アーウィン・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーウィン・ローズ
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2004年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ユビキチンを介したタンパク質分解の発見

アーウィン・ローズ(Irwin A. Rose、1926年7月16日 - )は、アメリカ生物学者。2004年に「ユビキチンを介したタンパク質分解の発見」により、アーロン・チカノーバーアブラム・ハーシュコと共にノーベル化学賞を受賞した。

経歴[編集]

ローズは1926年にニューヨーク州で生まれた。第二次世界大戦により海軍へと入隊する前、ワシントン州立大学に一年間在籍した。戦後に復員するとシカゴ大学へと入学、1948年に理学士号を取得、1952年生化学専攻で博士号を得た。2004年にノーベル化学賞を取得。

彼のユビキチン(ubiquitin; UB)に関する偉大な業績は、フィラデルフィアのフォックスチェースがんセンター(Fox Chase Cancer Center : FCCC)在籍時に数人の博士研究員を指導していた時に成された。その中には、ユビキチン鎖の発見者であるアート・ハース(Art Haas)や、APF-1とユビキチンが同一のものであると初めて同定したケイス・ウィルキンソン(Keith Wilkinson)、ユビキノンの分野において世界的な酵素学者であるセシル・ピッカート(Cecile Pickart)らがいた。なお、夏になるとローズはしばしばケイス・ウィルキンソンとアート・ハースを伴い、ハーモニカを持って、アーロン・チカノーバーやアブラム・ハーシュコの研究室へ旅行に行った。

ローズは現在、カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)の医学部で、生物物理学と生理学教授として勤務している。

論文[編集]

  • Hershko, A., Ciechanover, A., and Rose, I.A. (1979) "Resolution of the ATP-dependent proteolytic system from reticulocytes: A component that interacts with ATP". Proc. Natl. Acad. Sci. USA 76, pp. 3107-3110.
  • Hershko, A., Ciechanover, A., Heller, H., Haas, A.L., and Rose I.A. (1980) "Proposed role of ATP in protein breakdown: Conjugation of proteins with multiple chains of the polypeptide of ATP-dependent proteolysis". Proc. Natl. Acad. Sci. USA 77, pp. 1783-1786.

外部リンク[編集]