ステルヴィオ・チプリアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステルヴィオ・チプリアーニ
Stelvio Cipriani
基本情報
出生 1937年8月20日(77歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ローマ県ローマ
学歴 聖チェチーリア音楽院
ジャンル 映画音楽
職業 作曲家編曲家指揮者ピアニスト
担当楽器 ピアノ指揮
活動期間 1966年 - 現在

ステルヴィオ・チプリアーニStelvio Cipriani, 1937年8月20日 - )は、イタリアローマ出身の作曲家

甘く美しいメロディを作曲することで定評があり、イタリアを中心にヨーロッパ各国の映画界で活躍している。代表作に『ベニスの愛』 Anonimo veneziano(1970年)、『ラストコンサート』 Dedicato a una stella(1976年)など。スティーヴ・パウダーSteve Powder)という変名を用いる時もある。

経歴[編集]

ローマで生まれ育ち、同地の名門音楽学校ローマ聖チェチーリア音楽院ピアノと音楽理論を学ぶ。音楽院を卒業後はジャズピアニストとして活躍し、アメリカに留学してデイヴ・ブルーベックにジャズ・ピアノを学ぶ。

ピアニストとして活動する傍ら、歌手のボイストレーニングコーチを務めていたチプリアーニに、俳優のトーマス・ミリアンがボイストレーニングを依頼する。この際に親しくなったミリアンの紹介を受けて、チプリアーニはミリアンが悪役で出演したマカロニ・ウェスタン映画『ガン・クレイジーThe Bounty Killer: La morte ti segue... ma non ha fretta(1966年)の映画音楽によって作曲家デビューを飾る[1]

キャリアの初期はエンニオ・モリコーネから強く影響を受けた曲調のマカロニ・ウェスタンや、戦争映画の音楽で知られる。1970年には俳優のエンリコ・マリア・サレルノが監督した恋愛映画『ベニスの愛』(1970年)に美しい音楽を提供し、国際的な名声を得る。『ベニスの愛』の音楽は1971年度のナストロ・ダルジェント作曲賞を受賞し、ポール・モーリアリチャード・クレイダーマンにもカバーされるなど世界的なヒット曲となる。また、『ベニスの愛』には主題歌がなくオーボエストリングスが流麗なメロディを奏でる伝統的なスタイルの映画音楽ながら、映画公開後に各国で歌詞がつけられてイタリア語版はオルネラ・ヴァノーニ、フランス語版はフリーダ・ボッカラ、日本語版はザ・ピーナッツが歌うなど映画音楽の範疇を超えて広く親しまれた。以降のチプリアーニは初期の映画音楽に見られたモリコーネからの影響を脱却し、甘く美しいメロディを作曲するメロディメイカーとして知られることとなる。

作風[編集]

イタリア人作曲家らしく、歌心を持った美しいメロディを得意とする。チプリアーニの甘いメロディメイカーとしての個性は特に『ベニスの愛』をはじめ、"Timanfaya (Amor prohibido)"(1972年)、『ラストコンサート』 Dedicato a una stella(1976年)、『エデンの園』Il giardino dell'Eden(1980年)といった恋愛映画において発揮される。

一方でホラー映画アクション映画の音楽でもよく知られる。イタリア製恐怖映画の帝王的存在マリオ・バーヴァ監督の晩年の3作品の音楽を手掛けたことがとくに有名で、哀愁にみちたメロディが美しい『血みどろの入江Reazione a catena (Ecologia del delitto)(1971年)、スキャットを取り入れた爽やかな美しさのテーマ曲が印象深い『処刑男爵Gli orrori del castello di Norimberga(1972年)、ジャズの要素を取り入れた迫力のあるアクション映画風スコア"Cani arrabbiati"(1974年)と、3作品ともまったく異なるアプローチでバーヴァの映像美を彩っている。

メロディメイカーとして高い人気を得ているが、反面、多作家ゆえに楽曲の使いまわしが多い。特に1973年に『大誘拐La polizia sta a guardare(1973年)に作曲したサスペンスフルなテーマ曲は、その後も"La polizia chiede aiuto"(1974年)や『テンタクルズ』 Tentacoli(1977年)などに流用している。

チプリアーニはインタビューにおいて自身の作曲のスタイルを次のように語っている。

「作曲だけしてあとは他人にまかせることはしない。作曲、編曲、指揮をぜんぶ自分でちゃんとやる。ラッシュ試写を見て頭に入れ、家へ帰って場面を思い出しながらピアノを弾き、イマジネーションをひろげてゆく。作品の内容によって工夫を凝らす。スリラーにはギターを使い、マカロニ・ウェスタンには使わない。ハーモニカ、マランツァーノ(イタリア式のジューズハープ)、アップライト・ピアノの鍵に槌をつけて変わった音を出すように。映画音楽では通常32人以内の弦にピアノ、ファゴット、オーボエなどを加えて最大40人ぐらい。ぼくの作曲と演奏にはぼくの作品だとわかる特色をつける。」[2]

『ベニスの愛』と『ある愛の詩』[編集]

1970年にチプリアーニが作曲した『ベニスの愛』の音楽が、同年にフランスの作曲家フランシス・レイが作曲した『ある愛の詩』(1970年)に類似しているとして話題になった。

チプリアーニ側は『ベニスの愛』の劇場公開が『ある愛の詩』より半年早いことを根拠にしてレイ側に抗議した。しかし当時の映画雑誌『スクリーン』が報じるところによると、1971年6月にチプリアーニと弁護士がパリに渡ってフランシス・レイと会見すると、両者はあっさりと仲直りした。フランシス・レイはフランス生まれだが実は両親ともにイタリア人であり、同胞のチプリアーニと争うよりも仲良くしたいという意思からあっさりと謝罪。これに深く感動したチプリアーニはレイへの訴えを取り下げたとのことである[3]。チプリアーニに対する慰謝料代わりとしてレイが作曲した『栗色のマッドリー』(1970年)のサウンドトラックの著作権を譲渡することで和解した。

1974年にチプリアーニが来日した際には、映画評論家の日野康一がインタビューを行いこの件に関して質問をしている。チプリアーニによると「カムレコードの弁護士が訴えて裁判にしようとすすめてきたけれども断った。ぼくの曲はフランシス・レイよりも6ヶ月早く完成していた。映画の(ヨーロッパ)公開も早い。第一、『ベニスの愛』はホ長調で『ある愛の詩』はト長調で書かれている(と楽譜をサラサラと書き、最初の部分を自分で歌って聞かせた)。それにイタリアの著作権法では4小節までは盗作と認めない。」その結果、同業者がお互いに傷つけあうことはやめようと問題は当事者間で解決されたと語っている[2]

来日[編集]

1972年11月、イタリアの女性歌手アダ・モーリとともに来日。ヤマハ音楽振興会が主催する第3回世界歌謡祭に出場。アダ・モーリが歌うカンツォーネ「あなただけ(ジャスト・ユー)Proprio tuの作曲者としてオーケストラを指揮し、入賞を果たした[4]。なお、この「あなただけ」のメロディーはマリオ・バーヴァ監督の『血みどろの入江』に提供した音楽の使いまわしであった。

また、上述のように1974年にも来日して映画評論家の日野康一によるインタビューに答えている。

主な作品[編集]

  • ガンクレイジー The Bounty Killer: La morte ti segue... ma non ha fretta (1966)
監督:エウヘニオ・マルティン 出演:トーマス・ミリアン、リチャード・ワイラー、イリア・カリン
  • ガンマン渡世 Un uomo, un cavallo, una pistola (1967)
  • 北アフリカ戦線・ドイツ機甲部隊せん滅す La lunga notte dei disertori (I 7 di Marsa Matruh) (1968)
  • "Lo straniero di silenzio" (1968)
監督:ルイジ・ヴァンツィ 出演:トニー・アンソニー、ロイド・バッティスタ、大前均北村英三
※イタリア製作のマカロニ・ウェスタンだが、日本ロケを行い東映京都撮影所で撮影された珍作。日本未公開。
  • "Luana: la figlia delle foresta vergine" (1968)
  • 痴情の沼 Whirlpool (1969)
監督:ホセ・ラモン・ララス 出演:カール・ランシュベリー、ヴィヴィアン・ニーヴス、ピア・アンデショーン
※日本公開時はポルノ扱いされたが、ヨーロッパでは心理サスペンスの傑作として高く評価されている。
  • 特攻ファイター!MT要塞 I diavoli della guerra (1969)
  • "Edipeon (Il sapore della pelle)" (1969)
  • "Femina ridens" (1969)
監督:ピエロ・スキヴァザッパ 出演:フィリップ・ルロワ、ダグマル・ラッサンデル、ロレンツァ・グェッリエーリ
  • "La legge della violenza (Tutti o nessuno)" (1969)
  • 陰獣の館/性狂い Deviation (1970)
監督:ホセ・ラモン・ララス 出演:カール・ランシュベリー、リスベット・ランドキスト、シビラ・グレイ
※日本公開時はポルノ扱いされたが、ヨーロッパでは心理サスペンスの傑作として高く評価されている。
監督:エンリコ・マリア・サレルノ 出演:トニー・ムサンテ、フロリンダ・ボルカン
  • 夜行性情欲魔 The Lickerish Quartet (1970)
監督:ラドリー・メッツガー 出演:シルヴァーナ・ヴェントゥレッリ、フランク・ウルフ、パオロ・トゥルコ
  • "Intimità proibita di una giovane sposa" (1970)
監督:オスカル・ブラッツィ 原作:オノレ・ド・バルザック 出演:ロッサノ・ブラッツィ、パトリツィア・ローディ
  • "Le Mans: scorciatoia per l'inferno" (1970)
  • "Se t'incontro t'ammazzo" (1970)
  • 荒野の無頼漢 Testa t'ammazzo, croce... sei morto: Mi chiamano Alleluja (1971)
監督:ジュリアーノ・カルニメーオ 出演:ジョージ・ヒルトン、チャールズ・サウスウッド、アガタ・フローリ
  • ストリッパー殺人事件 La morte cammina con i tacchi alti (1971)
監督:ルチアーノ・エルコリ 出演:スーザン・スコット、シモン・アンドリュー、フランク・ウルフ、ジョルジュ・リゴー
  • 血みどろの入江 Reazione a catena (Ecologia del delitto) (1971)
監督:マリオ・バーヴァ 出演:クローディーヌ・オージェ、ルイジ・ピスティッリ、ラウラ・ベッティ
  • ナイト・チャイルド Night Child (1971)
監督:ジェームズ・ケリー 出演:ブリット・エクランドマーク・レスターハリー・アンドリュース
  • 盲目ガンマン Blindman (1971)
監督:フェルディナンド・バルディ 出演:トニー・アンソニー、リンゴ・スター、ロイド・バッティスタ
  • 欲望海岸/ミセス・ジェーンの汚された週末 La lunga spiaggia fredda (1971)
  • "A cuore freddo" (1971)
監督:リッカルド・ギオーネ 出演:エンリコ・マリア・サレルノ、ラダ・ラシモフ、コレット・デコム、ブリュノ・プラダル
※ジュリアーナ・ヴァルチが歌う主題歌"Lyonesse"がヒット。
  • "Cometogether" (1971)
監督:ソウル・スウィマー 出演:トニー・アンソニー、ルチアーナ・パルッツィ、ローズマリー・デクスター
  • "Il diavolo a sette facce (Bloody Mary)" (1971)
  • "L'iguana dalla lingua di fuoco" (1971)
監督:リッカルド・フレーダ 出演:ルイージ・ピスティッリ、ダグマル・ラッサンデル、アントン・ディフリング
  • "L'uomo più velenoso del cobra" (1971)
  • "Maschi e femmine" (1971)
  • "Senza lasciare tracce" (1971)
  • 黒い警察 La polizia ringrazia (1972)
監督:ステファノ・ヴァンツィーナ 出演:エンリコ・マリア・サレルノ、シリル・キューザックマリオ・アドルフ
  • 処刑男爵 Gli orrori del castello di Norimberga (1972)
監督:マリオ・バーヴァ 出演:アントニオ・カンタフォーラ、エルケ・ソマージョゼフ・コットンマッシモ・ジロッティ
  • 続・荒野の無頼漢 Il West ti va stretto, amico... è arrivato Alleluja (1972)
  • バルセロナ殺人事件 La redada (1972)
  • ヨーロッパのある都市の警察のシークレット・ファイルより Estratto dagli archivi segreti della polizia di una capitale europea (1972)
監督:リッカルド・フレーダ 出演:カミール・キートン、ルチアーナ・パルッツィ、イリーナ・デミック、ルイジ・ピスティッリ
  • "Il magnifico West" (1972)
  • "Il mio corpo con rabbia" (1972)
  • "L'assassino... è al telefono" (1972)
  • "Racconti proibiti... di niente vestiti" (1972)
  • "Timanfaya (Amor prohibido)" (1972)
監督・ホセ・アントニオ・デ・ラ・ローマ 出演:クリスチャン・ロバーツ、パティ・シェパード、フェルナンド・サンチョ
  • "Uccidere in silenzio" (1972)
  • "24 ore... non un minuto di più" (1972)
  • "Nevada" (1972)
  • 暗殺の掟 La mano spietata della legge (1973)
  • 大誘拐 La polizia sta a guardare (1973)
  • 変態マシーン Quand les filles se déchaînent (Les dechainees) (1973)
※日本公開版はフランス人作曲家パスカル・オーリアが音楽を担当したバージョン。
  • "...e continuavano a mettere lo diavolo ne lo inferno" (1973)
  • "Le mataf" (1973)
監督:セルジュ・ルロワ 出演:ミシェル・コンスタンタン、アドルフォ・チェリ、ジョルジュ・ジェレ、アニー・コルディ
※主題歌はフランス人作曲家アルマン・カンフォーラが作曲。
  • "Leva lo diavolo tuo dal... convento" (1973)
  • "Metti lo diavolo tuo ne lo mio inferno" (1973)
  • "Qualcuno ha visto uccidere..." (1973)
監督:ラファエル・ロメロ・マルチェント 出演:レイ・ミランドシルヴァ・コシナ、ラミロ・オリヴェロス、メイ・ヘザーリー
  • ダーティ・チェイサー/凶悪犯死の大逃走500キロ Squadra volante
監督:ステルヴィオ・マッシ 出演:トーマス・ミリアン、ガストーネ・モスキン、ステファニア・カジーニ、レイ・ラブロック
  • 虹をわたる風船 Il venditore di palloncini (1974)
監督:マリオ・ガリアッツォ 出演:レナート・チェスティエジェームズ・ホイットモアリー・J・コッブ、アドルフォ・チェリ
  • "Cani arrabbiati" (1974)
監督:マリオ・バーヴァ 出演:リッカルド・クッチョッラ、ドン・バッキー、レア・ランダー、モーリス・ポリ
  • "Eroticofollia (Malocchio)" (1974)
  • "I figli di Zanna Bianca" (1974)
監督:マウリツィオ・プラドー 原作:ジャック・ロンドン 出演:サルヴァトーレ・ボルゲーゼ、イレアーナ・リガーノ、ピエロ・ファビアーニ
  • "La moglie giovane" (1974)
  • "La polizia chiede aiuto" (1974)
監督:マッシモ・ダッラマーノ 出演:ジョヴァンナ・ラッリ、クラウディオ・カッシネッリ、マリオ・アドルフ、フランコ・ファブリーツィ
  • "Processo per direttissima" (1974)
  • ナイトチャイルド Il medaglione insanguinato (Perche?) (1975)
監督:マッシモ・ダッラマーノ 出演:ニコレッタ・エルミリチャード・ジョンソンジョアンナ・キャシディエドマンド・パードム
  • 黒い霧の警察 La polizia ha le mani legate (1975)
  • 刑事マルク Mark il poliziotto (1975)
監督:ステルヴィオ・マッシ 出演:フランコ・ガスパッリ、リー・J・コッブ、ジョルジョ・アルベルタッツィ、ジャンピエロ・アルベルティーニ
  • 野性の呼び声 Il richiamo del lupo (1975)
監督:ジャンフランコ・バルダネッロ 原作:ジャック・ロンドン 出演:ジャック・パランス、ジョーン・コリンズ
  • "Due cuori, una cappella" (1975)
  • "Furia nera" (1975)
  • "I 4 del clan dal cuore di pietra" (1975)
  • "Peccato senza malizia" (1975)
  • ペピータ・ヒメネス Pepita Jiménez (1975)
監督:ラファエル・モレーノ・アルバ 原作:フアン・バレーラ 出演:スタンリー・ベイカー、サラ・マイルズ、エドゥアルド・ベア
  • 悪魔のホロコースト Le deportate della sezione speciale SS (1976)
  • フェラーリの鷹 Poliziotto sprint (1976)
  • 復讐警部・白昼の凶悪爆破魔 Quelli della calibro 38 (1976)
  • ブロンディー Blondy (1976)
監督:セルジョ・ゴッビ 原作:カトリーヌ・アルレー 出演:ロック・ハドソン、カトリーヌ・ジュールダン、ビビ・アンデショーン
※日本では劇場公開予定だったが、黒い九月事件をモデルにしたテロ組織による要人暗殺を描いた内容が問題視され公開中止となった。
監督:ルイジ・コッツィ 出演:パメラ・ヴィロレージ、リチャード・ジョンソン、マリア・アントニエッタ・ベッルッツィ
  • ラスト・トリガー/孤独の殺人者 Quel pomeriggio maledetto (1976)
監督:マリオ・シチリアーノ 出演:リー・ヴァン・クリーフ、カルメン・チェルヴェラ、ジョン・アイアランド、アルベルト・デラックア
  • "La padrona è servita" (1976)
  • "Le due orfanelle" (1976)
リリアン・ギッシュ主演の映画『嵐の孤児』のリメイク。
  • "Mark colpisce ancora" (1976)
  • 愛する妻よ Cara sposa (1977)
監督:パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ 出演:ジョニー・ドレッリ、アゴスティーナ・ベッリ、リーナ・ヴォロンギ、エンツォ・カンナヴァ―レ
ダニエレ・パトゥッキとの共同作曲。
  • シスター・インモラル/背徳の賛美歌 Suor Emanuelle (1977)
  • 大理石の牧神 Il fauno di marmo (1977)
  • テンタクルズ Tentacoli (1977)
監督:オヴィディオ・G・アソニティス 出演:ジョン・ヒューストンシェリー・ウィンターズ、ボー・ホプキンス、ヘンリー・フォンダ
  • 特殊警察部隊スタント・スクォード La polizia è sconfitta (1977)
  • 星になった少年 Gli ultimi angeli (L'avventurosa fuga) (1977)
  • "Torino violenta" (1977)
  • 黒の標的 Sono stato un agente C.I.A. (1978)
  • 地獄の報酬 Duri a morire (1978)
  • ソラメンテ・ネロ Solamente nero (1978)
監督:アントニオ・ビド 出演:リノ・カポリッキオ、ステファニア・カジーニ、クレイグ・ヒル、マッシモ・セラート
※演奏はイタリアのプログレッシブ・ロックバンドのゴブリン
  • 小さな唇 Piccole labbra (1978)
監督:ドメニコ・カタリニチ 出演:ピエール・クレマンティ、カティア・バーガー、ミケーレ・ソアヴィ
  • パニック・アリゲーター/悪魔の棲む沼 Il fiume del grande caimano (1978)
  • 人食いシャーク・バミューダ魔の三角地帯の謎 Bermude: la fossa maledetta (1978)
  • ラスト・クリスマス Questo sì che è amore (1978)
  • "Enfantasme" (1978)
監督:セルジョ・ゴッビ 原作:G・J・アルノー 出演:アゴスティーナ・ベッリ、ジャン=クロード・ブイヨン、ステファノ・サッタ・フローレス
  • "La signora ha fatto il pieno" (1978)
  • "Malabestia" (1978)
  • "Maternale" (1978)
監督:ジョヴァンナ・ガリアルド 出演:カルラ・グラヴィーナ、アンナ・マリア・ゲラルディ、マリーノ・マゼ
※女流監督ガリアルドの演出によるテレビドラマ。名作として知られる。
  • "Papaya dei Caraibi" (1978)
  • "Provincia violenta" (1978)
  • "Scorticateli vivi" (1978)
  • コンコルド Concorde Affaire '79 (1979)
監督:ルッジェロ・デオダート 出演:ジェームズ・フランシスカス、ミムジー・ファーマー、エドマンド・パードム
  • イタリアンマフィア/仁義なき抗争 Sbirro, la tua legge è lenta... la mia... no! (1979)
  • バーミューダとの遭遇/深海に潜む宇宙人の謎 Uragano sulle Bermude: L'ultimo S.O.S. (Incontri con gli umanoidi) (1979)
  • ハイティーン襲撃・恐怖の女子陸上競技部暴行事件 Midnight Blue (1979)
  • "Bersaglio altezza uomo" (1979)
  • "La vedova del trullo" (1979)
  • "Libidine" (1979)
  • "Pensione amore servizio completo" (1979)
  • "Torino centrale del vizio" (1979)
  • "Un'ombra nell'ombra" (1979)
※演奏はイタリアのプログレッシブ・ロックバンドのゴブリン
  • アウトロー・コップ Poliziotto, solitudine e rabbia (1980)
  • エデンの園 Il giardino dell'Eden (1980)
監督:増村保造 出演:ロニー・ヴァレンテ、レオノーラ・ファーニ、アントネッラ・ルアルディ、アンジェラ・グッドウィン
  • スピード・ドライバー Speed Driver (1980)
  • ナイトメア・シティ(吸血魔の街) Incubo sulla città contaminata (1980)
監督:ウンベルト・レンツィ 出演:ヒューゴ・スティグリッツ、ラウラ・トロッター、フランシスコ・ラバル、メル・ファーラー
  • "Journal d'une maison de correction" (1980)
  • "Mafia, una legge che non perdona" (1980)
  • "Paradiso Blu" (1980)
  • "Tony, l'altra faccia della Torino violenta" (1980)
  • 殺人魚フライングキラー Piranha Part Two: The Spawning (1981)
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:トリシア・オニール、スティーヴ・マラチャック、ランス・ヘンリクセン、レスリー・グレイヴス
  • ラスト・ハーレム/美女学園に隠された愛欲の罠 L'ultimo harem (1981)
  • ミッシング・ボーダー/地獄の戦場 Angkor: Cambodia Express (1982)
  • 黄色い悪夢 La casa del tappeto giallo (1983)
  • ラッシュ/地獄からの脱出 Rush (1983)
  • 地獄の軍団/密林のテクノ・コマンド Squadra selvaggia (I cinque del Condor) (1985)
  • ショー・コスギ'88/復讐遊戯 Rage of Honor (1986)
  • 死海からの脱出 La notte degli squali (1987)
  • 追跡大陸/グレート・ミッション Fuoco incrociato (1987)
  • デッド・サバイバー/傭兵たちの黙示録 Mercenari dell'apocalisse (1987)
  • バード・パニック El ataque de los pájaros (1987)
※チプリアーニの音楽はほとんどが過去の自作からの使いまわし。
  • "Taxi Killer" (1988)
  • レプスキー絶体絶命/その男凶暴につき Présumé dangereux (1989)
※主題歌はフランス人作曲家クロード・ボランが作曲。
  • 愛する事ができないのなら… ...se non avessi l'amore (1991)
  • 屋根裏のロリータ Bambola di carne (1991)
  • ルチオ・フルチの 地獄の門2 Voci dal profondo (1991)
監督:ルチオ・フルチ 出演:カリーナ・ハフ、ドゥイリオ・デル・プレーテ、ロレンツォ・フラハティ、ベッティーナ・ジョヴァンニーニ
  • 檻の中の情事 Out of Control (1992)
  • アッシャ 洞窟の女王 She (2001)
  • エネミー・アクション2 Queen's Messenger (2001)
  • トレイン・ジャック/オリエント急行 Death, Deceit & Destiny Aboard the Orient Express (2001)
  • ぼくの名犬テンペスト Il destino ha 4 zampe (2002)

出典[編集]

  1. ^ 『マカロニウエスタンDVD-BOX 哀愁篇』特典ディスク(キングレコード)
  2. ^ a b 『ベニスの愛』サウンドトラック盤ライナーノーツ 日野康一(キングレコード)
  3. ^ 『SCREEN』1971年12月号(近代映画社)
  4. ^ 第3回世界歌謡祭 ヤマハ音楽振興会公式ホームページ

外部リンク[編集]