ローマ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマ県
Provincia di Roma
ローマの県章
ローマの県章
ローマ県の位置
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
県都 ローマ
面積 5,351.81 [1] km²
人口
 - 総計
 - 人口密度
2014-01-01
4,321,244 [2]
807.4 人/km²
コムーネ 121  50音順一覧
主なコムーネ アンツィオチャンピーノチヴィタヴェッキアフィウミチーノグイドーニア・モンテチェーリオモンテロトンドネットゥーノティヴォリヴェッレトリ
略記号 RM. ナンバープレート表記は Roma
ISO 3166-2:IT IT-RM
CAP  
市外局番 06 0774 0766
ISTATコード 058
県公式ウェブサイト [2]

ローマ県イタリア語: Provincia di Roma)は、イタリア共和国ラツィオ州にある県都はイタリアの首都であるローマ

この県は、ローマ大都市圏(首都圏) (Rome metropolitan areaに含まれるとみなされる。県人口は約430万人で、イタリアの県では最大である。一方で、周縁部には北部を中心として田園風景も広がっている。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

イタリア半島中部のティレニア海側に位置し、ラツィオ州の中部にあたる県である。ローマ県の面積は約 5400 km2で、ラツィオ州の約1/3を占めている。なお、県域の約1/4をローマ市域が占める。

隣接する県[編集]

隣接する県は以下の通り。

また、県域の中にバチカン市国がある。

地勢[編集]

ローマ周辺の衛星画像

主要な都市[編集]

ローマの南東に、アルバーノ湖に面してローマ教皇が避暑に訪れるガンドルフォ城のあるカステル・ガンドルフォがある。

ローマ 
フィウミチーノ 
チヴィタヴェッキア 
ティボリ 

歴史[編集]

1860年のイタリア王国
1860年のイタリア王国。ローマ周辺は教皇領。
1870年のイタリア王国
1870年時点のローマ県(橙)とローマ郡(赤)。

1870年、イタリア王国教皇領を占領し、10月15日付の勅令でローマ県を設置した。当初は、それまでの教皇領の行政区画に対応し、下位区分として郡(Circondario)が置かれた。すなわち、ローマ (it:Circondario di Romaチヴィタヴェッキア (it:Circondario di Civitavecchiaフロジノーネ (it:Circondario di Frosinoneヴェッレトリ (it:Circondario di Velletriヴィテルボ (it:Circondario di Viterboの5郡である[3]。最初の地方選挙は1870年11月13日に実施された[4]

1923年には、ペルージャ県に属していたリエーティ郡 (it:Circondario di Rietiがローマ県に編入された[5].。

1927年、フロジノーネ県リエーティ県ヴィテルボ県が新設され、ローマ県から分離した[6]。また数ヶ月後には、アマゼーノカストロ・デイ・ヴォルシヴァッレコルサがフロジノーネ県に、モンテ・ロマーノがヴィテルボ県に、それぞれ移管された[7]

1934年にはラティーナ県が新たに設立され、ローマ県は縮小した。

行政区画[編集]

コムーネ[編集]

ローマ県には121のコムーネが属する。主要なコムーネ(人口4万人以上)は下表の通り。左端の数字はISTATコードを示す。人口は2014年1月1日現在 [2]

コード 自治体名 人口
058091 ローマ 2,863,322
058047 グイドーニア・モンテチェーリオ 88,098
058120 フィウミチーノ 74,855
058079 ポメーツィア 61,187
058104 ティヴォリ 56,461
058007 アンツィオ 53,557
058111 ヴェッレトリ 52,956
058032 チヴィタヴェッキア 52,911
058072 ネットゥーノ 48,389
058117 アルデーア 48,305
058057 マリーノ 41,361
058003 アルバーノ・ラツィアーレ 40,872
058065 モンテロトンド 40,443

山岳部共同体[編集]

広域行政組織である山岳部共同体イタリア語版としては以下がある。

行政[編集]

県庁(パラッツォ・ヴァレンティーニ)

県庁は、ローマのヴェネツィア広場近傍のパラッツォ・ヴァレンティーニ (it:Palazzo Valentiniに置かれている。

文化・観光[編集]

世界遺産[編集]

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

県内に本拠を置くプロサッカークラブとしては以下がある。所属リーグは2014-15シーズン現在。

交通[編集]

道路[編集]

グランデ・ラッコルド・アヌラーレ
高速道路(アウトストラーダ

鉄道[編集]

ローマ・テルミニ駅とチンケチェント広場

ローマの中央駅にあたるのはローマ・テルミニ駅で、イタリア国内主要都市のほか、パリミュンヘンジュネーブバーゼルウィーンへの国際線も発着している。

トレニタリア (FS)
ローマ地下鉄・トラム
公共交通会社であるATACが、ローマ市内の地下鉄・トラム・バスなどを運行している。2014年現在、地下鉄3路線が営業中。このほか、トラム (it:Rete tranviaria di Romaが6路線営業中である。
ATACの近郊路線
ATACはローマ市に近郊路線(ライトレール等)3路線を運行している。このうちローマ=ヴィテルボ線 (it:Ferrovia Roma-Civitacastellana-Viterboは、ローマからサクロファーノを経て郊外路線となり、ヴィテルボヴィテルボ県)に至る。

空港[編集]

フィウミチーノ空港

ローマの主要な旅客用空港として、フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)とチャンピーノ空港がある。フィウミチーノ空港はイタリア最大の国際空港の一つであり、イタリアのフラッグキャリアであるアリタリア航空の本拠地である。チャンピーノ空港は短距離便や格安航空会社が発着する。

チェントチェッレ空港は、1909年4月15日にライト兄弟ライトフライヤー号でデモンストレーションを行った場所であり、イタリア最古の飛行場である。

港湾[編集]

チヴィタヴェッキア港

チヴィタヴェッキア港は、「ローマの外港」、「ローマ港」Porto di Roma とも呼ばれる重要な港湾都市であり、イタリア最初の鉄道路線(ローマ=チヴィタヴェッキア線、現在のピサ=リヴォルノ=ローマ線の一部)もローマとチヴィタヴェッキアとの間に建設されている。サルディニア島シチリア島マルタ島チュニスバルセロナなどへの主要航路が発着するとともに、地中海クルーズ船の拠点ともなっている。

姉妹地域・提携地域[編集]

ローマ県側の交流希望が美術家武藤順九(宮城県出身、ローマ県在住)を介して伝えられ、交流が始まる[8]

人物[編集]

ローマ市を除くローマ県下に関連する人物。

著名な出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]