トゥルーライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルーライズ
True Lies
監督 ジェームズ・キャメロン
脚本 ジェームズ・キャメロン
原作 オリジナル版脚本
クロード・ジディ
シモン・ミシェル
ディディエ・カミンカ
製作 ジェームズ・キャメロン
ステファニー・オースティン
製作総指揮 リー・サンチーニ
ロバート・シュライヴァー
ローレンス・カザノフ
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
ジェイミー・リー・カーティス
音楽 ブラッド・フィーデル
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 マーク・ゴールドブラット
リチャード・A・ハリス
コンラッド・バフ
製作会社 ライトストーム・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年7月15日
日本の旗 1994年9月10日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
ドイツ語
アラビア語
製作費 $115,000,000[1]
興行収入 $378,882,411[1](全世界)
テンプレートを表示

トゥルーライズ』(True Lies)は、1994年アメリカ映画。1994年7月15日、アメリカ公開。20世紀フォックス提供。制作費は120億円。

概要[編集]

ロサンゼルスマイアミを舞台に、アーノルド・シュワルツェネッガー扮する凄腕のスパイが、その身分を家族に隠しながらテロリストと戦う姿をコメディタッチで描く、アクション映画1991年フランス映画La Totale!』を見て気に入ったシュワルツェネッガーが、ジェームズ・キャメロンリメイクを持ちかけて製作された。

『トゥルーライズ』とは、直訳すると「本当の嘘」の意味である。

VHSLDDVDリリースされているがBlu-ray Discは未だにリリースされていない。

あらすじ[編集]

ハリー・タスカーは、妻・娘とロサンゼルスに暮らすコンピュータ会社のセールスマン。だが、彼の本当の姿は、大統領直属の国家保安組織「オメガ・セクター」所属のスパイだった。

彼は、中東で暗躍するテロリストの資金ルート解明という使命を帯び、そのカギを握っているとされる古美術商の女・ジュノに接近する。だが、彼女と行動を共にしていたテログループ“真紅のジハード”のリーダー・アジズはハリーを不審に思い、手下とともに彼の命を狙うが、間一髪でこれを撃退。このゴタゴタでホームパーティーの約束を破ってしまったハリーは謝罪しようと妻・ヘレンが勤める法律事務所に向かうが、そこで見たのは見知らぬ男と密会の約束の電話をしていたヘレンの姿だった。ハリーは「ヘレンが男と不倫している」と思い込み、組織の力を使って捜査を開始。結果誤解と判明したものの、その中で妻が抱く「平凡な日常への不満」を知り、ハリーは捜査の延長として彼女にスパイの任務を疑似体験させることにした。ところが、そこへジュノと「真紅のジハード」一味が乱入。夫妻は捕らえられ、さらに娘も巻き込まれた。彼らはソ連核弾頭を密売によって所持しており、米軍ペルシャ湾岸からの即時撤退を要求。聞き入れられない場合はアメリカ主要都市を核攻撃するという。ついにはハリーの正体も明かされ、ショックでヒステリーを起こすヘレン。

迎えた国家と家族の危機に、ハリーはどう対処するのか。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
ハリー・タスカー アーノルド・シュワルツェネッガー 菅生隆之 玄田哲章
ヘレン・タスカー(ハリーの妻) ジェイミー・リー・カーティス 戸田恵子 一城みゆ希
アルバート・マイク・ギブソン(ハリーの同僚) トム・アーノルド 安原義人 羽佐間道夫
ミスター・サイモン(ヘレンに交際を迫る男) ビル・パクストン 江原正士 牛山茂
ジュノ・スキナー(テロリストを支援する古美術商) ティア・カレル 一城みゆ希 一柳みる
サリム・アブ・アジス(テロリストのリーダー) アート・マリック 樋浦勉 若本規夫
ディナ・タスカー(ハリーの娘) エリザ・ドゥシュク 林原めぐみ 水谷優子
ファイシル(吹き替えではファイザル、ハリーの部下) グラント・ヘスロヴ 宮本充 森川智之
スペンサー・トリルビー(ハリーの上司) チャールトン・ヘストン 納谷悟朗
  • フジテレビ版 - 初放送1996年3月30日ゴールデン洋画劇場
  • 2010年4月23日発売のベスト・ヒット・マックス版のDVDには従来のソフト版に加え、フジテレビ版の2種類の吹き替えが収録された(ただし、音声が存在するはずの作品の最後にぼやくセリフは収録されていない模様)。
  • また、2012年にはBlu-ray Disc化にあたり、『コマンドー』の追加収録と並行して、フジテレビ版の同一キャストにより最後にぼやくセリフを含め、初回放送時にカットされた箇所を同一声優で追加録音されたが、ジェームズ・キャメロン監督のソフト化許可のゴーサインが出ないため[脚注 1]、未だソフト化されていない。

エピソード[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b True Lies (1994)”. Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。
  2. ^ [1]
  1. ^ アバター続編の制作で時間が避けないのが現状

外部リンク[編集]