マイケル・レヴィット (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・レヴィット
2013年2月の生物物理学会にて
人物情報
生誕 1947年5月9日(67歳)
南アフリカの旗 南アフリカ連邦 プレトリア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
イスラエルの旗 イスラエル[1]
出身校 プレトリア大学
キングス・カレッジ・ロンドン
ケンブリッジ大学
学問
研究分野 生物物理学
主な業績 複雑な化学反応に関するマルチスケールモデルの開発
主な受賞歴 ノーベル化学賞(2013年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2013年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:複雑な化学反応に関するマルチスケールモデルの開発

マイケル・レヴィット: Michael Levitt, 1947年5月9日 - )は、アメリカイギリスイスラエル[2]生物物理学者であり、1987年からスタンフォード大学構造生物学教授を務めている[3]。彼は計算生物学の研究者であり[4]王立協会米国科学アカデミーの会員である。

レヴィットは2013年にノーベル化学賞マーティン・カープラスアリー・ウォーシェルとともに「複雑な化学システムのためのマルチスケールモデルの開発」という理由で共同受賞した[5][6]

生い立ち[編集]

レヴィットは南アフリカ共和国プレトリアユダヤ人の家族に生まれた。父親はリトアニアプルンゲの、母親はチェコの血筋である[7]。彼はサニーサイド小学校に通い、1960年から1962年にかけてプレトリア男子高等学校に通った。15歳の時、家族はイングランドに移住した[8]。レヴィットは1963年にプレトリア大学で応用数学を学んだ[9]。彼はキングス・カレッジ・ロンドンに入学し、1967年に物理学学士号を得た[10][11]

1967年に彼は初めてイスラエルを訪れた。イスラエル人でマルチメディア・アーティストである妻リナと共に、ケンブリッジ大学で学び、そこで3人の子をもうけた。1979年に彼はイスラエルに戻り、レホヴォトワイツマン科学研究所で研究に従事し、1980年にイスラエルの市民権を得た。1985年には6週間、イスラエル国防軍で勤務した。1986年からはスタンフォード大学で教鞭を執りはじめ、それ以降はイスラエルとカリフォルニアを行き来する生活を送っている[8]

レヴィットはアメリカイギリスイスラエルの市民権を持ち、最近10年間でノーベル化学賞を得たイスラエル人としては6人目となる[12][13]

レヴィットは、妻と子供らが住むイスラエルを毎年訪れている[14][15]

経歴[編集]

レヴィットはケンブリッジピーターハウス英語版計算生物学の博士課程に在籍した。1968年から1972年にかけてはMRC分子生物学研究所に在籍して、のちに彼の多くの研究で土台となる、分子構造を分析するコンピュータ・プログラムの開発を行なった[16][17]。1967年、彼はケンブリッジ大学分子研究所のスタッフとしてイスラエルに派遣され、ハイファのイスラエル工科大学の Shneior Lifson 教授とその弟子アリー・ウォーシェルと共に、ワイツマン科学研究所で研究を行なった。彼らは、生体分子の挙動を明らかにするためにコンピュータ・モデルを使った[18]

1980年から1987年にかけて、彼はワイツマン科学研究所で化学物理学の教授を務めた。その後、カリフォルニアのスタンフォード大学で構造生物学の教授を務めた。

  • イスラエルのワイツマン科学研究所にて、王立協会の交換研究員 (Exchange Fellow)(1967年-1968年)
  • ケンブリッジのMRC分子生物学研究所にて、研究員 (Staff Scientist)(1973年-1980年)
  • ワイツマン科学研究所にて、化学物理学教授(1980年-1987年)(1980年-1983年は部門長)
  • スタンフォード大学にて、構造生物学教授(1987年-)

研究[編集]

レヴィットは、DNA と蛋白質の挙動について分子動力学法に基づくシミュレーションを行なった最初の研究者の一人であり、そのためのソフトウェアを世界で初めて開発した[19][20][21][22]。現在、彼は高分子構造のふるまいの予測手法を開発したことで著名であり、蛋白質構造を予測する手法を評価するコンテスト (CASP, Critical Assessment of Techniques for Protein Structure Prediction) に多数参加し[23]分子動力学は蛋白質構造を明快に表現できないと批判している[24]。彼はまた、蛋白質の折り畳みとパッキングを分析するため、蛋白質構造のシンプルな表現方法を研究し[25][26][27]、大規模シーケンス構造を比較するための点数化システムを開発した[28][29]。彼は、Mark Bender Gerstein、Ram Samudrala など優れた後進を指導してきている[30]。Cyrus Chothia は共同研究者の一人である。

受賞[編集]

レヴィットは2013年にノーベル化学賞を「複雑な化学反応に関するマルチスケールモデルの開発」という理由でマーティン・カープラスアリー・ウォーシェルと共同受賞した[5]

企業での活動[編集]

レヴィットは、以下の企業で科学顧問委員 (Scientific Advisory Boards) として働いている。

  • Oplon Ltd
  • Cocrystal Discovery
  • StemRad, Ltd
  • Cengent Therapeutics, Inc

脚注[編集]

  1. ^ The Nobel Prize in Chemistry 2013 Press Release
  2. ^ 2 Israeli-Americans awarded Nobel Prize in chemistry” (英語). Ynet (2013年10月9日). 2014年9月4日閲覧。
  3. ^ Michael Levitt” (英語). Stanford University. 2014年9月4日閲覧。
  4. ^ Michael Levitt. “The birth of computational structural biology” (英語). nature.com. doi:10.1038/87545. 2014年9月4日閲覧。
  5. ^ a b The Nobel Prize in Chemistry 2013 (PDF)” (英語). Royal Swedish Academy of Sciences (2013年10月9日). 2014年9月4日閲覧。
  6. ^ Kenneth Chang (2013年10月9日). “3 Researchers Win Nobel Prize in Chemistry” (英語). New York Times. 2014年9月4日閲覧。
  7. ^ Foreign Minister congratulates Litvak Levitt on winning Nobel Prize” (英語) (2013年10月9日). 2013年10月10日閲覧。
  8. ^ a b Omer Shubert. “Nobel laureate Michael Levitt tells Haaretz: 'I still feel 16, so I have no ego” (英語). Haaretz. 2014年9月4日閲覧。
  9. ^ Nicolize Mulder (2013年10月30日). “Nobel laureate recollects UP’s contribution to his scientific career” (英語). University of Pretoria. 2014年9月4日閲覧。
  10. ^ ‘LEVITT, Prof. Michael’, Who's Who 2013, A & C Black, an imprint of Bloomsbury Publishing plc, 2013; online edn, Oxford University Press”. 2014年9月4日閲覧。(要購読契約)
  11. ^ MICHAEL LEVITT (May 2004)” (英語). Stanford University. 2014年9月4日閲覧。
  12. ^ Haviv Rettig Gur (2013年10月9日). “Tiny Israel a Nobel heavyweight, especially in chemistry” (英語). The Times of Israel. 2014年9月4日閲覧。
  13. ^ Israelis lose out to US-German trio for Nobel medicine prize” (英語). The Times of Israel (2013年10月7日). 2014年9月4日閲覧。
  14. ^ Ido Efrati, The Associated Press (2013年10月9日). “Two Israeli scientists who emigrated to U.S. win Nobel Prize in Chemistry” (英語). Haaretz. 2014年9月4日閲覧。
  15. ^ Yitzhak Benhorin (2013年10月9日). “Nobel laureate: I didn't get tenure in Israel” (英語). Ynet. 2014年9月4日閲覧。
  16. ^ Levitt, Michael (1972年). Conformation analysis of proteins (PhD thesis). University of Cambridge.. http://ulmss-newton.lib.cam.ac.uk/vwebv/holdingsInfo?bibId=10796 
  17. ^ Nobel Prize in Chemistry for Peterhouse alumnus” (英語). 2014年9月4日閲覧。
  18. ^ James Morgan, Jonathan Amos (2013年10月9日). “Computer chemists win Nobel prize” (英語). BBC News. 2014年9月4日閲覧。
  19. ^ Chothia, C.; Lesk, A. M.; Tramontano, A.; Levitt, M.; Smith-Gill, S. J.; Air, G.; Sheriff, S.; Padlan, E. A.; Davies, D.; Tulip, W. R.; Colman, P. M.; Spinelli, S.; Alzari, P. M.; Poljak, R. J. (1989). "Conformations of immunoglobulin hypervariable regions". Nature 342 (6252): 877–883. Bibcode:1989Natur.342..877C. doi:10.1038/342877a0. PMID 2687698.
  20. ^ Levitt, M.; Chothia, C. (1976). "Structural patterns in globular proteins". Nature 261 (5561): 552–558. Bibcode:1976Natur.261..552L. doi:10.1038/261552a0. PMID 934293.
  21. ^ Warshel, A.; Levitt, M. (1976). "Theoretical studies of enzymic reactions: Dielectric, electrostatic and steric stabilization of the carbonium ion in the reaction of lysozyme". Journal of Molecular Biology 103 (2): 227–249. doi:10.1016/0022-2836(76)90311-9. PMID 985660.
  22. ^ Levitt, M. (1976). "A simplified representation of protein conformations for rapid simulation of protein folding". Journal of Molecular Biology 104 (1): 59–107. doi:10.1016/0022-2836(76)90004-8. PMID 957439.
  23. ^ Chopra, G.; Kalisman, N.; Levitt, M. (2010). "Consistent refinement of submitted models at CASP using a knowledge-based potential". Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics 78 (12): n/a–n/a. doi:10.1002/prot.22781. PMC 2911515. PMID 20589633.
  24. ^ CASP participants usually did not try to use MD to avoid "a central embarrassment of molecular mechanics, namely that energy minimization or molecular dynamics generally leads to a model that is less like the experimental structure", Koehl P. and Michael Levitt (1999). "A brighter future for protein structure prediction". [[|Nature Structural Biology]]英語版 vol. 6 108–111.
  25. ^ Hinds, D. A.; Levitt, M. (1994). "Exploring conformational space with a simple lattice model for protein structure". Journal of molecular biology 243 (4): 668–682. doi:10.1016/0022-2836(94)90040-X. PMID 7966290.
  26. ^ Park, B.; Levitt, M. (1996). "Energy Functions that Discriminate X-ray and Near-native Folds from Well-constructed Decoys". Journal of Molecular Biology 258 (2): 367–392. doi:10.1006/jmbi.1996.0256. PMID 8627632.
  27. ^ Gerstein, M.; Tsai, J.; Levitt, M. (1995). "The Volume of Atoms on the Protein Surface: Calculated from Simulation, using Voronoi Polyhedra". Journal of Molecular Biology 249 (5): 955–966. doi:10.1006/jmbi.1995.0351. PMID 7540695.
  28. ^ Levitt, M.; Gerstein, M. (1998). "A unified statistical framework for sequence comparison and structure comparison". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 95 (11): 5913–5920. doi:10.1073/pnas.95.11.5913. PMC 34495. PMID 9600892.
  29. ^ Brenner, S. E.; Koehl, P.; Levitt, M. (2000). "The ASTRAL compendium for protein structure and sequence analysis". Nucleic acids research 28 (1): 254–256. doi:10.1093/nar/28.1.254. PMC 102434. PMID 10592239.
  30. ^ 著作一覧 - Microsoft Academic Search.