エミリオ・セグレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリオ・セグレ(1959年)
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1959年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:反陽子の発見

エミリオ・ジノ・セグレEmilio Gino Segrè1905年2月1日 - 1989年4月22日)は、イタリア生まれのアメリカ物理学者1959年に「反陽子の発見」に対してノーベル物理学賞を受賞した。写真家としても活動し、現代科学の歴史を記録した多くの写真を残した。

生涯[編集]

イタリアのティヴォリに生まれた。ローマ大学で工学を学んだが、1927年に物理学に転じ、フェルミのもとで学んだ。

ドイツオランダシュテルンゼーマンと働いた後、1932年にローマ大学の助教授になった。1936年から1938年までパレルモ大学の物理学研究所の所長を務めた。ローレンス・バークレー国立研究所を訪れた後、送られた試料を調査してテクネチウムを発見した。テクネチウムは初めて人工的に作られた放射性元素である。

1938年、セグレがカリフォルニアにいる時、ムッソリーニ政権はユダヤ人を大学から追放する法律を成立させた。ユダヤ人のセグレはアメリカに残った。カリフォルニア大学に講師の職を得た。カリフォルニア大学でのアスタチンプルトニウム239の発見に貢献した。

1943年から1946年までロスアラモス国立研究所マンハッタン計画のグループ・リーダーとして働いた。1944年にアメリカに市民権を得、コロンビア大学、イリノイ大学等で教鞭を執った。1946年にカルフォルニア大学に戻り1972年まで勤めた。1974年にローマ大学に戻ると原子核物理学の教授になった。

1989年カリフォルニアラファイエットで心臓発作により死去。

主な著作[編集]

  • 『X線からクォークまで――20世紀の物理学者たち』 (久保亮五・矢崎裕二訳)
  • 『古典物理学を創った人々――ガリレオからマクスウェルまで』 (久保亮五・矢崎裕二訳)