ロックフェラー大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファウンダーズ・ホール

ロックフェラー大学(ろっくふぇらーだいがく、Rockefeller University)は、ニューヨークにある私立大学で、生物学・医学分野の大学院生やポスドクの研究生を対象としている。マンハッタン島のアッパーイーストサイド、ヨーク・アベニューの63通りから68通りの間に位置する。

この学校の関係者から、23人のノーベル賞受賞者を輩出している。またこの大学では科学史上の大発見が数多くなされており、例えばDNAが遺伝情報を伝える物質であることや、血液型の存在、ウイルスを引き起こすこと、抗体の構造、ヘロイン中毒患者へのメタドンの処方、エイズカクテル療法、体重を制御するホルモンであるレプチンなどは、この大学で発見された。

歴史[編集]

この大学は、石油王で慈善家のジョン・ロックフェラーが1901年に設立したロックフェラー医学研究センターThe Rockefeller Institute for Medical Research)を前身とする。ジョン・ロックフェラーは1889年にシカゴ大学も設立している。この大学の歴史はロックフェラー家と密接に関わっており、例えばデイヴィッド・ロックフェラーは現在も名誉総長である。1965年には、教育の機能も受け持つことになり、名称をロックフェラー大学と改めた。野口英世が1904年よりロックフェラー医学研究所で研究に従事したこともよく知られている。

概要[編集]

  • 研究室 70以上
  • 科学者 約190人
  • ポスドク 約360人
  • 職員 約1000人
  • 博士課程 (Ph.D.) 約150人
  • 医学研究者養成課程 (M.D. -Ph.D)  約50人
  • 卒業生 約890人

研究分野[編集]

  • 生化学、構造生物学、化学
  • 分子、細胞、進化生物学
  • 免疫学、ウイルス学、微生物学
  • 医学、ヒト遺伝子
  • 神経科学
  • 物理学、数理生物学

ノーベル賞受賞者[編集]