李政道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李政道
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1957年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:素粒子物理学における重要な発見に導いた、いわゆるパリティについての洞察的な研究
李政道
プロフィール
出生: 1926年11月25日(87歳)
出身地: 中華民国の旗 中華民国江蘇省蘇州市
職業: 物理学者
各種表記
繁体字 李政道
簡体字 李政道
拼音 Lǐ Zhèngdào
和名表記: り せいどう
発音転記: リー ヂョンダオ
英語名 Lee Tsung-Dao
テンプレートを表示

李政道(り せいどう、1926年11月25日 - )は、中国系アメリカ人物理学者

経歴[編集]

江西聯合中等学校を卒業後、1943年に浙江大学に進学するも戦争により中断され、翌1944年に西南聯合大学へ転入した。第二次世界大戦後の1946年にアメリカシカゴ大学へ留学。エンリコ・フェルミのもとで学び博士号を取った。この時の同門は、のちにノーベル賞を共同受賞した楊振寧だった。1950年結婚し、2人の息子がいる。彼はカリフォルニア大学プリンストン高等研究所にも籍を置き、1953年にはコロンビア大学の助教授に就任。1956年には29歳で教授となった。

同1956年、李は楊とともに 素粒子間の弱い相互作用においてはパリティ(対称性)が保存されないというパリティ対称性の破れについて研究し、「フィジカル・レビュー」誌に発表した。これはすぐに実証され、物理学の世界に一大センセーションを引き起こし、2人は翌1957年度のノーベル物理学賞を共同受賞した。同年、アルバート・アインシュタイン賞も受賞した。彼らは中国系の人物としては初のノーベル賞受賞者でもある。当時は中華民国(Republic of China)の国籍だったが、1962年にアメリカ市民権を得ている。他に赤外発散におけるKLN(木下-Lee-Nauenberg)定理や非トポロジカルソリトンの研究で知られる。

彼はのちに中国へ行き、大学生を対象にした奨学金を設立するなど中国の科学教育分野でも活躍している。1985年、北京大学より、名誉博士号を授与されている。

1997年にブルックヘブン国立研究所内に設置された理研BNL研究センターの初代センター長に就任(兼任)。2003年より名誉センター長・理研研究顧問。

2006年(平成18年)秋の叙勲で「我が国研究者の指導育成及び日本・アメリカ合衆国間の学術交流の促進に寄与」により旭日重光章が授与された。

外部リンク[編集]