ローマ=フラスカーティ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Roma Frascati
始点 ローマ・テルミニ駅
終点 フラスカーティ
イタリアの旗 イタリア
竣工 1856年
経営 R.F.I.
路線長 (1856年) 20 km
電化 済み
備考 教皇国家最初の鉄道

ローマ=フラスカーティ線 (Ferrovia Roma-Frascati) は、イタリアで最も古い鉄道路線の一つで、最初の鉄道は教皇国家により敷設された。1856年に開業し、ポルタ・マッジョーレ駅からフラスカーティ=カンピテッリ駅まであった全長は20kmであった。

歴史[編集]

1848年11月25日政府の委員会とピオ・ラティーナ社との間でローマとフラスカーティの鉄道建設についての許可の署名が行われた。教皇国家の事件(ローマ共和国 (19世紀))が原因で作業は何度も中断と再開を繰り返した。

8年かけて鉄道は敷設され、ローマにポルタ・マッジョーレ駅、フラスカーティの中心から3kmの所にカンピテッリ駅、さらにひとつのトンネルが設けられた。これら全ての建設作業は作業者と管理者180人が従事するJohn Oliver York が持つ企業York &C.により行われた。

ローマ・フラスカーティ鉄道は1856年7月14日に営業が開始され、所要時間は28分で1日に朝3本、昼に2本の運行が許可された。

1874年、路線はローマ・テルミニ駅に接続され、古いポルタ・マッジョーレ駅は取り壊された。1881年に始まった市内中心にあるカンピテッリ駅までの延長作業は、1884年2月2日に新しいフラスカーティ駅の開業となり、新しい区間に残っていた古い駅の線路も破棄された。

1943年のフラスカーティ空襲で鉄道駅とレールは破壊された。トンネルはドイツ国防軍により、連合国アンツィオへの上陸を迎撃する巨大列車砲(280mm)を隠すために使われた。

1945年にはローマ=フラスカーティ線の鉄道の運行は通常機能に回復した。チャンピーノとフラスカーティの間にあった2つの駅ガッレリーア・ディ・チャンピーノ(チャンピーノトンネルの意)とヴァッレ・ヴェルミリアは現在は使われていない。

沿線、駅と停車場[編集]

BSicon KBHFa.svg 0 ローマ・テルミニ
BSicon ABZlf.svg Innesto alla rete fondamentale
BSicon ABZgr+r.svg FR5 チヴィタヴェッキア / レオナルド・エクスプレス(フィウミチーノ空港)への内部接続
BSicon eHST.svg 4.25 ローマ・カジリーナ 通過のみ
BSicon ABZlf.svg FR7 ラティーナ / FR8 (ラツィオ州の鉄道路線) ネットゥーノへの内部接続
BSicon KRZu.svg
BSicon HST.svg 9.98 カパンネッレ ローマ市内区間の境界
BSicon AKRZo.svg グランデ・ラッコルド・アヌラーレ
BSicon BHF.svg 13.92 チャンピーノ 複線区間はここまで
BSicon ABZglr.svg FR4 (ラツィオ州の鉄道路線) ヴェッレトリ / FR4 (ラツィオ州の鉄道路線) アルバーノ・ラツィアーレ / FR6 カッシーノ - ナポリへの分岐
BSicon TUNNEL2.svg チャンピーノ・トンネル
BSicon KBHFe.svg 23.58 フラスカーティ

関連項目[編集]


外部リンク[編集]