リチャード・クレイダーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・クレイダーマン
Richard Clayderman
Richard Clayderman
基本情報
出生名 フィリップ・ロベール・ルイ・パジェス(本名)
別名 Richard Clayderman
出生 1953年12月28日(60歳)
学歴 コンセルバトワール卒業
出身地 フランスの旗 フランス
ジャンル イージーリスニング
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノシンセサイザー
活動期間 1976年
レーベル デルファン(フランス
ビクターエンタテインメント日本
公式サイト http://www.clayderman.co.uk/

リチャード・クレイダーマン: Richard Clayderman1953年12月28日 - )はフランスピアニストである。本名はフィリップ・ロベール・ルイ・パジェス: Philippe Pagès)。

来歴・人物[編集]

1953年12月28日パリ郊外のロマンヴィルで生まれる[1]。幼少時よりピアノに親しみ5歳で作曲を始め[2]、学校の教科書よりも楽譜の方がよく読めたという。

16歳でコンセルバトワールを首席で卒業。その後、最終的にポピュラー音楽の道を選び、初めはスタジオ・ミュージシャンや、有名歌手のバック・オーケストラのピアニストを務めていた。

クレイダーマンの評判を聞きつけたプロデューサーからポール・ドゥ・センヌヴィル英語版オリヴィエ・トゥッサン英語版が行うオーディションの誘いを受ける。それは、音楽が過激に走っていく時代にあえてシンプルで美しいメロディーの普遍性を訴える新しいキャラクターによるピアニストを探しているところで、芸名は「リチャード・クレイダーマン」、デビュー曲は「Ballade pour Adeline」(渚のアデリーヌ)と決まっていたという。そこで集まった約20人の中からピアノのテクニック、音楽性、そして容姿のいずれにおいても優れていたのがクレイダーマンで、センヌヴィルが設立した新しいレコード会社「デルファン」から1976年、「渚のアデリーヌ」でレコードデビューした。フランスではそれほど注目されなかったが、その後当時の西ドイツのテレビドラマの主題曲に使われたことにより全西独シングル・ヒット・チャートの第1位に輝き、これを契機にスペイン周辺の国々でもヒットし逆輸入の形でフランスでもヒットした。後の日本でも知られるようになった。

この話を聞き、当時のビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)がデルファン社とクレイダーマンに関する日本での独占販売契約を締結(これは現在でも続いている)。1978年、日本で初めて彼のレコードが発売されると直ぐに評判になったという。1980年には日本で初のコンサートを開き、「ニュー・イージーリスニング・ミュージック」として注目されるようになった。初来日以来、毎年日本でコンサートを行うほか、全世界通して年300日はコンサートをしている。

現在の日本でのクレイダーマンの楽曲で知られている曲と言えば、『渚のアデリーヌ』が良く知られているが、日本でその名を初めて広めたのは1981年のシーボン化粧品のCMで流れた『愛のコンチェルト』であり、このCMは当時頻繁に流れ、たとえ曲のタイトルを知らなくても曲を聴けば「あの化粧品の曲だ」とわかるほどであった。1982年には『星のセレナーデ』に岸田智史下田逸郎が歌詞をのせ、「潮風のセレナード」のタイトルで岸田がカヴァーした。

オリジナル曲は、センヌヴィルやプロデューサーのトゥッサン作曲のものが多い。

他のアーティストとの共演も行っており、アルバムではロイヤルフィルハーモニー管弦楽団(『ピアノ・ラプソディ』 1985年)、ジェームス・ラスト・オーケストラ(『木漏れ日の詩』 1991年)、レイモン・ルフェーブル・グランド・オーケストラ(『郷愁の詩』 1995年4月21日)との共演盤がある。

日本での契約当初はヨーロッパ採用ヒット後であったが、この日本販売契約での成功を機に世界での展開が多く安定しはじめたと言われていた。日本では圧倒的主婦階層の支持を受け続け、残席少ない優良な動員数でTV出演、CM採用、ラジオ採用、有線利用等広く人気を博し続けている。有線最多の部類の利用数もギネスに部類する記録に付帯し、その爆発的ヒットの後も安定した人気を得て堅調な世界ツアーでのコンサート活動を果たし続け現代音楽の一角を築いている。彼の音楽と救済地へのチャリティ活動などの社会活動実施もある誠実と強い意志を持って着実な演奏活動が続けられている。その安定的活動継続は「目標達成の証はギネスを目指す」とした彼自身の目標公約のとおり邁進し続けられて来ている。誠実に有言実行が達成され続けている現代音楽界の1人の巨人である。現代社会の中でメディア採用等を通じた効果も高く、「市民と共にいるアーティスト」といえる活躍広い彼の音楽の世界規模での社会性もある。「イージーリスニングミュージック」という言葉と共に、市民生活や市民社会で長くメディアや市民投票でBGMが採用され続け、コンサート回数だけではなく社会浸透性という確実な高い認知性を持ったアーティストである。


2000年以前[編集]

1998年にNHK教育趣味悠々にて『リチャード・クレイダーマンのピアノレッスン』と題し、司会・案内役に頼近美津子を迎え、毎回ピアニストを目指す生徒と共に、クレイダーマンが講師となって音楽やピアノのレッスンが出来る内容の番組が放送されていた。

2001年以降[編集]

毎年5月前後に日本でコンサートを行うほか、世界各国で年300日はコンサートをしている。日本でのコンサートではデビュー曲の『渚のアデリーヌ』を始めとするオリジナルヒット曲や、映画音楽、世界を渡り歩いて出会った曲の数々、50年代ポップスから最新のポップス、そして日本の童謡、唱歌、歌謡曲など幅広いジャンルから選び抜き、電子楽器も多用した演奏活動を行っていた。

毎年世界各国で300日前後のコンサートをしていることを受け、ギネス記録にも認定され、2010年で来日コンサート30回目を迎えることとなりデビュー30周年記念アルバム『栄光の奇跡』と、来日30周年記念アルバム『母に捧げる歌』も発売した。また、近年ではオリジナルヒット曲などのリメイクも話題になったり、新曲もコンスタントに発表するなど、現在も尚第一線で演奏活動を行っている。2006年頃からは、少人数のアンサンブル形式のバンドと合わせて演奏されている。また、4人組グループJULEPSなど日本のアーティストを始めアジア各国のアーティストとも、コンサートでゲスト競演している。

東日本大震災があった2011年、多くの海外アーティストが日本公演をキャンセルする中、クレイダーマンは予定通り日本公演を行った。2012年には被災地を訪れ、その模様は『TOMORROW beyond 3.11』で放送された。

代表曲[編集]

日本語名 フランス語名 備考
渚のアデリーヌ Ballade Pour Adeline
星空のピアニスト Lyphard Melody
秋のささやき A Comme Amour TBS系列ドラマ『愛の滑走路'81』の主題曲[1]
恋はピンポン Ping Pong Sous Les Arbres
愛しのクリスティーヌ Souvenirs D'Enfance
夢の中のウェディング mariage d'amour
母への手紙 Lettre A Ma Mère
ノスタルジー Nostalgy
パンドラの旅 Voyage A Venice
ドランの微笑 dorannes melody
愛のコンチェルト Concerto Pour Une Jeune Fille Nommée "Je T'Aime" シーボン化粧品の広告[1]
午後の旅立ち Triste Cœur テレビ朝日系列ドラマ『午後の旅立ち』の主題曲[1]
子供のためのロンド Rondo Pour Un Tout Petit Enfant
ほほえみのバネッサ Les Premiers Sourires De Vanessa
鳥を夢みて Murmures
星のセレナーデ Coup De Cœur 映画『ペーパー・ファミリー』の主題曲[1]
アナスターシャ最後の日々 Les Derniers Jours D'Anastasia Kemsky
レディー・ディー Coup De Cœur 江崎グリコの広告[1]
虹色の心 Couleur Tendresse フジテレビ系列ドラマ『変身願望』の主題曲[1]
綿の国星のテーマ un blanc jour d'un chaton アニメ『綿の国星』の主題曲[1]
美しいままで une folle envie d'aimer
エレアナの瞳 Eleana
林の小路 Promenade dans les bois

主なオリジナルアルバム[編集]

タイトル 発売年
日本名 フランスor英語名 日本 フランス
星空のピアニスト[3] lyphard melodie 1979 1977
秋のささやき[3] A Comme Amour 1980 1978
愛しのクリスティーヌ[3] lettre a mere 1981 1980
愛のコンチェルト[3] Concerto Pour Une Jeune Fille Nommée "Je T'Aime" 1982 1981
パンドラの旅[3] voyage a venise 1983 1982
星のセレナーデ[3] Coup De Cœur 1984 1983
虹色の心[3] couleur tendress 1985 1984
綿の国星[3] un blanc jour d'un chaton 1986 1985
ア・ムール[3] amour 1987 1986
愛のソナタ[3] les sonata 1988 1987
エレアナの瞳 ELEANA 1998
  • 日本におけるアルバムには、オリジナル曲や、カバー曲を交えての構成が多くベスト的要素をもつ。近年では、ベストアルバム、コンピレーションアルバム、カバーアルバム、セッションアルバム、クラシックアルバムなど多岐にわたる。
  • 当初レコードとして発売されていたオリジナルアルバムがCD化されて発売されることもある[3]

日本公演[編集]

  • 1980年の来日から毎年欠かさずコンサートを行っている。中でも1983年後楽園球場で行われた『星空のコンサート』は野外でのコンサートとなりまさに星空を見ながらのコンサートとなった。現在では、毎年5月頃に東京を始め日本各地でコンサートを行っている。

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 日本デビュー30周年記念アルバム『栄光の軌跡』 (VICP 64118-9) 封入のブックレットに掲載されている解説文より。
  2. ^ その時の曲は「フィフィのワルツ」で、題名の中にある「フィフィ」はクレイダーマンの愛称である。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 97年初CD化、2009年に紙ジャケット仕様のCD化による再発売(日本)が行われている。

日本では圧倒的主婦階層の指示を受け続け残席少ない優良な動員数でTV出演、CM採用、ラジオ採用、有線利用等広く人気を博している彼の音楽であり、有線最多の部類の利用数もギネスに部類する記録に付帯しており、その爆発的ヒットの後も安定した人気を得て堅調な世界ツアーでのコンサート活動を果たし続けている。現代社会の中でメディア採用等を通じ「市民と共にいるピアニスト」といえる活躍広い彼の音楽の社会性も注目すべきであり、イージーリスニングという言葉と共に市民生活や市民社会で長く採用され続けているピアニストである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]