バラエティ (アメリカ合衆国の雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バラエティ』(Variety)は、アメリカ合衆国で発行されているエンターテイメント産業専門の業界紙。1905年ニューヨークでサイム・シルバーマンによりヴォードヴィル週刊誌として創刊された。

概要[編集]

  • 1905年12月16日にニューヨークで週刊版「ウィークリー・バラエティ」が創刊される。1933年ハリウッドで日刊版『デイリー・バラエティ』、1998年東海岸向け日刊版『デイリー・バラエティ・ゴッサム』と電子版 (Variety.com)、2007年には電子版の日本語版『バラエティ・ジャパン』がそれぞれ創刊され、いずれもリード・エルゼビア傘下のリード・ビジネス・インフォメーションから発行されている。どこよりも早く情報を伝える点が特徴の1つに挙げられ、映画業界関係者をはじめ、映画監督やハリウッドスターにも愛読されており、アメリカの芸能人の約90%が愛読しているとされる[1]
  • 1933年から続く日刊版(デイリー・バラエティ)は、2013年3月18日発売の号をもって廃刊。
  • 菊地凛子2007年2月25日に開催された第79回アカデミー賞授賞式に出席するため、現地滞在は4日間と短いものだったが、帰国する頃にはもう自分のことが記事になって発売されていたというエピソードを明かしている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2007年10月22日放送回「NEWS ZERO」(日本テレビ
  2. ^ 「本家ブルース・リーをしのぐ千葉真一」 報知新聞1974年(昭和49年)12月27日付朝刊

外部リンク[編集]