ピラニア3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピラニア3D
Piranha 3D
監督 アレクサンドル・アジャ
脚本 ピーター・ゴールドフィンガー
ジョシュ・ストールバーグ
製作 アレクサンドル・アジャ
マーク・キャントン
グレゴリー・ルヴァスール
マーク・トベロフ
製作総指揮 スティーヴ・バーネット
スコット・フィッシャー
ルイス・G・フリードマン
J・トッド・ハリス
ライアン・カヴァノー
アンドリュー・G・ラ・マーカ
チャコ・ヴァン・リューウェン
ヴァンサン・マラヴァル
アリックス・テイラー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 エリザベス・シュー
アダム・スコット
ジェリー・オコンネル
ヴィング・レイムス
ジェシカ・ゾア
スティーブン・R・マックイーン
クリストファー・ロイド
リチャード・ドレイファス
音楽 マイケル・ワンドマッチャー
撮影 ジョン・R・レオネッティ
編集 バクスター
製作会社 ワインスタイン・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年8月20日
日本の旗 2011年8月27日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 $83,188,165[1]
次作 ピラニア リターンズ
テンプレートを表示

ピラニア3D』(Piranha 3D)は、2010年アメリカ映画1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。本作はポストプロダクション時に3D変換され、3D映画として公開された。

ストーリー[編集]

夏場の観光シーズン。アメリカ南部のヴィクトリア湖畔でボートを浮かべブラックバス釣りをしていたマシュー・ボイドは、突如発生した地震による水底の地割れから大量に現れたピラニアに襲われる。女性保安官ジュリー・フォレスターの息子ジェイクは、自称映画監督のデリック・ジョーンズから、ビーチで開催される祭を収録するため周辺の案内を依頼された。

一方、浜辺にマシューの無残な遺体が上がったことから、ジュリーは海洋学者の調査団を派遣させる。ジェイクはジュリーから言いつかった妹のローラとゼインの子守りを逃れ、たまたま居合わせた幼馴染のケリー・ドリスコルと共にデリックの撮影に参加。監視の目を離れたローラ達はボートで孤島へ向かい、ボートをなくして遭難する。ジュリーら調査団一行はピラニアを発見、魚類に詳しいカール・グッドマンに見せたところ、これがかつてコロラド川に生息していたが200万年以上前に氷河期の到来で絶滅したピラニアの祖先「パイゴセントラス・ナッテリー英語版[2]がより凶暴化した危険種だと判明、ビーチを閉鎖しないと大惨事になることが示唆された。しかし、ビーチでは既に祭が始まっており、保安官の警告では湖で遊ぶ観光客たちを抑えられなくなっていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジュリー・フォレスター保安官 エリザベス・シュー 三石琴乃
ノヴァク・ラドジンスキー アダム・スコット 小山力也
デリック・ジョーンズ ジェリー・オコンネル 東地宏樹
ファロン保安官代理 ヴィング・レイムス 出川哲朗[3]
ケリー・ドリスコル ジェシカ・ゾア 坂本真綾
ジェイク・フォレスター スティーブン・R・マックイーン 櫻井孝宏
ダニー ケリー・ブルック 白石涼子
ローラ・フォレスター ブルックリン・プルー 釘宮理恵
ゼイン・フォレスター セイジ・ライアン 田村ゆかり
コンテスト司会者 イーライ・ロス 勝杏里
カール・グッドマン クリストファー・ロイド 穂積隆信
マシュー・ボイド リチャード・ドレイファス 柴田秀勝
クリスタル ライリー・スティール 福井美樹
トッド コーディー・ロンゴ 加藤拓二
ブレット ブライアン・クーバッハ 新田英人
グッドマン夫人 デブラ・コーウィン 石田嘉代
ポーラ ディナ・メイヤー 原島梢

製作[編集]

当初はチャック・ラッセルが監督する予定であり、また、ラッセルはピーター・ゴールドフィンガーとジョシュ・ストールバーグの脚本を書き直し、オリジナル版のジョン・セイルズの脚本を組み込もうとした[4]。最終的にアレクサンドル・アジャが監督に選ばれた[5]

製作開始は2008年末を予定していたが、2009年3月まで延期された[6]

撮影は2009年6月にアリゾナ州のレイク・ハヴァス・シティのハバス湖で行われた[7]。また、水は撮影のために赤く染められた[8]

アジャは2Dで撮影された本作をポストプロダクション時に3Dに変換した[9]。2010年公開された他の3Dコンバード映画とは異なり、急な思いつきで変換されたわけではなく、そして本作は初めて評論家に好意的に評された後付け3D映画のひとつとなった[10][11][12]

サウンドトラック[編集]

Piranha 3D: Original Motion Picture Soundtrack
複数のアーティスト の サウンドトラック
リリース 2010年08月31日 (2010-08-31)
時間 42:47
レーベル Lakeshore Records
プロデュース Skip WilliamsonEPBrian McNelis (EP)
テンプレートを表示

レイクショア・レコーズよりサウンドトラックアルバムが発売された[13]

トラックリスト[編集]

# タイトル 作詞・作曲 アーティスト 時間
1. Get U Home」   Cisco Adler & Aaron Smith Shwayze 3:14
2. 「Shake Shake」   Emmanuel Duncan & Leviticus Envy feat. Leviticus 3:25
3. 「Here She Comes」   Geoff Segel & Nik Frost Flatheads 3:34
4. 「Make It Take It」   Amanda McGrath, Alex Epton, Mario Andreoni, Santi White & Tyler Pope Amanda Blank 2:27
5. Bring the Noise (Remix Pump-kin Edit)」   Carlten Ridenhour, Eric Sadler & Hank Shocklee Public Enemy vs. Benny Benassi 3:39
6. 「She Moves」   Jason O'Bryan, Barry Ashworth & Ter K. Lawrence Dub Pistols 3:12
7. 「Flower Duet from Lakmé」   Léo Delibes Adriana Kohutkova & Denisa Slepkovska 6:37
8. 「Nadas Por Free」   Willy "Wil-Dog" Abers, Ulises Bella, Raul Pacheco, Justin Porée, Asdru Sierra & Jiro Yamaguchi Ozomatli 2:57
9. 「Come and Get It」   Eli Paperboy Reed, Ryan Spraker & Michael Montgomery Eli Paperboy Reed 3:33
10. 「Now You See It (Benny Benassi & Dj Shimik Extendet Mix)」   Armando C. Perez, Justin Roman, Vince Garcia, Tony Arazadon & Richard Bailey Honorebel feat. Pitbull & Jump Smokers 3:25
11. M.A.D.」   James Smith, Alice Spooner, Daniel Rice, Nick Rice & Chris Purcell Hadouken! 3:25
12. I'm in the House」   Steve Aoki, William Adams & Justin Bates Steve Aoki feat. Zuper Blahq 3:24

サウンドトラック未収得曲[編集]

公開[編集]

劇場公開日は2010年4月16日を予定していたが、延期された[14]。さらにその後、2010年8月27日公開が計画されたが[15][16]、同年6月に1週間早まった8月20日に変更された[17]。予告編第一弾は『アバター』に付属された。第二弾は『エルム街の悪夢』や『インセプション』に付属された。2010年7月24日にコミコン・インターナショナルでプロモーションが行われる予定であったが、公開予定だった映像の一部が不適切であるとされ、取りやめになった[18]

興行収入[編集]

北米では公開週末3日間で1010万6872ドルの興行収入を挙げ、初登場6位となった[19]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは112のレビューで74%が支持して「フレッシュ」となり、平均点は10点満点で6.2点となった[20]Metacriticでの偏差は20のレビューで100点満点中53点となった[21]

続編[編集]

映画の成功を受け、ディメンション・フィルムズは続編の企画を発表[22]。続編のタイトルは『ピラニア リターンズ』で、ジョン・ギャラガーが監督し、パトリック・メルトンマーカス・ダンスタンが脚本を執筆。2012年6月1日に公開された。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Piranha 3D” (英語). Box Office Mojo. 2011年7月20日閲覧。
  2. ^ パイゴセントラス・ナッテリー(Pygocentrus nattereri)という名前は、実在する最もポピュラーなピラニアの学名である。観賞用に養殖されペットショップ等でも売られている魚であり、この映画に登場するような古代の絶滅種などではない。
  3. ^ 『ピラニア3D』で出川哲朗がアフレコに挑戦!「芸能界で本当のピラニアの怖さを知っているのは僕だけ」”. シネマトゥデイ (2011年7月21日). 2011年7月21日閲覧。
  4. ^ Fleming, Michael (2005年6月6日). “Chiller chomps Piranha”. Variety. 2008年10月26日閲覧。
  5. ^ Attack of the 'Piranha'! Massive Richard Dreyfus Scoop, Tons of Meaty Images!”. Bloody Disgusting (2010年1月14日). 2010年7月24日閲覧。
  6. ^ Aja Doesn't Start Piranha Until '09”. ShockTillYouDrop.com (2008年9月10日). 2008年10月26日閲覧。
  7. ^ Splatterific Piranha 3D Behind-the-Scenes Stills”. Dread Central. 2010年7月24日閲覧。
  8. ^ 'Piranha 3D' Test Screened, Bloodiest Movie Ever?”. Bloody Disgusting. 2010年7月24日閲覧。
  9. ^ Inner-D”. Inner-D (2010年8月20日). 2010年8月21日閲覧。
  10. ^ Death Fish, Piranha 3D Movie Review”. Critics Notebook (2010年8月20日). 2010年8月21日閲覧。
  11. ^ Piranha 3D Movie Reivew”. Cinematical (2010年8月20日). 2012年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月21日閲覧。
  12. ^ Kevin Carr’s Weekly Report Card: August 20, 2010”. Film School Rejects (2010年8月20日). 2010年8月21日閲覧。
  13. ^ Music from Piranha”. MusicfromFilm.com. 2011年1月3日閲覧。
  14. ^ Weinsteins Push Piranha 3D Back At Least Four Months”. Dread Central (2010年1月15日). 2010年7月24日閲覧。
  15. ^ Weinstein Co.'s 'Piranha 3-D' isn't going to be biting anyone for a while”. LA Times (2010年1月14日). 2010年1月14日閲覧。
  16. ^ 'Piranha 3D' Has its Ass Kicked Out of April”. Bloody Disgusting. 2010年7月24日閲覧。
  17. ^ Piranha 3D Spawns a New Release Date”. Dread Central. 2010年7月24日閲覧。
  18. ^ SD Comic-Con '10 Schedules Updated; Piranha 3D Panel Disappears!”. Dread Central. 2010年7月24日閲覧。
  19. ^ North American Box Office Chart for August 20–22, 2010”. The Numbers. 2010年9月16日閲覧。
  20. ^ Piranha 3D Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年5月11日閲覧。
  21. ^ Piranha 3-D (2010): Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年5月11日閲覧。
  22. ^ Dimension Films Announces Piranha 3D Sequel - ComingSoon.net”. ComingSoon.net (2010年8月22日). 2010年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]