劇団青年座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劇団青年座げきだんせいねんざ)は、日本を代表する劇団の一つ。所在地は東京都渋谷区富ヶ谷

概要[編集]

1954年、当時の「劇団俳優座」準劇団員たちで立ち上げ、同年12月17日に俳優座劇場で旗揚げ公演『第三の証言』(作・椎名麟三)を行った。創立メンバーは、土方弘氏家慎子天野創治郎山岡久乃中台祥浩東恵美子森塚敏関弘子成瀬昌彦初井言榮の10名。

創立当時、翻訳劇全盛だった演劇界において、書き下ろしの創作劇上演を主体に活動を続け、「創作劇の青年座」を劇団活動の柱として確立させるとともに、その姿勢は次代に引き継がれている。創立後しばらくは苦しい状態が続いたが、幅広い演目で人気を獲得し、メジャー劇団へと成長した。現在も高畑淳子他多くの座員が在籍。西田敏行は33年にわたり劇団の中心俳優として活躍し2003年末に退団、竹中直人も一時正式な座員として所属していた。津嘉山正種も長らく在籍していたが現在は退団し、座友となっている。 また、映画放送部には石丸謙二郎窪塚俊介長谷川稀世藤吉久美子中村綾らが在籍している。

劇団創立当初の付属養成所の建物は、現在、ピアニストのフジ子・ヘミングの自宅になっている。

主な所属俳優[編集]

男性[編集]

映画放送部所属男性[編集]

その他男性[編集]

女性[編集]

映画放送部所属女性[編集]

かつて所属した俳優[編集]

有限会社劇団青年座[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]