リチャード・シュロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・シュロック
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2005年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:有機合成におけるメタセシス法の開発

リチャード・ロイス・シュロック(Richard Royce Schrock、1945年1月4日 - )はアメリカ合衆国化学者

略歴[編集]

インディアナ州バーン市に生まれる。1967年にカリフォルニア大学リバーサイド校を卒業し、1971年にハーバード大学のジョン・オズボーンのもとで博士号を取得した。その後ケンブリッジ大学のジャック・ルイスの下でのポスドクを経て、1972年にデュポンに就職した。

1975年にマサチューセッツ工科大学へ移り、1980年に教授となった。アメリカ科学アカデミーアメリカ芸術科学アカデミーの会員である。

2人の子供がいる。

有機金属錯体の分野、特にカルベン錯体での業績が著名である。また、オレフィンメタセシスの触媒となるカルベン錯体の開発の業績により、2005年にイヴ・ショーヴァンロバート・グラブスとともにノーベル化学賞を受賞した。

外部リンク[編集]