヌキのビックリ作戦 深沢清澄
12 6月19日 大暴れ! 誕生日の人くいグマ 田口成光
13 6月26日 助けて! 凧にさらわれたチー子 長坂秀佳
14 7月3日 でっかいぞ! ダイバロン登場 上原正三 東条昭平
15 7月10日 やっつけろ! 無敵ダイバロン
16 7月17日 怪談シリーズ! 化け猫騒動 長坂秀佳 古澤憲吾
17 7月31日 怪談シリーズ! ユーレイ屋敷
18 8月7日 グアム島シリーズ! マゼランの宝 深沢清澄
19 8月14日 グアム島シリーズ! 伝説の魔神
20 8月21日 グアム島シリーズ! 怒りの巨人
21 8月28日 すごいぞ! 天才塾の子供たち 上原正三 東条昭平
22 9月4日 たたりか! 暴れだした地獄魔神
23 9月11日 つかまえて! 赤ちゃん大脱走 田口成光 古澤憲吾
24 9月18日 本当!? 狼が街にやってきた
25 9月25日 謎! 謎!? 怪人ドワルキン二人 長坂秀佳 深沢清澄
26 10月1日 巨人ドワルキン対ダイバロン
27 10月8日 見たぞ! デスクがロボットに 長坂秀佳
田口成光
東条昭平
深沢清澄
28 10月22日 大変! 輝がドワルキンの味方!?
29 11月12日 飛びだせ! 僕らの力を試す時
30 11月26日 あぶない拳銃に狙われた四人
31 12月17日 バクハツ! 黄金のカブト虫
32 12月24日 ぶっとばせ! 嘘つきドワルキン

放送局[編集]

※本放送開始時[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、141頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ 宇宙船SPECIAL 1998, p. 188.
  3. ^ a b c 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、233頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  4. ^ 宇宙船SPECIAL 1998, p. 228.
  5. ^ 番組後半では『スーパーロボット マッハバロン』のBGMも多数流用された。また、本作のBGMはあとにミッキー吉野とゴダイゴが参加した『西遊記』『西遊記Ⅱ』に多くの楽曲が流用される。
  6. ^ 「ガンバロン」幻の企画にせまる! - ohshima net

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜18時台後半(1977年4月〜1977年9月)
前番組 番組名 次番組
小さなスーパーマン ガンバロン
(ここまで特撮枠)
立体アニメーション 家なき子
(ここからアニメ枠)
日本テレビ系 土曜朝7時台前半(1977年10月〜1977年12月)
アストロガンガー
(再放送、1977年4月〜1977年9月)
小さなスーパーマン ガンバロン