チヴィタヴェッキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チヴィタヴェッキア
Civitavecchia
チヴィタヴェッキアの風景
チヴィタヴェッキア港とミケランジェロ要塞
チヴィタヴェッキアの紋章
紋章
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
Blank.png ローマ
CAP(郵便番号) 00053
市外局番 0766
ISTATコード 058032
識別コード C773
分離集落 Aurelia, La Scaglia
隣接コムーネ アッルミエーレサンタ・マリネッラタルクイーニア (VT)
公式サイト リンク
人口
人口 51,261 [1](2012-01-01)
人口密度 712.5 人/km2
文化
住民の呼称 civitavecchiesi
守護聖人 聖フェルミナ (Santa Fermina)
祝祭日 4月28日
地理
座標 北緯42度6分0秒 東経11度48分0秒 / 北緯42.10000度 東経11.80000度 / 42.10000; 11.80000座標: 北緯42度6分0秒 東経11度48分0秒 / 北緯42.10000度 東経11.80000度 / 42.10000; 11.80000
標高 10 (0 - 439) [2] m
面積 71.95 [3] km2
チヴィタヴェッキアの位置
チヴィタヴェッキアの位置
ローマ県におけるコムーネの領域
ローマ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

チヴィタヴェッキアイタリア語: Civitavecchia)は、イタリア共和国ラツィオ州ローマ県にある都市であり、その周辺地域を含む人口約5万1000人の基礎自治体コムーネ)。

ティレニア海に面し、「ローマ外港」と称される重要な港湾都市である。

名称[編集]

都市の名は「古代の街」を意味する。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ローマ県最北西部に位置しており、北にヴィテルボ県タルクイーニアと隣接する。ヴィテルボから南東へ約45km、州都・首都ローマから西北西に約59kmの距離にある。港を中心とした半円状の市域を持つ。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。VTはヴィテルボ県所属。

地勢[編集]

市域東部には、モンティ・デッラ・トルファ (it:Monti della Tolfaから連なるモンテ・クッコ(Monte Cucco)が標高200mを越える丘陵を形成している。マランゴーネ川 (it:Marangoneが市域の南東、サンタ・マリネッラとの境界を流れている。

歴史[編集]

古代[編集]

現在のチヴィタヴェッキアの街は、古代にエトルリア人が暮らしていた場所に立っている。

この町にある港は、2世紀の初めにトラヤヌス帝によって整備された。小プリニウスは、107年に記した書簡に Centum Cellae と記している。この名の起源ははっきりしないが、皇帝のヴィラ(離宮)にあった100(Centum)の部屋と関連付けて説明される。

中世・近世[編集]

その後、東ローマ帝国の支配下の拠点とったが、838年にはイスラム教徒(サラセン人)に占領された。その後、教皇領(教皇国家)の一部となった。インノケンティウス12世時代の1696年に自由港となった。

近代・現代[編集]

近代に入るとローマの外港として発達した。

1848年革命がイタリアに波及してローマ共和国が建国された際(イタリア統一運動参照)、介入したフランスによって1849年にチヴィタヴェッキアは占領されている。1859年にはチヴィタヴェッキアとローマを結んで、イタリア最初の鉄道路線とされるローマ=チヴィタヴェッキア線(現在のピサ=リヴォルノ=ローマ線の一部)が建設されている。1870年、この町の教皇軍はイタリア王国の将軍ニーノ・ビクシオ (Nino Bixioに町を明け渡した。

第二次世界大戦中には、チヴィタヴェッキアはしばしば爆撃を受け、市民の中から犠牲が出た。

日本との関わり[編集]

チヴィタヴェッキアは日本との関わりが深い。1615年には、慶長遣欧使節団支倉常長らがチヴィタヴェッキアに上陸した。この縁で支倉常長が出発した地である石巻市姉妹都市協定を結んでおり[4][5]、支倉の銅像が建立されている。

また、日本二十六聖人を記念した日本聖殉教者教会がある。1864年に、支倉とゆかりのあるチヴィタヴェッキアで献堂されたものである[4]。1950年代の再建時に内装を担当した宗教画家長谷川路可は、チヴィタヴェッキアの名誉市民になっている。

経済・産業[編集]

チヴィタヴェッキア港は、中部イタリアと地中海の各地を結ぶ交通の結節点となっている。

また、漁業も盛んである。このほか、チヴィタヴェッキアには2つの火力発電所がある。このうちのひとつの燃料を石炭に転換しようとする計画があるが、大気汚染を懸念する市民の反対を受けている。

人口[編集]

人口推移[編集]

人口推移
年度 人口   ±%  
1871 9,718 —    
1881 11,636 +19.7%
1901 15,220 +30.8%
1911 17,064 +12.1%
1921 20,635 +20.9%
1931 29,124 +41.1%
1936 27,477 −5.7%
1951 32,870 +19.6%
1961 38,138 +16.0%
1971 44,188 +15.9%
1981 49,389 +11.8%
1991 51,201 +3.7%
2001 50,032 −2.3%
2011 51,229 +2.4%

文化・観光[編集]

海から見たチヴィタヴェッキア

文化遺産[編集]

ミケランジェロ要塞
聖フランシスコ教会
テルメ・タウリーネの浴場の遺跡
ミケランジェロ要塞  (it:Forte Michelangelo
港湾防衛のための要塞で、当初は教皇ユリウス2世によってドナト・ブラマンテに建設が委ねられ、1535年、パウルス3世のもとでアントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョヴァネによって完成された。要塞の上部のマスキオ Maschio と呼ばれる塔はミケランジェロの設計によるもので、要塞全体の名となっている。この要塞はローマ帝国時代の建築物の上に建てられており、おそらくはローマ海軍の兵営であったと考えられている。
ロッカ
山城。15世紀、教皇シクストゥス5世によって再建された。
聖フランシスコ教会 (it:Cattedrale di San Francesco (Civitavecchia)
もともと存在していた小さな教会を改修する形で、1610年から建設が行われた。現在の外観は19世紀につくられたバロック・ネオクラシック様式である。
テルメ・タウリーネ (it:Terme Taurine
市の北部、Ficoncella に所在する温泉。ローマ時代の浴場の遺跡が残り、現在も市民に人気がある。
日本聖殉教者教会 Chiesa dei Santi Martiri Giapponesi
チヴィタヴェッキア駅にほど近い海沿いのヴィットリア通り(Viale della Vittoria)にある。同教会は第二次世界大戦で破壊されたが、1951年再建にあたり、内装を日本人宗教画家長谷川路可が担当し、内陣5面の日本聖殉教者殉教場面とエピソードのフレスコ壁画、内陣天井画として和装の聖母子像と聖人像、会堂両側の壁龕6面の聖画を6年がかりで独力で描き上げた。この功績により、1954年10月、長谷川路可はチヴィタヴェッキア市名誉市民に列せられている。また、帰国後の1960年、第8回菊池寛賞を受賞した。なお、長谷川路可は1967年、残された天井画の完成やイスラエルナザレ受胎告知教会に描く予定のモザイク『華の聖母子』制作の交渉でバチカンを訪れ、7月3日ローマで客死した。遺骸はチヴィタヴェッキアに運ばれ、7月7日、同教会でチヴィタヴェッキア市葬が執り行われ、数千名の市民が列席したという。
支倉常長像(地図
港にほど近いルイジ・カラマッタ広場(Piazza Luigi Calamatta)近くに所在する。石巻市との姉妹都市締結20年を記念し、1991年に建立された[6]

交通[編集]

チヴィタヴェッキア港
チヴィタヴェッキア駅

鉄道[編集]

チヴィタヴェッキア駅 (Stazione di Civitavecchia

教皇国家時代の1859年、イタリア最初の鉄道のひとつであるローマ=チヴィタヴェッキア線が、ローマとを結んで建設された。現在のピサ=リヴォルノ=ローマ線の一部になっている。

道路[編集]

欧州自動車道路
高速道路
国道

港湾[編集]

「ローマ港」Porto di Roma とも称される。中部イタリアとサルディニア島シチリア島マルタ島チュニスバルセロナなどを結ぶ主要航路の出発点である。多くのフェリーが発着するほか、地中海クルーズ船の拠点となっている。EUによる「海の高速道路」 (Motorways of the Sea構想において、拠点港の一つとされている。

姉妹都市[編集]

支倉常長像
支倉常長慶長遣欧使節団の出発地・上陸地という縁による。日本・イタリア間の姉妹都市協定としては4番目に古い[5]。支倉常長像は姉妹都市交流20周年を記念して建立された。
姉妹都市交流40周年を迎えた2011年10月11日、支倉常長像前で姉妹都市交流40周年記念式典が催された。式典に先立ち、同年3月11日に発生した東日本大震災の追悼ミサが日本聖殉教者教会で行われた。震災の影響で石巻市関係者の出席は叶わず、代わりに駐イタリア日本大使が一連の行事に出席している[4]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年10月1日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Roma(dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年10月3日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale(Kmq) - Roma(dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年10月3日閲覧。
  4. ^ a b c 在イタリア日本国大使館「チヴィタヴェッキア市と宮城県石巻市の姉妹都市交流40周年記念式典 (PDF) 」 - 2011年10月
  5. ^ a b 日本・イタリア間で提携された姉妹都市(リスト) - 在イタリア日本国大使館
  6. ^ 石巻市の歴史年表”. 社団法人石巻観光協会. 2013年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月28日閲覧。
  7. ^ a b c d I dati della citta' - チヴィタヴェッキア公式サイト
  8. ^ 姉妹(友好)提携情報 - 自治体国際化協会

外部リンク[編集]