西塚泰美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西塚 泰美(にしづか やすとみ、1932年7月12日 - 2004年11月4日 )は日本の医学者生化学者神戸大学名誉教授。元学長医学博士京都大学、1963年)。日本学士院会員。兵庫県芦屋市生まれ、愛知県名古屋市育ち。熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校)、京都大学医学部卒業

業績[編集]

牛の脳細胞から、タンパク質リン酸化酵素であるプロテインキナーゼCを取り出すことに成功し、その機能を解析した。これにより、新たな細胞内の情報伝達系が解明され、癌化機構を初めとする様々な生命調節機構が明らかになった。この業績は、1991年に米国科学情報研究所(ISI)発表の論文引用頻度で7位に挙げられるほど高く評価され、その後の生命科学の進展に多大な影響を与えた。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1962年4月 - 京都大学医学部助手
  • 1964年4月 - 京都大学医学部助教授
  • 1964年7月 - ロックフェラー大学客員研究員
  • 1968年1月 - 神戸大学医学部教授
  • 1980年11月 -生物科学総合研究機構基礎生物学研究所教授併任(1981年4月まで)
  • 1981年4月 -岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所教授併任(1985年3月まで)
  • 1984年11月 -ハーバード大学医学部客員教授
  • 1989年4月 - 神戸大学理学部教授併任(1992年3月まで)
  • 1990年6月 - スタンフォード大学客員教授
  • 1991年8月 - バレンシア細胞研究所(スペイン)客員研究員
  • 1992年4月 - ワシントン大学客員教授
  • 1992年6月 - 神戸大学バイオシグナル研究センター長(1995年2月まで)
  • 1994年4月 - 京都大学ウイルス研究所教授併任(1995年2月まで)
  • 1995年2月 - 神戸大学学長(2001年2月まで 医療技術短期大学部学長兼務(1998年3月まで))
  • 2001年2月 - 神戸大学名誉教授
  • 2001年4月 - 兵庫県成人病センター総長

受賞歴・叙勲歴[編集]

  • 1975年 - 松永賞受賞(「ホルモンによる代謝の調節機構に関する研究」)
  • 1982年度 - 武田医学賞受賞(「ホルモン及び神経伝達物質の受容機構に関する研究」)[1]
  • 1986年 - 朝日賞受賞(「ホルモンおよび神経伝達物質の作用機構に関する研究」)
  • 1986年 - 日本学士院賞(「ホルモン作用における情報の受容伝達機構に関する研究」)
  • 1987年 - 文化功労者
  • 1988年 - スローン賞(米国癌研究賞)受賞
  • 1988年 - アルフレッド賞受賞
  • 1988年 - 文化勲章受章
  • 1988年 - ガードナー国際賞(カナダ医学生理学賞)受賞
  • 1989年 - アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(米国医学生理学賞)受賞
  • 1990年 - ロンドン王立協会外国人会員に選出[2]
  • 1992年 - 京都賞(基礎科学部門)受賞
  • 1992年 - ブレメンダル賞(オランダ生理学賞)受賞
  • 1994年 - ウルフ賞医学部門(イスラエル国家賞)受賞
  • 1994年 - デールメダル(英国内分泌学会賞)受賞
  • 1995年 - ディアズ賞(スペイン医学生理学賞)受賞
  • 1995年 - シエーリング賞(ドイツ医学生理学賞)受賞
  • 1996年 - バナジーメダル(インド・カルカッタ大学学術賞)受賞
  • 2004年 - 叙従三位、授銀杯一組

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2009年10月18日閲覧。
  2. ^ Nishizuka; Yasutomi (1932 - 2004)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月27日閲覧。