ロジャー・Y・チエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Roger Tsien-press conference Dec 07th, 2008-2.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:緑色蛍光タンパク質の発見と開発

ロジャー・ヨンジェン・チエン(Roger Yonchien Tsien, 錢永健, 1952年2月1日 - )は、アメリカ合衆国生化学者カリフォルニア大学バークレー校を経て、1989年からカリフォルニア大学サンディエゴ校教授。カリフォルニア州サンディエゴ出身の中国系アメリカ人

2008年マーティン・チャルフィー下村脩とともにノーベル化学賞を受賞。受賞理由は緑色蛍光タンパク質の発見と開発。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

  • 銭学森(「中国宇宙開発の父」として知られる人物。父・銭学榘の従兄弟にあたる。)