アブラム・ハーシュコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Avram Hershko
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2004年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ユビキチンを介したタンパク質分解の発見

アブラム・ハーシュコ:Avram Hershko、:Herskó Ferenc、1937年12月31日 - )は、ハンガリーイスラエル人生化学者である。2004年ノーベル化学賞を受賞。

経歴[編集]

アブラム・ハーシュコは、1937年12月31日にハンガリーのヤース・ナジクン・ソルノク県カルツァグで生まれた。1965年イスラエルにあるヘブライ大学ハダサー医学部にてM.Dを取得、1969年にはPh.Dを取得した。

2000年ラスカー賞を受賞。2004年にはアーロン・チカノーバーアーウィン・ローズ と共に、「ユビキチンを介したタンパク質分解の発見」によりノーベル化学賞を受賞した。

ユビキチンプロテアソーム経路は、細胞ホメオスタシスを維持する上で重要な役割を担っており、以下のような疾患の発病と進行に関与していると考えられている。

ハーシュコは現在、イスラエルのファイハにあるイスラエル工科大学ラパポート医科学研究所教授として勤務している。また、ニューヨーク大学でも病理学の助教授として教鞭をとっている。

受賞歴[編集]

執筆論文[編集]

  • Hershko, A., Ciechanover, A., and Rose, I.A. (1979) "Resolution of the ATP-dependent proteolytic system from reticulocytes: A component that interacts with ATP". Proc. Natl. Acad. Sci. USA 76, pp. 3107-3110.
  • Hershko, A., Ciechanover, A., Heller, H., Haas, A.L., and Rose I.A. (1980) "Proposed role of ATP in protein breakdown: Conjugation of proteins with multiple chains of the polypeptide of ATP-dependent proteolysis". Proc. Natl. Acad. Sci. USA 77, pp. 1783-1786.
  • Ciechanover, A., Elias, S., Heller, H. and Hershko, A. (1982) Covalent affinity purification of ubiquitin-activating enzyme. J. Biol. Chem. 257, 2537-2542.
  • Hershko, A., Heller, H., Elias, S. and Ciechanover, A. (1983) Components of ubiquitin-protein ligase system: resolution, affinity purification and role in protein breakdown. J. Biol. Chem. 258, 8206-8214.
  • Hershko, A., Leshinsky, E., Ganoth, D. and Heller, H. (1984) ATP-dependent degradation of ubiquitin-protein conjugates. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 81, 1619-1623.
  • Hershko, A., Heller, H., Eytan, E. and Reiss, Y. (1986) The protein substrate binding site of the ubiquitin-protein ligase system. J. Biol. Chem. 261, 11992-11999.
  • Ganoth, D., Leshinsky, E., Eytan, E., and Hershko, A. (1988) A multicomponent system that degrades proteins conjugated to ubiquitin. Resolution of components and evidence for ATP-dependent complex formation. J. Biol. Chem. 263, 12412-1241.

外部リンク[編集]