カルロス (テロリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリイチ・ラミレス・サンチェス
Ilich Ramírez Sánchez
通称: カルロス・ザ・ジャッカル
Carlos the Jackal
生年: 1949年10月12日
生地: ベネズエラの旗 ベネズエラカラカス
思想: 共産主義
活動: 1973年から1984年にかけて極左テロ
所属: PFLP革命細胞
投獄: サンテ刑務所
裁判: 終身刑

イリイチ・ラミレス・サンチェス(Ilich Ramírez Sánchez、1949年10月12日 - )はベネズエラ人の国際テロリスト。コードネームは、「カルロス」。通称、カルロス・ザ・ジャッカル

1973年から1984年にかけて14件のテロ事件に関与し、世界中で83人を殺害、100人を負傷させ世界を暗躍して極左テログループを指揮、インターポール(国際刑事警察機構)から最重要指名手配をされていた。1994年に潜伏先で逮捕。あだ名の「ジャッカル」は、1971年に発表されたフレデリック・フォーサイスの小説『ジャッカルの日』に由来する[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ベネズエラの首都カラカスで資産家の3人兄弟の長男として生まれる。父親は、辣腕弁護士の熱心な共産主義者で、息子たちに革命家レーニンからとってそれぞれイリイチ、ウラジーミル、レーニンと名付けた。カラカスの名門の学校で学んだあと、14歳で学生共産党に入党。その後イギリス留学し、ロンドンで留学生活を送った。

テロを学ぶ[編集]

1968年に、共産主義者である父親の支援を受け、ソ連首都であるモスクワにあるパトリス・ルムンバ名称民族友好大学に留学し、スパイおよびテロリストとなるべく特別破壊工作を学ぶが、出来のいい学生ではなかったと伝えられている。

テロリストとしての道[編集]

1969年ヨルダンに向かいそこにいた世界各地のテロリストたちと面識をもつようになった。1970年パレスチナ解放人民戦線(PFLP)に合流。1972年日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件では、武器の調達に関わったと言われている。1973年にはワディー・ハッダード率いるPFLPの分派組織「パレスチナ解放人民戦線・対外作戦派」(PFLP-EO)に参加。以後多くのテロを指揮するようになる。

欧州でのテロ活動[編集]

1973年6月、パレスチナ活動家のモハメド・ブーディアがモサド工作員の仕掛けた爆弾によって暗殺された。ブーディアはファタハの分派組織黒い九月の欧州代表者であり、1972年に起きたミュンヘンオリンピック事件の主犯の一人と見られていた。ブーディア暗殺後、カルロスはハッダードの指令で欧州へ渡りテロ活動に従事するようになった。1973年にロンドンマークス&スペンサー社社長の暗殺未遂に関与し、1974年にはパリの商店と薬局の爆破に関わる。またオランダで起きたハーグ事件では日本赤軍の後方支援を担当。1975年1月にはオルリー空港襲撃事件に関与。同年3月にパリトゥーリエ街潜伏中にアジトへ踏み込んできたフランス国土監視局(DST)捜査官2人を射殺する。

この事件で有名になった「カルロス」を追っていたイギリスガーディアン紙が、ロンドンのアパートに遺留品があるという連絡を受けて取材していた際、本棚に『ジャッカルの日』があったことを報じたために「ジャッカル」というあだ名がつくようになった[1]。ただしこの本はカルロスの持ち物ではなく、ガーディアン紙に通報した人物の持ち物であり、カルロス自身は『ジャッカルの日』を読んでいたわけではないとみられる[1]。このDST捜査官射殺事件の時から、カルロスはDSTに執拗に狙われるようになった。

OPEC本部襲撃事件[編集]

12月には西ドイツの極左過激派組織「革命細胞」(RZ)及びPFLPのメンバーと共に、世界中にその名が知れ渡ったOPEC本部襲撃事件を引き起こす。ウィーンOPEC本部では、石油相会議が開かれていた。この時現れたカルロスら6人は警備の警官を銃撃後、各国代表ら総勢70名を人質にとった。オーストリア当局を相手に交渉を開始し相手側は全ての要求を受け入れ、国営ラジオも声明文を放送した。この事件における真の目的は、ハッダードを援助していたイラクの支援の下、サウジアラビアヤマーニー石油鉱物資源相とイラクと敵対していたイランのアモウゼガル石油相の暗殺にあり、リビアムアンマル・カッザーフィー政権も支援していたという。

やがて用意された飛行機アルジェリアへ逃走したが、アルジェリア当局にほとんどの身代金を没収された。その後リビアトリポリを経てブダペストに着いたが、人質を殺さずに解放してしまったことやカルロスが身代金の一部を着服したことからハッダードから叱責されPFLP-EOを追放された。

潜伏[編集]

追放後は、バグダードに潜伏。金次第で誰の命令でも従う傭兵のような存在になった。ここで一番目の妻でRZの女性メンバーと結婚している。1979年から1984年の間は、KGBの圧力を受けたハンガリー政府の事実上の庇護の元、ブダペストに潜伏している。この間東ドイツの情報機関であるシュタージシリアの空軍情報部と接触している。

1982年にはパリにあるシリア反体制派系の新聞社「アル=ワタン・アル=アラビー」紙の本社を狙った爆破未遂事件に関与した。1984年からはダマスカスに潜伏。シリア空軍情報部の指令で、ベイルートでのフランス駐レバノン大使の暗殺、外交官夫妻の殺害、パリに亡命しているムスリム同胞団幹部の暗殺未遂などに関与した。

その後冷戦終結によりソ連や東側諸国からの支援を失い、アメリカ合衆国の圧力もあって、潜伏していたシリアからも国外追放となる。消息が途絶え死亡説すら流れたが、1991年南イエメン、リビア、そしてヨルダンを経て、1992年イラン当局の手引きでスーダンに入国した。形の上だけであるがイスラム教に入信し、石油実業家のアブドゥッラー・バカーラと名乗り、シリア人の妻と高級住宅地で暮らし、外交官クラブに顔を出しては酒を飲んでいた。このころ、睾丸の病を患い苦しんでいたとされる。

身柄拘束[編集]

スーダン政府はカルロスの国内潜伏を確認していたが、フランスの度重なる身柄引き渡し要求に応える形で遂に逮捕を決定する。これには両国政府の間で何らかの取引があったものと思われる。

1994年8月14日に、スーダンの首都ハルツームでスーダン警察に拘束。15日にフランスに移送され、パリのサンテ刑務所拘置される。1997年裁判では自ら革命家を名乗り終身刑判決を受けると左手のこぶしを突き上げ「革命万歳」と叫んだ。収監中に面会にきた弁護士獄中結婚している。

参考文献[編集]

  • カルロス 沈黙のテロリスト』 (ノンフィクション):ラースロ・リスカイ著

関連作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]