ロバート・グラブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2005年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:有機合成におけるメタセシス法の開発

ロバート・ハワード・グラブスRobert Howard Grubbs, 1942年2月27日 - )はアメリカ合衆国化学者2005年にオレフィンメタセシスの研究業績によりイヴ・ショーヴァンリチャード・シュロックとともにノーベル化学賞を受賞した。

経歴[編集]

ケンタッキー州カルヴァート・シティに生まれる。ゲインズビルフロリダ大学を卒業後、1968年ニューヨークコロンビア大学のロナルド・ブレスローの元で博士号を得た。スタンフォード大学のジェームス・コールマンの下で1年働いた後、ミシガン州立大学に移った。1978年カリフォルニア工科大学に移り、2005年現在、化学科の教授である。

主に有機金属触媒を研究対象としており、オレフィンメタセシスに用いられるグラブス触媒の開発が業績として著名である。他にもリビング重合の研究でも業績をあげている。

1989年アメリカ科学アカデミーの会員、1994年アメリカ芸術科学アカデミーフェローに選ばれた。また学会などから多数の賞を受賞している。

グラブス触媒[編集]

1993年にグラブスは、ルテニウムをベースとした新しいオレフィンメタセシス反応のための触媒を開発に成功した。このグラブス触媒は水や酸素に安定で非常に扱いやすく、これまでの有機金属反応の常識を大きく塗り替えるものだった。グラブス触媒はその後さらに改善され、市販されている。 グラブス触媒の特性は、ケトンアルコールエステルアミドなど反応を起こしやすい原子団とは全く反応せずに、最も反応しにくいとされる二重結合だけと選択的に反応する点である。

主な受賞歴[編集]

外部リンク[編集]