ラディスポリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラディスポリ
Ladispoli
ラディスポリの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
Blank.png ローマ
CAP(郵便番号) 00055
市外局番 06
ISTATコード 058116
識別コード M212
分離集落 Marina di San Nicola, Monteroni
隣接コムーネ チェルヴェーテリフィウミチーノ
気候分類 zona C, 1295 GG
公式サイト リンク
人口
人口 39,963 [1](2014-01-01)
人口密度 1178 人/km2
文化
守護聖人 聖ジュゼッペ (San Giuseppe)
祝祭日 3月19日
地理
座標 北緯41度57分0秒 東経12度5分0秒 / 北緯41.95000度 東経12.08333度 / 41.95000; 12.08333座標: 北緯41度57分0秒 東経12度5分0秒 / 北緯41.95000度 東経12.08333度 / 41.95000; 12.08333
標高 2 (0 - 50) [2] m
面積 26.00 [3] km2
ラディスポリの位置(イタリア内)
ラディスポリ
ラディスポリの位置
ローマ県におけるコムーネの領域
ローマ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ラディスポリイタリア語: Ladispoli)は、イタリア共和国ラツィオ州ローマ県にある、人口約4万人の基礎自治体コムーネ)。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ローマ県西部、ティレニア海沿岸のコムーネ。ローマ中心部から西へ約35kmの距離にある。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

ラディスポリのある土地には、古代エトルリアの都市カエレ(現在のチェルヴェーテリ)の港であるアルシウム (Alsiumがあった。アルシウムは、のちにローマの植民地となり、キケロの文章にもその名が登場している。

アルシウムは、6世紀ゴート戦争中、トーティラ率いる東ゴート族によって破壊された。その後この地域には、パロ(Palo)と名づけられた城砦が築かれた。パロはオルシーニ家の所領で、1693年からオデスカルキ家 (Erba-Odescalchiの所有となった。現代に続くラディスポリの街は、1888年にラディスラオ・オデスカルキ(Ladislao Odescalchi)によって創設され、地名も彼に由来する。

1970年代後半から1990年代はじめにかけて、ラディスポリにはソ連から西側諸国(おもに米国、カナダ、オーストラリア)へと政治的・宗教的な庇護を求めて亡命した人々の難民キャンプが設けられていた。1980年代、旧ソ連から亡命してラディスポリに滞在したユダヤ人の経験は、Maxim D. Shrayerによる彼の文学回顧録 "Waiting for America"(2007年)で描かれている[4]

文化・観光[編集]

映画[編集]

(ラディスポリ周辺の映画)

マリーナ・ディ・サン・ニコーラ[編集]

マリーナ・ディ・サン・ニコーラはティレニア海に面した行楽地で、アウレリア街道でローマから33kmの距離にある。

ローマ時代から海水浴場として使われたが、1960年代には現代住居共同体が生まれた。

ここにはローマ時代の「ポンペイウスの別荘」がある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]