パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pasquale Festa Campanile
パスクァーレ・フェスタ・
カンパニーレ
生年月日 1927年7月28日
没年月日 1986年2月12日(満58歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 バジリカータ州ポテンツァ県メルフィ
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督脚本家小説家
ジャンル イタリア式コメディ
配偶者 アンジェラ・フェスタ・カンパニーレ
主な作品
監督
女性上位時代
裸のチェロ
脚本
若者のすべて
山猫
小説
祖母サベッラ
『愛のために、ただ愛のために』
『恋に落ちた魔女』

パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレPasquale Festa Campanile, 1927年7月28日 メルフィ1986年2月12日 ローマ)は、イタリア映画監督脚本家小説家である[1][2]ルキノ・ヴィスコンティ若者のすべて』『山猫』の脚本、監督作では『女性上位時代』『裸のチェロ』で知られる[1]

来歴・人物[編集]

脚本家として[編集]

1927年(昭和2年)7月28日、イタリア・南部のバジリカータ州ポテンツァ県メルフィで生まれる[1]。有産階級の家に生まれ育ち、第二次世界大戦後、すぐにローマへ移住した。大学で法学を学んだ後、ジャーナリスト、文芸批評家としての仕事を始める[2]

チネチッタ撮影所に紹介され、1949年(昭和24年)、ロベルト・ビアンキ・モンテーロ監督の『ファッジャ』に原作を採用され、モンテーロと共同で脚本も執筆し、脚本家としてデビューする[1]。次に脚本を執筆したのはマウロ・ボロニーニ監督の『若い恋人たち』で、1956年(昭和31年)には同作を共同執筆したマッシモ・フランチオーザジュゼッペ・マンジョーネとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]

1957年(昭和32年)、初めて自伝的エピソードに影響を受けた小説『祖母サベッラLa nonna Sabella を出版する。カルロ・ボが同書を「小説の王道」と絶賛した[3]ほか、同書は映画界の興味を引き、ディーノ・リージが監督し、映画化された。1958年(昭和33年)、マウロ・ボロニーニ監督の『若い夫たち』で、共同執筆したピエル・パオロ・パゾリーニ、マッシモ・フランチオーザとともに、第11回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞する[1]。ディーノ・リージが監督した『美しいが貧しい娘たち』に始まるシリーズは同作で認知され、よく似たタイトルの『貧しいが美しい男たち』や『貧しい富豪たち』がつづく。

1961年(昭和36年)、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『若者のすべて』で、共同執筆したヴィスコンティ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、マッシモ・フランチオーザ、エンリコ・メディオーリとともに、ナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]。1963年(昭和38年)、ナンニ・ロイ監督の『祖国は誰のものぞ』で、共同執筆したロイ、マッシモ・フランチオーザ、ヴァスコ・プラトリーニカルロ・ベナリとともに、第35回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートされ、また同年、ナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]

その後、マウロ・ボロニーニ監督の『ビアンカ』やヴィスコンティ監督の『山猫』といった評価の高い映画の脚本も手がけ、文学の世界とは完全に離れる。

量産監督であり小説家[編集]

1963年(昭和38年)から監督業に進出し、20年の間に全42作の映画を撮った[1]。ドラマティックな作品から「イタリア式コメディ」まで、社会風刺的な作品からコスチューム・プレイの歴史劇まで幅広いジャンルを手がけ、イタリアでもっとも著名で製作本数の多い多産な監督となった[4]。歌手のアドリアーノ・チェレンターノエンリコ・モンテザーノを主演に多くのコメディを監督した[1]

1975年(昭和50年)からは監督業の傍ら、文学の世界に戻り、『トリエステから来た女』、『大泥棒』、『オルゴン・ボックス』(映画題『SEX発電』)といった、自作の小説作品を翻案し映画化した。1984年(昭和59年)、小説『愛のために、ただ愛のために』 Per amore, solo per amoreカンピエッロ賞を受賞する。同年、出版社ボンピアーニから小説の旧作が再版された(#ビブリオグラフィ)。

1986年(昭和61年)、小説『恋に落ちた魔女』 La strega innamorataバンカレッラ賞を受賞するが、同年2月12日、癌のためローマで死去した[1]。満58歳没。

フィルモグラフィ[編集]

1950年代[編集]

脚本家時代

1960年代[編集]

脚本家時代
監督デビュー以降

1970年代[編集]

1980年代[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

参考文献[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Pasquale Festa Campanile, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2010年12月6日閲覧。
  2. ^ a b Pasquale Festa Campanile, allmovie (英語), 2010年12月6日閲覧。
  3. ^ 『オルゴン・ボックス』、p.217.
  4. ^ 『オルゴン・ボックス』、p.216.

関連事項[編集]

外部リンク[編集]