鈴木章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴木 章
鈴木章(2010年)
人物情報
生誕 1930年9月12日(84歳)
日本の旗 日本北海道むかわ町
居住 日本の旗 日本、北海道江別市
国籍 日本の旗 日本
出身校 北海道大学
学問
研究分野 化学
研究機関 北海道大学
パデュー大学
岡山理科大学
倉敷芸術科学大学
主な業績 鈴木カップリング
主な受賞歴 日本学士院賞(2004年)
ノーベル化学賞(2010年)
文化功労者(2010年)
文化勲章(2010年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング

鈴木 章(すずき あきら、1930年9月12日 - )は、日本化学者学位理学博士称号北海道大学名誉教授、むかわ町特別名誉町民日本学士院会員。北海道胆振総合振興局管内鵡川町(現むかわ町)出身。北海道江別市在住。1979年芳香族化合物の合成法としてしばしば用いられる反応の一つである「鈴木・宮浦カップリング」を発表、金属パラジウム触媒として、炭素同士を効率よく繋げる画期的な合成法を編み出した[1]ことで2010年ノーベル化学賞を受賞した[2]

経歴・人物[編集]

1930年(昭和5年)北海道鵡川村(現むかわ町)に生まれる。家業の理髪店が父の急死により店じまいし、母が衣類行商をしながら学費を捻出して、自身も働きながら大学を卒業した苦学生であった。むかわ町内には現在夫婦が暮らしており、シシャモ販売店を営んでいる。

鵡川国民学校(いまの鵡川中央小学校)から旧制中学に進み、苫小牧高等学校(現北海道苫小牧東高等学校)、北海道大学理学部化学科卒業。1959年(昭和34年)北海道大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了後、北海道大学理学部助手に就任。1960年(昭和35年)、「ヒドロフェナンスレン誘導体の合成」で理学博士号を取得。1961年(昭和36年)には北海道大学工学部合成化学工学科の助教授となり、1973年(昭和48年)より同大学工学部応用化学科の教授となった[3]

北海道大学での勤務は、理学部で2年半、工学部で32年半におよんだ。途中、1963年(昭和38年)から1965年(昭和40年)までの3年間(実質的には2年弱)、アメリカ合衆国インディアナ州パデュー大学ハーバート・ブラウンのもとで有機ホウ素化合物の研究を行う。このときの経験が、当時助手だった宮浦憲夫(現在、北海道大学特任教授)とのカップリング反応の研究に活かされ、1979年(昭和54年)発表の鈴木・宮浦カップリングの発見につながった。尚、ノーベル賞受賞後に、根岸氏と共に北海道大学触媒化学研究センター・特別招聘教授に就任。

1988年(昭和63年)5月にはイギリスのウェールズ大学の招聘教授に就任している。1994年(平成6年)3月に北海道大学を定年退官。4月、同大学の名誉教授となり、同時に岡山理科大学教授、1995年(平成7年)4月からは倉敷芸術科学大学教授を務めたが、2002年(平成14年)に退職した。この間、2001年(平成13年)にはパデュー大学の招聘教授を、退職後の2002年9月には台湾中央科学院国立台湾大学の招聘教授を務めている。2009年(平成21年)には、イギリス化学会特別会員に選ばれた。

2004年(平成16年)3月12日、「パラジウム触媒を活用する新有機合成反応の研究」に関する貢献により、日本学士院賞を受賞した。

2010年(平成22年)10月6日スウェーデン王立科学アカデミーよりノーベル化学賞受賞が発表された。本人には6日午後6時25分ころ、ノーベル財団からの自宅への電話で伝えられた。根岸英一米パデュー大学特別教授、リチャード・ヘックデラウェア大学名誉教授との共同受賞であった。このノーベル賞受賞の功績により、平成22年度文化功労者に選出されると同時に文化勲章を受章することも決定した[4][5]

2011年(平成23年)12月12日日本学士院会員に選出された。

研究[編集]

鈴木・宮浦カップリングの触媒サイクル

パラジウム触媒を用いて有機ハロゲン化合物と有機ホウ素化合物を結び付ける「鈴木・宮浦カップリング」を発見した[1]アリール基ビニル基を伴う有機ボロン酸空気に対して安定であり、取り扱いも容易で、使用にあたって求められる条件も比較的穏やかなものであるため、いくつかのクロスカップリング技術のなかでも利用されやすいとされる[6]

この技術は、ARB(AngiotensinII Receptor Blocker, アンジオテンシンII 受容体拮抗薬)というタイプの高血圧剤や抗がん剤エイズ特効薬などの医薬品、殺菌剤などの農薬、またテレビ携帯電話パソコン画面の液晶の製造、有機ELディスプレイなど有機導電性材料の開発・製造に活用されるなど、有機合成化学材料科学などの広い分野に大きな影響を与えた[7]。クロスカップリングは、いろいろな物質を作って、そのはたらきを実験することに欠かせないため、新薬、新材料の開発を下支えする役割をになっている。

鈴木はこのカップリング技術の特許を取得していない。しかし、このことによってカップリング技術が普及し、この技術を応用した製品が多数実用化された[8]。鈴木・宮浦カップリング反応に関連する論文や特許は6,000を超えるといわれる[9]。これについて、鈴木は次のように語っている。

特許を取るなんて、がめついヤツと言われた時代だった。それに、自分のお金でなく、国のお金で研究していたのだから。特許を取らずにオープンにしたおかげで、これだけ広く使ってもらえるようになったのだとも思う。

鈴木章 、『朝日新聞』2010年10月7日

また、次のようにも語っている。

僕の怠慢。あのころは大学で特許を取ることなんてなかった。

鈴木章 、榊原智康「進化続く炭素結合 - 日本のお家芸支えた研究者」『東京新聞』2010年10月18日(月)【科学】19面

発言[編集]

左側から鈴木章、根岸英一リチャード・ヘック(2010年)
鈴木章(2010年、スウェーデン王立科学アカデミーにて)

「研究費のために信念を曲げない」「仕事を成功させるため、真剣に研究に対処し、結果を把握し、一生懸命続ける。そうしないと、幸運に恵まれない」が信条である[6]

ノーベル賞受賞後、各マスメディアからも注目を集めている。自宅玄関前に詰めかけた報道陣への第一声は「アンビリーバボーだね」であった[9]

2010年10月6日北海道大学での記者会見では、「理科系をめざす日本の若者が減っているのがたいへんなげかわしい。資源が何もない国は、人と、その人の努力で得た知識しかない。これから何歳まで生きるかわからないが、若い人に役立つ仕事をしたい」と話した。

同日放送のテレビ朝日系の報道番組『報道ステーション』では、北海道大学からの中継で生出演したが、番組内で古舘伊知郎が間違ったベンゼン環の図を提示して「これであってますか?」と言ったところ、「両方間違ってます」と指摘され、その後に出てきた正しい図を提示して「あってます」との回答を得た。しかし、古舘が再び手際の悪さを見せ、鈴木はこれに対し「それ作れたらノーベル賞もらえますよ」と皮肉交じりに発言した。この件については、一連の古舘の対応を見て鈴木がイライラしていると理解され、インターネットの掲示板でも話題となった[10]

10月8日には、産経新聞の取材に対し、2009年11月以降行われた「事業仕分け」における内閣府特命担当大臣村田蓮舫(行政刷新担当)の、いわゆる「2位じゃダメなんですか発言」に対し、「科学や技術を全く知らない人の言葉だ」「研究は1番でないといけない。“2位ではどうか”などというのは愚問。このようなことを言う人は科学や技術を全く知らない人だ」として民主党政権による事業仕分けを厳しく批判した[11]

2010年12月8日ストックホルム大学での受賞記念講演では、みずからの研究成果について解説したのち、血圧降下剤などに用いられる「鈴木反応」は特許を取得していないことを述べ、「皆さん、安心して使って」と呼び掛けて会場を笑わせた[12]

エピソード[編集]

  • 子どものころから大の読書好きで、実家が理髪店だったため出入りする客の物音が気になると家の屋根に登って本を読み、また、国民学校でもトイレに本をもっていくほどであった。旧制中学への通学路でも歩きながら読み続けたため、つけられたあだ名二宮金次郎であった[13]
  • 小学生時代の愛称は「あっこ」(名前が「あきら」なので)[13]
  • 大学入学当初は数学を専攻したいと考えており、子ども時代の好きな教科も算数であった。いろいろな答えが考えられる国語などと違い、答えが1つではっきりしているところが好きだったという[9]
  • 誠文堂新光社子供の科学』誌のインタビューには、友人と野球したり、魚釣りをしたりして遊んだ、ごく普通の子供だったと答えている。教科では、算数や理科が特に好きだったが、国語や歴史も好きだったとのことである[14]
  • 当初数学を志していた鈴木が有機合成の道へ進んだ契機となったのが、2冊の本との出会いであったとかれ自身語っている。1つは、北海道大学教養部の教科書として用いられた、米ハーバード大学のフィーザー教授夫妻の著した『テキストブック・オブ・オーガニック・ケミストリー』というアジアの学生向けの英語による有機化学を説明した廉価本で、もう1つは、恩師となった米パデュー大学ブラウン教授の『ハイドロボレーション』という、英文で書かれたホウ素化合物の合成反応に関する本であった[9]
  • 大学教官時代は、人当たりがよく、おおらかで周囲に慕われた。また、温和な表情で的確なアドバイスをすることが多かったという。「ワイフが、ワイフが」とを自慢する愛妻家で家族思いな人柄としても知られていた[9]
  • 好きで、北大時代には酔っぱらって学生や助手に担がれて帰宅したことも多かったといわれる[9]

受賞[編集]

  • 1986年 - Weissberger-Williams Lectureship Award
  • 1987年 - 韓国化学会功労賞
  • 1989年 - 日本化学会賞
  • 1995年 - DowElanco Lectureship Award
  • 2000年 - The H. C. Brown Lecture Award
  • 2003年 - 有機合成化学協会特別賞
  • 2004年 - 日本学士院賞(パラジウム触媒を活用する新有機合成反応の研究)
  • 2010年

家族[編集]

妻と2人の娘がいる。妻との出会いは2人が高校3年生のころで、当時の鈴木は妻によれば「細くて折れそうな人」だったという。北海道大学に合格した鈴木からの手紙により交際が始まった。大学での職を得るまで、妻は保育士として家計をささえ、アメリカ留学の際にはともに渡米し、破れた白衣ミシンで繕い、タイプライターを打つのを手伝うなどして研究活動を支えたという[16]

2人の娘はともに、首都圏在住である。自宅ではあまり学問の話はしなかったという。長女によれば「明るくて陽気。そしてお酒が大好き。よく家のテレビで一緒にドリフターズを見た」とのことである[9]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b A new stereospecific cross-coupling by the palladium-catalyzed reaction of 1-alkenylboranes with 1-alkenyl or 1-alkynyl halides/Miyaura Norio, Yamada Kinji, Suzuki Akira (1979)(英語) - 北海道大学
  2. ^ The Nobel Prize in Chemistry 2010(英語) - スウェーデン王立科学アカデミー
  3. ^ 「鈴木章 ノーベル化学賞への道」北海道大学出版会
  4. ^ 文化勲章受章者顔ぶれ 時事通信 2010年10月26日閲覧
  5. ^ 文化勲章の喜び「じんわりと」 ノーベル賞の2人も受章 朝日新聞 2010年10月26日閲覧
  6. ^ a b 世界の化学者データベース「鈴木章」
  7. ^ 有機導電性材料や液晶分子などは芳香族機能性材料群と総称される。
  8. ^ “根岸・鈴木氏、特許取得せず…栄誉の道開く一因”. 読売新聞. (2010年10月7日12時46分). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101007-OYT1T00571.htm 2010年10月8日(金)閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g 『朝日新聞』2010年10月7日
  10. ^ 『報道ステーション』で古舘アナにノーベル化学賞受賞者がイライラ「あぁもう!」-サーチナ社会ニュース 2010年10月7日
  11. ^ 「2位じゃだめか、は愚問」ノーベル賞・鈴木さん、蓮舫氏発言をバッサリ-msn産経ニュース 2010年10月8日
  12. ^ 「劣等生だった」に会場沸く=鈴木・根岸さん記念講演―ノーベル賞・ストックホルム -時事通信社 2010年12月8日
  13. ^ a b 『朝日小学生新聞』2010年10月8日
  14. ^ 『子供の科学』2010年12月号 p.5
  15. ^ 鈴木名誉教授と根岸氏にノーベル化学賞 産経新聞 2010年10月6日閲覧
  16. ^ “ノーベル化学賞 鈴木さんの陽子夫人「当たっちゃった」”. 産経新聞. (2010年10月7日 13時19分). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/448766/ 2010年10月10日(日)閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]