吹き替え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吹き替え」(吹替ふきかえ)とは、歌舞伎映画テレビ番組などで、役者の演技の一部、一場面を他の俳優殺陣師が代わりに演じること。替え玉俳優。代役スタントマンのこと。

または、外国で制作された映画、ドラマアニメなどを他の言語版で公開・放送する時、台詞の音声を声優がその言語に差し替えること(アフレコ)。「声の吹替え」とも呼ばれる。

映画における「吹き替え」の歴史[編集]

草分け時代の無声時代の映画では、危険な場面も俳優自らが代役なしで演じることが活動写真の面白さと考えられた。ハリウッドの三大喜劇俳優チャップリン、ロイド、キートンは「替え玉」を使わず、すべて本人がアクションを演じたことで人気を博した。映画が企業として健全な歩みを踏み出した頃から、商品価値のある俳優を大事に扱うという意味と、映画スターが芸術家の仲間入りをしたという二つの理由から「替え玉」、「吹替え」という新しい職業が生まれた。

こうして「俳優の代わりを別の俳優が演じる」という、映画における「吹替え」は、トーキー時代に入ったハリウッド映画界で始められた。この時代の著名な「替え玉俳優」にはリチャード・タルマッジがいる。ハリウッドでは「吹替え俳優」のことを、これを主題とした1933年のRKO映画『lucky devil』(日本公開題名『幸運の悪魔』)から採って、「lucky devil」と呼ばれた。

タルマッジはダグラス・フェアバンクスの替え玉からスターになった俳優だった。のちに主演作を得てフェアバンクスよりも人気が揚がっても、フェアバンクスの映画では必ず替え玉を演じた。その義理堅さはハリウッドでも美談として評判となり、日本にも伝えられた。

日本映画界でこの「吹替え」が採り入れられたのは10年ほど遅れてのことで、当時は「替え玉」とも呼ばれた。このようなアクションシーンだけでなく、撮影日程や俳優のスケジュール事情から吹替え俳優が使われることは多数あったが、大河内傳次郎阪東妻三郎といった昔の俳優は、どんなに遠くて顔の見えないショットでも「自分の形の見せどころだ」として吹替えは使おうとしなかった[1]

昭和34年の大映の柔道映画『講道館に陽は上る』(田坂勝彦監督)で俳優デビューした本郷功次郎は、自身が柔道家であることから、野外ロケで菅原謙二に投げられる場面で吹替えを断り、自ら7本連続で投げられてみせた。田坂監督はこれに狂喜し、またこれを聞いた永田雅一社長は大喜びして「この男(本郷)をスターにしろ!」と至上命令を下したという。本郷によると当時柔道映画ではすべて吹替えが使われ、本当に柔道技で投げられる俳優はいなかったという[2]

日本の吹き替え俳優[編集]

トーキー時代の日本での「吹き替え俳優」、「替え玉俳優」としては、松竹蒲田では押本映二、勝見庸太郎日活では南光明鈴木傳明、広瀬恒美、マキノ映画では高木新平隼秀人といった俳優がおり、「冒険俳優」、「鳥人」といったキャッチフレーズで売り出した。

隼秀人は「映画スタア」になりたい一心で、神戸の商館ビルとビルの間にピアノ線を張って、安全具なしでぶっつけ本番で綱渡りを行ったが、このピアノ線は隼が私費で購入し、線を張ったのも本人だった。マキノ映画の鷹羽恵一郎は「替え玉」専門の俳優だったが、京都妙心寺の中門からの飛び降りで脚を折り、俳優を辞めて助監督となった[3]

日本で初めて火達磨になっての吹替えを演じた俳優は中島春雄である。中島が吹替えを演じた昭和20~30年代の映画界には、まだ「スタントマン」という言葉は無かったという[4]

「声の吹き替え」の歴史[編集]

この項目では、「テレビや映画などでの音声の他言語への差し替え」(声の吹替え)について記述する。

日本ではテレビで放送する時や、子供を対象とした作品に対して「音声吹き替え版」が制作されるケースが多い。トーキーが始まった当初は字幕と画面を交互にしていたが、1931年に日本公開されたアメリカ映画『モロッコ』以降は字幕スーパーが主流となった。海外ではアメリカドイツインドフランスイタリアスペインポルトガルギリシャ韓国タイなど一般に吹き替えが主流の国もある。

日本で「音声の吹き替え」が用いられるようになったのは、テレビ放送が始まった1950年代以降である。テレビ草創期には、テレビ向けの国産の映像ソフトが不足し、外国産の映像ソフトが輸入され、放映される際、民放は主に吹き替えで放送をした。これは初期の小さなテレビ画面と低い解像度での文字数制限と、目の悪い高齢者や字の読めない者に対応するため、テレビ放送に限っては音声の吹き替えが用いられるようになった。

通常行なわれる吹き替え言語は共通語である。ただし、訛りがあることを特徴付けたいために方言で吹き替えることもあり、そのほとんどは関西弁で行われている。二ヶ国語以上の言語が飛び交うシーンの場合は、(アメリカ映画の場合)英語の台詞部分を日本語に吹き替え、それ以外の言語(中国語やアラビア語、ロシア語など)は吹き替えず原音+字幕スーパーのままにすることもある。この時、一部台詞を変えることもある(訳「英語はわかるか?」→吹き替え「俺たちの言うことわかるよな?」)。日本語の場合、日本人俳優の場合は後述の通りだが、日系人を含むアジア系俳優が日本語を話すシーンのみの場合でも原音のままだったり、特に英語訛りが強すぎる場合などは吹き替えられることもある。

ミュージカル映画など、歌うシーンは原音にする場合やオリジナル歌詞または日本語に訳した歌詞を吹き替え声優が歌う場合もある。

また一部の報道が規制されている国や地域では、ニュース番組の市民のインタビューでも吹き替えが行われる場合がある。かつて旧社会主義国では常套手段であり、現在でもこの手法が使用されている国もある。また外国人のインタビューでは、翻訳された字幕が本人の発言の趣旨と一致しない場合もある。ただ、日本でも海外を取り上げたバラエティー番組や報道番組(主に民放の夕方枠)で行なわれている。

声優の配役[編集]

日本語吹き替えの配役は、アニメとは異なりオーディションはほとんど行われず、プロデューサーやディレクターなどが声優を指名して決めることがほとんどである。ただし、ディズニー作品、スティーブン・スピルバーグ作品、ジョージ・ルーカス作品などでは指名ではなく、アニメ同様オーディションが行われる。

草創期の吹き替えの声優は、放送局の放送劇団と並んで、新劇系の劇団から起用することが多く、七曜会、三期会、新人会といった劇団がユニット出演契約を結んでいた。2011年現在も新劇系の劇団員はキャスティングの中心となっており、文学座テアトル・エコー劇団青年座演劇集団 円劇団昴が代表的である。声優プロダクション所属の声優もキャスティングされるが、アニメゲームと比較すると新劇系の劇団員の比率が高い。劇団員が重用されるのは歴史的経緯に加え、実写の演技に精通しているからである。

日本人俳優・女優が出演した外国映画作品では、吹き替え版の収録においても演じた本人が外国語台詞部分を吹き替える場合もあるが、演じた本人ではなく別の声優が吹き替えているケースもある(これは主にスケジュールやギャランティーの都合や、吹き替え版収録時にはすでに引退した、または死亡した、などが多い)。その際バランスを考え、日本語の台詞を含めすべて吹き替える場合や、日本語の台詞がほとんどで外国語の台詞がわずかな場合はカットする(地上波テレビ放送)場合もある。

アメリカにおいては、吹き替えの際に元の声と声質が似ている声優をあてるのが通例となっている。俳優一人ごとに吹き替え専用の声優がいるほどである。なお、アメリカでは親子や兄弟の配役にも似たような顔立ちの俳優を選ぶことが多い。

収録[編集]

翻訳家はビデオと台本を元に、原音の声に合うように、長すぎもせず短すぎもしないように日本語に台詞を翻訳する。音響監督の誤訳や長さのチェックを経て、台本が完成すると、事前に声優にビデオと台本が渡され、声優はあらかじめ役柄を掴んでおく。録音日にはプロデューサー、音響監督、声優がスタジオに集合し、音響監督の指示を受けて、まず最初のリハーサル。このときに問題があれば、台詞を直したり、演技に駄目出しをして、ラステスと呼ばれる次のリハーサルとなる。そして最後に本番である。声優は3つから4つのマイクを何人かで共同で使い、ヘッドフォンで原版の台詞を聞きながら、画面と台本を交互に見て、自分の役が来たら台詞を発する。プロデューサーや音響監督などスタッフは、声優たちのいる防音された録音ブースとは区切られて、金魚鉢と呼ばれる録音機材に囲まれたブースから指示を出す。声優が台詞をとちってNGを出すと、抜き録りをして、声優は出番を終える。その後は、ミキサーや音響効果といったスタッフが、音響監督の指示の下、日本語の台詞と原音の音楽と効果音を合わせるダビングを行なう。マイクで録音したままの台詞は使えないため、電話の声ならそれらしくエフェクトをかけ、近づいて来る人物の声なら映像に合わせて音声のレベルを調整するといった具合である。

今日では、台詞が録音されていない音楽と効果音のみのMEテープに、日本語の声を録音するアフレコで行なわれる。しかし録音機器などアフレコ技術が発達していない1950年代には生放送で吹き替えを行い、MEテープが無い場合には吹き替えながら、効果音と音楽も同時に鳴らしていたという。日本語音声をテープで収録するアフレコは、1956年4月8日から日本テレビが放送した海外アニメ『テレビ坊やの冒険』から始まったが、この段階では映像と音声をシンクロさせるのが難しく、翻訳家の額田やえ子によれば生放送からアフレコに本格的に移行したのは1958年頃であるという。編集技術が未発達の初期の録音では台詞を失敗すると、再び最初からアフレコし直しとなり、声優の負担は大きかった。かつてアテレコ口調と言われた独特の平板な喋り方は、演技力よりも何よりも台詞を失敗しないことを最優先にして生放送時代に培われたものである。

制作会社[編集]

日本語版音声の制作は専門の音声制作会社が行なう。当初はテレビ局が行なっていたが、1960年代前半頃より外部のプロダクションに発注するようになった。日本語版制作会社には、太平洋テレビ、トランスグローバル、東北新社、ブロードメディア・スタジオ(旧:ムービーテレビジョン)、グロービジョン、ザックプロモーション、ACクリエイトなどがある。Al Media Movers, Inc. 外国映画および外国テレビシリーズの日本語版制作(字幕・吹替)[5]

諸外国の場合[編集]

アメリカ合衆国では字幕が嫌われるため、吹き替えが主流となっている[6]。吹き替え、特に日本製アニメ作品の仕事の大半は俳優の労働組合を通さないノン・ユニオン仕事であり[7]、ユニオン仕事であっても時給60ドル程度と安く[8]、再放送や映像ソフト化された際に再使用料を支払われることもないもないとされる[8][9]。労働環境の悪さや技術的な問題から[11]、吹き替えの仕事を嫌っている声優も多いとされる[8][10]

英語の吹き替えはアメリカに比べ人件費の安いカナダの会社に制作が委託されることも多い[6]

脚注[編集]

  1. ^ ここまですべて『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社)より
  2. ^ 『大怪獣ガメラ秘蔵写真集』(徳間書店)
  3. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社)
  4. ^ 『三大怪獣地球最大の決戦DVD』(東宝ビデオ)中島春雄のコメンタリより
  5. ^ Media Movers, Inc.”. prweb.com (2006年4月28日). 2012年3月23日閲覧。
  6. ^ a b パトリック・マシアス 「第2章 USAオタクの少年期」『オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史』 町山智浩訳、太田出版、2006年、71 - 74頁。ISBN 978-4778310028
  7. ^ Frequently Asked Questions”. Kyle Hebert: Professional Voice Actor(カイル・エベール公式サイト). 2014年6月20日閲覧。
  8. ^ a b c Dubbing Japanese Animation: A Pleasure or a Pain for Voice Actors?”. Animation World Network. 2014年6月20日閲覧。
  9. ^ Animation World News - Films”. Animation World Network. 2014年6月20日閲覧。
  10. ^ a b Trends in Voice Casting”. Animation World Network. 2014年6月20日閲覧。
  11. ^ アメリカのアニメーションはプレスコであり、アンドレア・ロマーノは「吹き替えとプレスコは必要とされる技術が全く違う」と述べている[10]

関連項目[編集]