殺人魚フライングキラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺人魚フライングキラー
Piranha II: Flying Killers
監督 ジェームズ・キャメロン
脚本 H・A・ミルトン
製作 チャコ・ヴァン・リューウェン
ジェフ・シェクトマン
トム・フォックス
製作総指揮 オヴィディオ・G・アソニティス
出演者 トリシア・オニール
スティーブ・マラチャック
ランス・ヘンリクセン
音楽 ステルヴィオ・チプリアーニ
撮影 ロベルト・デットッレ・ピアッツォーリ
配給 コロムビア映画
公開 イタリアの旗 1981年12月
アメリカ合衆国の旗 1982年11月8日
日本の旗 1982年10月23日
上映時間 84分
94分(全米公開版)
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ピラニア
テンプレートを表示

殺人魚フライングキラー』(さつじんぎょフライングキラー、原題:Piranha II: Flying Killers、アメリカ版タイトル:Piranha II: The Spawning、イタリア版タイトル:Piranha paura)は、ジェームズ・キャメロン監督によるホラー映画である。アメリカイタリアの合作映画。元日活女優の筑波久子がチャコ・ヴァン・リューウェンの名でプロデュースした。

概要[編集]

空中を跳び人を襲う殺人魚の恐怖を描く。『ピラニア』の続編にあたり、低予算で製作されたいわゆるB級映画である。ロケーション撮影ジャマイカで行われた。

ジェームズ・キャメロンの初監督作品だが、制作時に予算や準備の不足などから思うような形で撮影に臨めず、不本意な状態で上映されたため、完璧主義でも知られるキャメロンにとっては、話題にされて激怒するほどではないにしろ、あまり良い印象を持っていない作品ではあるという。

無名だったキャメロンを監督に抜擢したのは「チャコ・ヴァン・リューウェン」こと筑波久子だった。筑波は『ピラニア』で頼りない印象を受けたジョー・ダンテと比べて、このときのキャメロンの印象について、次のように語っている。

「彼は堂々としてましたね、最初から現場に溶け込んでました。自信家だったんでしょう。声も大きかったですよ[1]

ストーリー[編集]

カリブ海に浮かぶ島のリゾート地で、観光客が惨殺されるという事件が発生。被害者が増える中、海洋生物学の知識を持つダイビングインストラクターのアンは、軍が秘密裏に研究開発した「ピラニアとトビウオをかけあわせた生物兵器」フライングキラーが原因であることを突き止める。アンはホテルの支配人ラウルに警告するものの、ラウルはこれを無視して観光イベントを強行。フライングキラーの群れはイベントに集まった人々を襲撃する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
アン トリシア・オニール 宗形智子 田島令子
スティーヴ ランス・ヘンリクセン 青野武 野沢那智
タイラー スティーヴ・マラチャック 安原義人 田中秀幸
クリス リッキー・ポール・ゴルディン 塩屋翼 菊池英博
ラウル テッド・リチャート 矢田耕司 羽佐間道夫
アリソン レスリー・グレーヴス 折笠愛
ウィルソン夫人 アン・ポラック 沢田敏子 吉田理保子
ギャピー アンシル・グロードン 飯塚昭三 筈見純
ベル アルバート・サンダース 納谷六朗 田中亮一
ベノッチ フィル・コルビー 嶋俊介 田原アルノ
マル アーニー・ロス 池田勝 池水通洋
翻訳:岩佐幸子、調整:切金潤、演出:伊達康将、制作:東北新社
その他声の出演:宮田光喜多川拓郎山田栄子広中雅志高乃麗高田由美佐々木優子松本梨香松井菜桜子佐藤正治幹本雄之梁田清之
翻訳:徐賀世子、演出:福永莞爾、制作:ニュージャパンフィルム

フライングキラー[編集]

軍により生物兵器として作られた合成怪魚。飛行能力を持っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『女性自身』「シリーズ人間NO2139 “日活の看板女優”米ハリウッドの映画プロデューサーに転身して大成功 筑波久子さん(75)」(平成25年7月16日号、光文社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]