ジェームス・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1988年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:薬物療法における重要な原理の発見

ジェームス・ワイト・ブラックSir James Whyte Black1924年6月14日 - 2010年3月22日)はスコットランド薬理学者ダンディー大学総長。

経歴[編集]

英国ICIにてアドレナリンベータ受容体遮断薬プロプラノロールを発明した後,英国スミスクライン&フレンチラボラトリーズで初のヒスタミンH2受容体遮断薬シメチジンの開発に成功,シメチジンは胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療において革命的な変化をもたらすとともに,標的分子を特定しそれに選択的な低分子阻害薬を開発するという現代の創薬研究の嚆矢と呼べるものであった。これらの業績が讃えられ、1988年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

ビース高等学校(スコットランド、ファイフ州、Cowdenbeath)を卒業後、セント・アンドルーズ大学にて医学を学ぶ。その後、マラヤ大学グラスゴー大学獣医学校で講義を行い、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン及びキングス・カレッジ・ロンドンにて教授となる。

1976年には王立協会の会員となり[1]、1981年にはナイト・バチェラーに叙せられる。2000年にはエリザベス2世によりメリット勲章が授与された。この勲章は24人にのみ与えられ、イギリス君主が授与できる物の中で最も名誉な物とされる。

彼は医師として、また基礎科学者として、心臓病の基礎的及び臨床的な知識に貢献した。交感神経β受容体遮断薬であるプロプラノロールの発明は狭心症の治療に革命をもたらし、20世紀臨床医学及び薬理学への最も重要な寄与の一つとされる。彼の研究方法、アドレナリン薬効薬理の発見、心臓のメカニズムの解明、これらは全て彼の仕事の強さである。

2010年3月22日、逝去[2]。85歳没。

受賞歴[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Black; Sir; James Whyte (1924 - 2010)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  2. ^ Nobel Prize winning scientist dies Scottish TV-News 2010-3-22