根岸英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
根岸 英一
根岸 英一(2010年)
人物情報
生誕 1935年7月14日(79歳)
満州国の旗 満州国新京
居住 満州国の旗 満州国
日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
ペンシルベニア大学
学問
研究分野 化学
研究機関 シラキュース大学
パデュー大学
博士課程
指導教員
アラン・R・デイ
主な業績 根岸カップリング
主な受賞歴 ノーベル化学賞(2010年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング

根岸 英一(ねぎし えいいち、1935年7月14日[1][2] - )は、日本化学者2010年ノーベル化学賞受賞。パデュー大学特別教授 (H.C. Brown Distinguished Professor of Chemistry)。

経歴[編集]

1935年昭和10年)、満州国新京(現在の中華人民共和国吉林省長春市)にて誕生し[1][2]日本統治時代の朝鮮京城府城東区(現在の大韓民国ソウル特別市城東区)で育つ[3]

戦後神奈川県高座郡大和町(現大和市)に引き揚げ、同地で少年時代を送る。新京時代に内地の同世代の児童より1年早く小学校に就学したため、神奈川県立湘南高等学校に入学した際には同級生より1歳年下となっていたという[4]。湘南高校の2学年上に石原慎太郎が在籍しており、一時期、両者は美術部に所属していた(なお、根岸は美術部を短期間で退部している)。1953年(昭和28年)に湘南高等学校を卒業[2]。湘南高校在籍時は成績優秀な生徒ではなかったが、猛勉強の末、同年17歳で東京大学に入学。東京大学の入試に落第したときは東京芸術大学楽理科指揮科なら楽器演奏のできない根岸でも入学できると考え芸大への進学も考えていた。

1958年(昭和33年)東京大学工学部応用化学科卒業。東京大学工学部出身者としては初めてのノーベル賞受賞者[5]である。東京大学卒業後、帝人へ入社[1]。その後、帝人を休職してフルブライト奨学生としてペンシルベニア大学博士課程へ留学し1963年にPh.D.を取得。博士課程での指導教授はアラン・R・デイ

Ph.D.取得後は日本の大学での勤務を希望していたが職場が見つからず[6]1966年に帝人を退職(帝人は慰留したため休職扱い)してパデュー大学博士研究員となる。このときの指導教授はハーバート・C・ブラウン1979年ノーベル化学賞受賞)。1968年パデュー大学助教授助教扱い)、1972年シラキュース大学助教授に就任し帝人を正式に退職。1976年シラキュース大学准教授に昇格し、1979年にブラウン教授の招きでパデュー大学へ移籍し教授に就任。1999年からパデュー大学ハーバート・C・ブラウン化学研究室特別教授の職位にある。

2011年、母校ペンシルベニア大学から名誉博士号 (Doctor of Science) を授与された[7]。また古巣である帝人から『帝人グループ名誉フェロー』に招聘され、就任している[8]。加えて、独立行政法人科学技術振興機構の総括研究主監に就任し、同機構が日本における活動拠点となっている[9]

在米歴は50年を超え家族は妻、2女と4孫。妻は湘南高校の同級生の妹。趣味はスキー。

業績[編集]

特許を取得しなければ、我々の成果を誰でも気軽に使えるからと考え、半ば意識的にした。

根岸英一 、2010年10月7日12時46分 読売新聞[11]

その他、二塩化ジルコノセンを還元して得られる Zr(C5H5)2根岸試薬とも呼ばれ、多置換ベンゼンの合成などに用いられる。また、2010年ノーベル賞受賞の功績により、平成22年文化功労者に選出されると同時に文化勲章を受章することも決定した[12][13]

  • 2011年3月11日に起こった福島第一原発事故に関しても週刊誌にコメントを載せている。

原発に頼ることをやめるべき.....。東大の先生は東電に買収されています。そうすると公平にものを言えなくなる。だから、絶対に買収されてはいけません。私は買収されていないから、どこでも何に対しても自由に発言できるのです。

根岸英一 、週刊現代 2011年5月11日号

賞歴[編集]

ストックホルム大学でのノーベル賞受賞講演(2010年)
  • 2011 American Academy of Arts & Sciences
  • 2011 Order of the Griffin
  • 2011 Sagamore of the Wabash
  • 2010 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
  • 2010 Nobel Prize in Chemistry (ノーベル化学賞)[10]
  • 2010 The Order of Culture, Japan
  • 2009 Invited Lectureship, 4th Mitsui International Catalysis Symposium (MICS-4), Kisarazu, Japan
  • 2007 Gold Medal of Charles University, Prague, Czech Republic
  • 2007 Yamada-Koga Prize
  • 2003 Sigma Xi Award, Purdue University
  • 2000 Sir Edward Frankland Prize Lectureship
  • 1998-2000 Alexander von Humboldt Senior Researcher Award
  • 1998 American Chemical Society Award for Organometallic Chemistry
  • 1998 Herbert N. McCoy Award
  • 1997 Chemical Society of Japan Award(日本化学会賞)[14]
  • 1996 A. R. Day Award (ACS Philadelphia Section award)
  • 1987 Guggenheim Fellowship
  • 1962-1963 Harrison Fellowship at University of Pennsylvania
  • 1960-1961 Fulbright-Smith-Mund Fellowship

門下生[編集]

高橋保:化学者、北海道大学教授。博士研究員としてパデュー大学根岸研究室に在籍した経歴を持つ。根岸の日本での研究拠点として高橋が勤務する北海道大学触媒化学研究センター・特別招聘教授に就任した。

吉田隆夫:e-食安全研究会理事長。研究員としてシラキュース大学根岸研究室に在籍した経歴を持つ。

脚註[編集]

  1. ^ a b c “ノーベル化学賞に鈴木、根岸氏”. 琉球新報. (2010年10月6日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-168485-storytopic-1.html 2010年10月6日閲覧。 
  2. ^ a b c “根岸英一氏「不思議でないと思った」…ノーベル化学賞”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年10月7日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101007-OHT1T00061.htm 2010年10月7日閲覧。 
  3. ^ 根岸英一教授「韓国、ノーベル科学賞受賞の条件は整った」(2) 中央日報 2011年07月22日閲覧
  4. ^ 湘南高校出身のノーベル賞・根岸さん、同級生らから喜びの声/神奈川 神奈川新聞 2010年10月7日閲覧
  5. ^ 工学部応用化学科(現在の化学・生命系3学科)ご卒業の根岸英一先生がノーベル化学賞受賞、東京大学工学部HP
  6. ^ ノーベル化学賞:根岸さんうっすら涙「来るものが来た」、毎日新聞(電子版)、2010年10月7日
  7. ^ Penn's 2011 Honorary Degree Recipients
  8. ^ ノーベル化学賞受賞の根岸英一氏が帝人グループ名誉フェローに就任しました 帝人プレスリリース 2011年1月11日閲覧
  9. ^ ノーベル賞受賞者 根岸英一 氏がJSTの総括研究主監に就任独立行政法人科学技術振興機構プレスリリース(2011年6月15日)
  10. ^ a b “鈴木名誉教授と根岸氏にノーベル化学賞”. 産経新聞. (2010年10月6日). http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/101006/acd1010061854009-n1.htm 2010年10月6日閲覧。 
  11. ^ a b “根岸・鈴木氏、特許取得せず…栄誉の道開く一因”. 読売新聞. (2010年10月7日12時46分). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101007-OYT1T00571.htm 2010年10月8日(金)閲覧。 
  12. ^ 文化勲章受章者顔ぶれ 時事通信 2010年10月26日閲覧
  13. ^ 文化勲章の喜び「じんわりと」 ノーベル賞の2人も受章 朝日新聞 2010年10月26日閲覧
  14. ^ 日本化学会 各賞受賞者一覧”. 日本化学会 (2010年1月22日). 2010年10月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]