キシレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
o-キシレン
IUPAC名 o-キシレン(許容慣用名)
1,2-ジメチルベンゼン(系統名)
CAS登録番号 [95-47-6]
形状 無色液体
密度 0.88 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.7(空気 = 1)
融点 −25 °C
沸点 144 °C
水への溶解度 不溶
SMILES C1=CC=CC(C)=C1C
出典 ICSC

m-キシレン
IUPAC名 m-キシレン(許容慣用名)
1,3-ジメチルベンゼン(系統名)
CAS登録番号 [108-38-3]
形状 無色液体
密度 0.86 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.7(空気 = 1)
融点 −48 °C
沸点 139 °C
水への溶解度 不溶
SMILES C1(C)=CC=CC(C)=C1
出典 ICSC

p-キシレン
IUPAC名 p-キシレン(許容慣用名)
1,4-ジメチルベンゼン(系統名)
CAS登録番号 [106-42-3]
形状 無色液体
密度 0.86 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.7(空気 = 1)
融点 13 °C
沸点 138 °C
水への溶解度 不溶
SMILES C1=C(C)C=CC(C)=C1
出典 ICSC

キシレン (xylene) は分子式 C8H10分子量 106.17 の芳香族化合物で、ベンゼン水素のうち2つをメチル基で置換したものである。キシロールとも呼ばれる。

性質[編集]

3種類の異性体o-キシレン(1,2-ジメチルベンゼン)、m-キシレン(1,3-ジメチルベンゼン)、p-キシレン(1,4-ジメチルベンゼン)が存在する。いずれも可燃性で、煤を出して燃える。極性溶媒に難溶、非極性溶媒に可溶。毒劇法により医薬用外劇物に指定されている。日本では製造・使用・廃棄に関して、管理・届け出が必要な化学物質としてPRTR法の第一種-30 にて指定されている。

構造[編集]

キシレンの構造式は次の通り。左から順にo-キシレン、m-キシレン、p-キシレンである。

Xylenes ja.png

また、これらを空間充填モデルで表すと次のようになる。

用途[編集]

石油中に含まれ、薬剤等の原料として用いられる。医学生物学分野では、古くから組織の切片標本の作製の際、組織を包埋するパラフィンや、封入剤として用いるカナダバルサムの溶媒として用いられてきたが、人体への毒性のため無害の代替品への切り替えが進みつつある。

生産・消費状況[編集]

2006年の日本国内におけるキシレンの生産量および工業消費量は次の通り。なお、「キシレン」は異性体混合物を表している。

品目 生産 / t 消費量 / t
キシレン 5,726,537 3,440,002
o-キシレン 117,190 35,466
p-キシレン 3,039,323 118,138
出典:経済産業省生産動態統計・生産・出荷・在庫統計平成20年年計

関連項目[編集]

外部リンク[編集]