フランシス・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランシス・レイ(Francis Lai、1932年4月26日 - )は、フランスニース出身の作曲家。多くの映画音楽作曲、特にクロード・ルルーシュ監督とのコンビによる作品は良く知られている。また、『愛と哀しみのボレロ』『恋人たちのメロディー』『流れ者』では出演もしている。1970年アカデミー作曲賞受賞(『ある愛の詩』)。※(『愛と哀しみのボレロ』および『流れ者』に、彼が「出演している」という根拠を求めます。)

大の飛行機嫌いで、海外公演が少ない事でも知られている。

音楽家として手がけた主な映画作品[編集]

ディスコグラフィー(日本発売分)[編集]

シングル[編集]

  1. 白い恋人たち(1968.10.1)
  2. 愛のレッスン(1969.3.25)
  3. 脱走山脈(1969)
  4. 雨の訪問者(1970.3.25)
  5. さらば夏の日(1970.7.1)
  6. ある愛の詩(1971.1.25)
  7. 流れ者のテーマ(1971.2.1)

アルバム[編集]

  1. ダブル・デラックス(1971.2.10)
  2. フランシス・レイ・プレイズ…(1971.4.1)
  3. MAX20(1971.5.10)
  4. ザ・ベスト・フランシス・レイ(1971.9.10)

フランシス・レイが題名及び歌詞に出てくる楽曲[編集]

外部リンク[編集]