アリール基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリール基(Aryl)は、芳香族炭化水素から誘導された官能基または置換基である。アリール置換基やアリール基への置換基の為に"フェニル基"のような用語があるが、アリール基は略語もしくは一般化の為に使われている。狭義には、単純芳香環の誘導体であるが、一般には、ナフチルなどの多環芳香族炭化水素基をも包含する。

アリール基の例。左から、フェニル基ベンジル基トリル基o-キシリル基

最もシンプルなアリール基はフェニル基で、ベンゼンから誘導される。トリル基はトルエン(メチルベンゼン)から誘導される。キシリル基はキシレン(ジメチルベンゼン)から誘導される。

関連項目[編集]