西鶴一代女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西鶴一代女
The Life of Oharu
監督 溝口健二
脚本 依田義賢
原作 井原西鶴
製作 児井英生
出演者 田中絹代
山根寿子
三船敏郎
菅井一郎
松浦築枝
進藤英太郎
沢村貞子
音楽 斎藤一郎
撮影 平野好美
編集 後藤敏男
製作会社 児井プロダクション新東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1952年4月17日
イタリアの旗 1952年8月20日
ヴェネツィア国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 1964年4月20日[1]
上映時間 148分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

西鶴一代女』(さいかくいちだいおんな)は、1952年(昭和27年)に4月17日に公開された日本映画である。児井プロダクション新東宝製作、東宝配給。監督は溝口健二、主演は田中絹代。白黒、スタンダード、148分。

原作は井原西鶴の小説『好色一代女』で、依田義賢が脚色した。封建制度下の江戸時代を舞台に、男に弄ばれ悲劇的流転の人生を歩んだ女性・お春の一生を描き、溝口が得意とするワンシーン・ワンカットの長回しや流麗なカメラワークが随所で効果をあげた[2]ヴェネツィア国際映画祭国際賞を受賞し、溝口の名を国内外に知らしめ、彼の最高傑作となった。海外では特に作品を高く評価しており、後のフランスヌーヴェルヴァーグの映画作家にも大きな影響を与え、ヨーロッパ映画界では長回しの流行を生じさせることとなった[3]

当時、溝口と主演の田中絹代はそれぞれスランプにあっていたが、溝口は『羅生門』(黒澤明監督)のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞に刺激を受けて、本作を並々ならぬ熱意を込めて作った結果、作品は海外で賞を受賞し、田中絹代も一世一代の名演を披露。この作品で両者はスランプを脱することに成功した。

大阪府枚方市の遊園地ひらかたパークアトラクションホール(旧ひらかた大菊人形会場)で主に撮影され、スタッフ及びキャストは当時営業していたひらかた温泉旅館(廃業)、鍵屋旅館(枚方市有形文化財 現在旅館はしていない)など京阪本線枚方公園駅前にて営業していた旅館に泊まり込み分宿して撮影を終えた。

あらすじ[編集]

奈良の街外れの荒寺に老醜を厚化粧で隠した娼婦のお春がいた。羅漢堂に入ったお春はさまざまな仏像を見ていくうちに、今までに関わってきた男たちの顔を思い出すのだった。

御所に勤めていた十代のお春は、以前からお春に想いを寄せていた公卿の若党、勝之介に宿に連れ込まれたところを役人に見つかってしまう。お春は両親ともども洛外追放となり、勝之介は斬首となった。都を追われ、両親とともに息をひそめるように生きていたお春だが、いまだ世継ぎのない主君の側室を探していた松平家の家中に見出され、同家に輿入れすることになる。殿様との間にめでたく嗣子をもうけたお春だが、奥方の妬みにあい、用済みとばかりに実家へ返されてしまった。

お春は金策に詰まった父親に島原のに売られ、太夫となる。ある日、郭で金をばら撒いていた田舎大尽が彼女を見初め、身請けしたいと言い出した。自分を思ってくれるならと心を決めかけたお春だが、実は彼は贋金作りで、踏み込んできた役人に捕らえられてしまう。廓を出て笹屋嘉兵衛の住み込み女中となったお春だが、今度は笹屋の客の菱屋太三郎によって彼女の前身が分かったことから、嘉兵衛の妻のお和佐に嫉妬され、追い出されてしまう。

田中絹代

実家に戻ったお春は、善良で働き者である扇屋の弥吉のもとへ嫁入りし、やっとささやかだが幸福な暮らしを手に入れたかにみえたが、外出先で弥吉が物盗りに襲われて殺され、無一物で店を出ることになる。世をはかなみ、老尼の妙海の世話になることにしたお春は、借金の取り立てに来た笹屋の大番頭治平に犯されそうになったところを妙海に見られてしまい、寺を追い出されてしまった。

嘉兵衛の番頭だった文吉と出会ったお春は、彼と行動を共にするが、文吉はお春のために店の品を盗んだことが分かり、桑名で捕らえられてしまう。そうしていつしかお春は三味線を弾きながら物乞いをする女になっていた。空腹の余り倒れたところを介抱してくれた二人の夜鷹に誘われ、ついにお春は街娼にまで身を落すことになるが、長年の過労がたたって倒れてしまう。

そこへお春を探していた母のともが現れ、松平家の殿が亡くなり若殿が後を継ぐので、共に暮らせることになったと知らせるが、その喜びもつかの間だった。お春が娼婦に身を落していたことを問題視した重役たちは、お春には息子である若殿の顔を遠くから一目見ることしか許さず、そのまま彼女を幽閉しようとする。隙をみて逃げ出したお春はただ一人、孤独な巡礼の旅に出るのだった。

評価[編集]

公開当時、国内では同年度のキネマ旬報ベストテンで第9位にランクインされた程度だったが、ヴェネツィア国際映画賞で国際賞を受賞し、海外では高評価された。1995年BBCが発表した「21世紀に残したい映画100本」には『東京物語』(小津安二郎監督、1953年)、『椿三十郎』(黒澤明監督、1962年)、『』(黒澤明監督、1985年)、『ソナチネ』(北野武監督、1993年)と共に選出された。

ランキング

  • 1953年:「キネマ旬報ベストテン」(キネマ旬報社)第9位
  • 1959年:「日本映画60年を代表する最高作品ベストテン」(キネマ旬報社発表)第16位
  • 1979年:「日本公開外国映画ベストテン(キネ旬戦後復刊800号記念)」(キネ旬発表)第6位
  • 1982年:「映画史上最高の作品ベストテン・映画批評家が選ぶベストテン」(英国映画協会『Sight & Sound』誌発表)第56位
  • 1989年:「日本映画史上ベストテン(キネ旬戦後復刊1000号記念)」(キネ旬発表)第7位
  • 1989年:「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)第14位
  • 1995年:「オールタイムベストテン」(キネ旬発表)
    • 「日本映画編」第5位
    • 「世界映画編」第26位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊80周年記念)」(キネ旬発表)第11位
  • 2009年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊90周年記念)」(キネ旬発表)第36位

受賞

スタッフ[編集]

出演者[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]