アーロン・チカノーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aaron Ciechanover
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2004年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ユビキチンを介したタンパク質分解の発見

アーロン・チカノーバーAaron Ciechanoverאהרון צ'חנובר Aharon Tzichanobher アハロン・ツィハノヴェル1947年10月1日 - )は、イスラエル生化学者。テクニオン・イスラエル工科大学医学部教授、ラパポート医学研究所教授。国籍はイスラエル。

ポーランドチェハヌフCiechanów)出身であることを示している。

2004年、テクニオン・イスラエル工科大学のアブラム・ハーシュコ名誉教授、カリフォルニア大学アーバイン校アーウィン・ローズ教授と共に、「ユビキチンが仲介するタンパク質分解発見」に対してノーベル化学賞を受賞。

主な業績など[編集]

タンパク質は全ての生物の構成要素である。生化学ではここ20・30年間タンパク質の生成過程にも関心がもたれており、タンパク質分解に注目する研究者はマイナーだった。研究者らはユビキチンを介したタンパク質分解を発見し、特定のタンパク質のみが分解され、他は分解されないことへの分子レベルの理解を可能にした。

主な受賞歴[編集]