スタンリー・B・プルシナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタンリー・ベン・プルシナー
人物情報
生誕 1942年5月28日
国籍 アメリカ合衆国
出身校 ペンシルベニア大学
学問
研究分野 医学
研究機関 カリフォルニア大学サンフランシスコ校
主な受賞歴 Nobel prize medal.svg ノーベル生理学・医学賞 (1997年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1997年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:感染を引き起こす新たな原因物質としてのプリオンの発見

スタンリー・ベン・プルシナー(Stanley Ben Prusiner、M.D.1942年5月28日 - )はアメリカ合衆国生化学者医師カリフォルニア大学サンフランシスコ校 (UCSF) の神経学生化学の教授。蛋白質であるプリオンが病原性物質として振る舞うことを発見し、1997年ノーベル生理学・医学賞を単独で受賞した。

経歴[編集]

アイオワ州デモイン生まれ。子供時代にはデモインとシンシナティで過ごし、ウォールナット・ヒル高校に通う。卒業後ペンシルベニア大学に入学し、化学を専攻し、後にM.D.を獲得する。UCSF でインターンシップを終える。その後、アメリカ国立衛生研究所(NIH) に移り、アール・スタッドマンの研究室で大腸菌のグルタミナーゼを三年間研究する。再びUCSFに戻ったプルシナーは神経学の研修を終え、1974年からは神経学部門の教員となる。UCSFの他の部門やバークレー校の客員教授なども務める。

主な受賞歴[編集]

外部リンク[編集]